真実を隠蔽する人たち―なぜ真実を語らないのか? なぜ真実を語ってはいけないのか?  

2011年09月26日 18:20


★ 福島の子どもたちがかわいそう ★



皆さんは、作家の室井佑月さんが、NHK朝の情報番組『あさイチ』の生放送(5月26日)で、「子供たちに福島の野菜を給食で食べさせるなんてかわいそう」と発言し、世間の論議を引き起こしたという出来事をご存じのことと思います。

記事には、「福島県内の放射能について『政府、東京電力の発表よりも危険な状態のはず』と信じる視聴者は室井さんの発言に賛同し、風評被害に苦しむ県内の農家を案じる人々は、室井発言に真っ向から反発した」ということが書かれています。その室井さんの動画はNHKの著作権侵害の申し立てにより、今や見られなくなってしまいました。
下記は、J-CASTにあった記事です。


~室井佑月、武田邦彦、孫正義の疑問 「福島県産を給食に使うべきでない」~
2011/5/28 14:35

福島県内の小中学校が、地産地消として県産の牛乳などを給食に使い続けていることに対し、著名人から異論が相次いでいる。これに対し、地元自治体では、ごく微量の放射性物質検出のものに留めており、弁当を持参することも認めている、などと理解を求めている。

(*地産地消(ちさん ちしょう)は、費の略語で、地域で生産された様々な生産物や資源(主に農産物や水産物)をその地域で消費すること)

福島の学校ってね、給食で地産地消って福島のものを子どもたちに食べさせるって言っているの

作家の室井佑月さん(41)が、いきなりこう切り出した。NHKで2011年5月26日に生放送された情報番組「あさイチ」での発言だ。室井さんはさらに、周りの様子を伺いながら、「おかしいと思わない?」と強い疑問を投げかけた。

福島県などでは、県産が風評被害を受けているとして、その防止を訴えている。それだけに、この発言は、ネット上でも論議になっている。
室井さんが、どこからの情報を元に発言したのかははっきりしない。とはいえ、ネット上ではこれまで、著名人らから学校給食に福島県産などを使うことへの異論が次々に出ていた。

テレビ出演でも知られる武田邦彦中部大教授は、4月にブログで、福島を中心にした学校が地産地消の食材を使っていることを批判。食品安全などに使われる国の暫定規制値の100分の1の考え方に基づき、福島県産などはそれ以上の食材が多いとして、給食に出すべきではないと主張している。
そして、孫正義ソフトバンク社長は、ツイッターで5月18日、武田教授の発言を元に、「給食か弁当の選択の自由を提供していないとすれば大問題」と断じた。福島県産などに出荷制限要請が出ている食材が多く、放射能に敏感な子どもたちに無害だとは証明できないのではないかというのだ。孫氏は、放射性物質について、体内に入ると内部被曝になるため、数値が低いγ線ばかりでなく、α、β線も測定すべきだともしている。
福島県の小中学校では、どのぐらい地産地消の食材を使っているのか。

放射性物質不検出の食材を優先、弁当も可

いわき市では現在、給食の牛乳に県産の原乳を使っており、2011年6月からは地元の野菜などを使った給食を始めることを明らかにした。
市教委が4月に県産原乳を使うことを父母に説明したとき、一部からかなり強い反対が出た。その後、武田邦彦教授のブログ発言があり、その影響も出たとして、市教委では、対応に苦慮している様子だ。
それでも、県産原乳を使い続ける理由について、保健体育課では、県が週に1回公表しているサンプリング調査の結果で、これまでに放射性物質が「不検出」であったことを挙げる。また、県が製造業者と供給契約をしており、原乳の調達ルートを変えられないことや、出荷停止地域のものは使っていないことも理由にしている。
地元野菜など使用については、放射性物質が不検出のものを調達してほしいと学校給食センターに依頼しているという。ただ、父母には十分説明したうえで、ごく微量検出された野菜なども使いたいとしている。
県産を拒否する父母もいるが、給食の牛乳は飲まずに、家から持参することも認めていると明かした。給食は強制するものではなく、弁当持参についても認めるとしている。
福島県教委の学校生活健康課によると、事故の混乱でまだ調査していないものの、県内のほとんどの給食施設では何らかの形で地場産を使っているのではないかという。牛乳については、ほとんどが県産原乳だとしている。不安を訴える父母がいるのは事実としながらも、「流通している食材は安全だと説明している」と言っている。


★ なぜ真実を語ってはいけないのか? ★



あるブログに「真実を語ってはいけない、美談と笑顔でトモダチ 善人面の悪人が跋扈する」と題した文章が載せられておりました。
(前)経済産業大臣鉢呂氏が辞任に追い込まれたことに対し、ブログ管理人はつぎのように語っています。

