豊かさを得るために―意識のスペースを広げよう!

2011年08月04日 11:55


★あなたの「意識のスペース」は十分にありますか?★



これまでの記事をお読みくださっている人は、何度も繰り返してお伝えしてきていることなので、耳にタコができている(笑)ことと思いますが、わたしたちの意識というのは、社会(親や教師やおとなたち)から条件付けをされた状態で、いろいろな恐れや観念でがんじがらめになっています。

他者よりも、少しは意識が広いと思っているかもしれない、あなた。
でも、そこに何か要らない物がいっぱい詰まってはいませんか?
必要としていないものばかりが、ぎっしりと詰まっているのなら、たとえ意識が広いと思っていても、それは何の意味もないのです。堪忍袋と同じですね。
(過去記事 カルマの「断捨離」を実行しよう!―「堪忍袋を殻にする」参照)

あなたは、何か新しいものを創ろうとするとき、あるいは、新しいことをするとき、疲れてしまったりしませんか?
まず新しいものを取り入れるということは、これまでよりも意識のスペースを広げなければならないし、(周囲の批判と言ったような)新たな障害を乗り越えていかなければなりません。

自分の意識を狭めてしまって(思いを制限してしまって)、どこにも移動ができない状態となっている人、四方八方厚い壁で覆われた狭い部屋に閉じこもっているような状態の人もいるでしょう。
この壁は、さまざまな観念や恐れによって作られていて、それがあるために自由に動くことができないでいるわけです。

★このスペースというのは、「拡大した意識の状態」を言っています。
理想的な状態というのは、その人の周りに、何も入っていないたくさんのスペース(空間)があることです。
スペースがたくさんあると、新しい経験があなたのところにたくさんやってくることができます。
しかし、不必要なものがごちゃごちゃに詰まっている場合は、新しい経験を自分のところに持ってきて、自分のものとすることは難しいのです。


★では、どうしたら、スペースを広げていくことができるのでしょうか?

賢明なあなたなら、もうおわかりですよね。

あなたのなかにある不必要なゴミを取り除くこと。
精神の断捨離を実行するということです。
 

皆さんは、一時的にスペースを広げることはできるでしょう。
でも、結局自分の観念や恐れを変えないので、またすぐにそのスペースは狭くなり、縮小されてしまうのです。
ゴミを捨て去って、一旦スペースを作り出せたなら、そのスペースにまた何か不必要な物を溜め込まないことが肝要です。
そのスペースは、常に空いた状態にしておくことが必要なのです。


スペースを創り出す能力は、豊かさを創る能力と比例する」ということを覚えておいてください。


★あなたが今どのような状態にあるのか、どこにブロックがあるか、自分で確かめることができる瞑想があるので、今回はそれをお伝えしようと思います。
これは、リサ・ロイヤル氏が1994年に東京でおこなわれたセミナーの際に使用された瞑想のひとつで、わたしはときどき思い出してはこのエクササイズをやっています。(楽しいですよ)
すばらしいエクササイズだと思いますので、ぜひお試しください。

では、瞑想に入りましょう。


★ 意識のスペースを広げるための瞑想 ★



☆リラックスして、何回か深呼吸をし、目を閉じます。
金色にかがやく白い光で、あなたの身体がつつまれているのをイメージしてください。
(さらに深呼吸をつづけます)
身体がどんどんリラックスしていくのを感じてください。

☆あなたをとり囲んでいる白い光が、四角い箱のかたちになっていくのを感じてください。
あなたのまわりに4つの壁と天井と床があるのを感じます。
(この4つの壁と天井と床が、あなたにとって、自然なかたちで形成されていきます)
あなたは、この箱のなかにいて、宇宙空間のなかを漂い始めます。

☆この箱のなかで、まず左側の壁を見てください。
そこに手を当ててください。
あなたのハートから、グリーンの光線(ハートのチャクラの色)が出てきます。
その光線が左の壁に当たります。
光線とともに、左側の壁を手で押すと、その壁が宇宙空間に向かって広がっていきます。

