人の「意識」が過去を変えるお話

2010年08月02日 14:20


★ 人の「意識」が過去を変えるお話 ★



わたしたちが生きているこの物理次元は、頭(左脳)中心の知識を重んじる人たち(ヤギさんグループ)で成り立っています。
(ヤギさんグループの意味がわからない人は、過去記事「羊と山羊のたとえ話」を読んでみてネ)

知性は直線的な思考で支配されているので、「プロローグ」で語った小鳥の場合と同様に、現実を直線でしかとらえることができません。
過去があって、現在があって、そして未来がある」というふうに一直線状で考えます。
ですから、「過去も現在も未来も同時に存在している」ことが理解できないのです。
ものごとを立体的に見ることができないわけですね。


よく「自分の過去はこうだった、親はこうだった。だからこのような人間になったのだ」と、言いわけのように長々と語る人がいます。
でも、今のその人自身を見れば、わざわざ聞かなくてもわかるのです。今その瞬間のその人がすべてを語っているからです。
もちろん、このまま変容しなければ、未来がどうなるのかもお見通しです。
三次元の世界を超えると、今この瞬間わたしたちがすべての過去、現在・未来に存在していることがわかるようになるのです。

人の意識が過去を変えるということは、量子力学の実験J・ホィーラーの 遅延(ちえん)選択の実験)で証明されています。
実験者の意識が過去の粒子の存在に影響を与えることができるというものです。
(★ここでは語らないので、興味のある人は、専門書を読んでみてくださいネ)


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*


アメリカのチャネラーであるリサ・ロイヤルさんは、
過去は変えられないという視点は、三次元的な時間の捉え方であるとして、
次のように述べています。

過去や未来が、現在のあなたに影響を与えるように、あなたが「今、ここ」で下す決断が、過去や未来に影響を及ぼします。
つまり、あなたが「今ここ」で行動すれば、過去も未来も変わるのです。
(中略)
人が過去にこだわる理由は、ひとつしかありません。
過去の経験から必要な教訓を学んでいない場合に、あなたは過去に執着します。
過去の出来事を自分の成長を助けてくれた「教師」として受け入れて、こだわりを手放せば、過去に向けられていたすべてのエネルギーを、今の自分に振り向けることができます。
すると、過去と現在はひとつに溶け合います。
あなたは「今、ここ」でしか自分を癒せません。
なぜなら、そこにこそ、あなたのすべての力があるからです。



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*


今のあなたの意識が変われば、それが過去や過去生にまで影響を与え、変容させることも可能となるというわけです。

アルクトゥルス(牛飼い座の一等星)に生きるある存在も、つぎのように言っています。


     未来は過去であり、
     いまこのときであり、
     同時にあるすべてである。




コスモス



★これからは「過去、現在、未来はすべてひとつである」という事実にフォーカスすることが重要となってくるでしょう。


また、ものごとを立体的に見るには、〈頭=マインドレベル〉から〈ハートレベル〉に移行させて、現実をちがった視点で見ることが必要となります。

むずかしいことが書かれている本を読んでいるときに、頭ではなく「直観」で「あっ!」とわかることってありますよね。
頭ではさっぱりわからないことでも、ハートでわかる、霊性でわかることがあるのです。
それをわかる自分が、内奥に存在しているからです。




ハート
今わたしたちに必要なことは、「霊性に目覚める」ということ、
ハートをひらく」ということです。
5次元に通じる扉がハートチャクラ(第四番目のチャクラ)にあるからです。

わたしたちの魂が進化するためには、
まず「ハートをひらくこと」が必要なのです。






最新記事