FC2ブログ

「目に見えない世界」を信じる人&信じない人

2010年06月15日 17:07

  
    
   無知とは、真の存在や実相を知らず、
   また、存在しないものを存在すると錯覚する誤った認識をいう。

   人は、この物質世界を、存在する唯一のものであると信じ、
   「それを越えたもの」の存在を知らない。

   そして、この物質世界が本質的には何ら実体のないものであって、
   実は、被造物の理解を越えた真の実体(不生不滅の霊)が映し出
   している単なる「観念の遊戯」であることを忘れているのである。

   そして、この無知はそれ自体が障害であるのみならず、
   人間のあらゆる障害の原因(原罪)となっているのである。  
  
       スワミ・スリ・ユクテスワ 「聖なる科学」より



       縦 薄紫の花 5月 
           (写真撮影 光の仕事人)
 

         
  あなたは「目に見えない世界」を信じない人ですか? 
        それとも、信じる人ですか?



世の中には、「自分の目には見えない」という理由だけで、不可視の世界や存在を否定する人たちがたくさんいますね。
彼らは「UFO」や「E・T」、「エンジェル」や「ゴースト」などの「霊的存在」を肯定する人たちを全く相手にしません。
ただ「超感覚的知覚力」が作動していないために察することができないだけなのですが、自分にそのような感知能力がないことを棚に上げて、「目に見えない世界」を語る人を嘲笑(ちょうしょう)し、平気で暴言を吐いたりするのです。

では、なぜ「不可視の世界」に対して理解ができなかったり、また、理解をしようとしなかったりするのでしょうか?

もちろん、その体験をしたことがないからですね。
車の運転をしたことのない人は、いくら運転の仕方の本を読んで、頭でマスターしたとしても、「運転しているときの感じ」はつかめません。
実際に何度も路上で車を走らせてみてはじめて、どんな感じがするのかを体験でき、「車を運転すること」の理解が生まれるのです。

このように何事も体験学習をしていないと、真に理解したり、共感したりすることはできません。
人の脳に記憶されるのは、実際に体感したことであり、「こわい」とか、「うれしい」とか、「ここちよい」とか、「しあわせ」とか、感情的に確認できた内容であるからです。
一度それらを味わってみたことがあるのなら、自信をもって「わたしはそれを知っている」と言うことができるわけですね。



★ 目に見えない世界を理解できない理由 ★



★「理解ができない」理由のうちのひとつとして、昔から長きにわたって国や社会という大きな集団が持ちつづけてきた「制限された思考」、「思い込み」、「狭いものの見方」などが関わっていることが挙げられます。
さまざまな組織や体制に慣れ親しんできた人たちほど、自分の制限の枠(わく)を超える新しい経験不安感や恐怖感を伴うので、必死で抵抗しようとするのです。


たとえば、あるとき、あなたの頭の中に突然「あなたはもともと異星から地球に来た異星人なのです…」というメッセージが伝えられるとします。

「何だって? そんなこと、あるはずがない!」
あなたは異星人など存在するはずもないし、自分が異星人だなんてとんでもないと思い直します。

「こんなこと、だれかにしゃべったら、頭がおかしいと思われるにちがいない!」
あなたは口を閉ざします。

なぜって、そんなことをしゃべって信じてもらえるとは、とうてい思えないからです。
あなたはそんなインスピレーションが来ること自体がおかしいと思い込み、恐怖心さえ感じるようになります。
もし、今までにどんなことでも信じてもらえる環境にいたのなら、あなたはそのメッセージを堂々とだれにでも話すことができるはずですよね。

★人間の脳は、たとえインスピレーション(高次元の思考)がやってきたとしても、自分の家族や友人などの身近な人や、学校や会社などの共同体に共通して教え込まれた「制限された思考」だけを受け入れて、そうではないものは拒否し、排除してしまう働きがあるのです。
つまり、その人が許せる範囲の波動(周波数)だけをキャッチするよう機能するわけですね。

★社会にあふれている「常識」は低い周波数のものが多いので、それに従ってモノを考えるクセがついてしまうと、日常のごくありふれた「意識レベルの低い思考」ばかりをキャッチし、高次元からやってくる「意識レベルの高い思考」を受容することができません。
このような状態を「閉ざした心」と呼んでもよいでしょう。




