運命のタイムラインを変えるのは誰?

2013年02月20日 22:00


★ ロシアの隕石落下について ★



皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

先週の金曜日、2月15日のことですが、ロシアのチェリャビンスクに隕石が落ちたというニュースが報道されましたね。
2013年からは隕石落下が多くなるかも…と思っていたので、そんなに驚かなかったのですが、テレビ画面に映し出された輝く光の球のながれていく様子を見ながら、「あれは、ほんとうに隕石?」という疑問が残りました。
皆さんはどのように感じられましたか?

下記は「2013年チェリャビンスク州の隕石落下」についてのウィキぺディアに記された文面です。

2013年2月15日、直径17mの小惑星がアメリカ合衆国アラスカ州の上空で地球の大気圏に突入した。
現地時間9時15分(協定世界時3時15分・日本時間12時15分)、強い閃光を放ち、煙の尾を曵きながら落下する火球がチェリャビンスク州などウラル山脈中南部一帯で観測された。隕石の落下の痕跡で見られる煙のようなものは、隕石の表面が大気との断熱圧縮で高温となり蒸発し、それらが冷却凝固した細かい粒子が見えている隕石雲と考えられている。隕石雲は、低空では大気中の水蒸気が微粒子に結露して水滴化し、まるで雲のように見える。火球はその後9時20分26秒[1]に、上空15kmから50kmで爆発し、複数の破片に分裂して落下した。

隕石は主にチェリャビンスク州から、スヴェルドロフスク州、オレンブルク州の上空で目撃されている。また、ウラル中南部と国境を接するカザフスタン北部でも目撃されている。

隕石衝突が発生して程なく数多くの動画がインターネットにアップロードされ、その一部は当時路上を走っていた車両のダッシュボード上のカメラが捉えたものであった。撮影された動画では、火球が光を曵きながら空を横切り、その後に大きな爆音が残されている。物体は一時的に太陽より明るくなり、朝の地上に影を作り出すほどに輝いていた。



青い玉


NASAは、ロシアのウラル地方に落下したチェバルクル隕石の重さが1万トンであると修正しましたね。
NASAの計算では、爆発の際に発散されたエネルギーは500キロトン相当で、ヒロシマ型爆弾の30倍にあたるらしいです。また、チェバルクル隕石がツングースカに次ぐ大きさであるとしており、このような現象は100年に1度ほどの頻度で発生すると報道していたようですが、果たして隕石なのでしょうか?

テレビに映った物体について、わたしのハイアーセルフは「あれはUFOだよ」と告げていましたが、確かにUFOが関わっていることを確信したしだいです。

その後、その隕石落下事件について、世界の報道がどう変わるかを見ていようと思っていたところ、しだいに真相が明らかになってきていることを今日(2月20日)知りました。
隕石関係のニュースを探しているうち、「隕石が空中で爆発する直前にUFOと衝突した可能性が浮上した」という見出しを見つけたのです。ロシア本国でも「UFOが撃墜か!」と、大きく報じられているそうで、「やはりUFOが出たね!」と思い、動画を見て「なるほど」と思いました。

この動画を見た人たちの多くは、隕石が空中で爆発する直前に、UFOとみられる物体が隕石に接近し、その後隕石を貫通し、複数のUFOが分散した次の瞬間、大爆発が起きたと考えているようです。

動画では、確かに小さな葉巻型UFOがいくつも分散しているのがはっきりと見えていました。また、爆発寸前にも、火球の上空に飛行している物体が2つ見えます。関心のある方は動画を探して見てください。

ロシアには多数のUFO墜落事件が報告されている基地があるようですが、もしかしたらUFO自体が墜落した可能性もあるのでは? と思いました。そうであるなら、きっと真相は藪の中となるでしょうね。


海のライン



★ このままでいくと地球はどうなる? ★



隕石騒動で、わたしはまたニビルのことを思い出しました。
ニビルの存在については、『今何が起こっているのかをしっかりと認識しよう!』など、過去記事でたびたびお伝えしてきましたが、未だにそんなものは存在しないと思い込んでいる人がほとんどのようですね。でも、太陽の後ろに隠れたり、出たりしているニビルは確かに発見されているのです。


最近大変興味深い話を聞きました。
それは、「エハン・デラヴィ VS はせくら みゆき」氏の対談(DVD)で語られていた内容です。
はせくらさんは画家・作家・アートセラピストです。彼女が語っておられる内容には、信憑性があると感じましたので、皆さんにもお伝えしたいと思います。

はせくらさんは日本の巨石群のある場所に行かれ、石からの情報を受け取られています。彼女が石に触った瞬間に、宇宙の記憶の部分、特に縄文人の「わたしたち子孫への近未来に関するメッセージ」がポンと入って来たというのです。

その内容は、「この人類が、集合意識として今このタイムラインを選ぶのであれば、そう遠くない未来にニビルがテレポートして現われ、この地球の重力場を大きく乱す」というものでした。
「このタイムライン」というのは、今現在の地球人の平均的な意識レベルに合ったもので、「三次元のタイムライン」というふうに受け取ってよいかと思います。

