あなたの意識はいつもあなたが生きる世界を選んでいる 

2013年10月01日 00:00


★ 新しい周期のはじまり ★



数秘術では、すべてを1~9までの数字で表すため、9月はその周期の終わりを表します。よって総決算の月となります。そして、10月から新たな周期が始まります。
テレビ番組も、たいてい10月から新番組に変わりますし、衣替えの時期も10月1日ですね。最近は地球の気候変動が激しく、昔のように季節の変わり目がわからなくなってしまいましたが。

今年起こったさまざまなことを思い起こし、身辺をきれいにして新しく出発しましょう! 
10月からまた新たな人生が始まるのだと意識し、エネルギーに敏感でありましょう。




青い花


★ ペンジュラム使用者さんの体験談 ★



今回は、M.Yさんの体験談を掲載します。
彼女は1月のペンジュラムセミナーを受講された後、3月から開始した「ペンジュラムの個人レッスン」を現在も続けておられ、わたしにとってM.Yさんは唯一の「お弟子さん」です。
彼女のレポートは以前にも何度かご紹介しておりますが、関心のある人は再度ご覧くださればと思います。

★参考過去記事 『ペンジュラムを究める』 M・Yさんの「個人レッスン最終レポ-ト」より  

最初の頃は、わたしが作成したテスト問題に答えていただき、正解になるまで繰り返し答え合わせをしておりましたが、最近では、ご自分の知りたいことを「ペンジュラムで確認したいこと」として自ら取り組まれ、Mさんのペンジュラムが出した結果に対してわたしが調査をし、採点をするというかたちをとるようになりました。
彼女のペンジュラムの調子が良いときと悪いときとの正解率は著しく異なるので、まだまだ安定はされていないのですが、ハイアーセルフの智恵が届けられた際には、気持ちがよいほど○印をつけることができます。
最近では、わたしが調査したことを彼女に確認していただくようにもなりました。

たとえば、9月に入ってから、人類の振動数と意識レベルがぐんと上昇した日があったのですが、それがいつであったかをMさんに調べていただいた結果、バッチリ合致しておりました。
じつはその日は10日だったのですが、何か感じた方はいらっしゃいましたでしょうか?

台風18号が日本列島を通過した時にも、ある程度日本人の集合意識が高くなっていることがわかりましたが、これは数日間しか続かず、台風での効果はあまりなかったように思います。
なぜなら、台風直後に周波数が上がった人のなかで、その後またもとに戻ってしまった人もおられるからです。
つまり、にわかに上昇した場合は、何かのきっかけでまたすぐに下降するということです。ちょっとした悩みくらいで意識レベルが落ちているようでは、前途多難です。
常日頃の正常な精神状態を保つことができる下地・基盤が大切であり、その基盤作りの重要性をつくづくと感じたしだいです。



   ライラックシャドー


~ただ今、ペンジュラムの修行中~ 


             M.Y 38歳 女性 東北
  


在る時、当時思いつく限りの浄化方法をペンジュラムさんに施しても、ペンジュラムさんの元気がないという状況に陥りました。クラスターの上に乗せて十分に休息を与え、セージでスマッジングして流水で清め、セラピスベイをすり込んだ両手で包んだのです。部屋にネガティブな存在もいませんでした。それにも関わらず、ペンジュラムさんの波動は悪いままでした。原因が分からず、なんで?と相当悩みました。
その状態のペンジュラムさんの写真を確認されたカヴィーシャ様の一言が「ペンジュラムを置いている敷物の波動が良くありませんよ。」でした。

目からウロコとはこのことです。テーブルに直置きは良くないと思い、下にハンカチを敷いていたのですが、そのハンカチの波動がよくなかったのです。せっせと浄化してせっかく元気になったペンジュラムさんを波動の悪いハンカチの上に置くという行為により、ペンジュラムさんの波動は一瞬で悪くなっていたのです。これまで長い間、波動に無関心な生活を送っていた私は、そのことに全く気がつきませんでした。ジェネレーションギャップならぬ意識レベルギャップです。その後、色々な実験の結果、波動の悪い物には光の放射が効果的なことが分かりました。(余りにネガティブ波動の汚染が強いとダメなこともあるそうです。)それからは、ペンジュラムを入れているケースや、置き場所などの波動に気をつけるようになりました。

これらの、ペンジュラムに接するものの波動に気をつけても、ペンジュラムの答えが毎回違ったり、自信満々でカヴィーシャ様に添削してもらった問題が間違いだらけだったりしました。それは部屋にネガティブな存在がいて、その影響を受けてのことが多かったのですが、それでも、ペンジュラムさんが元気な時は、何かいるよ!最高の智恵じゃないよ!と教えてくれます。ですが、ネガティブな存在に気づかず、その状況を放置していると、ペンジュラムさんがどんどん弱りネガティブな存在を知らせてくれることも出来なくなるようです。このペンジュラムさん汚染パターンに気づいたのは、ごく最近のことです。

