明日では遅い!先延ばしをしない人生

2010年08月12日 08:00


★ 明日では遅い!先延ばしをしない人生 ★



よく頼みごとをお願いしても、いつまで経ってもその頼みごとを実行してくれない人っていますね。
ビジネス界では、品物を約束した納期に納めなければ、もう二度と取引はしてもらえません。
たとえば、お誕生日のケーキを前もって注文していたのに、お誕生日に間に合わなかったら、そのケーキ屋さんの信用はゼロになります。
ところが、一般人のあいだでは、こういうことは日常茶飯事として行なわれているように思います。

あなたは、自分が相手に頼んだことを1カ月先になっても、半年先になっても、まったくやってもらえず、結局あきらめたということはないでしょうか?

そういう人に、なぜしてもらえなかったのかと尋ねると、たいてい「だって、いっぱいすることがあって、なかなかやる機会がないのよ。わたしは忙しいんだから!」という内容の答えが返ってきます。

しつこく言ったりしたら、逆ギレする人もいます。
自分を正当化する言いわけをたくさんつくる人もいます。

それなら、最初から「できない」と断ってくれればよいのですが、そのときは本人もやる気満々で請けているのです。
ところが、日が経つにつれてしだいに面倒くさくなったり、イヤになってきたりして、その頼まれごとは放置したままになってしまうのです。ひどいときには、すっかり忘れ去られていることもあります。

そういう人は、結局のところ自分が引き受けた頼まれごとをしないままで終わってしまうのです。
頼み人に多大な迷惑をかけているにもかかわらず、「悪かったなぁ」という罪悪感のようなものも、さほど感じてはいないようすで、頼み人のほうはあっけにとられることがあります。

こういうタイプの人は、自分の趣味やしたいことを最優先しているので、相手のことは断然二の次なのです。
相手に対して責任を感じるということはないようです。(責任感のある人なら、遠の昔に実行していますヨ)

また、相手のことだけでなく、自分のことも、どんなことに対してでもグズグズして、一向に実行しない人たちも存在します。
とりあえず、今日はする気が起こらないから、明日気分がよければしよう…とか、
まあ、そんなに急ぐこともないし、いつかしよう…とか、
たとえその日時間の余裕があっても、実行しないのです。



なぜ、今すぐに実行できないのでしょうか?

なぜ今日ではなくて「明日」なのでしょうか。

あるいは「いつか…」なのでしょうか。 

なぜ「今」ではいけないのでしょうか。



もしかしたら、明日はもうこの世に生きていないかもしれないのです。
自分の生命がいつ肉体から去っていくかわからないのです。
さっき笑っていた人が突然倒れて亡くなってしまうこともあります。
年老いた人だけではありません。若い人も、幼子(おさなご)でも年齢は関係ありません。
だれでも、明日も生きていられるという保証はないのです。

あの世に旅立ったあと、
「あ~、しまった! あれをするのをすっかり忘れてたわぁ!」 
「そうだ! あれも、これも、それも、やらずに来てしまった。みんな怒っているだろうなぁ。何しろ、突然だったものだから、死ぬ用意もしていなかったし、困ったなぁ…」
「もう一度戻れないものかしら? ねえ、守護霊さ~ん、もう一度生き返らせてよ~」
と叫んでも、あとの祭りです。

★だからこそ、今できることを、今この瞬間から、自分の生命エネルギーを存分に注いで、実行する必要があるのです。

この世でやっておいたほうがよいことは、この世にいるうちにやっておくべきです。
いろんなことを放置したままでためておくのは、とても心地悪いですから。
「飛ぶ鳥 あとを濁さず」で、きれいな状態で「あの世」へと旅立ちたいですよね。




★先人たちはつぎのように言っています。


  ○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○



  今日できることを明日に延ばすな
  いつかという言葉で考えては失敗する。
  今という言葉を使って考えれば成功する。

            ベンジャミン・フランクリン(政治家)    


  ぐずぐずしている間に、
  人生は一気に過ぎ去っていく。
           
            セネカ(哲学者)


  ○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○ 
           


明日は来るかもしれないし、来ないかもしれません。
もし何か決めなければならないことがあるのなら、今、決めなければなりません。

いや~、まだ無理だわ。もっとしっかり勉強してからにしよう。
今はまだ準備が整っていないし、もう少し、自信ができたらしよう。
今はお金がないから、お金がたまったら、実行しよう。
とりあえず、今日は気が進まないから、やめよう。

こんなふうに、今日できることを先に引き延ばしている限り、
目的はいつまで経っても実現しない
のです。
先延ばし」をささやくのは、ロウア―セルフ低次の自己)のなせる戦略であって、
自分の夢の実現を未来へと延ばしつづけます。

ハイアーセルフ高次の自己)は「今実行しなさい。あなたはできる! 成功する!
と励ましてくれます。
わたしの場合、他人のことばかり優先して実行しているときには、
たまには休憩して、あなた自身のことをやりなさい。人生を楽しみなさい
と言ってくることもあります。


それで、お言葉に甘えて、自分のしたいことを実行するわけですが……。  

「おかあさ~ん、さっき頼んだこと、調べてくれた?」
「え? まだよ。今ブログ書いてるんだから」

はてさて、どちらを優先したらよいのか、むずかしいときもありますが、
今のこの一瞬を悔いなく、有意義に、大切に生きたいものです。




最新記事