支援する人、される人―その1 災害時に備えての心がまえ

2011年03月16日 18:50


★ 支援はケースバイケースでおこなう ★



このたびのような東日本の広い範囲にわたっての震災の場合は、多数の被災者が生きるために必要な水と食べ物と生活物資の支給が何よりも必要です。
しかし、今なお余震がつづいている状況では、救援活動をしている人たちにも被害が及ぶ可能性が高く、状況は非常に厳しいものとなっています。

3月16日(水)14時55分配信の「時事通信」には、つぎのような内容が載せられていました。

東日本大震災の救援で被災地に入った兵庫県警の第1次広域緊急援助隊約140人のうち約70人が16日、兵庫県に戻った。
1995年の阪神大震災の経験を生かして活動したが、播磨弘隆大隊長(52)は「津波警報が何度も出るたびに避難し、活動を中断した」と救助の難しさを語った。



★緊急援助隊でさえ活動を中断して、結局被災地をあとにしたわけですから、他府県からのボランティアなどはまだ行くべき時期ではないと思われます。
ありがたいはずのボランティアが、現地の人からすると、とても迷惑な存在になってしまう場合があるというのも、事実のようです。
日刊サイゾー」には、「災害現場の困ったちゃん!? ボランティアに求められる自己責任の大原則 」という過去記事が再掲載されていました。
ボランティア志願者への参考のため、その一部を紹介しておきます。


災害ボランティアの大原則は「自己責任」だ。
現地への交通費や宿泊費、食費などの必要経費は、いうまでもなく自分負担。
ところが現実には、「フラっとやってきて、『寝る場所はどこですか』とあたりまえに聞いてくる人が多い」(中部地方の某町役場職員)のも現実だ。
災害対策本部(市町村役場の総務課などに設置される場合が多い)に電話をかけてきて、「安い民宿を紹介してくれ」と宿の斡旋を求める人もいる。
徹夜で業務に追われることもある現地の役場職員が、全国からの宿の斡旋に対応していたらそれだけで業務はパンクしてしまう。
各自で確保するように説明する職員に「手伝いに行ってやるのになんという冷たい対応だ! だから役人はダメなんだ!」と逆ギレして周囲を呆れさせる例も少なくない。

(中略)

支援物資も大きな問題。
実は「救援物資は第二の災害」といわれるほど、現地にとっては厄介な存在なのだ。
全国から怒涛の如く送られてくる物資の整理は自治体職員らが人海戦術で行うしかなく、しかも利用価値がない物も大量に含まれている。
1993年北海道南西沖地震の被災地・奥尻島では、救援物資 5,000トンの保管のために1000平米の仮設倉庫を3,700万円かけて建築。
さらに仕分の結果、衣類を中心とする1200トンが不要と判断され、カビや腐敗など衛生面の問題から焼却処分となり、これに560万円の予算が投入された。

「とりあえず何か送ろう」という安易な支援ほど現地にとって迷惑なことはなく、実際に京都府災害ボランティアセンターのように「救援物資は現地の復旧作業の妨げになる場合があるので送らないように」とサイトではっきりと呼びかけている例もあるほどだ。

(中略)

まずはネットや電話で被災地の情報を収集し、危険度や必要な経費も考慮に入れながら行くかどうかを判断したい。
自己管理が原理原則の大切さを理解したうえで、その時自分ができると思う範囲で参加することが、災害ボランティアのあるべき姿といえるだろう。
(文=浮島さとし/「日刊サイゾー」2009年10月8日掲載)



★現在支援物資が被災地にながれたために、被災地ではない別のところで不足が生じ、生活用品などがなくなって困っている人たちが続出し始めています。
また、東京都内では買い占めの問題も指摘されていて、被災者ではない人たちがムダに多くの物を買いあさるという現象が起こっているようです。
一方に偏ると一方に不足が生じる。この両者のバランスをとるのが大変むずかしいですね。

ただ、頭の片隅に置いていただきたいのは、今は日本全体が非常時だといえるということです。
東日本だけでなく、西日本でも震災が起こる可能性はあります。
ですから、日本国中の人たちが個々に意識的になって、非常時に備えた生活を送ることが大切だと思うわけです。
すなわち、物質面はさておき、精神面に重きをおいて生きるということです。


「死ぬ前の意識レベル」がつぎの行き先を決める★ 



このブログを初めから読んでくださっている人たちは、「死に対する恐怖感」というものは、既にもっておられないのではないかと思います。
「肉体の死」はあっても、「意識は永遠に存在すること」をご存じのはずだからです。
ですから、肉体の維持ばかりに意識を向けるのをやめて、精神を鍛えることに専念していただきたいと思うのです。

たとえば、わたしたちが天変地変をはじめ、病気や怪我で死ぬときがやってきた場合、「どんな心の状態で死を迎えるか」ということがとても大切となります。

最期のときには、さまざまな思いが脳裏を駆け巡ることでしょう。
もし何か心に引っかかることがあって、そのまま死んだなら、その引っかかったことで、つぎのその人の行き先(誕生するところ)が決まるのです。

その人の人生がたとえ素晴らしいものであったとしても、死ぬ前の意識状態がひどくネガティブであれば、クリーンゾーンに行くとは限らないし、何か悪いことをした人生であっても、かならずしもダストゾーンに行くとは限らないということなのです。
死ぬ前に執着や囚われを捨てて清浄なる意識になれば、その清浄なる状態にふさわしい領域に行くのだということを忘れないでおいてください。


その人の「死に方」や「死ぬ前の意識レベル」が、その人のつぎの行き先を自ら決めるのだという詳細は、過去記事に記していますので、再度お読みいただきたいと思います。

★ 参考過去記事 ★

★「死ぬ前の意識レベル」が「あの世」の行き先を決める 
★「成仏」は死ぬ前にしておくもの―この世で悟っておくことが大切



★ 冷静で穏やかで、かつ強い精神をもつ ★



心というものは、環境からの影響を受けると、すぐに変化してしまいます。
常日頃やさしかった人が、突然よくない環境に入ると、その途端にやさしくない人になることだってあるのです。

わたしたちの現在の課題は、いつ環境が変化しても、どんな環境になっても、「冷静で穏やかな心の状態を保つこと」、「環境によって左右されない強い精神状態を保ちつづけること」ではないかと思います。

そして、いつも自分の肉体の死を覚悟して生きること。
それは、日本の古い武士道に見られた精神ですね。


運命に任すという平静なる感覚、
不可避に対する静かなる服従、
危険災禍に直面してのストイック的なる沈着、
生を卑しみ死を親しむ心……。

真に勇敢なる人は常に沈着である。
彼は決して驚愕に襲われず、何ものも彼の精神をみださない。
激しき戦闘の最中にも彼は冷静であり、大事変の真中にありても彼は心の平静さを保つ。



上記は新渡戸稲造著の「武士道」の一文ですが、このように「いつ肉体の死を迎えてもOK」だという冷静で穏やかな精神状態を保ちつづけることが大切です。
かつて日本人が持っていたこの強いサムライの精神を、男女を問わず思い出すことが必要なのではないかと思います。




最新記事