「鉄輪」に登場する悲劇の女主人公のお話

2010年07月24日 14:40


★あなたは、自分が他人に対して抱く肯定的な思いや否定的な思いが、相手にどのように影響するのか考えてみたことがありますか? 

もし、自分が激しい怒りに襲われていたり、憎しみのために相手を陥(おとしい)れようとしていたり、相手の不幸を望んでいたりして、深い敵意をこめた低い波動(振動数)をだれかに投射したとしたら、相手の人はどうなるでしょうか? 

ここでは、個人が発する「ネガティブな想念」について考えてみましょう。



「鉄輪」に登場する悲劇の女主人公のお話



昔から憎む相手を呪(のろ)い殺す方法として、「丑の刻参り(うしのこくまいり)」がありました。

丑の刻(午前二時頃)にひそかに参籠(さんろう)して祈願することで、呪う相手の人形(ひとがた)を釘で刺し、神木に打ちつけながら、自分の想念を集中して相手に送りつける行為です。

能楽の世界でも*「鉄輪(かなわ)」という物語で取り上げられています。

(*能の曲目。四番目物、また五番目物にも扱う。作者不明。出典は、男を恨んで鬼となった貴族の女、『平家物語』「剣巻」に登場する「宇治の橋姫」によるものとされている)


それは現在でも通用する女性の心理を描いた作品です。
暑い夏の夜にこの物語を聞くと、ちょっと涼しくなるかもしれませんよ。
   

★鉄輪は火鉢(ひばち)に入った灰に立てて、やかんや鉄瓶(てつびん)などを乗せる輪型の三脚のことで、「五徳(ごとく)」とも呼ばれていました。
若い人はご存じないと思うので、理科の実験で、フラスコに入った液体をアルコールランプで熱するときに使う丸型の三脚を思い浮かべてみてください。

★「能楽―鉄輪」では、自分を捨てて後妻を迎えた前の夫をうらみ、毎夜丑の刻参りに通っている都の女が登場します。

こんな浮気な男と夫婦になったのは、結局自分の心の至らなさの報いとは思うけれども、それではあまりに口惜しい。来世とはいわず、今この世で罰が当たるように貴船(きぶね)神社に願をかけよう

そう言って、女がうらみと嫉妬に駆られて「呪いの願かけ」をした場所は、京都の鞍馬(くらま)にある貴船神社の奥の宮でした。

ある夜、女がいつも通りに神社に行くと、貴船明神からご神託(お告げ)を受けた社人(神主)に出会います。

赤い衣を着て、顔には赤い*丹(に)を塗り、髪には鉄輪を乗せ、三つの足に火をともし、怒りの心を持てば、願いどおり鬼になれるであろう」 
(*丹は赤色の顔料のこと)

社人がそんなご神託を伝えると、女はそれを実行しようと決心して家に帰ります。


★さて、女の前夫のほうですが、最近どうも夢見が悪いので、原因を占ってもらおうと、陰陽師(おんみょうじ)の安部清明(あべのせいめい)のところへでかけます。

すると、前妻の深いうらみで、命が今晩限りであると告げられるのです。

驚いた男は、呪いを除き、悪行に打ち勝つための祈祷(きとう)を依頼します。
清明は男と後妻の身代わりになる人形=形代(かたしろ)を作って供物を整え、あらゆる神仏を呼び出して祈祷を始めます。

雨が降り、稲妻が走り、雷鳴がとどろくと、そこへ先妻が鬼(生霊)となってあらわれるのです。(★とても恐いシーンですよネ!)



あなたと夫婦になったときはいつまでも変わらないと思っていたのに、捨てられてうらめしい。でも恋しいとも思ってしまう。こんな苦しい思いをさせたあなたの命も、今宵(こよい)限り。お気の毒なこと

女には祈祷の祭壇が夫妻の寝床として見えていて、男の形代(かたしろ)の烏帽子(えぼし)に向かってうらみ事を口走ると、後妻の形代の髪を手にからめとり、「思い知れ!」と一撃のうちに打ち殺してしまいます。


鉄輪


憎むべきは断然男のほうなのですが、鬼となった女はまず後妻に対して怒りをぶつけ、殺してしまうのです。
そして、今度は男の命をも奪おうとして男の形代につめ寄ります。

そこで女の心に葛藤が生じます。

この憎い男の命をとっていこうか……。
それとも男を連れ去ろうか……。 
もしかしたら、また男の気持ちが自分のほうに向いてくれるのではないだろうか……。


そんな微かな期待感と未練。憎いけれども殺せないでいる悲しい女心が見え隠れします。

結局、清明の祈祷で守護の神々が守りを固めていたため、女は男を殺すことも、連れ去ることもできませんでした。
最後にこんな捨てせりふを残し、女は退散します。

時節を待つべしや、まずこのたびは帰るべし
今日のところはひとまず帰りますが、またうらみを晴らしにいつか来ますよ」ということですね。

この複雑怪奇な女の本音はどこにあるのでしょうか?

(★この続きはまた明日…) 




最新記事