過去生回帰レポートより&10月の催しのお知らせ

2017年08月21日 08:00


◆追記:お知らせ



今回は10月の催しのお知らせをしております。
実は11月に東京でのセミナーを考えておりましたが、東京の波動が大変悪いため、断念しました。
日本中どこを探しても、波動のよい場所はなかなか見つからないので、とりあえずわたしの仕事場にてできる内容で開催することにしました。おそらく今年最終になるのではないかと思います。

見えない身体を保護するエクササイズ」をするセミナーを希望する新人さんたちもいらっしゃいますが、できれば個人的に日時を決めて、仕事場まで学びに来てくださればと思います。相談や過去生回帰などのご希望があれば、同日に付加することもできます。
ご希望の方は、メールフォームにその項目を増やしておきますので、その旨お知らせください。

とり


 
◆電話相談での過去生回帰レポートから

2017年8月20日 異星人の過去生回帰で気づいた事

                  Y.0 47歳 女性 東京



Masako先生、お電話での過去生回帰や、過去生へのご助言を頂き、ありがとうございました。先生からご助言を頂いた過去生達が、崩壊しそうになっている彼らの星や母船で、彼らの状態を改善するために頑張ってくれるといいなと思いました。
また、同時に、ニビルやヘビ星人の過去生から、彼らの社会を教えてもらい、地球の今後の行く末が非常に不安になりました。彼らの社会は非常に厳格な階級社会により市民(という言葉が適当か分からないのですが)が支配されており、上層部が下層の市民から当然のように搾取している構図が共通していました。現在の地球でも彼らほど露骨ではないにせよ、会社や社会において労働者・社員が国や企業、ひいては企業や国を裏で支配する一部の人間によって搾取され、情報コントロールされている事を強く感じます。私の働く会社でも、上層部が現場の社員に説明しにくい決定、説明したくない決定が事後報告としてなされるなど、国会で国民に不利な取り決めがいつの間にか決まっているような事と同じ感じで決まっており、私はニビルなどで起こっている事が他人事ではないと強く感じています。
私の過去生が話してくれたことを以下に書かせて頂きました。内容に覚え違いがあったらご指摘頂けると幸いです。

ニビルの王族の女性
ニビルは星ではなく、星のように大きい母船が彼らの住処となっており、基本的にニビルの世界の中で輪廻転生を繰り返しているとの事でした。私の過去生は1400年前にニビルに生きていた王族の女性で、階級のピラミッドのトップにいた王が段々と飾りだけの存在になり、その下にいる50数名の評議会メンバーに力が集中して、彼らが私利私欲に走るようになり、下層にいる市民(階層は約120くらいに分かれている)(階層の数は現在とは異なっています)の生活が苦しくなってきていた、との事でした。私の過去生はそのような社会に疑問を持ち、息を引き取る前、もうニビルでは生きたくないと強く願い死んだところ、地球の霊界に移動することが出来たという珍しい人でした。彼女がいる地球の霊界に、自分と同じようにやってきた存在は見当たらないとの事でした。そして、私の過去生は、私がMasako先生と私が会話しているのを霊界からキャッチして、先生に現在の悲惨な状況を伝えて何とかして頂けないかという思いで現れたとの事でした。ニビルの環境はエゴの拡大によりどんどん悪化しており、先生に、そういう所は滅びても仕方がないのではないの?と言われ、過去生はうなだれていたのですが、テレパシーが届かないのであれば生きているニビルの人にウォークインして必要な情報を下層の人々に話してみたら?というご助言を頂き、息を吹き返すように喜んで、そうすると言って去っていきました。先生からは身分の階層がそんなにある事は異常であること、階層を壊してしまったら、というアドバイスを頂いたのですが、また先生に会いに来てもいいですか?と言って嬉しそうに去っていったのが印象的でした。

Masako: 二ビルについては、以前から長女の過去生の分霊たちから聞いて、ある程度はその社会構成を把握していましたが、今回Yさんの過去生の二ビル人の女性の話を聞いて、再確認することが出来ました。

二ビルは非常に細かく分断された縦社会です。
二ビルの母船内ではテレパシーが全く通じない構造となっており、ピラミッド型に多くの階級が存在します。それぞれ階層で仕切られ、別世界のようなしくみとなっているため、他の階層とは交流ができません。たとえ下層部が何か自分たちの社会がおかしいと気づいても、上層部にはそれが届かないようになっているのです。

最近また二ビルの霊体たちが「消滅したい」と言って、わたしのところに多数来はじめています。「浄化してほしい」というよりも「消滅させてほしい」という願いが多くなっていることから、母船内の状況が以前よりもさらに悪化していることがわかります。
昨日の朝も今朝も「消滅したい組」の二ビル人の霊体が1000体以上来ていました。オリオンに続き、二ビルも壊滅に向かうのかな? と思いますが、二ビル人の女性霊がわたしとの話のなかで得られた大切な気づきを、しっかりと伝えていってくれることを願います。


