怖れを持たないこと

2015年09月12日 15:00


◆現在地球が異常になっています



台風18号の影響で、各地で浸水や土砂崩れが起こり、被害が増えました。
福島の会津では五十年に一度の記録的大雨が降り、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、建物などに取り残された住民の救出活動が続きました。また、宮城県大崎市の渋井川が決壊し、広い範囲で浸水したことがわかりました。栃木県や埼玉県も大きな被害がありました。該当する地域の皆さまは大丈夫でしたでしょうか?



見えない世界でもさまざまな異変が起こっています。
今、わたしたちの周りには、浄化してほしがっている妖精や小人や異星人や人霊であふれかえっています。毎日毎日驚くほど多くの妖精たちが浄化を求めてやってきており、霊的感覚が鋭い人なら、眼がかゆくなったり、くしゃみや鼻水が出たりしなくても、異様な不快感や飛んでいく小さな存在を見かけて、それが妖精であることがわかるでしょう。
わたしは毎日100~200体くらいの妖精に浄化の依頼を受けてきました。
なぜそんなに浄化してほしいのかということですが、今まであった妖精の領域の次元が上昇し、第4密度に移行してしまったからなのです。小人も同様です。

そこで、その流れに乗り遅れた者たちが、新しい領域へ行きたいために、浄化ができる人のところへどんどんやって来ているわけなのです。
浄化してほしいという異星人の類も驚くほど多いのですが、自分で自分を救う能力がない者たちがいかに多いかということがわかります。

9月のセミナーを終えた日、家に帰ると長女が小人60体に影響されて動けなくなっていました。そのとき浄化したのをきっかけに、わたしは小人があと何人くらい残っているのかを調べ、そのすべてを光の浄化船に乗せて彼らが行きたがっている領域に送り届けることにしたのです。残っていた数は700体でしたが、すべてが船に乗ったことを確認して、無事に送ることができました。ですから、その後小人が浄化を求めて来ることはないと思いますし、実際にきておりません。

妖精は日夜湧くように出てきますね。
昨日(9月11日)に5,000体ほどまとめて光の船に乗せて送りましたが、それでもまだまだやってきます。しかし、ようやく残り5%という数値が出たので、妖精の大移動はもうすぐ終了すると思います。

しかし、そのように浄化を求めるのとは真逆な者たちが、同様にやってきています。
正常な人が成長、前進しようとするのを妨げるダークサイドの者たちです。この者たちのおかげで、随分足を引っ張られ、ネガティブ思考に陥って、エゴの泥沼の中から這い上がれないようにされている人たちが大勢います。異常波動になった人は異常の範疇で同化してしまい、自分が変になっていることさえわからなくなっているのです。

こういう時期が来ることを想定して、光の仕事人を育成しようとしてきたのです。しかしながら、門下生を希望する皆さんの過去生やご自身の課題が深刻で、自己カルマにがんじがらめになっている状態なので、なかなか他者のためや地球のために心は向かわず、彼らを救う手伝いをするまでには至らないのが現状です。

地球がもはや正常波動ではないことを知ってください。
人類の大半が正常波動ではないことを知ってください。
あなた自身が正常ではないかもしれないということを知ってください。
とにかく自分自身が正常であるかどうかを見極める霊的感覚を養ってほしいし、自己防御法を身につけ、しっかりと実践してほしいのです。

じつは、最近の皆さんの波動状態を知ったことから、今回の地球の状態の悪さを知ることができたのです。わたしの調査では、今現在(9月12日)人類の90%が異常波動の範疇にあると出ております。
先月の地球の状態は「波動病」であったため、地球が今後危険な状態に陥っていくことが予想できましたが、今月に入ってからとうとう「波動病」から「異常」へと突入してしまいました。
現在は「異常波動バランス」となっており、人間でいうと「心身が不調和な状態にありながら、異常波動に対する免疫性が強く、肉体的にも精神的にも異常を感じない状態」であると言えます。地球自身が異常だと認識できないのですから、困ったものです。

地球が異常になっているのは、人類の出す想念があまりにも悪いというのがその理由のひとつです。映画「マトリックス」のなかで、エージェント・スミスが「人間は地球の癌」だと言ったことはまちがいありません。ガイア理論の提唱者であるイギリス人の科学者ジェームズ・ラブロックも、地球上に生息するすべての生命体のなかで「人類はガン細胞だ」ということを述べているからです。
つまり、地球という生命体の活動が急激に衰えを見せ始めているその大きな原因は、「人類の存在」が大であるということです。
映画「地球が静止する日」に登場する異星人のクラトゥの使命は、地球という惑星を守るために地球人を根絶やしにする事でした。この映画は、ガイア理論の影響を受けているのかもしれませんね。

