自分が選んだ人生のテーマをいかにして学ぶか

2011年02月21日 11:50


★ リーディングに対する質問に答える ★ 



先日、数秘リーディングAを希望された若い女性の方からレポートが返ってきました。
その方の質問は、大変重要だと感じられたので、今回ブログで取り上げさせていただくことにしました。他の人たちにも参考になるかと考えますので、ご了承ください。

彼女の《軌道数》はでした。

軌道数 》というのは、その人の「 純粋なエネルギーの質を表す数」という意味で使っています。
これから明らかになっていくその人の人生の地図であり、その人が今回の人生を通して学んでいくもの、テーマ、目的を表わします。

各数字には、ポジティブな可能性ネガティブな可能性があります。
どちらにしても、その人がそれぞれの人生の期間に、そのエネルギーの質を学んでいくことの可能性を示しているわけです。

という数は、「パワー 金銭 実現 ビジネス 願望 成功 権威 大志を抱く 達成 バランス 公正」などを表します。とてもパワフルな数ですね。



★ここでいうパワーというのは、フォース(権力)という意味ではありません。
フォースは常に対立し、愛がなく、暴力的で、自ら制限をつくりますが、パワーは対立することはなく、全体であり、愛とつながっています。
パワーはいつだってフォースよりすばらしく、完璧なのです。

また、フォースは自らの利己的な目的のために使われるものですが、パワーは利他的でスピリチュアルな性質をもっています。
フォースパワーとでは、闇と光のようなちがいがあるのです。
この両者のちがいに気づき、どちらを選択するかが重要なのです。

★8のテーマは、「自分が欲しているものをどうやって世の中で獲得して、それを表現していくか」ということにあります。
それをネガティブ(フォース)に使うか、ポジティブ(パワー)に使うかで、人生は極端に陰陽に分かれ、相反するものとなっていくのです。

さて、ここで、彼女の質問について、考えてみましょう。

軌道数に沿った人生や目標を持った方が魂の目的を達成するという意味でより自分の本質に沿った生き方が出来るのでしょうか。
たとえば私は今、権力やお金といったものよりスピリチュアルなことや体のこと、愛について自然と興味が溢れてきますが
はじめは興味がわかなくても少しづつでも自分の軌道数の欲求を満たしてあげられるような生き方や学びをしていったほうがいいのかな、という疑問があります。
もしお答いただける内容でしたら、お願いします。



★彼女は今この時期、スピリチュアル(霊性)を学びたいのに、なぜ金銭などの物質的な要素がつよい8のエネルギーが自分の人生のテーマになっているだろうと、疑問を持たれたのかもしれません。

今現在、地球は「アセンション」という大きな転換期を迎えています。それは、地球だけではなく、銀河系にも影響を及ぼす大イベントです。
ですから、スピリチュアルな理解や霊性に目覚めることが必要ですし、陰と陽、男性性と女性性、光と闇のバランスをとる、あるいは統合することの重要性に気づくことが必要です。わたしがこれまで取り上げてきた記事内容も、そこに気づいていただきたかったゆえです。

★霊性に目覚め、陰陽のバランスをとるということ、統合するということは、個人的なテーマというよりは、地球人類と銀河系のスターピープルたちとともに体験しようと同意した「地球種族としての大きな意味でのテーマ」といえます。

それと同時に、「個々の魂のテーマ」もあるということを知っていただきたいのです。
それぞれの人には、この地球で個人として学び、経験していくテーマがあり、それを探究していくために今回生まれてきたのだということです。
ですから、「霊性に目覚めるという大きなテーマ」のほかに、AさんにはAさんのテーマがあり、BさんにはBさんのテーマがあり、わたしにはわたしの独自のテーマがあるということです。

この個人のテーマは、その人の過去生(別の人生)や、同時存在(平行生)している分霊たちや、自分の魂のグループ(類魂)とのつながりによって、自分自身が同意し、また選択してきたエネルギーだということがいえるでしょう。
その人がもって生まれた固有の波動……それを「魂の青写真」と呼んでもよいかと思います。



