教育とは―その1 よく遊び、よく学ぶ

2011年01月17日 01:00



さて、つぎはどんな記事を書こうかと考えていたとき、急にわたしの脳裏に、多くの子どもたちと接していた若かりし頃の思い出が甦ってきました。
それがあまりにもなつかしくて、ブログに書いてみようかという気になりました。
いつもとは趣向は異なりますが、よかったらお読みください。

過去ブログ「インディゴは、母の愛を求めている」の「教えることと学ぶこと」の箇所にも少し書きましたが、わたしの人生の中で、世間では「教育者」と呼ばれる仕事に就いていた時期がありました。
結婚と長女の誕生が、その道を継続することを断念させましたが、8年という歳月、その大好きだった仕事にいそしむことができました。


★ 変わり者の教師 ★



おそらく当時、(1970年~80年代)教師のあいだでは、わたしは相当変わっていたというか、特殊であったのではないかと思います。

当時の公立学校では、当然のことのように相対評価が実施されていましたが、それにとらわれず、絶対評価をしていたことも、そのひとつです。
子どもたちの成績を5段階の相対評価でつけるなら、40人のクラスで、1と5をつけるのは、1~2割程度です。つまり、4~8人ほどなんですね。
たとえ優秀な子どもがたくさん育っても、いつでも5をあげられる子どもは決まってくるのです。

だいたい教師というものは、その時期に児童が学ばなければならない内容を、全員に理解させるために授業をするのであって、テストで5段階に振り分けて、その成績を通知表に記入するために教壇に立っているわけではないはずです。

子どもたちはとても正直で、素直に反応してくれます。
一生懸命になって教えれば、テストをしてもそれに相応した点数を獲得してくれるものです。
先生の教え方と子どもたちの成績とは、比例するのです。

わたしは常々、クラスの子どもたちが授業内容を完璧に理解して、ひとり残らず満点をとることを目標にして、親がびっくりするほど懇切丁寧に教えていました。
ですから、テストをするごとに満点をとった子どもたちに対して、絶対評価として5をつけるのは当然のことだったのです。

だからといって、わたしの採点はけっして甘くはありませんでした。
特に低学年における文字(漢字)に関しては、どの教師よりも厳しかったと思います。

小学生のあいだでは、特に漢字などの文字を正しく丁寧に書くように訓練しておく必要があります。
いいかげんなまま覚えてしまうと、そのいいかげんさはそのまま引き継がれ、おとなになってからでは決して直せないからです。
正しく書けるようになるまで、自ら放課後に残って、練習にいそしんだ子どもたちは、今きっと漢字で苦労することはないでしょう。

もうひとつ、わたしは他の教師があまりしないことをしていました。
暑くてみんなが気だるそうな日などは、授業を早く終わらせて、運動場で遊んだのです。
また、お化け話をしたり、面白い本の読み聞かせをしたりしました。
学校ではおそらく教えないであろうことを伝えたりもしていました。

たとえば、日頃子どもたちが買って食べているお菓子の袋や、家にあるお惣菜の袋などをたくさん持ってきてもらい、そこに記されている保存料や着色料などの表記の説明をしたりしたのです。

化学物質が食品にどれだけ入れられているのか、それらがどれほど人間の身体に有害であるのか、表示をよく見て安全な品を買おうということなどを、子どもたちに伝えました。
社会科で、まちがった歴史などを教えるより、ずっと重要だと考えていたのです。

国語で詩を創る際は、教室ではなく、戸外に出ました。
学校によっては、近くに野原があったり、堤防があったりしたので、そこを散策しながら詩を創作したのです。
みんな素敵な詩人になっていました。
どの学年でも、たくさんの詩集ができ、今でも手元に残っています。

つくし つくし


二学期の終業式には、ひとりひとりに向けてメッセージを書いた手作りのクリスマスカードを渡すのが楽しみでした。
成績表に所見を書くよりも、そっちのほうに熱が入って、徹夜で書いたことがなつかしく思い出されます。


★ よく遊び、よく学ぶ ★



子どもたちとは、実によく遊びました。
休憩時間、放課後と、職員会議などがない限りは、職員室に戻ることはめったにありませんでした、

自分のクラスの子どもたちだけでなく、他のクラスや他の学年の子どもたちも仲間に入ってきたので、いつのまにか全校児童と顔見知りになっていました。

低学年や中学年の子どもたちは、一度家にカバンを置いてから、また学校に来て遊ぶのが楽しみだったようで、たまに職員室にいても「先生、遊ぼう!」と呼びにくるので、いつもその声に駆り出されていたのです。

自慢ではないのですが、わたしが受け持ったクラスは、必ずと言ってよいほど、スポーツ大会で優勝していました。日頃遊びながら鍛えていたので、それに向けてわざわざ練習をしなくてもよかったし、チームワークも抜群だったので、勝つことができたのです。

幅跳び、跳び箱、すもう、ドッジボール、サッカー、なわとびなど、随分やりました。
小学1年生でありながら、ほとんどの男子が8段積んだ跳び箱を跳んでいたのですから、驚いてしまいますね。
それくらいになるまで遊んだということです。

