「真実」はその人の「意識レベル」によって異なる その2

2010年06月14日 16:15


★ 神や正義はひとつではない ★



★世界には「」を信仰している人たちが大勢いますね。
一神教の神」、「多神教の神々」さまざまです。
ユダヤ教」と「キリスト教」と「イスラム教」では、「神は唯一の存在である」とされていますが、それぞれ「神の名」は異なり、「真実」も異なります。

これらの信仰者たちは、それぞれがつけた「神の名」のもとに、それぞれの「正義」という旗をひるがえし、それぞれの「思い込みの真実」のために戦争を繰り返してきました。
彼らは自分たちとちがう人たちを決して受け容れようとはしないのです。

神がひとつであるのなら、その神から創造された人間同士が戦う必要などまったくないはずですね。
けれども、「自分の真実だけが唯一正しい」とお互いが思い込み、非常に限られた理解しか持てないでいるため、未だに歩み寄ることができずにいるのです。
多様性のなかにあってお互いを受け入れ合うのが教会だ」とイエスの弟子パウロは言っているのですが……。

キリスト教では、動物などは人間の食べ物として神から与えられ、何を食べてもけがれないとされていますが、ユダヤ教では、ラクダ、ウサギ、タヌキ、鳥の中の猛禽類、爬虫類、羽のある昆虫、死んだ動物、貝や甲殻類、ウナギ、クジラなどの水性動物は、けがれた生き物として一切禁止されています。

イスラム教では豚を食べてはならないことになっています。
ですから、ハムやソーセージも食べません。ヒンドゥー教では神聖とする牛を食べてはならず、ジャイナ教では牛、豚、鳥の殺生を禁じていて、ほとんどがベジタリアンであるといわれています。

宗教によって、食べ物の常識が全くちがっているのです。
なぜなら、それぞれの神が禁じているからです。

このことからも、「神や正義はひとつではない」こと、
そして、「真実はひとつではなく、数限りなくある」ということがわかります。


★それは宗教だけではありません。
法律や医学や現代科学も同様です。

今まで認められていた真実よりもさらに最新の異なった真実が発見されて、それに賛同する学者が多いと、今度はそれが真実として認められます。
以前の真実は「真実ではなかった」ということになるわけです。
「相対性理論」で有名なアルバート・アインシュタインも、今では「まちがっていた」といわれていますね。


★ 真実は探求者の数だけある ★



真実は探求者の数だけあるのですから、どれが「正しい」と断定することはできません。
思い込みの度合いは千差万別ですが、それぞれがその人の真実なのです。
また、探求者たちも日々成長し、進化していきますから、それぞれの成長に応じて真実も変化していくのです。

 

★人によって異なる真実、それがつぎつぎと変わっていくような真実、条件が変わると容易に変わってしまう真実を、仏教では「世俗締―世俗の真理」と言っています。一般的には「常識」と呼ばれている内容で、「制限された通念」、「思い込み」といってもよいでしょう。


★「常識」は同じ国の中であっても、地域によって随分異なります。


秘密のケンミンSHOW 」というテレビ番組を見られたことがあるでしょうか?
各県で通用している「常識」が、日本のどこででも通用するとは限らないことをつよく気づかされる番組ですね。
すぐ隣の県であっても、習慣や食物の食べ方は驚くほど異なっています。
日本という一国でさえそうなのですから、世界の国々の「常識」が異なるのは当たり前だということです。

このように、人や国、宗教によって好き勝手に制限されている真実は、究極かつ普遍の真実とはいえませんね。


★わかっていることは 、「真実は各人の意識レベルによって異なる」ということ。
意識レベルが上昇すればするほど、さらに深遠な真実に出会える」ということ。
つまり、より「偉大な真実に出会うことができる」ということです。

人は毎日「自分が発している周波数に見合ったものを引きつけ、その人に見合った真実と遭遇(そうぐう)している」のです。




★さて、現在ただ今のあなたの「真実」は、どのあたりにあるでしょうか?

小鳥のたとえで言うと、「直線」でしょうか? 

現実を「直線」だと信じて生きている人たちは、「過去」があって「現在」があって「未来」があるというふうに、一直線上でのモノの見方をしています。
「過去」も「未来」も「今」のこの瞬間にあって、同時進行しているというふうに立体的に見ることはできません。

「えっ? 過去と未来が同時進行しているって、いったいどういうことなの?」
そんな疑問をもったあなたは、まさしく「直線思考型」の小鳥さんだということになりますね。

先人たちが伝えてきたように、あなたの一瞬一瞬の思いが、あなたの現実を創っているのです。
そして、思いが変われば、現実も変わります。
あなたが毎日このブログをひらき、エピローグまですべて読み終えられたとき、もう一度このページに戻って、この質問に答えてみてください。


今のあなたが「信じているもの」とは、何でしょうか? 
どんなことを「ほんとうのこと」だと思っているのでしょう?
何が、今のあなたにとっての「真実」でしょうか?




ハスの花


★ 来て、見よ。それはここにある ★



★仏陀(ブッダ=釈迦)はいいました。
来て、見よ」と。



★究極の真実はすでに存在しています。
あなたの外側にも内側にも、至るところに存在しています。
それは、あなたの眼前にあるのです。
ですから、「まずは、それを見なければならない」と仏陀はいいます。

★あなたはただハートをひらいて、幼子のように「素直」に「純粋な気持ち」で、ものごとを見ていけばよいのです。
一切の思い込み、先入観を取りはらい、自分勝手な判断などはせずに、ただ「ありのままを感じること」です。
「小鳥のお話」のように、あなたが体験し、理解すれば、それは「信」ではなく、「知」となります。



★仏陀はわたしたちを招き、こう言っています。
来て、見よ。それはここにある」と。



★わたしたちの「進化の旅」とは、「意識がめざめていく旅」です。
さあ、これからご一緒に「意識の進化の旅」にでかけましょう。





最新記事