産業革命以降、石炭や石油などの使用によって発生した多くの環境破壊が原因で、地球の大気や海流のバランスが崩れたため、世界各地で異常気象が起きるようになりました。
人口の爆発的増加、核兵器の開発など、人間という生き物は地球にとって非常に厄介な存在となっているのです。それで癌細胞である人間を取り除くために自浄作用(異常気象)が頻繁に起きているというのが、ガイア理論の結論なのです。
言い換えますと、地球で異常気象などの災害が起きている理由は、地球自身の自浄作用によるものですよと言っているわけです。

話は変わりますが、過去記事で「魂の交代」について触れましたが、銀河系、あるいは他の銀河系からの入植者が人間の肉体に直に入り込むケースが増えています。いつのまにか本人の人生ではなく、別人(異星人)の人生を歩いているということが、多くなってきているということです。
そんななかで、自分とは何なのか、何しにこの地球に生まれてきたのか、今、何をしたいのか、それらを真剣に考えて、毎日の忙しさにかまけて何も考えないで人生を終えてしまったということのないようにしていただきたいと思います。

チャレンジすることを忘れ、惰性に流された人生を送っていると、肉体を脱いだあと、後悔するのは必定です。
どうか正常波動を維持するために、わが身の保護をしっかりとして、一瞬一瞬を悔いのないよう生きてください。



ぶどうのライン


◆気づきのコース9月セミナー 
「~恐れを解放する~」のレポートより



◆気づきのレポート  2015年9月08日

                   K.N 54歳 女性 福岡県 



カヴィーシャさま、一昨日はセミナーに参加させていただき、誠にありがとうございました。
今回お誘いいただき本当に良かったと感じています。
とても有意義で楽しい時間でした。お礼申し上げます。
気づきのレポートを提出させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まず今回のセミナーは1月に「恐れについて」学ばせていただき、その後意識しながら過ごした数か月間の体験により、色々なことを振り返りながら自分の中にさらに深く「恐れについて」落とし込むことができたと思います。

「恐れについて」の考え方も「目標を決めて行動を起こすこと」「体験すること」結果を確認して「自分への肯定感を高めること」で前に進むことは「恐れ」ばかりをイメージするのではなく、「体験する」「冒険する」楽しみもあるのだと、今までとは違う捉え方ができるようになりました。

またセミナー中はネガティブエネルギーが浄化しても浄化してもたくさん来ていて頭痛や吐き気があり、集中するのが大変でした。
私が影響を受けていた悪霊5体を、えまさんに浄化箱で浄化をしていただいた時には、本当に頭痛がとれて体の筋肉が緩んでいくのがわかりました。
皆で浄化箱を作り、また他の人から浄化をしてもらえた事はとても有意義な体験でした。そして共有できる楽しさも感じられました。

最後に皆で浄化箱を作って、部屋中が光で満たされた時には自分の中の「不安」「恐れ」などが浄化され頭の中がスッキリ、体もポカポカになりました。
そしてネガティブエネルギーはいられないと思うくらい部屋が明るく感じられました。
皆で光を放射することの素晴らしさも体験でき幸せな感覚になれました。

私は浄化箱に自分自身を入れてハートチャクラのガラクタを浄化することを試みました。
最初は何も感じませんでしたが、途中から腕が重く痛くなり、中の箱がズッシリと重たくなるのを感じ始めました。
カヴィーシャさまから「85%くらい浄化されています。」と教えていただき、その後も浄化を続けていると、最後の方は第4チャクラと第5チャクラ辺りからスーッと外に流れていく感じがありました。
最後は頭まで抜ける感じがして、浄化箱の中の重さが無くなりました。
とてもスッキリした感覚になりました。

カヴィーシャさまに「100%浄化できています」と教えていただきとても嬉しかったです。
今もセミナーで「恐れについて」学ばせていただいたおかげと、ガラクタを浄化箱に入れられたおかげで、色々考えることが無く過ごせています。

この状態がずっと続けられたら嬉しいと思いますが、もしまた不安や恐れを感じる事があっても、セミナーで教えていただいたことを実践して、これからも自分で浄化箱に要らないと思うことは入れて浄化を試みてみたいと思うようになりました。
貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

以前「陰陽の原理」でも教えていただいたように、陰の中にも見方をかえれば陽がある事を意識しながら、自分を肯定してバランスをとっていきたいと思います。

今回参加された受講者の方とは魂の時期や今生の課題などは違っているとは思いますが、光に向かって成長したいと言う気持ちは皆さん同じだと思います。一緒にこの貴重な時間を共有させていただけた事がとても幸せに感じました。
そしてカヴィーシャさまや皆さんにお会いできることも、セミナーの楽しみになっています。

そしていつもカヴィーシャさまが、惜しみなくたくさんの事を与えて下さっていることに感謝せずにはいられませんでした。本当に心よりお礼申し上げます。

「自信」と「過信」について、チャクラやオーラを閉じること、光の浄化箱、光の放射、瞑想、目を閉じて走る・・・
どれもとても楽しかったです。 
「恐れについて」2度も学ばせていただいた事を無駄にしないように、今後は恐れが出てきてもしっかり対処しながら前に進みます。