これに気づくまでの状況は、ネガティブな存在がペンジュラムでチェックされなくとも、いつも部屋の波動が悪く、ペンジュラムさんの置き場もないという状態でした。ペンジュラムさんの意識レベルは下がり、使用は非常に困難だと感じていました。土地自体に問題があるわけでもなく、自分や家族が異常波動というわけでもなかったので、いつも部屋の波動が悪いのが不思議でした。光の放射を試みて、波動の好転が確認できても、次に調査する際には、また波動の不良がチェックされました。

ある時、ネガティブな存在がその場から去った後に残留エネルギーを残すことはあるのだろうか?という疑問がわき、カヴィーシャ様に質問してみました。答えは「大ありです。」ということでした。
私の部屋には、自分が考えているより、多くの見えない存在が訪問し、その都度、波動が悪くなってしまっていたのです。存在が去ったとしてもお部屋の波動は悪いままのため浄化が必要なことも判りました。私は霊的な感覚が鋭くないため、見えない存在の感知はペンジュラムさんが頼りです。ペンジュラムさんの元気がなくなる前に、ネガティブな存在の影響を取り除くこと、そのためにも、こまめなチェックが必要で、ペンジュラムさんの状態を把握することが現在のペンジュラム使用に関しての課題のひとつです。(ペンジュラムを2つ以上持っている場合、ペンジュラムが元気かどうかは、別のペンジュラムで調べてあげるのが良いようです。)

お部屋の波動を良好にするため、カヴィーシャ様のブログを拝読し、光の瞑想に始まり、光の放射を自分なりに練習して試していましたが、光の放射による浄化も完璧ではありませんでした。先述のように部屋の波動が悪くて浄化が難航し、自分で浄化ができるようになりたい!と強く思っていたところ、浄化を指導してくれる守護の神霊がついてくれたこともペンジュラムで判明しました。(げんきんなもので、こういうことが分かると俄然やる気がでて、浄化の実験にも熱がはいります!)たくさんの見えない存在の訪問を受けていますが、練習と思い前向きに光の放射に取り組んでいます。

こんな私ですが、ハイアーセルフの智恵が届いたときには、きちんとした回答を得ることができました。最近やっと、地球以外の自分がいたことがある星系をいくつか探し出すことにも成功しました。その際、「地球にくる前に私がいた星系はどこですか?」という質問を繰り返し、毎回間違っていたのですが、カヴィーシャ様から「宇宙には時間が存在しないのですから、(地球にくる前)というのは改めたほうがよい。」というようなアドバイスを頂きました。そこで「私本体がいたことがある星系はどこですか?」に質問を変えたところ答えを得ることができたのでした。明確な質問をするというのも答えを得るための重要なポイントです。
また、その他、今まで判明したことは、次のようなことです。
★ソウルカラー
★自分にどんな分霊がいるか
★自分の親神
★カヴィーシャ様とのご縁があった際にいた星
これは、ほんの一例で、実に様々なことが判りました。
現在はカヴィーシャ様の記事を拝読し、自分の周波数を知りたいと思い、これに取り組んでいる最中です。

ペンジュラムは自分の意識レベルやオーラの状態も調べることができるので、魂の成長を志す者にとっては、目安のひとつになると考えています。私は、これとは別に「課題」の個人レッスンも受けさせていただき、自分の過去生と向き合いましたが、この課題を深める上でも大変役に立ちました。
「ペンジュラムを通じてハイアーセルフとコミュニケーションを取り、もっと自分を知り、多次元を感じて視野を広げていきたい。」という思いで、これまでペンジュラムのエクササイズをあきらめずに取り組んできました。(あきらめずに、というよりレッスンを通じてのカヴィーシャ様とのやりとりや、様々なことが判明するのが楽しくて、お願いして続けさせていただいたという方が近いですが。)
おそらく、カヴィーシャ様のペンジュラムのレッスンは、他で催されている講座より簡単ではないのだと思います。
しかし、ペンジュラムの使い方に留まらず、総合的に指導してくださる方、また、それが可能な方としてマスタークラス以上のカヴィーシャ様は稀な方であり、今、指導を受けられるのは、すごくラッキーなことだと感じています。八方塞のように感じられて、時には眉間にしわがよりますが、大抵ワクワクしながらエクササイズに取り組んでいます。

私は、1月のセミナーを申し込む際、カヴィーシャ様のハイアーセルフから許可が下りないかもしれないと思うくらい自信がありませんでしたが、勇気をだし、ダメもとで申込みをして本当に良かったと思います。振り返ると、運命の別れ道だったといっても過言ではないです。躓きながらも、前進してペンジュラムを極めたいと思います。
ペンジュラムを極めたいと思っておられる方、カヴィーシャ様のセミナーをきっかけに、すごく新鮮な体験があるかもです!

