東京・千葉の交流会を終えて

2012年10月21日 21:40


東京・千葉の交流会を終えて

~参加くださった皆さんへ~



今回は先日19日、20日の東京・千葉の交流会の感想を述べたいと思います。


19日の朝、陽光を浴びてやさしくさざめく日本海を見下ろしながら、山陰の地を飛び立ち、東方へと向かいました。

数日前から太平洋側には台風の渦が2つあり、当日の天候が危ぶまれたため、雨の神さま、風の神さまに19日と20日は必ず晴れるようにとお願いをしておりました。
そうしたら、両日とも快晴で、とても暖かかったですね。着る服を選ぶのが難しい季節で、とりあえず寒さ対策をしていきましたが、汗が出るくらいの陽気でした。
過去、雨の神さま、風の神さまにお願いすると必ず晴れていましたが、今回も暖かい太陽の光と気持ちのよい風をお恵みくださったことに心から感謝しています。

★ホテル・セレスティンでの昼食&交流会はとても和気あいあいとして、時間がすぐに経ってしまい、名残惜しい気持ちでした。わたしがその場を去ってからも、お話はつづいていたようですが。(笑)

残念に思ったのは、おひとりだけ連絡なしに来られない人がおられたことです。
当日もお電話をしたのですが、応答がありませんでした。
ほかにも参加したいという人はおられたので、「キャンセルの際は早めに御連絡下さい」と事前にメールでお願いしていたのですが、その人は、ご自分だけではなく、ほかの人のチャンスまで逃がし、奪ってしまわれました。

近年、人としての礼節(マナー)が守れないという人間が多く、いつも心を痛めておりますが、特に最近の日本人は「礼の心」を失っているので、意識して取り戻していただきたいと思ったしだいです。


★ゲストルームでは、以前から「個人セッション」を希望されていた方々おひとりずつに対し、「ハイアーセルフに出会う瞑想」をさせていただきました。
5人の方それぞれに対し、30分間ずつ同じ誘導をすることになり、少々疲れましたが、そのおかげで誘導が上達したかもしれないな~と思いました。(笑)
臨場感があってイメージがしやすいように、わたしの好みで、水の音や滝の音や小鳥のさえずりが入ったものなど、何曲かを選んで合成したバックミュージックを流しながらの誘導を試みてみましたが、しっかりと目の前に情景が現われた方々も数名いらっしゃったことを知り、よかったかなと思っています。

今後もし参加希望者が出てくれば、誘導瞑想が一度だけですむよう、大勢の人を対象に「ハイアーセルフに出会う瞑想」やその他「チャクラを活性化させる瞑想」の会などを開催してもよいかな~と思いました。
今回初めて体験された方のご意見やご感想をお寄せくださるとうれしいです。



初恋3
千葉 谷津バラ園にて バラ名「初恋」 撮影 光の仕事人


20日。
心地よい風に吹かれながら午前中にホテルを出発して千葉まで行き、楽しい昼食会&交流会とバラ園近くでの光の浄化作業を無事終えることができました。
時間がなくて、一番問題がある干潟に向かって光の放射をしましたが、今回は光を放射できていた人たちがおられて、すばらしいと思いました。
自分はできていなかったと思っておられる人もけっこういらっしゃるかと思うので、今回はどれくらいできていたか、参考のため、パーセントをお伝えしておきますね。

参加してくださった人数9名のうち、50%~65%放射できていた人が4名、80%~85%が2名、95%が1名、100%完璧に放射できていた人が2名でした。まったく光が出ていない人は0だったということです。

「光のひよこさん」たちがたくさん集まってこられるということは、過去記事にも書いて予想しておりましたが、「ひよこさん」がいつのまにかりっぱに成長されていたり、「あと少しで惜しい!」というかなり大きくなられた「ひよこさん」たちがおられて、わたしの予想を少し上まわっていて、うれしく思いました。

参加された皆さんは、希望の星なのですよ。
完璧にできた人は、これからもその状態を持続できるように日夜怠らないでいただきたいですし、もう少しの人は、さらなる努力をしていっていただきたいと思います。
こんなふうに、光のお仕事をできる人が日本中に増えていきますことを、心から願います。