その壁が広がっていくにつれて、あなたは安らぎと広がりを感じていきます。

☆今度は右側にある壁を見てください。
その壁に手を触れて、ハートからグリーンの光線を送ってください。
その壁を思いっきり宇宙空間に押し広げてください。

その壁が広がっていくにつれて、あなたは安らぎと広がりを感じていきます。

☆今度は後ろ側にある壁に向かってください。
その壁に手を当てて、ハートから出るグリーンの光線を同時に放射してください。
宇宙空間に向けて、思いっきり押し広げてください。
そして、宇宙空間を漂ってください。

壁が広がるにつれて、あなたは解放感に満たされ、広がりを感じます。

☆では、今度は目の前にある壁に向かってください。
その壁に手を当てて、ハートから出るグリーンの光線を同時に放射してください。
宇宙空間に向けて、思いっきり押し広げてください。
そして、宇宙空間を漂ってください。

壁が広がっていくにつれて、あなたは心の解放と広がりを感じます。

☆今度は頭の上にある壁に手を当ててください。
あなたの頭の上から紫色の光線を出して、その壁に放射してください。
この光線と両手を使って、それを宇宙空間に思いっきり押し広げてください。
それが遠くまで飛んでいくのを感じてください。

あなたは心の解放と広がりを感じます。

では、最後の壁です。それはあなたの足の下にあります。
1から3まで数を数えながら、足の筋肉を使って、この床を下に押し広げます。
(まだ数えませんよ)
足の裏から白い光線を出して、床に向かって放射します。
宇宙があなたをサポートしてくれると信じておこないます。
では、数えます。1、2、3!  
思いっきり床をけとばします。
(もし、壁が抵抗して動かないようであれば、さらに何度も試みます)

やがて、床も遠くへと飛んでいきます。
あなたは宇宙にサポートされた状態で、この時間と空間のスペースのなかに漂っています。
どこかにあなたを囲んでいた壁や天井があるのですが、今それは遠くに行ってしまい、見ることはできません。
あなたは安心感を得ることができるでしょう。


☆あなたのハートからたくさんのグリーンの光線が出るのを感じてください。
これは、あなたのハートから出て、まるでさなぎを囲むマユのようにあなたの身体をとり囲んでいきます。
このグリーンのさなぎがどんどん大きくなっていきます。
さらにそれが拡大されていくと、もうその境界線を見ることはできなくなります。
このグリーンの光は、電磁気を帯びた可能性のエネルギーです。
これが、今あなたの空間を満たしています。

これは可能性のエネルギーなのです。
これを使って、あなたは何でも創り出すことができます。

あなたが何でも創り出すことができる状態。それが豊かさです。
これが、あなたの存在のもっとも自然な、自由で制限のない状態です。
そして、完全に宇宙と結びついた状態です。


この感覚を楽しんでください。
この感覚を、あなたは自分の物理的な日常生活のなかに導入していくことができます。
そして、一旦この感覚を習得すると物理次元の生活のなかでそれを創り出すことがとても簡単になります。


☆さあ、あなたの意識をゆっくりと自分の部屋に戻しましょう。
この感覚をもったままで、意識を戻してください。
意識を戻していくとき、この物理次元のこの部屋も、グリーンのエネルギーで満たされていると感じてください。
エネルギーを自分から放射しているのを、感じてください。
まるで、そのなかに泳ぐことができる液体のような感じがします。

では、十分に意識を部屋に戻してください。
準備ができたら、目を開けてください。

★    ★    ★    ★    ★    ★    ★    ★    ★    ★ 
 

どうでしたか?
左の壁、右の壁、前後の壁、上下の壁、どの壁も簡単に押し広げることができたでしょうか?
それとも、どこかの壁が動きにくかったでしょうか?

左、右、前、後ろ、上、下、それぞれに意味が隠されています。
どの壁が広がらなかったか、動かなかったかで、あなたのブロックがどこにあるのか、それが何であるかを知ることができます。
潜在意識は今自分に何が起こっているかという情報やあなたのなかにどういうブロックがあるのかということを教えてくれるのです。

さて、あなたが押し広げられなかった壁はどれでしょうか?

瞑想を試みられた人は、よろしければ「アンケート」か「コメント」にて、ご自分の状態をご報告ください。
参考例として、取り上げたいと思いますので、ぜひ感想をお寄せください。
それぞれの方向に隠された意味については、まとめて次回にお答えをしたいと思います。
お楽しみに。




最新記事