また、なかなか卒業できずにいる私をご指導してくださるカヴィーシャ様に、この場をおかりして感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも、ありがとうございます。

以上、苦労話満載でしたが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


区切りのライン


Mさんが記しておられたように、質問によっては、ふたりの回答が一致しない場合も多々あります。それは質問の仕方の相違や、本人やハイアーセルフの見解の相違などにもよるということです。
また、見えない存在の影響がいかに強いかということ、人間だけでなく、ペンジュラムもいかに環境に影響されるかということを、Mさんは嫌というほど実感されたことと思います。
しかし、それらの体験はMさんにとってはとても大切で必要なことなのです。彼女の魂はそのことをちゃんと知っていて、その体験からのさまざまな気づきをとても楽しんでおられるように感じています。

ペンジュラムという稀有な存在は、まずは波動の良い環境のもとで、正常なダウザーが実施することが大切だということをいつも忘れないよう、繰り返し教えてくれているのです。
また、ペンジュラムは、自己の内面に存在する大いなる魂と、そこから生まれ出る崇高な智恵を信頼することを教えてくれます。

ペンジュラムがなくても、いつもハイアーセルフの状態でいられて、宇宙の叡智が自分のものとできていればベストなのですが、そこまで辿りつける人は、はっきり言って稀有です。意識レベルがみな異なるように、それぞれの人のハイアーセルフにも段階があるのです。つまり、本人の意識レベルによって、ハイアーセルフの意識レベルも段階を追って変化していくということです。

ある次元まで辿りついてハイアーセルフと同じ意識レベルになったと思ったら、またつぎの段階のハイアーセルフの意識レベルがあって、そこから驚愕するような次元までポーンと跳ぶのです。

宇宙の根源は、わたしのオリジナルの意識レベルの数値で調べますと、67次元となりますが、わたしのハイアーセルフも同じ次元に存在していることがわかっています。
わたしたちの意識は最終的にはそこに辿りつきますが、そこが決して終点ではないのです。また、その上があるということです。限界がないんですね。まったく広大な不思議な世界です。


どの意識レベルで生きるのか?
どの周波数で生きるのか? どの振動数帯で生きるのか?
一瞬一瞬何を選ぶのか?
すべてはわたしたちひとりひとりの選択によるのです。



★参考過去記事 運命のタイムラインを変えるのは誰?



クリアラベンダー


★あなたの意識はいつも自分が生きる世界を選んでいる 



あなたには無数の別のあなたがいつも存在しています。
あなたが瞬きをする瞬間ごとに、あなたは自分の行動を選択していると言ってもよいでしょう。

今テレビ何か面白い番組やっていないかな? 
お腹すいたな。何か食べよう。
そうだ、買い物に行かなくちゃ。
いや、面倒くさいから明日にしよう。
最近意識レベルが下がっているな~。
昨日も嫌なことがあったし、こんなことではいけないな。
わたしの振動数どうしたら上がるんだろう?
そうだ、セミナーに参加しよう! 

意識は今にあったり、過去にあったり、未来にあったり、自由に飛び交います。
Mさんが「ペンジュラムセミナー」に参加したことが「運命の分かれ道」だったと書いておられたように、あなたの一瞬一瞬の選択があなたの運命のタイムラインを変えるのです。

運命は、誰かから与えられるものではありません。
まちがいなくあなた自身が選びとっているのです。

さまざまな選択肢(パラレルワールド)があります。
あなたはその瞬間瞬間に、限りなく存在するパラレルワールドのひとつを選択しているのです。無数に存在するなかのたったひとつを選び、それを現実として具現化させているのです。
もしあなたが嫌な気分になっているなら、嫌な気分になるパラレルワールドを選んでしまったのです。

たとえば、イエス・キリストを裏切ったことで有名なイスカリオテのユダは、神から「裏切りの運命」を与えられたのではありません。予言を成就させるためにユダの裏切りが必要だったとよく言われますが、それはちがいます。そんなことをしなくても、イエス自身がそうなることを選んでいたのですから、早かれ遅かれイエスは十字架刑に処せられていたでしょう。

ユダが勝手にイエスを裏切ることを選んだのです。
悪霊にマインドコントロールされたのも、そういう自分自身になることを彼が選んだのです。

「悪い人間」は、地獄に行くのではありません。すでに地獄にいるのです。
地獄のパラレルワールドを瞬間に選択したからこそ、すでにそこにいるからこそ、平然と悪事を働くことができるのです。

ユダがイエスに対し、変わらない誠実な愛を抱き続ける道を選んでいたのなら、彼はイエスとともに天の王国にいたでしょう。

現われてくる総ての出来事は、自らの意識の焦点を合わせて選びとった結果です。
だから、文句は言えないのです。責任はすべて選んだ自分にあるのですから。

ハッピーになりたいのなら、あなたにとって、もっともベストでハッピーなパラレルワールドを選ぶことです。

自分ひとりだけ嬉しい出来事があったら、それはラッキーだけれど、あなたもわたしもみんな嬉しい出来事があったら、それはハッピーになるのです。

世界中の人々がハッピーなパラレルワードを選べば、みんなハッピーな惑星地球に住めるのです。
あなたの意識はいつも自分が生きる世界を選んでいることを忘れないでください。 
 


ふたつのハート

新しい周期の始まりを迎えて、読者の皆さんに心から愛と感謝を贈ります。

2013年10月1日 カヴィーシャ・光の仕事人   






最新記事