自宅の自分の部屋の浄化もできていたおかげで、昨日高速バスで久留米に到着後は部屋ですぐにグッスリ眠ることができました。
仕事の事も、生活していく事と今後も勉強を続けて、学ばせていただけるように自分で責任を持って選択します。

カヴィーシャさま、ありがとうございました。


ぶどうのライン


★カヴィーシャのコメント: 受講者がセミナー会場にネガティブ霊を連れてこられるのはいつものことなので、覚悟はしていましたが、今回はお昼休憩にレストランに行かれた四名がそれぞれたくさんのネガティブな存在を連れて戻ってこられました。
それで、浄化ができるふたりの受講者さんに二名ずつ担当してもらい、浄化箱を創って浄化をしていただきました。
ネガティブ霊に影響されているときのその人の波動、意識レベルと振動数を調べ、浄化後、再度調査をし、その状態がいかに異なっているかを知っていただくことができ、よい実験の機会が得られたと思います。

波動が悪い場所に行くと憑かれやすいということはあると思いますが、そもそも憑かれるということ自体にその人の課題があることを知らねばなりません。
なぜ自分は多くのネガティブ霊を引き寄せてしまうのだろうか? ということです。
その要因を創ったのは、まちがいなくその人の内側にあり、外側のせいではないということです。

夜に光を求めてやってくる蛾や昆虫のように、光があるところに引き寄せられて、浄化をしてほしい霊体が集まってくることはありますが、その人が浄化できるかできないかは、光の加減を見てわかりますから、彼らはちゃんと自ら相手を選んでやってきているのです。

となると、自分が浄化できないのにネガティブ霊が次々とやって来ているというのは、浄化してほしいのではなく、波動同通で、どこかにその人と共通の課題を持っている者たちということになります。
たとえば、自信のない人には自信のない者たちが集まってくるのです。あるいは、逆に足を引っ張り、嫌がらせをするために次々とやってくる場合もあります。悪の道に引きずり込むことが楽しい、困らせることが面白いと思っている連中です。まちがいなくダークサイドの者たちですね。

いずれにしても、両者のあいだに、どこかに関わりがあるから来るのです。そのところをしっかりと受け入れて、どう対処するかを考える智恵が必要です。
とにかく自分を知ることを恐れないこと。何も知らないで、何か得体のしれないものにおびえているより、正体を知って、それを受け容れ、立ち向かうほうが、自分に対してずっと肯定的な生き方ができます。

そのことをセミナーでも、繰り返し、繰り返しお伝えしました。
皆さんにお渡しして作成してもらった問題集を、何度も見直されて、今ある恐れを解放し、自信をもって、前進してくださることを心から願っています。

★最後にNさんへ
随分前ですが、数秘リーディングでお伝えしましたように、あなたはとても慈悲深い人です。でも、他者にそれを与える前に、自分に対してもっと慈悲をもってください。
長い間あなたのなかにあった恐れが、今は驚くほど少なくなっていますね。
それは、あなたがいろんな体験をすることを自分に許して、一生懸命チャレンジしてこられたからです。「自分自身に自分の人生を信頼させることを許す」ということの鍛練でしたね。

今再度、あのときの言葉をあなたに贈りたいと思います。
私は信頼し、生のなかへレットゴー〈手放す〉ことができる

どうか、これからも自分を信じてがんばってください。
あなたの自信が揺るぎないものとなりますように。
影ながら、応援しています。



紫の泡・ライン


ねずみ3

セミナーでは、いつも皆さんに一枚のカードをプレゼントしておりますが、その内容はご自分にぴったりだったでしょうか?
以前に参加された時に引いたカードと同じカードをもらった人がいらっしゃいましたが、まだそのことがクリアできていませんよということですから、しっかりとマスターしてくださいね。
最後に、今回急な用事で参加できなかった人のカードが一枚残りましたが、彼女のために、そのカードの内容をお伝えしておきますね。


怖れを持たないということは、
何か恐ろしいことが起きている瞬間でも
「すべてよし」と感じることができる能力であり、
何が起こっていようとも、
「すべてこれでいいのだ。自分は大いなる源の強さで満たされているのだから」
ということを知る能力です。




ふたつのハート

この世界全体は、
恐怖と憎しみから生きているように見える。

愛は破壊された。
何千年もの間、あなたの愛は麻痺させられた。
だからいつでも、あなたの中に愛が起こると、
あなたのすべての条件付けが、対抗する。
それはあなたを震えさせ、恐れを生み出す。

もしその愛が偽物なら、何も問題はない、
あなたは何とかできる。
しかしもし本物なら、もし心からのものなら、
確実に、あなたは途方もなく愛を恐れるだろう……

愛は人間の本能であり、愛なしには誰も成長しない。
愛なしには、誰も花開いたことはない。

~OSHOの言葉より~



宇宙の根源から与えられた強さや能力、
そして、真の愛を自分のなかに見出し、
どうかそれを存分に発揮していってください。

2015年9月12日 カヴィーシャ・光の仕事人





最新記事