 「死のまち」発言の何処が悪いのか、筆者には見当がつかない。住んでいる人が追い出され、野犬化したペットや牛馬すら居なくなった「まち」は正にゴーストタウンさながらだったに違いない。彼は事実を事実のまま言葉にしたに過ぎない。誰がそんな町や村を出現させたかが問題であり、視察の大臣が本当のことを発言して非難されるのは、お門違いと云うことだ。心ない発言と云うのは「もうすぐ帰れますから、頑張ってください」と、あり得ない嘘を笑顔で語る人々の事を指す。

 このような日本のマスメディアの報道姿勢、与野党の政治家を通して言える「美辞麗句」を多用する社会的風潮は、極めて危険なのだ。クリーンだ、透明だ。人に優しい、みんなで分かち合い、みんなで和やか、みんなで助けあい、みんなトモダチ…」。怪しいと思わないところがとても面白い。以前、保育園の花壇に咲くバラの棘を全部抜いて安全だと歓んだ母親らがいたと云う話を聞いたが、それが子供に優しい、と思うところが日本の欺瞞に満ちた隠ぺい体質を現している。
(ブログ「世相を斬る あいば達也」より一部抜粋)


日本の欺瞞に満ちた隠ぺい体質」という彼の言葉に賛同するのはわたしだけでなく、きっと多くいらっしゃるのではないでしょうか?

中国や北朝鮮、中東など、真実を隠ぺいし、国民に真実の情報を与えまいと画策し、真実を述べると逮捕されたり拘束されたりする国々は数多あります。
日本はそれでもまだ自由が認められておりますが、やはり都合の悪い内容は消去するなど、情報操作は行なわれています。
そんな政府の言うことを、真に受けないほうが賢明であるということくらい、皆さんおわかりになっているとは思いますが。

もし「真実を言うとパニックになるから」という理由で言わないのであるとするなら、まちがいなくパニックになるほどの真実が存在するということになります。
それなら、国民は「真実を聞いてもパニックにならない冷静さ」を持たなければいけないということですね。
政府が国民を不安と恐怖のどん底に落としたくない気持ちはわからないでもありませんが、隠せば隠すほど、さらに不安と恐れが強まっていくことには気づいていないようです。


★ 内部被ばくを隠す政府 ★



皆さんは、内部被ばくに詳しいとされる琉球大名誉教授の矢ヶ崎克馬氏が、5月17日福島県郡山市内で講演し、「原発事故の放射能汚染」について、政府が市民の不安を除くために「御用学者を通して安全を強調している」ことに対し、警鐘を鳴らしたという記事を読まれたことがあるでしょうか?
つまり、矢ヶ崎氏が政府の御用学者の安全論を打ち消したということです。

内部被ばくというのは、ご存じのとおり、空気、土壌のほこり、食物、水などから体内に入り込んだ放射性物質が、体内で放射線を出し続けて起きる健康被害のことです。
(広島・長崎の原爆投下やチェルノブイリ原発事故では、数年後以降にガンなどの病気にかかる例が続出している)

詳細は津田敏秀教授の「放射線による内部被ばくについて」をお読みください。
放射線に対する被ばくのうち、内部被ばくについての解りやすい説明が載せてあります。

放射線による内部被ばくについて
http://smc-japan.org/?p=1310

内部被曝とはなんですか? - YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=HtItndZ5NBA 



琉球大名誉教授の矢ヶ崎氏は、自らの調査や国の発表データをもとに「県内の広範囲で、チェルノブイリ原発事故の際に日本へやって来た量をはるかに上回る放射性物質が降り注いでいる」と説明し、「県民の健康を守るために、国や県は被ばくの軽減対策を早く取るべき」と述べたと伝えられています。

当時、政府は放射線汚染について「直ちに健康影響はない」として、県内の児童生徒の被ばく許容量を事故前に定めていた一般人レベルから20倍の年間20ミリシーベルト(msv)に引き上げていますが、「直ちに健康影響はない」というだけで、「晩発障害の危険はある」ということはまちがいないでしょう。

矢ヶ崎氏は、「県民自ら可能な限り被ばくから身を守る」ことや、「国や県、事故を起こした東京電力に対して、放射線軽減の徹底を求めて健康被害の補償制度をつくらせる運動を始めること」を促されたようです。
その講演会で、市民からの質問に対して、矢ヶ崎氏が答えた内容を記しておきます。


★ 矢ヶ崎教授のQ&A ★

 

Q 市民が取れる放射線防護は?

