真の愛は自分の真の姿を見せること

2010年07月23日 09:40


真の愛は自分の真の姿を見せること



あなたは、親しい相手にあなたのほんとうの姿を見せているでしょうか?


★相手を愛するには、まずその人に自分自身のほんとうの姿を見せることから始まります。

人によっては多くの勇気が必要となるかもしれませんが、自分のポジティブな部分も、ネガティブな部分も、光の部分も、陰の部分も、正直にあからさまに見せることが必要です。

★なぜなら、あなたの真実は両極を同時に含んでいるからです。
真実は全体であって、片方だけ、半分だけではありえないからです。


人の思考は、振り子の動きを目で追うように、ひとつの極しか見ることができません。
そのためもうひとつの極が必ず同時に存在することに気づかず、たいてい偽善に騙(だま)されてしまうのです。

愛には必ず憎しみの部分が潜んでいるということ、
光のあるところには必ず影があるということに気づかないのです。

地球上に住んでいるだれもがこの両面を持っているということ、
人類を創造した神自体がこの両面を内包しているということでさえ、気づいていないのです。

表面的に善い面だけで相手に接していると、しだいに不自然さを感じるようになります。
悪い面が現れないように努力するよりも、自分にはこんなネガティブな面があるということをあらかじめ相手に知っておいてもらったほうが、断然気が楽なのではないでしょうか。



★*★*★*★*★*★*★*★*★★*★*★*★*★*★*★*★*★



あなたは自分自身に帰るために、
勇気をかき集めなければならない。

社会全体があなたを阻むだろう。
あなたは非難を受けることになる。

が、惨めで、偽善者で、いんちきのまま、
だれかほかの人としての生を生きるよりは、
全世界に非難されるほうがはるかにいい。

あなたは至福に満ちた生を生きることができる。
そして、そこにふたつの道は存在しない。
ただひとつの道――それは、ただただ自分自身でいることだ。

和尚ラジニーシ 『反逆のスピリット』より



★*★*★*★*★*★*★*★*★★*★*★*★*★*★*★*★*★



ハート
ハートをひらいて、お互いにありのままの自分で話すとき、
相手の気持ちが初めて理解しあえ、
真実を覆(おお)い隠していたベールを取り去ることができます。

ほんとうの自分を見せることができない限り、
心に真の平安が訪れることはありません。

もしあなたが、今まで恐くて本音を素直に言えなかったのなら、
まず自分の内に宿る権威者(ハイアーセルフ)を信じてください。

そして、自らかえりみて「正しい」と確信したならば、
たとえ敵対者や反対者が何万人いようとも、
自分の信ずる道を歩むという気構えで臨んでください。 

守護の神霊やハイアーセルフがいつも味方についてくれていることを意識し、
今が「自分の恐れと向き合う絶好のチャンスだ!」と思って、
勇気をもってありのままの自分を見せてください。





最新記事