ヘビ星人の男女
マインドコントロールという領域にいるヘビ星人の男女が私の中に入ってきて、嫌な場所から逃げてきたと伝えてきました。
ヘビ星人は嘘をつく人が多いようで、先生にマインドコントロールという領域がどういう場所か聞かれ、人をマインドコントロールしていた人が行く領域だと言ってきたのですが、先生に本当かどうか問い詰められ、ようやく、性格の悪い人、根性の悪い人が居る場所だと本当の事を言ってきました。
生前、ヘビの女性は支配者側の立場で、情報をコントロールすることで市民を支配していたとの事でした。そして市民は家畜のような扱いをうけていて、市民は情報がないために自分がひどい扱いを受けていることすら知らない状況で、ヘビ星人は他者をそのように扱ってはいけない、と言う観念を持っていませんでした。そして、そのような星であるために、そこの星もニビル同様崩壊に向かっている過程にありました。私の女性の過去生はマインドコントロールの領域にいる人達の性格の悪さを見て、自分もあんな嫌な性格だったのだと思い、自分なりに反省し、(Yさんの肉体に入ってきたときは、まだ反省というものはできていませんでしたよ。ただ単にその領域が嫌だっただけです)他の星で人生を始めたいと願っていました。しかし、先生から真からの反省がなされていないと言う事で、彼女の課題がコントロールであることや、支配する事、コントロールする事の意味や難しさなどをご説明頂きました。(知識の有無の差などで)コントロールされることを必要とする人もおり、コントロールしてもいいのだけれど、どのようにコントロールするのかが問題であるという事、全体を豊かにするためのコントロールや知識の無い人に命の大切さなどを教えるための支配は必要であるという事を教えて頂き、女性の過去生は自分なりに納得していました。

Masako: 私利私欲のため、自分さえよければよいという発想で多くの者たちをコントロールし、従わせることはよくありません。しかしながら、まだものを知らない幼子たちには、指導する先生が必要なように、無明の者たちを指導/指揮するということは必要ですよということをお伝えしたのです。納得していただけてよかったです。

また、男性の方は支配される側の市民で、無知であることから現在の自分の置かれた状態や、生前の自分の立場がよく分かっておらず、犠牲の課題を持っており、支配者側と支配される側両方の立場を経験しているのであろうとの事でした。
先生から色々とご説明頂いた後、先生から、他の星で生まれ変わるのではなく、現在の星で生まれ変わり、この状況を変えてみたら?とご提案され、過去生は迷わず、はい、と答えました。大変な状況の星に再び生まれ変わるのだというのに、先生からの教えと励ましで過去生が嬉々として生まれ変わろうとしている所に驚きを感じ、また素晴らしいと思いました。そして、先生の光の放射をして頂きながら過去生がクリーンゾーンに上る時、先生にまたお会いしたい、結果を報告します、と言っていました。
ニビルもこのヘビ星人も、先生のご助言により勇気を持ってそれぞれの母船、星に帰る事となりました。自分の過去生にこのような勇気ある魂が居たことがとても嬉しかったです。

Masako: あなたの過去生さんたちは皆素直で、気づいたら早速それを実行するという勇気ある冒険者たちが多いように思います。頼もしいですね。彼らの活躍を願っています。

ニビルやヘビ星人の過去生から、階級を多く作り、支配する側が思い違いをしていると、その組織・星は崩壊に向かう傾向が強い事が分かりました。
現在の地球もそれらと同じように支配する側が私利私欲の事だけを考えて、支配しているように思います。このまま行けば、ニビルなどと同じような過程をたどり、地球が壊滅してしまってもおかしくないのではないかと思いました。自分に出来ることは何だろうと考えると、小さなことですが、おかしいと思う事はおかしいとはっきり意思表示をしていく事ではないかと思いました。

Masako: そうですね。その意志表示をすることのできない「意気地なし」の大人が、日本にもたくさんいますね。上司に盾突くことができないのは、やはりどこかに自分の生活や家族を守るという自己防衛反応が働いているからだと思われます。そこで我慢してしまうから世の中が理不尽な方向へと傾いていくのです。
世の中を悪くしているのは自己中心的な上司やトップであることは然りですが、そのような下で働く「意気地なし」の「意志薄弱」な人間たちも、結局のところ彼らに協力しているのだということに気づいていただきたいと思います。

今回、立て続けにニビルやヘビ星人の現状を知る事で、地球が現在置かれている状態を知る事が出来ました。今回も貴重な経験をさせて頂いた事に心から感謝しております。
本当にありがとうございました。
感謝を込めて。



夜の天使

◆10月の主なセッション



◆公開チャネリング  
日時:10月29日()13:00~15:00 
テーマ:仏陀/ゴータマ・シッダールタ・イエス・キリスト・大天使ルシフェル・大天使ミカエル・カヴィーシャなど、そのとき来てくれる存在
場所:米子市の仕事場
料金:10,000円
人数:5人まで 




天使


◆個人チャネリング
(個人的に相談のある個体/過去生からのメッセージを聞き、アドバイスやサポートをします)

日時:10月29日(
①15:10~15:55 予約済
②16:00~16:45 予約済
場所:米子市の仕事場
料金:45分 10,000円(波動調査を含む)


★公開チャネリング、および個人チャネリングは、異常波動となっている場合、あるいは異常波動を呼び込みやすい人がおられると、個体がチャネルの肉体に入れなくなりますので、どうかご遠慮くださいますようにお願いいたします。




コスモス オレンジ

◆交流会

日時:10月29日(
場所:大根島由志園で夜のイルミ―ネーション拝観
(以前にパスポートを購入された方はぜひどうぞ)
会費:1,500円
仕事場~由志園~空港まで送り迎えいたします。
17:00 仕事場出発~東京行き最終便に間に合うように米子空港に到着します。



過去生回帰個人セッション、個人相談、保護・修復のエクササイズなど自由設定

日時:10月30日(
①10:45~12:45 予約済
②13:00~15:00 予約済
③15:15~17:15 予約済

場所:米子市の仕事場(住所などの詳細は後にお伝えします)
料金:120分 24,000円(波動調査を含みます)


★10月の催しについては、過去、あるいは現在「光のコース」を受講しておられる方を対象としますので、ご了承ください。
お申し込みは、直接いつもお使いのメールアドレス宛にお願いします。






最新記事