★「閉ざした心」をもった人たちは、
  昔から必ずどこの国にも存在した ★



自分たちが知らない新しい情報があらわれると、まず一笑に付し、反対し、権力で抑え、あるいは放置し、そのあと、非常に長い年月を経てようやく気づきを得ると、はじめて受け入れるようになるのです。
傲慢(ごうまん)といえば、これほど傲慢な人たちはいないし、鈍感(どんかん)といえば、これほど鈍感な人たちはいないでしょう。

とても長い年月、多くの人たちに信じられていた事柄に対して、だれかが初めて異説を唱えたとき、その人たちがいったいどのような扱いを受けたのか、あなたは知っているでしょうか? 
地球の歴史を顧(かえり)みれば明白ですね。

異説を唱えた人たちは「まったく信じるに値しない」と馬鹿にされただけではありません。
迫害まで受け、悲惨(ひさん)な生涯を終えた人もいます。たとえば「地動説」を唱えた人たちがそうでした。

現在「地球はまるい」ということや「地球が太陽の周りをまわっている」ということを否定する人はおそらくいないでしょう。世界的にその説が常識だということになっているからです。

しかし、コペルニクスが登場する16世紀頃までは、世界は平らなもので、地球は宇宙の中心にあり、まわりの天体(太陽など)がまわっているという「天動説」が信じられていたのです。
当時コペルニクスが「地動説」を唱えても、その説は承認されませんでした。

その後「地動説」を唱えたジョルダーノ・ブルーノは1600年「異端者」として火刑に処され、ガリレオ・ガリレイは宗教裁判にかけられ、獄中死しました。
ローマ法王ヨハネ・パウロ二世によって「教会側のまちがいだった」と非を認めたのは、それから450年後のことだったのです。

これは「科学」を認めなかった例ですが、「地球の公転」という人間の「目には見えないもの」を信じなかったことに変わりはありませんね。
イエス・キリストは「裁くものは裁かれる。汝裁くなかれ」と教えていますが、キリスト教会ではなぜか「裁く」ことが好きだったようです。

フランスを救ったことで有名なオルレアンの少女、ジャンヌ・ダルクも「裁かれた人たち」のうちのひとりでした。
当時彼女は「魔女」だとして火あぶりの刑に処せられましたが、300年後には「聖女」だったと言い直されて、今では〈聖ジャンヌ・ダルク〉となっています。
同じ女性なのに、魔女になったり、聖女になったり、だれか(権力者)さんの都合でコロコロと変わってしまいます。
もし、彼女がほんとうに聖なる少女であったのなら、魔女呼ばわりして焼き殺してしまった当時のローマ法王は、悪魔でなくて何なのでしょう。


★都合の悪い真実は公表せず、すべて闇に葬(ほうむ)ってきたのは、教会に限らず、「権力」という毒性のあるフォース(力)をもった人たちに共通していることです。


★「ストレスが、病気を引き起こす要因となる」という「ストレス説」を最初に唱えたハンス・セリエ博士も、ずいぶん当時の医学者たちから虐(しいた)げられています。

★「物質がきわめて小さい不変の粒子から成り立つ」という仮説を唱えた古代ギリシアの哲学者レウキッポスやデモクリトスも評価はされず、2000年ものあいだすっかり忘れ去られていました。

★19世紀にイギリスの化学者ドルトンが唱えた「近代的原子説」も、当時の科学者たちに受け入れられることはなく、信じられるということはありませんでした。
「ストレス」も、「粒子」も、「原子」も、目に見えないものであったからです。
けれども、現在では彼らの説こそが真実であるということが実証され、多くの賛同を得るようになっています。


★条件が変わると容易に変わってしまう「真実」は「世俗諦」だということを「プロローグ」で述べましたが、
「真実」はこのように変化していくものなのです。
 



自分が認識できないことは「存在しない」ことと同じ

2010年06月16日 18:00


★ 百聞は一見にしかず ★



百聞は一見にしかず」ということわざがありますね。

同じことを百回聞くよりも、一回見たら、そのほうがよく分かる」、
何度も他人から聞くよりも、一度実際に自分の目で見て確かめるほうがより優っている
という意味で、自分の目で「見る」ことは、より「信じること」につながるということを示唆しています。

大きくうなずいているあなたは、「自分の目には見えないから」という理由だけで、他人の言う話を信じなかったり、否定したりしているものがあるのではないでしょうか? 

「YES(イエス) 」と答えたあなたは、たとえば、どんなものを信じていないでしょうか?
どんなことを否定しているでしょうか?

