ネガティブな存在に影響されていませんか?

2014年03月05日 09:45


★「東京でのセミナー」は3月だけとなりました★



昨年の記事で、「2014年は東日本を中心に活動したい」と考えている旨を記事に書きました。
会場を東京都にしたのは、毎年、あるいは毎月、東京の読者さんのアクセス数がケタ違いで1位だったこともありますが、最近読者さんがぐんと増えた埼玉県や千葉県から、あるいは東北からも参加しやすいであろうと考えたからでした。

それで、年始にハイアーセルフと相談した際には、初の東京でのセミナーを3月30日に決定し、その次は6月末を予定していたのです。ところが、2月23日の時点でハイアーセルフからストップがかかりました。
2012年10月に浄化のために東京へ行き、千葉で有志の方々と浄化作業をしてから一時的によくなっていたのですが、今はかなり悪化しているようです。いろんな意味で、そうだろうなと納得できます。

6月頃に何かが起こる可能性がなきにしもあらず、6月はとりあえずセミナーの開催をやめる決断をいたしました。
今の時点では、何が起こるかということをはっきりと申し上げることはできません。皆さんの意識が変われば、また事象も変化するからです。



菜の花


★ここで、東京都の波動について、少しお伝えしておきましょう。

東京都の地図を広げてみますと、足立区や葛飾区辺りの波動は良いのですが、荒川の流れに沿って西側、つまり東京の中心部はほぼ悪いと思っていただいてよいと思います。
もちろんそのなかでも狭い範囲での波動が良好な場所もあるかとは思いますが、「東京」として見た場合はかなり悪いということです。
大きな日本地図を広げてペンジュラムで調べていくとわかりますが、日本のなかで「波動良好」を示す県は「長野県」と「三重県」くらいしかありません。「鳥取県」もよくありませんが、かろうじてわたしが住んでいる地域だけは「良好」となっております。

ということで、東京での「気づきのコース」の開催は、今年は「3月のセミナー」が最初で最後となりそうです。「6月のセミナー」では、さらに興味深い深遠な内容にしたいと考えていただけに、とても残念です。


紫の泡・ライン

余談ですが、
3月のセミナーの参加者さんたちは今現在7名決定しています。そのうち、埼玉県の方が圧倒的に多いです。
セミナーの内容が興味深いというよりも、わたしという人間に会いに来てくださる方々ばかりで、心から嬉しく思っております。参加者さんのなかには、これまでに数秘や個人レッスンを終了された人たちが多くいらっしゃるので、まだ一度もお会いしていなくても、すでに気心が十分に知れております。
まるで同窓会のような気がしていて、懐かしい魂の教え子たちに会えると思うと、感慨無量です。

どちらかというと、セミナーも交流会も人数は多いよりも少ないほうが、おひとりおひとりとの談話が深まるので望ましいと考えております。ただ、先ほども申し上げましたように、このたびで東京での開催は終了となりそうなので、わたしと話をしたいと思っておられる方は、この機会に都合をつけてご参加くださればと思い、敢えて記事にてお伝えすることにいたしました。
まだ募集しておりますので、参加を希望される方は3月20日頃までにお申し込みください。『夕べの交流会』のほうは、あと残り1名です。
 
(「夕べの交流会」は終了しました。3月5日15時20分更新) 


ピンクのアネモネ

★ わたしから皆さんへの贈り物 ★



セミナーや個人セッションに参加してくださった人たちに対して、毎回心を込めて差し上げているものがあります。
それは、いったい何でしょうか? 


何度もセミナーに参加されている方々はきっと記憶されていることと思いますが、わたしはこれまでセミナーや個人セッションに参加された皆さんと、必ず最後に握手をしております。
あの握手が、わたしから皆さんへの最高の贈り物だったのです。

握手はお互いのエネルギーを交感する暖かいふれあいの瞬間です。
その瞬間にわたしの愛の気持ちを皆さんおひとりおひとりに差し上げていたということです。

11月のセミナーでは、おひとりずつの意識レベルと振動数を調査しました。
そのときに、わたしの手のひらに個々に手を乗せてもらいました。それで、一気に皆さんの意識レベルと振動数が上昇したのです。(エネルギーは一瞬で流れるものなのです)

とりあえずは「瞑想前と、瞑想後での意識レベルの違いを見てみよう」という実験でしたが、じつはわたしの手に触れたことで、すでに個々人の振動数がそれぞれ上昇していたわけなのです。
セミナー中に通常では考えられない意識レベルを示した人がおられましたが、そういう理由があったからなのです。
そのことに気づいておられた人が、いらっしゃったでしょうか?

