高次元存在とのコミュニケーションのチャンネルをきれいにする

2011年02月06日 21:45


高次元の存在とのコミュニケーションができるようになりたいと思う人は、このブログ読者のなかにも多くいらっしゃることと思います。

一番身近な自分の守護霊とのコンタクトができれば一番よいのですが、だれでもすぐにできるというものではないようです。

でも、いつも意識して守護霊さんに語りかけたり、感謝を捧げたりしていると、きっと望みが適うとわたしは思っています。また、その人に必要であれば、必ず守護の神霊の方から語りかけてくれるのです。


★ 守護霊の声が希望を与えてくれた ★



わたしが守護霊の声を聞いたのは、まだ守護霊の存在を全く意識していなかった高校生の頃でした。
「声を聞いた」という表現をしてはおりますが、直接頭のなかに入ってくるような、内側から響いてくるような感じで、言葉ではなかなか表しにくい感覚です。

当時のわたしは、世の中がとても嫌いでした。(今も好きではありませんが…)
希望して合格した高校も、大学進学のために勉強しているといった味気のない雰囲気で、教師も生徒もまったく好きにはなれなかったのです。
わたしの信頼できるお友だちは、何千年も前に生きていたゴータマ・ブッダやイエス・キリストだったのです。

わたしは幼い頃から人間嫌いであり、特に社会という名のしがらみから脱出したくてたまらず、人間が極力少ない自然に囲まれた場所で、単独で暮らしたいと常に思っていました。将来は動物学者か、天文学者になりたいと考えていたのです。

15歳を過ぎてから、わたしは社会通念に従って面白くもない高校生活を送っている自分自身がひどく嫌になり、自信というものも喪失し、毎日の生活に何の希望も持てなくなっていました。

そんな高校生活を送っていたある年の暮れ、テレビでNHK放送の「大河ドラマ」を見たのです。内容は忘れてしまったのですが、「平家の話」だったと思います。
ドラマが始まってまもなく「平家物語」の冒頭の句が、テレビ画面上に美しくながれ始めました。


祇園精舎の鐘の声       ぎおんしょうじゃのかねのこえ         
諸行無常の響きあり       しょぎょうむじょうのひびきあり

沙羅双樹の花の色        さらそうじゅのはなのいろ
盛者必衰の理をあらわす    じょうしゃひっすいのことわりをあらわす

おごれる人も久しからず     おごれるひともひさしからず
ただ春の夜の夢のごとし     ただはるのよのゆめのごとし



平家物語では、あまりにも有名な文ですね。
語り手の声と共に、わたしの目に入ってきた句のひとつひとつが感慨深く、わたしは「真にそうだ」と心の底からうなずいていました。そして、この言葉の意味を、深いところで理解できる自分自身というものが、とても素敵で好きだと思えたのです。

その瞬間でした。「そうだ、それでいいんだ!」
というような声が、どこからか響いたのです。
それは、わたしを力強く肯定してくれる男性の声でした。
うれしくて涙があふれそうになりながら、その瞬間わたしの内側から、嫌で好きになれなかった自分が開放され、消滅していったのです。

このように、守護霊が後押ししてくれると、パワーがみなぎってきます。
高校を卒業したあと、わたしは有意義な大学時代を過ごし、そして教師という職を選んだのでした。大勢の子ども、大勢の保護者、大勢の教師…。そんな大勢の人間と出会う仕事です。動物学者や天文学者になりたいと思っていた頃のわたしとは随分ちがっていますよね。

守護霊の声は男性だけでなく、女性のときもありました。
人生の節目に、わたしは女性守護霊の声も聞いています。
じつは当時のわたしには、男性と女性の守護霊さんがペアでついてくれていたのです。
若い頃、わたしの思考が大変男性的であったのは、まさにその男性守護霊の影響がつよく前面に打ち出されていたせいであったことを、随分後になってから知ることになりました。

こんなふうに、必要があれば、守護霊さんが働きかけてくれるのです。
ですから、たとえ志向がネガティブになっていても、毎日を真剣に、自分に正直に生きることです。これが大切です。

そうは言っても、「わたしの守護霊は、一向に語りかけてくれないわ。どうすればいいの?」という人のために、高次の存在からのガイダンスを受け取りやすくするための方法をお伝えしましょう。


★ 高次元存在とのコミュニケーションのチャンネルをきれいにする★

       

