アセンションする地球―アセンションは「宇宙の進化の法則」の一つ

2010年09月24日 19:30


★ アセンションする地球
   ―アセンションは「宇宙の進化の法則」の一つ ★



★アセンション(次元上昇)とは、「宇宙の進化の法則」の一つです。
同じ意識レベルにいつまでもとどまっていては進歩がありません。ですから、常に困難を乗り越え、さらなる上昇を目指していくのです。


意識のシフト」というのは、宇宙に存在する星々に起こっているのと同様に、常に個々の人間にも起こっていることです。
人々は転生輪廻を繰り返し、長きにわたって自己の魂を成長、進化させてきました。もちろん、堕落した人間も少なくありませんが。

今生で地球とともに5次元へと移行する人たちも、大集団で同じ時期に同レベルでシフトするのではなく、個々の意識レベルに応じてシフトしていきます。
ですから、5次元の地球行きを約束された人たちであっても、ひとりひとりの意識レベルはそれぞれちがうし、行く時期も異なっているということです。


         地球


★今回の地球のアセンションが、「宇宙の画期的な大イベント」であることは、「アセンション」に関心がある人なら、すでにご存じのことでしょう。

Kagari Kazukiさんのブログ「シリウス文明がやってくる」では、「地球のアセンション計画は、およそ5万2800年前に全宇宙の合意で決められた大イベント」だと述べられています。

また、杉本眞人監修『高次元が導くアセンションへの道』ではつぎのように述べられています。

「アセンションは宇宙の大イベントです。
アセンションする星は、宇宙に存在するものたちの、またとない魂の修行の場ですから、皆その星に降りて各自の魂を磨くことを望むのです」

「これは宇宙の周期で25736年ごとに実施される「魂のレベルアップ」の絶好のチャンスであり、この機会を逃すと、次のチャンスまでに、また25736年待たなければなりません」



★宇宙で生じる今回の大きなイベント。
わたしも、あなた方も、その予告を聞いて、このイベントに参加したくて地球に生まれてきたのです。
少なくとも今アセンションにつよい関心のある人たちは皆そのようです。
なかでも、最もみなさんが関心あるのは、「自分が果たしてアセンションできるのかどうか?」ということではないでしょうか?


よくブログなどで、「アセンションは、なにも特別なことではなく、少しも難しいことではない」と主張する方がいらっしゃいます。でも、必ず但し書きがありますね。

たとえば、「人類の悪い想念で汚した地球を元に戻すこと、これ以上の環境を汚さないこと」とか、「心や魂を磨くこと」、「自分の欲望ばかり追求するのではなく、多くの人と分かち合うこと」など、いろいろと実践しないといけないことが書き連ねられています。

この「悪い想念で汚した地球を元に戻すこと、これ以上の環境を汚さないこと」や、「自分の欲望ばかり追求するのではなく、多くの人と分かち合うこと」を実行すること自体が、21世紀に生きる人類にとっては「なかなか容易なことではない」ように思われます。

意識変革をする必要性」を感じてはいても、実際に毎日の生活に追われて思うように実行できないという人たちも多くおられるはずです。
自分の目的を今すぐに実行したくても、なかなかできない状況に立たされていることは多くあり、非常に歯がゆい思いを日々体験しているのは、わたしだけではないと思います。

何に関しても、「言うは易し、行なうは難し」、「わかっちゃいるけど、やめられない」と言った感がありますね。
アセンションすることは、そんな甘いものではないということです。


★もしアセンションすることがちっとも難しくないのであれば、もう遠の昔に地球はアセンションできていたのではないでしょうか?

地球は過去6回にわたりアセンションをしようとして失敗し、6回の文明の興亡を繰り返しています。

地球の意識(バイブレーション)が次第に高まっていくなかで、人類の意識の進化が伴わなかったのと、宇宙の星々の協力体勢が整わなかったのがその原因のようです。

人類の意識の変化は、地球の周波数の変化と歩調を合わせて進んできたわけではないのです。
つまり、過去6回も地球の足を引っ張っていたのは、まちがいなくその当時に生きていた意識の低い人間たちだったわけです。

地球意識は人間にやさしくて、アセンションするのなら人類とともにしたいと気長に待ってきました。
でも、7回目となる今回は、なかなか意識が高まらない人間たちを残してもよいから、自分はアセンションすると決めたようです。



ハート 小
人類のなかに「自分はまだ3次元の物質世界に留まりたい。もっと物質欲を追及していきたい」と思う人がいるなら、
肉体の死を迎えて、また3次元の領域(星)を探せばよいし、

いや、私はもう3次元は卒業したい。そして、より微細な波動となり、光の世界へ赴きたい」と思う人は、
そうなるようさらに周波数を高めればよいのです。

せっかくの大チャンスですが、もう2万6千年ほど待ってもよいと思うのであれば、
今回は見送ればよいわけです。
要するに、「自分の魂が望む選択」をすればよいわけですね。
人間には「自由意志」と「自由選択」が与えられているのですから。 


次回は本気でアセンションしたい人へ向けて、「アセンションするための必須事項」をお伝えしたいと思います。





最新記事