娘や猫たちがわたしのところに寄ってきて、身体や手に触れてはプラーナをもらっているように、皆さんと握手をすればするほどわたしの振動数を差し上げることができるというわけです。

但し、セミナー会場が光に包まれ、皆さんの意識レベルや振動数が急上昇しても、各家に戻られたときに、その数値がすぐに下がってしまわれる人が多いので、どうかそのときの感覚をいつまでも持ちつづけていただきたいと思います。

意識レベルの上昇が「にわか仕立て」かどうかは、家に戻ってから維持できているかどうかでわかってしまいます。
自分の意識レベルや波動を常に高く良好に保つことの大変さをしっかりと自覚していただき、今からしっかりと準備をして揺るぎない基盤をつくっておいていただきたいと思います。




     アネモネ 赤と青


ネガティブな存在に影響されていませんか?



最近は異星人や人霊に影響されている人が増加しており、『個人レッスン』をしている途中でも憑依されていることが発覚することがしばしばあります。
この世界は目に見えない存在が数多くいて、多かれ少なかれ人に影響を与えているのだということをいつも忘れないでいてほしいと思うのです。
このブログを読んでいる人のなかにも、けっこうネガティブ霊に影響されている人がいらっしゃるように思います。「お便り」などでもよく感じることがあります。

このブログに関して、何が言いたいのかよくわからない超ネガティブ波動を発したメールが、たまに届いたりもします。たとえば、「自分も周りの人も既にアセンションしている。まだこんなスピリチュアル系のブログが残っているとは…このような記事をみつけると、暗澹(あんたん)としてしまう」という言葉から始まって、忠告やら意味不明の内容やらが支離滅裂に書かれていたものもありました。

そういうことをご本人は自信たっぷりと書いておられるのですが、なぜかご自分の名前は書かれていないのです。「名乗るほどの自信はないのかしら?」と思いますね。直感でその人の顔が浮かんできたりするので、誰だかわかってしまうこともありますが。(笑)
自分の名前を書けない人は、メールを送らないでください。相手に対して、大変失礼な行為です。

ここではっきりと申し上げておきしょう。
このブログは、「アセンションした人」のために書いているのではありません。
まだ「アセンションできていない酷い状態の地球に生きていて、日夜悩みを抱えている人」に向かって書いているのです。
よって、「アセンションした人」は、このブログを読まれる必要性は全くありません。


「このような記事をみつけると、暗澹としてしまう」などと書かれる前に、なぜ自分はこの記事を見つけたのか、こんなスピリチュアルブログに訪問されたのかをよくお考えくださればと思います。その自覚のなさに、逆にわたしのほうが暗い気持ちになってしまいますよ。


「名無しさん」が真にアセンションされている人であるのなら、アセンション後の地球について、アセンション後の日常生活について、詳細なブログを書かれることをおススメします。未だにそのようなブログには出会ったことがないので、皆さんの参考になるのではないかと思うからです。

じつは、このような類のメールを開いた瞬間には、必ず心臓がバクバクします。
かなり強烈なネガティブ波動を感じ、読んだあともなかなか胸の鼓動が治まりません。
上記のメールを送って来た人の場合もそうでした。文面から出ている波動で、女性の異星人が2体憑依していることがわかりました。あとでその文章を読んだ長女も、女性霊が憑依していることがすぐにわかったと言っておりました。
それだけ、ネガティブ系異星人の波動はきついのです。

まずは、ご自分にとり憑いているネガティブな異星人たちを何とかされることです。
ご自分の状態を知ってくださいね」ということです。
正常波動になって、その上で、何者にも影響されていないご自分の言葉でしっかりと語られてはいかがかと思います。 



青いアネモネ


★ 真実や正しさはその人の意識レベルによって異なる ★



これまでの事例から申し上げますと、高飛車な物の言い方をしてくる人は、ハートで感じることができない頭中心の、非常に質の悪い異星人に影響を受けている場合がほとんどです。さも知的であるかのように見せかけていますが、じつは大変お粗末なのです。必ず言っていることに矛盾点があるのです。
そういう存在を引きつけるということは、波長同通するものが、自分のなかにあるということを認識していただくことが必要です。しかし、そういう人に限って認識できないのですから、とても厄介です。

わたしとは意識レベルの全く異なった人や異常波動を帯びている人が、このブログ内容についていろいろご意見をくださっても、「そうですか。あなたはそう思っておられるのですね。しかし、わたしはわたしの真実をお伝えしているだけですよ」と申し上げるしかありません。
真実や正しさはその人の意識レベルによって異なる
これはブログを立ち上げたときからのわたしの持論です。(お忘れの方は、一から記事をお読みになってくださいね)

意識が高次になればなるほど、「どうぞご自分の責任でご自由に!」となっていくものなのです。
ほんとうに悟りの境地にあったなら、その人の魂は喜びの状態にあるはずです。
喜びの状態にある人が、わざわざ人に難癖をつけることはとても難しいです。