「エンジェル・リーディング」をおこない、多数の本を書いているアメリカ女性、ドリーン・バーチューさんは、神や天使に「聖なるガイダンスをもっと受け取りやすくするために、今の生活の中で変えるべきことは何でしょうか?」と尋ねたとき、「鶏肉」という答えが思い浮かんだと語っています。

彼女は何年も前に牛肉や豚肉を食べるのはやめ、主として魚や鶏肉を食べていたのだそうです。

鶏肉を食べるのはやめなさい。鶏肉を食べると、ニワトリが殺されたときに感じた苦しみを吸収してしまいます。その苦しみのエネルギーが聖なるガイダンスへの気づきを妨げてしまうでしょう

このようなメッセージを受け取ったバーチューさんは、こう言っています。

私はその答えにガーンと殴られたような気がしました。これまで自分の食事と聖なるガイダンスを結びつけたことがなかったからです!」と。

バーチューさんがそのことをスピリチュアリティの上級学習者に話すと、自分たちも似たようなガイダンスを受け取ったと教えてくれたそうです。
それで鶏肉を食べるのをやめると、彼女のクレアボイアンス(透視能力)は、12インチの白黒テレビからカラーのワイドスクリーンに変わったほどの劇的な変化が起こったというのです。
彼女は、神とのコミュニケーションをより明晰にするために、喜んで菜食主義を始めたのです。


★ 食生活から不純物を取り除く ★



★過去記事(小食は地球を救うーその5)に、わたしたちの肉体は「内なる神が宿る聖なる神殿」であるため、肉体を浄化し、清めることが必要だと書きましたね。
「アセンションの新しき光」の著者であるダイアナ・クーパーさんも、つぎのように言っています。

肉体的な浄化は、あなたの霊性にも影響を与えます。
私のガイドであるクメカは、チョコレートと砂糖、そして全ての乳製品と、顔のある生きもの全て、あるいは、顔のある生きものから出来ている製品全ては、私達の光のレベルを低下させると言います。
農薬を使って育てられた野菜もそうです。
浄化のためには、私達は身体という神殿をきれいにし、運動を欠かさず、清浄に保たなくてはなりません。



先ほどご紹介したドリーン・バーチューさんは、その後も天使から下記のような教訓をもらったと書いています。

すべての食べ物には波動があり、あなたは一番高い波動と共振したいはずです。
そのためには、新鮮な果物や野菜、ナッツや全粒粉のものを食べてください。
これらの食べ物は高い波動を持っています。
肉や乳製品、アルコール、砂糖、チョコレート、カフェインは避けましょう。
あなたが口にする食べ物の本質は、食べ物が消化され、なくなってからも長い間あなたに影響を及ぼすのです。


(ドリーン・バーチュ著『エンジェル・ガイダンス』ダイヤモンド社 参照)

いかがでしょうか? ドリーン・バーチューさんもダイアナ・クーパーさんも、天使からメッセージをもらうことができる人たちですが、彼女たちが天使からもらったメッセージの内容は、ほぼ同じですね。
わたし自身も、ハイア―セルフから同様のメッセージをもらっていますから、ほぼまちがいないのではないかと思います。

わたしは昔からナッツや果物を好んで食べていました。
なぜなら、自らきれいな色や、美味しそうな香りを放って、「さあ、熟したわたしを食べてちょうだい」と、その実(身)を差し出しているからです。

小鳥たちがその実をついばめば、その種は土に落ち、また新しい「いのち」が芽生えるからです。
子孫繁栄のために自らを差し出しているものを、わたしたちが感謝して食べれば、彼らは喜んでくれるのです。

ですから、自ら「食べて!」と誘っているものは食べてもいいけれど、追いかけたら必死で逃げるようなものは食べないほうがよいのです。


さくらんぼ
           おいしそうなサクランボ


天使や守護霊に言われなくても、魂はそれを知っていて、そういう(自らいのちを差し出しているような)食べ物のほうを摂りたくなるのが、自然なのではないでしょうか? 
それはとても「正常な波動」であるとわたしは思います。
「正常波動」とは、宇宙の本質に共鳴するポジティブな波動です。
「創造」、「成長」、「前進」、「生命力」にあふれている愛に満ちた波動です。

実は熟すと、おのずと樹から落ちます。
実が熟したことを樹が知って、ただ落ちていかせたからです。
ジュースで満ち満ちた果実は、その豊かさを分かち合う用意ができていることを伝えているのです。

そんな果実たちは、ほんとうに心から美味しいと思えるのですが、あなたはいかがでしょうか?



最新記事