過去生の記憶―ツタンカーメンのミイラを作った次女の過去生

2010年09月14日 11:15


★ 過去生の記憶
   ―ツタンカーメンミイラを作った次女の過去生 ★



次女の過去生を調べますと、地球のいろんな国に転生していることがわかります。
そのうち、エジプトには七回生まれていることがわかりました。
七回のうち本人が出生したのは二回で、あとの五回は次女の分霊たちでした。

そのうちのひとつの過去生を詳しくみていくと、大変興味深い真実がわかってきました。
なぜ、次女が幼い頃からミイラツタンカーメンに興味を示していたか、(過去記事 過去生の記憶―次女のエジプト時代の過去生 に書いています)納得できる理由が確実にそこにあったからです。

次女がエジプトに生まれ、生きていたのは、ちょうどアメンヘテプ4世~ツタンカーメン王が生きていた時代で、分霊のアンケセナーメンが生きていた時代とも重なります。
(ここでは、王家の人々の誕生~死亡の年代決定法の誤差や異説が多く、実際と比較すると混乱が生じるため、あえて記載しません)

次女の過去生での名前を、とりあえずバルとしておきましょう。
バルは男性で、職業はミイラ職人でした。
彼はツタンカーメン王の父、アクエンアテンのミイラだけではなく、何と、ツタンカーメン王のミイラを作った人物だったのです。
今生で次女がミイラに関心があったのも当然のことです。
特に若い男のミイラに次女は強い反応を示していたのです。

本職はミイラ作りでしたが、壁画も手がけていたようでした。
次女は、自分のほかに若い男がいて、共に壁画を描いた覚えがあり、その若い男は超能力があって絵も上手だったが、自分は下手で超能力もなかったとわたしに語っていました。

その若い男のことが気になったので、調べてみると、彼とは兄弟であったことがわかりました。
バルは彼より七歳年上の兄だったのです。
そして、驚くことに、その弟というのが、今生では次女の姉となって生まれていたのです。
つまり、今生ではわたしの長女です。
その長女のエジプト時代の過去生の名前をセシュとしておきましょう。

セシュは絵が上手だったため、王墓や神殿の壁画を描く職人として活躍していたようです。
今でも彼の描いた壁画が残っているのですから、すばらしいと思います。
兄のバルはミイラ職人でしたが、弟の手伝いもしていました。
ツタンカーメンの墓の壁画も彼らが描いたのです。
当時バルが三十六歳で、セシュが二十九歳でした。

次女は、自分があまりに絵を描くのが下手だったので、弟になぐられて半殺しにされた記憶があると言っておりました。
そのときなぐられたのがきっかけで目覚め、その後絵が上手になったというのです。
おそらく第三の目が開いたのでしょう。
何か可笑しさがあって、つい笑ってしまいました。



★ 次女本人と分霊アンケセナーメンとのかかわり ★
 


バルは当時、分霊であるアンケセナーメンとも関わっています。
分霊がすぐ近くに生まれていることはよくあるようです。

ツタンカーメンの墓から発見された副葬品のなかに「黄金の玉座」がありますね。
あまりにも有名になっているので、皆さんも一度くらいはテレビや写真で見られた覚えがあるのではないかと思います。

黄金の玉座」は木製張りで、足はライオンの四肢をかたどってあり、背もたれにはアテン神と、王妃アンケセナーメンがツタンカーメン王に香油を塗る仲むつまじい姿が描かれています。(写真参照)



     ツタンカーメンの椅子
            ツタンカーメンの椅子―黄金の玉座



★この玉座はアンケセナーメンが作らせたものだと、次女はいいます。
椅子に描かれたこの王妃の顔を見たアンケセナーメンは、「わたしはこんな顔じゃないわ!」と怒ったのを、次女は覚えているそうです。(写真参照)

次女に言わせると、アンケセナーメンの顔は結構きつくて、性格も勝気な女性だったそうです。
よって、あの玉座の絵は、次女の過去生であったバルが描いたものだということです。



     アンケセナーメン 顔
            アンケセナーメンの顔


現在のわたしの長女と次女は、エジプトでまた異なったファラオの時代に兄弟となって生まれ、壁画を描いています。
わたしの分霊が生んだ息子たちであったこともあり、今現在のわたしの夫が当時の彼らの父親であったときもありました。
「地球に生まれたわたしの分霊たち」と「現在のわたしの娘たち(長女と次女)」との関わりの多くは、エジプト時代にあったのです。




最新記事