意識が高次になればなるほど、ハートは開かれ、無限大に自由になっていって当然なのに、思考が狭まり、閉じられて、制限されていくようなら、そして、それを他者にも求めるようであれば、それは大きなカン違いであり、危険な状態であるということです。
そのことをしっかりと認識していただきたいなと思うしだいです。




2月の花


★ 世界は変容したでしょうか? ★



わたしが感じるところ、今現在わたしが住んでいる地球は、2012年末以前の地球となんら変わることはありません。
毎日世界のニュースをご覧になればわかりますね。戦争、暴動、殺戮、政治の悪さ。最近では中国でのテロ事件。日本もかなりおかしいです。
前回の記事に書きましたように、動物と人間が仲良く共生し合うということもありません。

原発がなくなることもありません。せっかく原発をなくそうという風潮が生まれていたのに、今は全く違いますね。
安倍政権は、民主党前政権が「2030年代に原発稼働ゼロが可能となるよう、あらゆる政策手段を総動員する」と掲げた方針を撤回しているように思います。
「将来的には原発依存度を減らす」としながらも、福島第1原発の事故前に約3割だった国内の原発依存度を、今後どの程度減らすのかなどの具体的な内容を示してはいないのです。

安倍政権を容認している人たちはどういう神経なのか、わたしにはさっぱりわかりません。オリンピック招致をして日本に決まったと喜んでいる場合ではないはずなのですが。

昨年、一時的に皆さんの振動数が急上昇したと感じた時期はあったのですが、そのとき高まった方々の振動数も意識レベルも、また現在は元に戻っています。
どう見ても、わたしたちはアセンションした地球に住んでいる人間とは思えません。
そう思っているのは、わたしだけでしょうか?




原発についての意識をもっと高めてください!



2014年02月20日付の「福島第1原発:高濃度汚染水100トン漏れる」という記事を読まれましたでしょうか?

東京電力は20日、福島第1原発の汚染水貯蔵タンクから極めて高濃度の汚染水が約100トン漏れたと発表しましたね。
汚染水はタンク上部からあふれ、雨どいを伝ってせきの外の土壌に染み込んだということです。汚染水をタンクへ移送する配管の弁が開いており、予定外の水が入ってあふれた可能性が高いようです。
雨どいに漏れた汚染水を測定した結果、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億3000万ベクレル、セシウム137が同9300ベクレル、セシウム134が同3800ベクレル検出されたと発表されています。
20日午前の臨時の記者会見で「汚染水の対応を急いでいるが、心配をかけて申し訳ない」と東電の原子力立地・本部長代理は謝罪したということですが、その後いったいどうなったのでしょうか?

★福島の原発がこんな状態なのに、政府は未だに原発に対して肯定的で、日本にはまだまだ原発が必要だと語っていますね。
原発の問題や東京の問題はわたしひとりではどうしようもありません。当然のことながら、東京にお住まいの人たちをはじめ、日本人全員の意識の変容が必要です。

他人事ではないのですよ。東京の人たちは自分たちの電力を供給してきた福島原発に対して、もっともっと意識を向ける必要があると思います。あまりにも無頓着だと、必ずそれを思い起こさせるような出来事が起こってきますから、要注意ですよと申し上げておきます。




アネモネ


★ 異星人の影響は執拗に残る ★



ネガティブ系の異星人(ほとんどの場合、異星人の死霊を指す)が来たり、憑いたりすることが最近頻繁に起こっていることに対して、正直申し上げて随分頭を悩ませています。
これは個々の問題(その人が過去生で異星人だった)によって起こっていることなので、個々に責任を持っていただくしかないのですが、ご自分が異星人に憑かれていることさえもわからない人たちが多すぎるので、霊的に敏感な者がひどく迷惑するばかりなのです。
過去生回帰をすれば、なぜ過去生の異星人(死霊)の訪問が多いかがわかってくるのですが、なかなかそういう機会を持つこともできません。
とにかくご自分が異星人に影響を受けていないかどうかを意識的に観察してみていただきたいと思います。

たとえば、異星人に影響されている人(ネガティブの程度はさまざまですが)からメールが来ると、パソコンの画面が固まったりして、機嫌を損ねて長時間動いてくれないことがあります。
それで、ようやく元に戻って返信する際「あなたのところに異星人がいますよ」とお知らせすると、「確かに、うちのパソコンや印刷機も動かないです」という返事が返ってくることがあります。そういうことが頻繁に起こっている場合は、パソコンをメーカーに修理してもらう前に異星人の浄化をしたほうがよいということです。

