誕生日にちなんで

2010年07月09日 17:50

 
 汝、知れ。
 おお人よ。汝はに過ぎず。肉体は無価値なものなり。
 魂こそすべてなり。
 汝の肉体を枷(かせ)とするなかれ。
 闇を脱ぎ捨て、光の中を旅せよ。
 汝の肉体を捨てて自由となれ。
 おお人よ。
 まことに光と一つなる光となれ。
 
 ―アトランティス人 トスの「エメラルド・タブレット」より



昨日、人間の身体を、粗大身(グロス・ボディ)、微細身(サトル・ボディ)、原因身(コーザル・ボディ)の三つに分けて簡単にお話ししました。

★わたしたちのこれら別の身体のことを総称して「意識」、あるいは「生命」、「=スピリット」と呼んでもよいかと思います。 

シルバーバーチは、つぎのように言っています。


は生命そのものであり、生命はそのものです。
のないところに生命はありません。
物質は殻にすぎません。
という実在によって投影されたカゲにすぎません。
物質それ自体には存在はないのです。
あなたが存在し、呼吸し、動き、考え、判断し、反省し、要約し、決断し、
熟考することができるのは、あなたが霊であるからこそです。
霊があなたの身体を動かしているのです。
霊が離れたら最後、その身体は崩壊して元の土くれに戻ってしまいます。



また、イエス・キリストも、
「人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。
わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である」
と、語っています。

霊こそ、わたしたちの身体の主(あるじ)」ということなのです。



     はす
             撮影 光の仕事人



☆ 誕生日にちなんで ☆



今日7月9日は、わたし(光の仕事人)の誕生日です。

多くの人は誕生日を祝い、誕生日は祝ってもらう日だと思っておられるのではないでしょうか?

わたしは、生命の源である大宇宙の大霊と
御霊(みたま)を分け与えてくれた天上の母神と
そして、わたしの魂が宿る子宮と肉体を提供してくれた肉身の母に対して、心から感謝をする日であると思っています。

わたしはある目的をもってこの地球に生まれることを望み、
念願通りこの地球にやってきました。
そのときにわたしを受け入れてくれる子宮をもった人がいてくれたからこそです。

よく「自分は望んでこんな両親のところに生まれてきたんじゃない」とか、「勝手に生んでおいて」という子どもたちがいますが、それはまちがっているということを、ここでお伝えしておきます。

★子どもとなる霊は、自分の乗り物としてふさわしい遺伝子を持った母体を自分で選ぶのです。
その多くは自分が別の人生(過去生)で親しかったり、よく知っていたりした人を選ぶようですが、自分に合った母体が見つからない場合は、幾百年も待たなければならないこともあるのです。
ですから、子どもは「自分を生んでくれて、ありがとう。育ててくれてありがとう」という感謝の気持ちを持つべきなのです。



ハート
この地球上でわたしを生み、育ててくれた人は、すでにこの世界にはいませんが、
今心から感謝したいと思います。

そして、母神に、宇宙の大霊に、心から感謝を捧げます。

この大変革の時代に、地球に生まれることができたことを、ありがとうございます。
今、わたしの目的が遂行されていることを、ありがとうございます。
いつか大霊のもとに還れる日を願いながら、これからも自己の魂の成長と進化に努めます。(合掌)





最新記事