小食は地球を救う―その1 一日二食のススメ

2011年01月28日 01:00


あなたは一日に何回食事をとっていますか?
一回ですか? 二回ですか? 三回ですか?

「朝・昼・晩と、一日三食が当たり前でしょう」
と言われそうですが、では、その一日三回というのは、いったいだれが決めたのでしょうか?

生まれて育って気がついたらそうだったし…という人がほとんどだと思いますが、なぜ三回食事をするのが当たり前なのかと、考えてみられたことがあるでしょうか?

世界中の人が、一日に三回食べているなんて思っていたら大まちがいですね。
日本の歴史を調べても、武士階級が朝・昼・晩の三食を摂るようになったのは江戸時代中期以降のことで、その習慣が、一般人に全国的に普及するに至ったのは、明治維新になってからのことだそうです。

今では、栄養学者や西洋医学の医者をはじめとして、「一日三食を摂らなければいけない」とか、「朝ぬきは絶対にいけない」とか、言っている人たちがけっこう多くいますね。
「一日に○○カロリー摂取しなければならない」と、強迫観念に駆られて摂ろうと心がけている人さえいます。

一日三食」や「一日の摂取カロリー」は、何の根拠があって定められたのでしょうか? 
もし、あるとするなら、それはまちがった根拠だと、わたしは思うのですが。


今回から「小食のすばらしさ」をあらゆる角度からお伝えし、これまでの思い込みを取り払っていただきたいと考えています。
今回は「一日二食のススメ」です。


★ 身体が食べ物を要求しているときだけ食べる ★



わたしの場合、いつから朝食を摂らない生活をし始めたのか、もはや記憶にないほどの長い年月が経っています。
今では、朝起きてすぐに食事を摂るということができない身体となっていて、夜8時~9時頃に夕食を摂ったら、翌日の14時~15時まではほとんどおなかがすかないのです。

けれども、昼(12時~13時)に食事をしに帰ってくる人が家族にいるので、それに合わせて食事の支度をし、ついでに一緒に食べるようになってしまっていたのです。
でも、最近は自分のおなかのすき具合によって、食事の時間を自由に変化させています。

★ほんとうは、自分の身体が食べ物を要求しているときに摂るのが、一番効率がよいのです。

ところが、集団生活をしている人の場合は、たとえおなかがすいていなくても決まった時間に食べないといけないし、自分の身体の要求に合わせることができなくなっています。
これは、まったく自然ではありません。
食事の時間を全員同じにするのは、人間の身体を完全に無視した方法です。

学校では給食があって、肉体的にいろんな状態の子どもたちがいるにもかかわらず、全員に同じものを同じ時間に食べさせています。
義務教育以外でも、食事をする時間というのは定められていますね。
学校という所は、何につけても時間を制限し、子どもたちを同化し、コントロールしようとするのです。
個性などは、学校では認められないのです。まるで、鶏小屋の鶏みたいです。

自然の大地で生きている動物たちを観察してください。
彼らは常に過酷な状況の中で生きています。
おなかがすいても、獲物がなければ何日もガマンしなければならないし、雨がふりつづいても、じっと雨に打たれてガマンしなければならないのです。
地球の先住民たちも、同様の生活をしてきました。一日に一食でもありつくことができれば幸いだったのです。

ライオンはおなかがいっぱいのときには、たとえ獲物が目の前にいても殺すことはないといわれていますね。
おなかがすかないのに食事をしたり、たとえおなかがいっぱいであっても、多くを獲得し、摂取しようとするのは、欲で固まった口いやしい無知な人間だけです。

肉食をはじめ、あらゆるものを大食する先進国の人ほど病気の種類も多く、死亡率が高いのです。
病気になっている意味がわからないから、治らないまま死んでいくわけです。それは自業自得なのですが、何とも哀れな気がします。


★ 健康を守るには小食しかない ★



健康を守るには小食しかない」と提唱された人のなかで、(故)*甲田光雄氏は、わたしが尊敬する医師のひとりです。
出会ったことはありませんでしたが、著書の内容からどのような人であったのかはわかります。

(*甲田氏は生前、甲田医院院長、日本綜合医学会名誉会長を務め、現代医学に限界を感じ、薬や手術に頼らない自然治癒を50数年間実践研究された人です)

甲田氏は著書「最強の健康術」のなかで、つぎのように語っておられます。

健康を守るには小食しかないというのが、長年の経験から得た結論で、それが真理であると、確信しています。試しに、体調が悪いと思ったら、食べる量を減らしてみてください。他の悪い習慣はつづけたままでかまいません。
食事の量を減らすだけで体調がよくなり、血液検査の数値が改善するはずです。
食べ過ぎがいかに体調不良の原因になっているか、実感できるでしょう。
理想は腹六分目ですが、それは難しいでしょうから、せめて腹八分目を心がけてみてください



★甲田氏は「長生きをしたければ、朝食を抜きなさい」と、「まず朝食を抜くこと」を勧めておられます。

なぜなら、朝食を摂ると、血液が胃腸のほうに回り、腎臓はお留守となり、その分老廃物を排泄できなくなり、さらには宿便をためこむことになるからです。

★ネズミやサルの小食実験でも明白です。
たとえば、米国立衛生研究所にある加齢研究所では、こんな実験をしたそうです。
サル30匹にはエサを腹いっぱい食べさせ、もう30匹には腹七分目の小食にして実験を開始し、15年後の結果を見たのです。
小食のサルは、腹いっぱいのサルに比べて、死亡率は2分の1、すなわち半分だったそうです。
ネズミの実験でも、腹いっぱい食べさせたネズミのグループよりも、腹六分目のグループのほうが平均寿命が2倍近く延びたといいます。

一日三食摂った上に、おやつを食べるなどの間食をしている人は、一生内臓を休ませることがないのですから、サルやネズミと同様、寿命に大きく影響することでしょう。


★ いかに少なく食べるか ★



甲田氏の食養生の方法は、とにかく今までの思い込みを捨てて、「摂取することをやめる」ということです。
いかに少なく食べるか」ということですね。
少なく食べて、老廃物を完全に排泄することを重視するマイナスの栄養学」なのです。

★たくさん食べて得をしたと思ったら、大まちがいなのです。
美味しそうなものを見ると、つい必要でないものまで食べてしまうことがありますが、そんなときは得をしたというよりも、損をしたと思った方が正解なのです。

もし「なるほど、そうだ」と思われたなら、まず間食や夜食をやめることから始めてください。
そして、一度にではなく、朝食の量を少しずつ減らすことから始めてみられてはいかがでしょうか? (つづく)




最新記事