あなたは信じますか? 目に見えない世界・宇宙人・幽霊・死後の世界・超常現象 

2010年06月23日 13:50


★ あなたは信じますか? ★ 



2009年の8月、わたしは20代の若者を中心に「目に見えない世界」についての信・不信を調査することを思いつきました。
若い人たちが「目に見えない世界」について、どのような反応を示すのかを知りたかったからです。
わたしの次女が自分の知人や友人にアンケート用紙を配ってくれて、幸いにも予定していた合計100人の回答を得ることができました。その結果、大変興味深いことがわかりました。


★つぎに記す数は、100人(男54人 女46人)中何人が「はい」と答えたかを示します。

①あなたは「宇宙人」や「UFO」の存在を信じますか? はい 54人
②あなたは「幽霊」(霊・お化け)の存在を信じますか? はい 67人
③あなたは「死後の世界」を信じますか?        はい 47人
④あなたは「超常現象」を信じますか?         はい 24人
  

                     
これらの質問のうち、②の「幽霊(霊・お化け)の存在を信じますか?」で、「はい」と答えた67人のうち、「実際に見たから」と答えた人が20人いました。
100人のうち20人が「幽霊」を見ているというのは、相当な確率です。

ところが、③の「死後の世界を信じますか?」になると、半数以下です。
幽霊」の存在は信じても、「死後の世界」は信じないという人が、同じく20人いるのです。
行ったことや見たことがないからわからない」というのがその理由です。

これは①や④の質問にも同様のことが言えます。
要するに「自分の目で感じたことや見たことは信じる」が、「見たことがないものは信じられない」という非常に明確な回答であったわけです。

★まさに「自分が認識できない事柄は存在しない」ということですね。

また、「あなたがこの世の中で一番恐いものは何ですか?」という問いに対して「幽霊」と書いた人が数人いました。
ところが、その数人のうち「あなたは「幽霊」(霊・お化け)の存在を信じますか?」という問いに対しては、「いいえ」と答えている人がいるのです。

「幽霊の存在を信じていない」のに「恐い」というところが、面白いですね。
一般の人たちには、自分の肉眼には見えない「正体不明のものに対する恐怖心がある」のです。
見えないがゆえに不安で恐い」わけですから、幽霊でも、見えるほうが逆に恐くないのかもしれません。

★幽霊のような4次元の存在が頻繁に見えるということは、自分が4次元の波動と同通しているということを知っておくことも大切です。
動物霊や意識レベルの低い霊などに憑依されていたり、影響されて見えているケースが圧倒的に多いのです。
そういう場合は、コントロールがききません。嫌でも見えてしまうわけですから。
要するに、霊視ができるからといって、必ずしもその人の意識レベルが高いわけではないということです。
むしろ、意識レベルをもっと高める必要があるでしょう。


ただし、そういう役目を持って生まれていて、生まれつき霊視が可能な人や、修行によってチャクラがひらいて霊視ができるようになった正常波動の人はたくさんいらっしゃいます。
最近は地球のアセンションやフォトン・ベルトの影響などで、人類の意識レベルが高くなりつつある傾向にあり、超能力をひらくことが容易となってきていることもあります。


★「死後の世界」を信じない人が半数以上いるということ。
これはとても大変なことです。


死後の世界は存在しない」と思っている人たちが死んだとき、彼らはいったいどうなると思いますか?
行く先のない「ゴースト」たちは、いつまでも「この世」にとどまることになるのです。
そのためにわたしたちがどのような悪影響を与えられてきたか、それを知っておくことは非常に重要です。
このことについては、またいつか詳しく述べたいと思います。

この100人のうち「精神世界系」の本を読んでいると回答した人は9人でした。
あとの人たちは「目に見えない世界」に関する本を読んだことがないということです。
テレビや人から聞いた話の影響もあるかと思いますが、自分から進んで「目に見えない世界に関連する本」を読む人は非常に少ないということがわかりました。

そこで、わたしは日頃「精神世界系」の本を読まない、特に若い世代の人たちに「見えない世界の実態」を知らせ、「わたしたちの意識はけっして死ぬことはない」ということや、「自分の意識を変えることで、心やからだを癒すこともできる」し、「真の幸福を得ることができる」ということをぜひお伝えしたいと思い立ったのです。


★あなたが「見えない世界の存在」に気づいていくことで、あなたの「内なる次元」はひらかれます。
すると、今まで気づかなかったもの見えてくるのです。

この「見えてくる」ということばは肉眼で見えるという意味ではありません。
心の目がひらけてくるという意味です。

★そして、宇宙とつながっている「あなた自身」を探究し、あなたが何者なのか、その正体を知ったとき、「あなたの意識」は変容するでしょう。


★「見えない世界」を知ると、「あなたの真実」は変わります。
そして、「終わりのない生」を知ったとき、「あなたの生き方」は変わるでしょう。

これまで思い込んできたさまざまなものの「制限をひらく」ことで、
あなたは自由自在の境地を手に入れることができるのです。





最新記事