自分の波動が上がると自己像が変わる 

2012年10月08日 17:35


★ あなたは自分と同じような波動の人や
          物事を引きつけている ★



あなたは日々霊的な成長をつづけられて、1年前の自分と比べて随分進化したなぁと思っておられるかもしれません。
あなたの周りの人たちや、あなたの愛する友人や家族と比べてみても、自分のほうがより正しく優れていると感じられるようになったかもしれません。

でも、ちょっと考えてみてください。
過去から付き合ってきた人と今もなお何の違和感もなく付き合えるというのは、あなたが彼らと同じような似た波動を持っているからですよね。
まったく異なっていたら、夫婦でも家庭内離婚が起こりますし、自己確立ができた子どもたちなら、さっさと家を出て行ってしまうでしょう。それが自然です。

これは一例ですが、わたしの家族は一緒の家に住んではおりますが、完全に独立しています。
意識レベルはみなまったく異なります。
夫と娘たちとの関係はよいとは言えない状態です。お互いに両者から学ぶことがまだたくさんあるのですが、ネガティブ思考が邪魔をして、なかなか心をひらいて話し合ったり、学ぼうとはしないようです。
もうあまり時間がないのですが…。

わたしたちは必要なときだけ集まって話しますが、あとは各自が別々の行動をしています。
食事時間も回数も個々に異なるので、皆がそろって夕食ということは滅多にありません。
家族だから皆誰かに合わせて食事をしなければならないという決まりはどこにもありませんし、同じものを食べなければならない決まりもありません。合わせているのは、自分の身体の要求にのみです。
家族というよりは、同居人と言ったほうがふさわしい関係です。


葉っぱ


☆ うちの猫たち ☆



さて、食べ物のことですが、ほんとうに皆がちがうものを食べています。
うちに同居している猫たちでさえも、食事の内容はそれぞれ異なります。

ユニコとピャーラは、以前から食べているロイヤルカナンの「フィーメールケア」にマリンコラーゲンが配合されたビューティープロの室内猫用を少し混ぜて与えており、ミッチェルは同じくビューティープロの低マグネシウム設計のものをあげています。
今年の夏からずっとわたしの部屋に居ついてしまったリーラは、長女が購入したエサを、わたしの部屋で毎日食べています。リーラの子どもたちは、子どもたちの成長に合わせた子ども専用のエサを2階の部屋でもらっています。

長女が留守のときは6匹の猫に4つに分けた容れ物からそれぞれの分量を分け与えますが、ほんとうに大変です。
今まで子どもたちの食事の回数に合わせて1日3回でしたが、もうおとなになったので、2回に減らしました。
6匹には同じ時間にあげるようにしていますが、食いしん坊のレオンなどが自分が食べたあとも違うエサを食べに来たりするので、せっかく後で食べようと残してあったエサが無くなってしまうということもたびたびあります。


    キャットフード


人間も、猫も、食べ物や意識や感情がそれぞれ異なりますが、それぞれのオーラの色や周波数を調べると、「なるほどね!」と納得できます。

以前にも紹介しましたが、わが家の猫たちのなかでは、ユニコがもっとも高い周波数を維持しています。たいていオーラは銀色でパーフェクトです。つぎにミッチェルで、明るい白のオーラをもっています。

リーラは日によってめまぐるしく変化します。
もともと、リーラは長女の愛猫で、子どもの頃から2階の長女の部屋で大きくなったのですが、長女が人霊や宇宙人の類(たぐい)を毎日のように引きつけるので、リーラが狂ったように暴れたり、走り回っていることがよくあったのです。どうやらリーラは見えない存在に大きく影響されていたようです。
子どもを産んでからしばらくは育児に専念していましたが、離乳期が終了したのを機に避妊手術を行ない、子どもの世話をすることもなくなりました。