E・Tの存在ですか? UFOですか? ゴーストの存在ですか? 
それとも、異次元の世界ですか? 死後の世界ですか? 超常現象ですか?
あるいは、「愛」とか「真理」とかいったことでしょうか?

心や精神的なものというのは、目には見えません。
「愛」といっても、どんな種類の愛なのか、どれくらいの量があるのか、言いあらわすことはできません。

ですから、「ことばだけでは信じられない」「態度であらわさなければ信じられない」という人は、花束や指輪などの物質を与えられると、初めて「愛されている」と実感できるのです。
その物質のなかに相手の「愛」や「真心」が注入されていると、勝手に思い込んでしまうからです。
実際に愛のエネルギーを強く感じる人もいるでしょう。「見えないものを信じる度合い」というのは、ほんとうに人それぞれ、千差万別です。

「死後の世界」も、★スウェデンボルグのように、実際に行って、観て、帰ってきた人が存在するのに、自分が行った記憶がないために信じられないし、「ゴースト」の存在や「超常現象」も、自分の目には見えないし、見たこともないから信じないわけですね。
昔から多くの人が「見た」と言っていても、やっぱり信じられないのです。


★エマニュエル・スウェデンボルグは1688年、スウェーデンのストックホルムに生まれた。★彼は18世紀最大の天才科学者として、20もの学問分野で多大な業績を残した。★科学、数学、心理学、哲学などに精通し、9ヶ国語を自由に操り、150冊以上もの著作を書いた。★ある日突然「目に見えない世界」に招き入れられた彼は、30年間「霊的生涯」を送り、1772年に自らが予言した月日に没した。



あじさい 青 
        (撮影 光の仕事人)


自分が認識できないことは「存在しない」ことと同じ


 
あなたは自分の目の前で起こった事実(事件)は認識できますが、あなたの全然知らないところ、たとえば外国で起こっている事実(事件)は認識できませんね。
その国の人にはその事実があったとしても、あなたはそれを見ていないのだから、あなたにとっては「その事実は存在しなかったのと同じ」だということになります。

海外の出来事ならニュースで知ることもできますが、遠い宇宙で起こっていること、たとえば銀河系で「新しい星が誕生した」などという事実は、宇宙観測のレーダーがキャッチしない限り、科学者であってもわからないわけです。

地球のだれもが知らない宇宙の出来事などは、「それが存在しないのと同じ」だということですね。
これは、「量子力学の父」と呼ばれたニールス・ボーアが言った「だれも見ていないときの月は、存在しない」ということと同様です。


テレビをつけていても、あなたがほかの「何か」や「だれかさん」のことを考えていたら、たとえあなたの目が画面を見ていたとしても、その番組が終わったとき、どんな内容だったかまったく記憶に残っていないということが生じるのです。

つまり、テレビの映像が物理的に「目に映っていること」と、「意識して見ること」とは別だからです。
あなたは自分の意識が集中している事柄以外のことには関心がなく、そのテレビ番組は結局見ていないのと同じだったということです。「心ここにあらず」という状態ですね。

★わたしたちはみな「自分が認めて知っていること以外は、存在しないことと同じ」という世界に生きているのです。


「この世」は幻想の世界

2010年06月17日 16:15


★目に見えるものの姿が
      必ずしもそうであるとは限らない★




★もしあなたが「自分の目に見えるもの(世界)しか信じない」という人であるならば、知っておいてほしいことがあります。


人間の肉眼というのは、基本的に「」がないと、ものを見ることができません。
細菌などのミクロのものを顕微鏡で見て調べるときや、天体などのマクロのものを望遠鏡で見るときにも、必ず「」が必要です。
そうすると、真暗闇の中では何も見えないので、何も信じることができないということになってしまいますね。
昼に見えていた山や川も、夜の暗闇のなかでは見えなくなってしまうため、「その存在はないのと同じ」ということになります。

その代わり、昼には見えなかったものがその存在を現します。
それは何でしょうか?