これはわたしの体験談ですが、異星人の影響で壊れて動かなくなってしまった印刷機に光の放射をしたことで、元のように動くようになったことがありました。
不思議なのですが、わたしが印刷機に手を触れて「印刷してくれてありがとう」と言っているあいだは印刷してくれるのですが、手を放すと途端に「エラー」を起こしてしまうということが繰り返してあったのです。
そのうち異星人の残留思念が消えるに従って、機嫌を直してくれて、その後はすっかり正常になって普通に動いてくれるようになりました。

またあるとき、ミシンを使っていた長女に異星人が憑依したとき、ミシンが正常に動かなくなったことがありました。
針が同じ所をずっと縫い続け、前進しないのです。
ところが、長女を部屋から出て行かせて、わたし独りになって動かしてみると、ちゃんと前進し、縫えるのです。
異星人を追い払うと正常に動き、また来るとおかしくなるということを何日も繰り返していたことがあり、そういうことからも機械類は異星人の影響をまともに受けるということがわかったのです。
そして、きちんと光の放射をしておかないと、異常になったままのことが多いということも知っておいていただきたいと思います。

精密な機械類は、異星人のネガティブ波動によって異常事態を起こしやすく壊れやすいようです。
繊細なクリスタルなどは、ほとんど吸収する性質を持っているので、完全に影響を受けてしまいます。
よって、わたしは近年クリスタルを一切使用しておりません。

        

★ 二極性の銀河系宇宙では、
      悪の存在が消え去ることはない ★



人をコントロールしたり、監視したり、自由を束縛したりする存在たちが蔓延っているのは、何も地球に限ったことではありません。銀河系宇宙には数多いるでしょう。
人類を管理し、コントロールしたがる連中は、たいていが異星人と繋がっています。

異星人の多くは、地球人のような豊かな感情はありません。善悪の感覚もありません。至って無機質で、自己中心的です。相手のことなどは考えず、言いたいことを一方的に言ってきます。知的能力はあっても、感情は乏しく、意識レベルが低く、悟りとは程遠い者たちが圧倒的に多いと感じます。

二極(対極)で成り立った世界では、悪と呼べる存在が消え去ることはありません。いわゆる世界中に知られている悪の権化とされるサタンという存在は、神が存在する限り消滅することはないということです。
サタンの実態は、キリスト教などで語られているような浅いものではありません。キリスト教が「新約聖書」と呼んでいる内容は、ほぼ物語だと言っても過言ではないし、人の手が加えられて垢まみれになっており、ほとんど信憑性は残っていないのです。聖書を物語として読むことはかまいませんが、真実とは程遠いということだけ知っておいていただきたいと思います。

サタンについては、誤解を生じる可能性があるので、今は「役割」としてあるのだということだけお伝えしておきましょう。
また、サタンルシファーを同一存在だと思っている人が多いようですが、まったく違うということをお伝えしておきたいと思います。

とにかく、二元の世界では、神もサタンも必要な存在だということです。
これは、とても大切な現象であるので、また、いつかセミナーなどでお話をする機会を持ちたいと思っております。
二極のルールでできあがった世界に、「悪」や「ネガティブ」は必ず存在するということ。
それらがなければ、「善」や「ポジティブ」も存在しないということです。

中国の陰陽図を思いだしてください。
白も黒も、あらゆる対立は、存在の中ではひとつとなっていますね。
微妙な割合でバランスをとっています。

白のなかには黒の点があり、黒のなかには白の点が入っています。
白は黒になる可能性を秘めており、黒は白になる可能性を秘めているということ。
いつ何時変化するかわかりませんよということです。

真実は同時にふたつの対極を含んでいるものです。 
真理を知るということは、その全体像を知るということなのです。
片方だけ見ていても、それは偽りの姿でしかありません。



         太極図.


ふたつのハート

わたしは信憑性が高い他者の情報や
今のわたしの意識レベルでわかっていることを皆さんにお伝えしています。
このブログの管理人の「ごあいさつ」の箇所を再度お読みください。
波動が合わなければ、いくら読んでも決して理解はできません。
異常波動と正常波動は共振しないのです。

このブログは宗教のように信じ込ませるためのものではなく、
ただ気づきのために情報を提供させていただいているだけなのです。
この息苦しい世界から解放されるためのお役に少しでも立ったら
幸いだと思っているだけなのです。
まだまだこの世界の実態をご存じのない皆さんに、
少しでも知って考えていただけたらと思う気持ちで書いております。

今はまだ需要があるから、供給しているのです。
このブログの必要性が全くなくなる日が来ることこそ、
わたしの願いでもあるのです。

心ある皆さん、あなたがもしこのブログを読まれて、何らかの気づきが生まれたのなら、
自分だけが気づけばそれでよいということに留まらず、
どうかこのブログの趣旨をまだ知らない人たちに伝えていってください。
それが光を増幅することになるのですから。





最新記事