育メンのミッチェルは、今も相変わらずこまめに子どもたちを舐めてあげたりしています。去勢手術をしていないのはミッチェルだけで、ちょっと可哀そうな感もありますが、ハイアーセルフが一貫して「去勢の必要性はない」と言うので手術は断念しました。その分たくさん甘えさせてあげています。

リーラの子どもたちも半年して後、避妊手術を行ないました。リーラが2匹の子どもたちを嫌がって避けるようになったのは、子どもたちが病院から帰ってからのことでした。
病院の匂いが嫌なのか、リーラは子どもたちが近寄ると、威嚇して近づかせないようにしていました。食事中に子どもたちが近くでうろうろしていると、落ち着かないようで、途中で食事の場所から離れたり、とにかく接触を避けていました。

黒猫

そういう日々がつづき、リーラは2階には行かずに、いつしかわたしの部屋のデスクの下で眠るようになり、今ではすっかり1階の住人となり、わたしの愛猫さながらになついてしまいました。
ユニコやミッチェルは甘えん坊さんで、毎日抱っこしてと言って来ますが、リーラも負けずにスリ寄ってきて、ゴロンゴロンとおなかをだしておねだりしてきます。
リーラはとても甘え上手な猫なので、家族のみんなから愛されています。

最後に、ユニコと生まれが同期のピャーラですが、この猫の行動には違和感があります。
抱っこされることを嫌がり、ほとんど抱っこの体験がありません。それなのに、わたしが行くところにはついて回っており、台所で料理をしていると、ニャーニャー言って、必ず背中に飛び乗ろうとします。
きっと抱っこよりおんぶのほうが好きなんだろうと思いますが、料理中はちょっと勘弁してほしいですね。(笑)
いつ飛びつかれるかわからないので、ときどき後ろを見ながら炊事をしておりますが、一時たりとも隙を見せられません。

ピャーラはたいてい青緑色のオーラですが、周波数はさほど高くありません。
2階に住んでいるリーラの子どもたちも、頻繁に異次元から来る者たちの影響があるのか、あまりよい状態ではありません。
でも、たとえ周波数が数段異なっていたとしても、発達段階が違うレベルにいたとしても、宇宙の源から来た魂であることに変わりはありません。

人間も同様です。
ある人と比べて、自分の方が数段優れているとしても、それをつよく意識しないようにしてください。
逆に自分の方が数段劣っているとしても、それを気に病まないようにしてください。
そうすることで、ハートが閉ざされ、エネルギーが収縮し、波動を下げることになるからです。


猫と肉球黒



★ 自分の波動が上がると自己像が変わる ★



自分の波動が上がったかどうかは、人との関係や物事との関係が変わることで、必ず気づきます。

自分の波動を上げると、自己像をも変えることになる。自己像を変えるときは、自分の人格の古い部分を象徴していた物事を失うかもしれない。たとえば財布を失うとしたら、自分が持ち歩いている運転免許やクレジットカードなどに象徴される、自己像を手放しつつあるということかもしれない
とオリンは言っていますが、その通りだと思います。

もう20年くらい前のことですが、わたしと一緒に自然食品の共同購入をしている人がいました。
その人は自然食品を食べているにもかかわらず、その人が近づくと、もうタバコの匂いがプンプンしてくるようなヘビースモーカーで、健康に悪いのになぜ気がつかないのだろうと、いつも不思議に思っていました。
ある日、その人が、だいじな財布を落としてしまったと、わたしに話してこられたのです。
そこには、それこそ運転免許証やクレジットカードなど、その人を証明するようなものがすべて入っていたのだそうですが、不思議なことに彼女はそれをさほど苦にはされていないように感じたのです。

そして、それからまもなく、彼女がガンで亡くなったことを聞きました。
まだ年齢は30代の終わりか、40代の初期くらいの若さでしたが、きっと古い自分の殻を脱ぎ捨てていかれたのだろうなと思いました。
財布や運転免許証やクレジットカードは、もう要らなくなったから、死の直前に消失してしまったのです。
彼女にとって、真の自己像の変身の予兆だったわけですね。