えっ? お化け? 
残念でした。はずれです。
それは、夜空に光るあまたの星です。
昼には全く存在感がなく、忘れられていた銀河の星が清らかにまたたき、満ちたり欠けたり、日々変化する月が姿を現します。
もし、夜になっても夜空を見上げることがなかったら、あなたは星や月の存在を認識していないので、それらは「存在しないのと同じ」だということになるわけです。

★「自分の目に見えるもの(世界)しか信じない人」は、「信じるためには光が必要」だということになりますね。



光のファンタジー
光のファンタジー 写真撮影 光の仕事人



光が当たったものは、ほんとうの姿ではない



ところが、形態波動エネルギーの研究者である足立育郎氏が受信された宇宙からの情報では、
光は電磁波と物質波のある周波数をもった複合振動波」なので、「光を当てるということは、そのエネルギーを加えてしまうことになる。光というエネルギーを加えられたミクロの部分は、本来の姿ではないものになってしまう」というのです。


※足立育郎氏は、宇宙は「波動のエネルギー」で構成されていることを科学的に理解し、研究・創作活動として実践する形態波動エネルギー研究者。
引用箇所は、彼の著書『波動の法則』(形態波動エネルギー研究所)P66参照。
 



★つまり、「光が当たったものは、ほんとうの姿ではない」ということになります。となると、わたしたちは日常において、「ほんとうの姿でないものばかりを見ている」ということになってしまいますね。


これはひとつの実験例ですが、水の入ったコップのなかにストローを入れて、のぞいてみてください。

ストローが折れ曲がったように見えますね。
水中から取り出せば、ストローはまっすぐのままです。
でも、水中に入れれば、また曲がって見えます。

それを見たあなたは、ストローがほんとうに折れ曲がってしまったと信じるでしょうか? 
そんな不思議なマジックをして見せているのは、いったいだれなのでしょう? 

聡明なあなたなら、そのマジシャンがだれだか知っていますね。
そう、「」です。
光が水中に入ると屈折するので、ストローは曲がったように見えるのです。




★光のなかで見えるものは幻想の世界★




   噴水
      写真撮影 光の仕事人


公園で涼しげな水のショーをくり広げる「噴水(ふんすい)」を思い浮かべてみてください。

噴水はノズルのかたちと水の圧力によっていろんな「かたち」を描きます。

キャンドル型やフラワー型、シャープ型、ピーコック型など、ノズルによって変幻自在な水の動きが創られ、写真に撮っても、それぞれの「かたち」を成してちゃんと写りますね。でも、その華麗なる「かたち」は、人の目に見えるとおりに存在しているわけではありません。実際には「かたち」はなくて、ただ水の粒子が連続して飛び散っては消えているだけなのです。
噴水がキャンドルやフラワーの「かたち」に見えるのは、じつは錯覚なのです。

★「光のなかで見えるもの」は「幻想の世界」であって、「真実の世界ではない」ということなのです。
真実の世界」を知りたければ、わたしたちの肉眼で見ている世界がほんとうだという錯覚を、まず「錯覚だと知ること」から始まります。肉眼で見る世界は「現象」であって、「実体」ではないからです。「この世は、映写機を通して見ている映画のようなもの」だからです。
 

「でも、映画のスクリーンにあらわれた人間は手でつかめないけど、この現実にいる人間はちゃんとつかめるじゃないの?」
そうあなたは思うかもしれません。

では、夢を見ているときはどうでしょうか? 
夢の世界は現実じゃないから、そこに登場する人は手でつかむことができないでしょうか? 

そんなことはありませんね。夢のなかでも、わたしたちは人の手をつかむことができるし、その手の暖かさを感じることができます。
夢で食事を味わうこともできるのです。(夢で飲むジュースの味は格別ですよ)


★太古の昔から、悟りを極めた覚者たちはみな「この世は夢であり、幻想の世界である」と語ってきました。 そして、この「わたしたちが認識する物質世界は実存しない」というのは、現代科学の先端をいく※「量子力学」が出した結論でもあるのです。



※量子力学は、「素粒子のふるまい」を観察して、「物質とは何か?」を究明する学問。近年では、「宇宙」だけでなく、今まで触れられることのなかった「不可視の領域」、〈あの世〉と呼ばれてきた〈死後の世界〉と〈この世〉の境界を、実験によって検知するというところまで進んできている。




ハート
ほんとうの姿をゆがめてしまう不思議で神秘的なマジシャンの正体は、
「光」だったわけですね。

目に見えるものの姿が必ずしもそうであるとは限らない」ということは、
いろいろな「目の錯覚の図」などを見ても明らかです。

いかがですか? 
自分の目に見えるものが、果たして信じるに値するものなのかどうか、
少し疑わしくなってきたのではないでしょうか?
すべてのものが目の錯覚であるとしたら、あなたは何を信じるのでしょうか?





最新記事