また、「ニビルの持っている巨大な重力場によって、コズミックダスト及び隕石というものが、まず太陽磁場をつかまえて、太陽がどんどん黒点化していく、スーパーフレアが起こりやすくなると同時に、ニビル経由で来た隕石が地球にも降ってくる可能性が高くなるということ、それと同時にそこからたくさんの宇宙線が降り注ぐので、火山爆発や地震が多くなるということ、よって人類として大変な難局を体験することになりますよ」ということを、石が伝えてくれたということでした。

石には宇宙や地球の情報が刻み込まれているのです。古代の人たちが、石やクリスタルに情報を託し、メッセージを残した理由が、これからもわかりますね。

破壊者はある日突然やってくる」とエハン氏は言っておられましたが、ニビルは前触れもなく、ある日突然テレポーションしてくるということです。あたかも隕石のようにです。
(ニビルがやってくるとどうなるかは、以前に渡辺氏の説を書いていますので、参照してください)


こういうことをまったく知らないで、毎日仕事や家庭や日常の生活に追われている人がほとんどなのです。
わたしたちは目先のことしか見えておらず、考えることも自分のことや家族のことばかりであるため、宇宙的な計画というものがどこにあるのか全然わからない状態なのだということです。


2月の花


★ 運命のタイムラインを変えるのは誰? ★



あなたは、「可能性として同時に存在している数々の自分の運命」というものがあることに気づいておられるでしょうか?
あなたの目の前には、いつもたくさんのタイムラインが同時多発的に存在しているのです。


たとえば、あなたが仕事に出かけるとき、毎回地下鉄を利用しているとします。
それはあなたが地下鉄を利用して仕事場に向かうというひとつのタイムラインです。
しかし、あなたは地下鉄ではなく、バスを利用することもできますし、自家用車を利用することもできますし、自転車を利用することもできるのです。
いくつもの選択肢が、常に同時に存在するということですね。その選択によって、それぞれ生じる運命が異なってくるというわけです。

地下鉄を利用したために、事故に巻き込まれ、ひどい怪我を負ってしまったということもあるでしょうし、その日自家用車を利用したために事故には遭わなかったけれども、渋滞に巻き込まれて遅刻してしまったということもあるでしょう。あるいは、自転車を利用したために事故にも渋滞にも巻き込まれずに、スムーズに仕事場に到着できたという場合もあるでしょう。
どれを選択したかで、このように結果が異なってくるのです。


もうひとつわかりやすいたとえ話をしましょう。

あなたは今1万円という自由に使えるお金をもっているとします。
それを何に使いますか?

その1万円で、つぎのデートに着ていく素敵な洋服を買うこともできますし、美容院に行って髪をカットし、髪を好みの色に染めることもできます。カットとシャンプーと染毛で、軽く1万円は飛ぶでしょう。
もしあなたがとてもおなかがすいていたら、それでゴージャスなフランス料理を食べるかもしれません。
多くの人は、自分の肉体を満足させるためにお金を使いますが、それに飽きた人はもっと精神的なものを求めて本を探したり、セミナーに参加したりするかもしれません。

何に使うか、選択肢は豊富にあります。
そして、あなたが何を選んだかで、あなたのその後の運命が変わっていくのです。
これは至極当たり前のことなのですが、今という瞬間には、「可能性として存在している運命が多々ある」のだということを知っていただきたいのです。 

あなたはいつでも、別のタイムラインに変移することができるのです。
洋服を買うよりも、美味しい料理を食べるよりも、やっぱり本を買おうとか、この1万円を旅行のために貯金しておこうとか、瞬時に思いなおすことができるということです。
この選択・決断が、運命のタイムラインを変え、別の運命へと転移するわけです。

つまり、わたしたちは自分の決意ひとつで人生を書き換えることができるということです。
何度もお伝えしておりますが、「決心が必要」だということですね。




この地球人類のひとりひとりが、自己の魂の進化と成長を選ぶならば、わたしたちのタイムラインはまちがいなくシフトするということです。
しかしながら、3次元のなかにどっぷりと浸かって、「死んだらおしまい」という観念に縛られ、そのために肉体やお金や物質を重視する人のほうが多ければ、残念ながら3次元に取り残されたままのタイムラインで突き進むでしょう。


ハート
「わたしには仕事も家事も育児もあり、大変なんです。だから、瞑想をする時間もないんです」

そんな愚痴を言っているあなた、誰がその状態になることを選んだのですか?
あなたには自分のしたいことをする権利があるのです。
「要はあなたしだい」、「すべて自分しだい」だと、いつも申し上げております。


あなたの運命は誰が決めるのですか?

究極の選択をするのは誰ですか?

観念を変えるのは誰ですか?



今の自分、今の自分の仕事、今の生活が嫌なら、別のラインを思い描いてみることです。
その能力が自分にあることに気づいてください。
そして、別のラインを選び、このラインを生きることを決意し、宣言してください。

あなたは、運命はけっして変えられないと思っていませんでしたか?
あなたの意識が変われば、変わるのです。
過去だって変わると申し上げております。

いつもと違うコースを歩きたいと思えばよいのです。
パラレルワールドはいつだってあなたのそばにあるのです。

実験してください。
決断してください。

新しい人生がそこにあります。





最新記事