★ 電気器具が故障するとき ★



あなたの携帯電話はいつも健在でしょうか?
携帯電話がよく壊れる人というのは、けっこういらっしゃるのではないかと思います。

わたしの次女は、数限りなく携帯電話を壊し、修理し、新しい物と交換している者のひとりです。
次女が触ると固まったりするので、他人の携帯電話を触ったりするのは禁物なのです。
ほかにも、テレビやオーディオやコンピューター類を壊しまくっている人は、自分の波動の変化が、電気器具に大きな影響を与えていることを知っておいてください。

物が故障したり、消失したりするのは、そのものとの関係がなくなったということもありますが、生まれつきそういう電磁気エネルギーをもっているという場合もあるので、最初に物を買った時に、きちんと仲良くできるよう愛の波動を送り、いつも良い関係性でいられるよう意識して取り扱われることをおススメします。

故障した電気器具に愛の波動を送ると、また動き出したという体験談を、以前に記事に書きましたが、そういうことが度々生じますから、すぐに捨てたりせずにあきらめないでほしいと思います。

電池切れではないのに、電気器具のリモコンがまったく動かなくなる場合は、霊的存在の影響が大きいです。
長女のパソコンはよく固まったり、まったくインターネットがつながらなくなったりします。
最近、長女の部屋のテレビのリモコンが利かなくなったので、電気店に行って新しいリモコンを持って帰って来たのですが、やっぱりつかないというのです。

霊的な影響であることがわかっていたので、わたしは長女の部屋に霊的存在がいないときを見計らって、以前使用していたリモコンを操作してみたのです。
すると、案の定動きましたね。全然問題なくスイッチが入れ換わり、画面の変更ができました。
長女は「あれ? あれ?」という驚きのまなざしで、次々と変わる画面を見つめていました。
このときリモコンが狂ったのは、ネガティブ系異星人の影響だったことが実証されたわけですが、人霊、宇宙人、妖怪、念など、ネガティブなエネルギーが来ているときは、特にコンピューターが狂います。
よって、突然不具合が生じたときは、まず部屋の浄化を試みてください。
電気屋さんに頼まなくても、直る可能性が大です。


★ 自分の波動が上がるとき ★



あたりまえのことですが、あなたが自分の波動を高めることで、まわりの環境にもよい影響が生まれます。
波動の高い愛にあふれた人たちのなかにいるとき、人は同じような心境を感じるようになるからです。
逆もまた然りですね。
特に動物たちは、それを敏感に感じるはずです。

飼い主のオーラのなかで生活しているペットたちは、飼い主と同じオーラになることが多いのです。
ですから、動物を飼っている人たちは、常に愛にあふれた状態でいられるよう、そのことを意識して接するようにしてください。

あなたが病気になるのは、たいていあなたが自分に対して愛がないときに起こります。
これは、古いエネルギーを解放するチャンスです。
あなたが自分を愛するとき、自分の波動は上がります。
ですから、波動を上げることで、病気の経過を変化させ、治癒を早めることができるのです。


ハート
愛深く、寛容で、思いやりが深いとき、
あなたはハイア―セルフそのものになっているということを知ってください。

愛深く、成長し、進化するために、
いつも最高の善を行なうあなたでいてください。

自分の波動を上げ、ハイアーセルフでいることによって、
多くのものを癒すことができるのです。



今回の記事のアップと同時に「光の花束〈不滅の詩〉」も久々にアップしました。
この記事に関連して、「自分の波動を上げましょう!」というタイトルで、
波動を上げるための瞑想法を綴っております。
光を放射すること」や「ハイアーセルフとつながること」の大切さに目覚められた皆さんは、この機会を逃さず、ぜひこの瞑想を試してみてください。

参考記事 光の花束〈不滅の詩〉




最新記事