A マスクはすべきだが、放射性物質のほこりはスギ花粉の10分の1以下の大きさしかない。野菜は根から放射性物質が吸い上げられてない限り、流水やため水でよく洗い、ゆでると効果的。ただ、こうした対策は完全ではなく「まし」と考えて。

Q 晩発障害は必ず起こる?

A 起こる。特に放射線の感受性が高い子どもや妊婦、若者、感染症患者が心配だ。環境が整っているのであれば避難を勧めたい。一方で、子孫のために土地に残って頑張ろうとしている人も多い。外に出る人を許して、残る人は防護を尽くすことが大切だ。

Q どこまで避難すれば安全?

A できるだけ離れた方がベターだが、計算では放射性物質は原発の上空100メートルから毎秒4メートルの風で1,500キロ以上も飛ぶ。日本中が汚染されたとみた方がいい。

Q ガイガーカウンター(放射線測定器)で内部被ばく計れる?

A 不可能だ。「ホールボディカウンター」で計るが、それでもガンマ線に限られ、実際の10分の1程度しか分からない。

Q 原発50キロ離れた田んぼからプルトニウムが検出されたという民間の調査結果が出たが?

A 3号機の核燃料に含まれており、十分あり得る。恐ろしいことだが、チェルノブイリのように急激な核分裂が起きたとは思えない。量は少ないのでは。

Q 放射性ヨウ素は半減期が8日なのに、なぜ内部被ばくを起こす?

A 毎日体内に入り続けてしまうことが危険。「8日だから安全」とか「ホウレン草を1年分食べても大丈夫」という話は野蛮だ。

Q 学校や保育園の活動の危険性を自治体に訴えても「国が安全と言っている」と聞いてくれない。

A 役人は決められた通りにしか動けない。決めているところにみんなで声を上げていくことが一番だ。

Q 市民の手で汚染土壌の除去作業をしている。子どもをつくる人は参加させない方が良いか?

A 原爆症認定訴訟のように裁判になることも予想される。責任問題になるので、本来その仕事をすべき国、自治体、東京電力に除去させるよう徹底的に求めていくべきだ。

(Asahi.com WEBRONZA 「Bloggers Today 」より引用)



★ある番組の企画で、スタジオに並んだ福島の野菜を前にして元プロ野球選手の長嶋一茂氏が言ったそうです。
俺は食べない。安全かどうかはっきりわからないものをカメラの前で食べて視聴者に安全だというメッセージを送りたくない。これを食べて本当に農家のためになりますか?
そんな発言したという情報が飛び交っていますが、こんなふうに堂々と本音が言える人たちを、わたしは応援します。

★反原発を表明して、文部科学省前に集い、子供たちへの被曝量制限基準値引き上げ撤回を要求するデモを行った俳優の山本太郎さんが降板させられたことも聞きますが、なぜ芸能人が反原発運動をしたらいけないのでしょうね?
憲法で「思想・良心の自由」、「言論の自由」を掲げているはずの日本。
そのあり方に、「?」がたくさんつきませんか?


★前回にもご紹介しましたが、「国際環境NGOグリーンピース」主催の「2012年、すべての原発を停止してください」の署名締め切りが9月30日までです。
よろしければ、下記にアクセスし、動画の下方にある「レポート」をダウンロードして読んでみてください。
http://www.greenpeace.org/japan/2012/?gv20110922

自然エネルギー革命シナリオ -- 2012年、すべての原発停止で日本がよみがえる』は、2012年春までに、日本国内のすべての原子力発電所の稼働停止を想定し、原発にも化石燃料にも頼らない未来へのエネルギー政策を提案するレポートです。
読んでみられる価値はあると思いますよ。



ハート
「5次元世界」は、真実を隠すことができない領域です。
「あなたウソを言ってるわね」とすぐにわかってしまうのです。
テレパシーの世界です。
すべてお見通し、思ったそのままが伝わってしまいます。

ですから、「この世にいるときから本音で語りましょう」ということを
過去記事「自分自身でいること」や「本音で話すことの大切さ」などで、
繰り返してお伝えしているのです。 

自分自身の尊厳を無視して、あなたが上っ面だけ善人であろうとすればするほど、
内側には多くのシャドーが蓄積していくのです。

人に批難されることを恐れないで、自分の真実を語ること。
これができなければ、つぎの段階の世界で生きることは難しいでしょう。

今から練習してください。
むずかしいことなんてありません。
正直な自分の気持ちを表現すること。
本音で語ることを。 

(但し、これは本音(自分の真実)をなかなか言えない人へのメッセージです。
言いたいことをずけずけと言うこと(他者に対する誹謗中傷など)を助長しているのではありません。
当然のことながら、自分の真実に対して常に責任を持つことが前提です)






最新記事