子どもたちは、学校だけでなく、わが家にもつぎつぎと遊びにやってきました。
夏休みには、グループで泊まりにも来ました。
クラス全員に近い子どもたちが実家に押し寄せ、家に入りきれなくて、近くの山に散策に出かけたこともありました。
他府県から母親と一緒に会いに来てくれた子どもたちもいました。
なんでそんなにわたしの家に来たかったのか、今でも、もうひとつよくわからないのです。

保護者には毎回学級通信を出していました。
自分が書きたいことを、ただ書いていただけですが、それがけっこう好評だったのです。

※な~んだ、これって、光の仕事人さんの自慢話じゃないの~。 と思われたでしょうか?
それでもかまいませんよ。自慢ができるって、ある意味幸せなことですから。



★ われを何とも言わば言え ★



なぜそんなに親や子どもたちにサービスをするのか?
サービスしすぎじゃないか
と思っている教師は、少なくはなかったように思います。

そういう人たちは、決して自ら学級通信を書こうとしなかったし、子どもたちと休み時間に遊ぶこともしませんでした。
そして、時々わたしを職員室に戻らせるための、驚くような作戦を考えたりするのでした。

たとえば、放送で「○○先生、今すぐ職員室にお戻りください」とわたしを呼ぶのです。
何かと思って急いで戻ると、「たまには、主任にコーヒーでも淹れてあげてよ」と言うのです。

? ? ?マークがいっぱいでしたね~。

休憩時間に子どもに遊びのサービスをするのではなく、主任にコーヒーのサービスをしなさいというわけです。
教師というのは、この程度の意識レベルでもやっていけるのです。

当時、わたしは同僚のつながり云々よりも、まず何よりも子どもたちを主体に置き、大切にしていました。
ですから、そういうイジメっぽいことをされても、けっこう平気だったのです。
というよりも、学校でやりたいことが多すぎて、また校外でも組合の委員などの仕事があって、つまらない教師同士のことで悩んでいる暇などなかったのです。

一番心が安らいだのは、どの学校へ行っても、管理職たちが陰ながらわたしを応援してくれたことかもしれません。
「一生懸命やっていて、変わり者って言われることはいいことだよ」と。


われを何とも言わば言え
わがなすことは
われのみぞ知る


これは昨年「龍馬伝」の最後のあたりで、福山雅治さんが演じた龍馬が言っていたことばです。(福山さんのセリフは、ちょっと異なっていたかもしれません…)


世の人は
われを何とも言わば言え
わがなすことは
われのみぞ知る


自分のことを、何とでも言いたいヤツは言えばいいさ。
自分がすることは…その意義は…自分だけが知っているのだから…。
20代の頃のわたしは、そんな龍馬のことばを知りませんでしたが、当時、彼と同じことを思いながら勤務していたように思います。


★ 子どもたちの瞳のきらめき ★



わたしが子どもたちと遊ぶ理由はいろいろありました。

授業中では見られない子どもたちの側面を知ることができるからでもあり、いつもイジメられている子どもを入れて、一緒に仲良く遊ぶためでもありました。
そして、何よりも思い切り遊んだあとの「子どもたちのかがやく瞳」を見たかったからかもしれません。

何しろ、休憩時間に楽しく遊んだあとは、子どもたちのつぎの授業での取り組み(姿勢)が全然ちがうのです。
目が生き生きと躍動しているのです。
子どもたちの瞳のきらめきがちがうのです。 

ある日、つぎの授業を始めようと教壇に立ったとき、わたしはひとりの男の子の瞳と出会いました。
わたしを見つめるその瞳は澄みきって、きらきらと星のようなかがやきを放っていました。
そのとき、他の子どもたちも、全員が一斉に、わたしを見つめていることに気づいたのです。
その瞬間、熱いものが胸にどっとこみあげてきたのです。

子どもたちは、こんなに真剣なまなざしを向けて、わたしの声を聞こうとしている!
そのことに、言い知れない感動を覚えたのです。
それは、教育者としてというよりは、人間としての最高の喜びでした。



わたしが子どもたちと遊ぶ理由…。
それは、わたしが子どもたちと一緒にいることに喜びを感じていたからにほかなりません。
今から思うと、わたしはほんとうに大好きなことを仕事にしていたのだと思います。
そして、子どもたちからは、たくさんの愛をもらいました。


彼らはわたしの誕生日を覚えていて、クラス全員が手作りの品やお小遣いで買ったかわいらしい品をプレゼントしてくれました。
その愛のこもった品々は、大きな段ボール箱にあふれるほどだったのです。

日頃、手がつけられないほどのやんちゃ坊主たちが自宅に来て、照れくさそうにプレゼントを置いていったこともありました。
当時、わたしは教師という職にあって、若い多くの魂たちと親密な交流をおこなっていたのです。


★どんなことがあっても、めげずに教師をやっていられたのは、そんな子どもたちに支えられていたからです。




          木と光
                     木の間から射す陽光


まだわたしが大学生の頃、教生で通っていた学校で研究授業を行なった際、5年生のクラスを提供してくださったある先生が、わたしに言われたことばがあります。
それは、今でも忘れられず、なつかしく響いてくるのです。

そのことばは、わたしに大きな勇気と喜びを与えてくれました。
そして、その後教師になってからも、ずっとそのことばの状態を維持することになったのです。

彼はこう言ってくれたのです。

子どもたちが味方だね






最新記事