★数秘リーディングAでは、最初に「過去のカルマ」についてごく簡単に説明をしています。これは、1~9のエネルギーのうち、自分がどのエネルギーをこれまでに体験してきているかをまず知ってもらうためです。

別の人生で学べなかったこと、体験できなかったテーマ(エネルギー)を今生でやってみたいという人もいれば、分霊がつくったカルマを解消するためにそのテーマを選ばざるを得なかったという人もいるでしょう。
あるいは、過去生で納得いくまで追求できなかったので、再度チャレンジしてみようと、同じテーマを選んだ場合もあるでしょう。
ですから、《軌道数》として導きだされた数字は、その人がいろんな理由のなかで、自分自身で選んだ内容なのです。


思いの制限は条件付けから生じている



わたしたちが地球の物理次元に生まれると、おもにわたしたちの両親からある観念をそそぎこまれます。
それによって、わたしたちのパーソナリティは固まって形成されていきます。
それが、わたしが言うところの「条件付け」です。
しかし、これはあくまでも他者から条件付けられたパターンであって、わたしたちのほんとうの姿ではありません。幼少時に、主に両親によって信じ込まされた観念(思いの制限)にすぎないのです。

ここで、わたしたちの今生のテーマともいうべき「魂の青写真」とパーソナリティとのあいだにズレというか、歪みが生じるのです。
人生のある時点で恐れや苦痛などが生じるのは、自分のテーマの方向性とズレがあるからなのです。
もし、ぴったりと一致しているなら、自分がそのテーマについて自然に探究していけるし、その際その探究に必要なことがスムーズに起こってくるはずです。
求めれば求めるほど、学びや体験がどんどん与えられるわけですね。

ですから、今回の質問者が数秘でわかった《軌道数》にあまり興味が湧いてこないのは、その人が両親から受けた《条件付け》が影響していたり、その時期のピークやチャレンジが影響していたりして、まだそのテーマや「自分の真のエネルギー」に気づいておらず、方向性が明確になっていないからだと思います。

★質問してくださった女性の方は、まだ年もお若いので、これからそういうテーマが嫌でも起こってくるかと思います。
そのテーマに関する問題が生じてきたら、「ああ、こういうことだったんだな」とわかることもあるでしょう。
そして、そのテーマに直面したときに8の質をしっかりと体験して学んでいかれればよいのです。
急がないで、じっくりやりましょう。自己探究は一生つづけていくものです。数時間で解決できるような簡単なものではないのです。

★バシャールはつぎのように言っています。

自分が人生で学ぶべきレッスンは何なのかをしっかり理解し、学ぶ、
本当の自分自身になっていくために必要な学びをすべて歓迎する、ということです。

また、こんな結果になるのではないかというような期待は何も持たずに、学びは学びとしてただ受け入れて経験していきます。

それが教えてくれることは、何であれすべて受け入れるという意志を持つ。
学んだことを、現実的に、物理的に、行動的に、創造的に人生に応用する
、ということなのです。
  

★人によっては、「人生のテーマ」が、その人生の早い時期に終わってしまうということもあるようです。
そんなときは、つぎのテーマに取り組んでいけばいいのです。
「思いの制限」さえひらけば、あなたは自分の「魂の青写真」と一致した生き方ができてくるでしょう。
すべて柔軟に対応することが必要ですね。

もし障害があるとしたら、「わたしにはその人生のテーマに沿った生き方ができない」という観念、「思いの制限」があるだけです。
自分の今生のテーマを受け入れることです。
人生で生じてくるすべての出来事を、自分にとっての「真実を学ぶための道」、「自分が真の自分になっていく道」の一部としてとらえ、受け入れることです。認めることです。
そして、そのエネルギーを肯定的に使っていくということです。


★8のエネルギーは「自分の願望をいかに実現させるか」というすばらしいエネルギーです。
どのエネルギーにも等しく価値があるのです。
人はすべてのエネルギーを学ぶために転生しているのです。
なぜって、1~9の質というのは、大宇宙の源、宇宙創造主がすべてもっているエネルギーの質だからです。
わたしたちは創造主を知るために、理解するために、その質のひとつひとつを学んでいるのです。




最新記事