本人の意識レベルに応じて交代する守護の神霊

2010年07月18日 17:30


本人の意識レベルに応じて交代する守護の神霊



今回は参考例として、わたしの次女の話をしましょう。

2007年の11月より、わたしの次女には不思議な現象が起こっていました。
今まで彼女についていた守護霊がいなくなってしまったのです。
それは、「私に今、守護霊はついている?」と、次女がわたしに尋ねてきたことから始まります。
守護霊はだれにでもいて、守ってくれていると信じていた次女は、どう考えてもついてもらっていない気がすると、うったえてきたのです。

そこで現在次女に守護霊がついているかどうかを、ペンジュラムを媒体として、わたしのハイアーセルフに尋ねました。答えは「いいえ」でした。
「また、守護霊は来ますか? 近いうちに来ますか?」と訊(き)くと、「はい」と答えました。

なぜ今不在状態なのかを尋ねていくうちに、次女の守護霊が交代の時期に入っていたことがわかりました。
以前わたしは次女の守護霊に対して、もっと的確な指導をしてほしいことや、もう少し霊格の高い守護霊に代わってもらいたいという要望を言ったことがあったのです。
どうやら、ほんとうに交代する気になってくれたようでした。

次女の意識がレベルアップしたことで、守護霊は交代しました。
そのときの守護霊は、これまでに比べて圧倒的に意識レベルの高い「地球―解脱界」の人でした。
ところが、もともと精神世界の基礎知識がなく、本人の努力がなかったため、しばらくするとまた次女の意識レベルが下がり、前の守護霊に戻ってしまったのです。

この現象は、次女だけでなく、長女の場合も同様に起こりました。
よって、本人の意識レベルが低くなれば、高次元の守護霊がそのままついていることはないということが明白となったのです。

それを知って以来、次女はチャクラの活性化を促すCDを聞いたり、精神世界系の本を次々と読み、真剣に学び始めました。
すると、次女は自分の過去生をはじめ、分霊や守護霊のこと、あの世のさまざまな意識の階層を探訪したことなどを明確に思い出し、語るようになったのです。
次女の意識が高まるにつれて守護霊は再度交代し、最終的には守護霊ではなく、守護神がガイドを務めるようになりました。その守護神もその後何度か替わっています。 


守護霊の霊格によって、憑依霊の許容範囲も異なります
守護している人間にネガティブな霊魂などがたくさん憑くと、守護霊はたちまち離れてしまうのです。

守護霊のほかに守護神がついていると、ネガティブ霊からの守りは強くなります。
惑星レベル」「銀河系レベル」「大宇宙レベル」など、その霊格によって許容数はさまざまですが、守護のパワーが強いと無限大に広がります。
けれども、相当なパワーをもつゴースト・クリーニングを得意とする守護霊・守護神でない限りは、憑依されるとたいてい離れてしまうのです。
なぜそうなるか、聡明なあなたなら、わかりますね。


★守護の神霊は、通常のわたしたちの周波数に合わせるために、ある程度は自分の周波数を落としてくれます。
ところがネガティブな存在に憑依されると、わたしたちの周波数は格段低下してしまいます。
そうすると、さすがに守護の神霊も「波長同通の法則」によって、離れざるを得なくなるのです。




ハート
今回は、皆さんに本人の意識レベル(光)に応じて、
守護の神霊は離れたり、ついたり、常に変動している

という事実を知っていただきたくて書きました。

あなたは常に自分の魂の進化に応じたガイドを引きつけている
ということを覚えておいてくださいね。






最新記事