本人の準備ができていないときは癒すことができない

2010年07月02日 10:30


★本人の準備ができていないときは
         癒すことができない★



★本人に自分を変えようという意識がなく、その準備ができていないときは、癒すことができません。

たとえば、その人に霊が憑いて異常波動になっている場合は、その人に自分の生き方がまちがっているということを明確に知らせてくれているのです。周囲の人たちは、とばっちりを受けて大変迷惑でしょうが、それも彼らのスタディ(学び)のひとつなのです。

先日記した知人の上司のような人は、どこの職場にもひとりやふたりはいそうですから、そういうタイプの人にどのように接していくかが、周りの人たちのスタディやレッスンとなっているわけですね。

★人を助けたほうがよいときと、助けないほうがよいときを見極めることは、とても大切です。

なぜなら、自分の精魂と愛をこめてエネルギーを注いだにもかかわらず、相手の意識は一向に変わらず、相手は同じ問題(過ち)を繰り返すばかりで、非常に虚しさを感じたという経験がこれまでに多々あったからです。

相手の意識を変化する方向へと導いたり、高い次元へと移行させたりするには、多くのエネルギーが必要です。
相手が自分の魂の成長に対して、まったく関心がなかったり、意欲がなかったり、聞く耳を持っていなかったり、ハートを閉ざしているときには、いくらエネルギーを注いでも受容されることはありません。
「祈り」などによって、相手の意識レベルが一時的に上昇しても、見る間に堕ちていくのがわかります。

よって、自分のエネルギーをムダにしないためにも、相手が自分の持っている問題を、今すぐに手放す準備が整っているかどうかを見極めることが必要となってくるのです。


ある末期ガンの患者さんのカウンセリングをしていたとき、わたしは彼女のガンを癒したくて、癒しのパワーを何度か送ったことがありました。
ところが、80パーセント癒した時点で、わたしのハイアーセルフからストップがかかったのです。それ以上癒してはいけないというのです。あとの20パーセントは彼女自身に任せなさいということでした。
彼女は非常に依存心が強く、自分の病気を全面的にわたしに預けていたところがあり、自分に対する責任と自助努力が感じられなかったのです。

彼女のガンの原因は霊的なものであり、ガンという病気を通して自分自身を深く掘り下げ、学ぶという目的をもって生まれてきているのだと、彼女の守護霊が伝えていたので、肉体の治癒よりも魂の目覚めに重点を置き、彼女の霊性を高めることに最善を尽くしました。 
結局彼女は途中からセッションに来られなくなり、20パーセントをクリアできないままで亡くなってしまわれました。あまりにもネガティブな思いが彼女自身を死に追いやったのです。

シルバーバーチ魂に受け入れる用意ができていれば、精神も正常となり、身体も正常になるとして、つぎのように語っています。

患者の魂に受け入れ態勢が整ったときに摂理が働いて、霊的な治癒エネルギーが注入されます。
魂に受け入れる用意ができていなければ、反応は生じないことになります。
魂の霊的意識が開かれるまでは、磁気的なつながりはできません。
閉じられたままであれば、何の接触も生じません。


シルバーバーチは1920年から60年間、イギリス人のモーリス・バーバネルの肉体を借りて、人生の奥義を語ったスピリット。


★相手に準備ができていないときは距離をおいて待つ★



★相手に変化を起こせないときは、相手のハイアーセルフ守護霊が、その人の成長を促すために、わざと困難な状況においていることもあるようです。
まだまだその状況でのレッスンが必要だということなのです。


わたしでは判断しかねるときは、相手の守護霊の意向を尋ねてみます。そうすれば、その人を助けるべきかどうかを明確に知ることができるからです。
たいてい守護霊のほうでは、早く本人に気づきと変化を与えたいため、援助をしてくれそうな縁者にコンタクトしてきています。
しかし、守護霊があれこれ策を弄しているにもかかわらず、当の本人は無意識のうちに心を閉ざして助けを拒否している場合が多いのです。
そんなときは必ず分離が生じ、うまく事が進まなくなります。

最近は相手の守護霊と相談して「やむをえない」という結論になれば、問題を全面的に相手に任せ、愛と光の波動のみを送り、距離をとって待つことを心がけるようにしています。


★相手に変化を起こすためのお手伝いは、相手の準備ができてはじめて可能となるのです






最新記事