葉っぱ


☆ところで、干潟は浄化できたけれど、東京と千葉の浄化はどうなったの? と思われている人もいらっしゃるのではないかと思いますので、お伝えしておきましょう。

じつは本日、そのことが気になりましたので、ハイアーセルフに尋ねてみました。
すると、東京と千葉間を行ったり来たり長時間移動したことで、少なくともその間の領域はすでに浄化できているという、喜ばしいメッセ―ジがありました。
わたしたちがあちこち動き回ることで、光が自然に飛び火していたということなんですね。
ですから、これからも光を振りまくために、おおいに移動してください。
東京と千葉にお住まいの方、あとをよろしくお願いしますね。

また、今日遠い銀河系からテレパシーでのメッセージも届きました。
すでに、銀河系のある星の代表者であったわたしの母神からでした。彼女は古代地球に貢献し、地球人から女神として崇められてきた女性ですが、地球人が○○○○と名付けた星には現在はもう存在しておりません。最近ですが、別の銀河系に行ってしまったからです。
その名を明かす必要性が出てくればお伝えしてもよいかと思いますが、知ったところで、「あ、そうなの?」くらいの感じで、皆さんにとってはあまり関係がないのでは? と思います。(笑) 
関心があって、詳細を知りたい方は、ロバート・テンプル著「知の起源」をお読みください。
きっと、その星を表す女性名が登場してくることでしょう。そして、その名前に何か無上になつかしさを感じ、魂が震えてくる人は、きっとその星が故郷だったのでしょう。


     初恋2

千葉 谷津バラ園にて バラ名「初恋」 撮影 光の仕事人



葉っぱ



★ 懐かしく大切な思い出として ★



19日に空港でわたしを迎えてくださったのは、大昔(過去生)ある星で一緒だったことのある女性でした。
目印の首にかけたココナッツのネックレスが「ここにいますよ~」と呼んでいました。
地球上では初めてお会いする人でしたが、魂は「お久しぶり!」って、共鳴していましたね。すでに今生ではメル友みたいになっていたのですが、彼女と一緒にいると不思議なほど違和感がなく、長年親しんで存在すら感じないような、それでいてとても有り難い空気さながらの感じでした。
同じホテルで宿泊され、ご一緒できた女性も、百年の知己にあったような親しみを感じました。
ご縁って、ほんとうに不思議ですね。

今回東京・千葉での交流会で、地球上で初めてお会いした魂もいらっしゃいますが、故郷が同じで懐かしい関係だった魂もおられました。
でも、どなたにもほのぼのとした親しみが感じられて、いい感じでしたね。皆さん同窓会で久しぶりに出会った教え子さんみたいで、うれしかったです。

地球で写し残した数々の思い出のアルバムのなかで、もっとも素敵な思い出の1枚として、ハートのアルバムに大きく貼っておきたいと思います。
今回の交流会が、わたしたちの魂のさらなる進化につながったことに感謝します。
ありがとうございました。

最後に、この記事を読んでくださった読者の皆さんに、谷津バラ園で撮ったバラをお送りします。

バラ園では自由行動でした。
「みんな、バラバラになってしまった」という男性に「バラ園だからバラバラでいんですよ」と言ったら、笑っておられましたね~。
皆さん、すてきなバラに出会えたでしょうか?


魅惑
千葉 谷津バラ園にて バラ名「魅惑」撮影 光の仕事人




ハート
地球のために、人類のために、
自ら光を放射しようと志している気高き有志たちへ
つぎのことばを贈ります。



~熟すこと~

瞑想があなたに、どんな夜にも輝く光をもたらすようになって初めて、
死さえもあなたにとっては死ではなく、神性への扉になる。

あなたのハートのなかの光で、死そのものがひとつの扉へと変容され、
あなたは宇宙のスピリットに入る。
あなたは大海とひとつになる。
そして、この大海のような体験を知るようにならないかぎり、
あなたは無駄に生きてきたことになる。

今がつねにその時だ。
そして、実はつねに熟している。
あなたは勇気を出して、自分の内なる森へと入っていけばいいだけだ。
実はつねに熟しているし、機はつねに熟している。
今はその時ではないということなどない。

               ~by OSHO~






最新記事