宇宙創造主のもくろみ その1

2010年12月06日 13:15


今日は「宇宙創造主のもくろみ」についてお話ししたいと思います。
これまで、旧約聖書に記されている神々について触れてきましたが、これからお話しするわたしたちの宇宙を創った生命の源 〈大いなる唯一の意識&意志エネルギー〉は、そのようなちっぽけな人格神などではありません。 
宇宙の創造については、古来より伝えられてきた世界中の神話の内容を参考にすることはできますが、旧約聖書と同様比喩的要素が多すぎてわかりにくく、わたしの魂には響いてきません。

宇宙創造の真相」は、当然のことながら「宇宙創造主」にしかわかりません。
ですから、それを詮索するのはおこがましく、恐れ多いことかもしれません。
しかしながら、わたしたちがこうしてここに生きている目的を知るためには、避けてはいられないテーマでもあると思うのです。
今のところ、わたしは「限界のある人間智」でしか、皆さんに語ることはできませんが、参考としての文献や文面を提供することはできますので、皆さんが「自分の生きている目的」を考える際の参考資料として、お伝えしておきたいと思います。


★ わたしたちの銀河系宇宙創造の目的 ★



わたしたちの銀河宇宙の創造は、何のためにおこなわれたのでしょうか?
プリズム・オブ・リラ」には、つぎのように書かれています。

あらゆる意識とエネルギーは、元々、「大いなるすべて」の一部であった。

「大いなる源」からの分離が起こる以前、「大いなるすべて」は、別な波動で振動する別の次元に存在していた。
統合状態にあった「大いなるすべて」の一部に、「分裂して一時的に統合の状態を忘れたらどうなるだろう」という考えが生まれた。
この思念は次第に広がり、強力なパワーを持つようになった。
実はこの「思念」そのものが、「分裂」を生み出す原動力となった。
さて、いざ「分裂」が始まると、それは「忘却」という幻想を生み出した。
個別意識が自己の内にある神聖な起源に目覚め、再び統合することを思い出すまで、意識にヴェールをかけておくことが、この「忘却」の役目である。

一般に「宇宙の創造」と呼ばれている現象は、実はこの分裂、より正確に言えば「次元の分裂」のことである。
分裂状態とはどのようなものか?」という「大いなるすべて」の好奇心、すなわち波動と焦点が変わることで、この宇宙そのものが創造されたのである。

地球が属する銀河系ファミリーは、この「大いなるすべて」の一部である。
そして、この銀河系ファミリーの一側面が、我々の銀河系宇宙における進化の青写真を創り出した。
 
(リサ・ロイヤル&キース・プリースト共著「 THE PRISM OF LYRA」より)


★ 対立するもの同士は二極化をたどる ★



★「プリズム・オブ・リラ」によりますと、「大いなるすべて」は「分裂状態」を体験したいがために宇宙を創造したということですね。
分離し、対立しあう〈二〉は、新たな結合をして多数を生み出し、それらを分散します。
分散された対立するもの同士は、やがて二極化をたどります。
男と女、あるいはオスとメスは明確に区別され、分離したものとなって、はじめて合一することが可能となり、新たな生命を生み出すことができるようになるわけですね。
別々の固体となる前は、男女両性を具有したひとつの存在だったということです。

★わたしたちの魂(本質)のエネルギーは、もともとは唯一の意識と意志をもった〈大いなる創造エネルギー〉から来ています。
そして、だれもが「本質」という「意識」と「意志」を持っているのです。
 

そのことに関する裏づけが、以前ご紹介した足立育郎氏の著書『波動の法則』にあります。
足立氏は、見えるものにも見えないものにもすべてに「意識」と「意志」があるとし、人間の「意志」は中性子、「意志」は陽子だったと述べておられるのです。   


   中性子=意識=調和
   陽子=意志=愛



つまり、宇宙の存在物すべて(空気、炭酸ガス、窒素、アルゴンなど)に分子があり、原子があり、原子核(中性子&陽子)があり、その原子核の周りを電子が回っているのだから、空気のある空間は、「意識」と「意志」でびっしりと詰まっているというわけですね。
(類似過去記事 宇宙のあらゆるものに「意識」と「意志」が働いている 参照)

★また、過去記事「神秘の世界を究明する―空の正体」の箇所では、「色即是空・空即是色」の「」というのは、「何ものにもなり得る可能性を秘めた回転するエネルギー」なのだというお話をしました。

宇宙の仕組みは、物質が回転運動をしてエネルギーを生み、エネルギーが回転運動をして物質になるという繰り返しで成り立っているわけで、このことから「不可視のエネルギーの渦が、すべての物質をつくる源となっている」ことがわかってきます。
この「不可視のエネルギーの渦」が「宇宙創造主」のエネルギーなのです。

ということで、わたしたちの魂(本質)のエネルギーも、〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉から生まれたことがわかります。
いくらE・Tが地球に来て、人間を創成したのだと言っても、結局のところは同じ源からやってきているわけです。


★わたしたちは宇宙という名のジグソーパズルの断片★



あなたの目の前に、「宇宙のジグソーパズル」を思い浮かべてみてください。
わたしたちの魂は、たとえてみれば「膨大な宇宙図を描くジグソーパズルの断片」のようなものです。
(ジャーメインはよくこのたとえを使いますが、わたしもこのたとえが一番わかりやすくて、好きです)

大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉は、「分裂したい」という強い願望をもち、そのエネルギーを原動力として、初めから完成されていたジグソーパズルをバラバラの状態にしたのです。
でも、どんなに小さな断片に分離されても、わたしたちが〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉であることに変わりはありません。

鏡はどんなに細かく砕け散っても、そのかけらで物を写し出すことができますね。
その小さなかけらで、太陽も月も星も映すことができるのです。
そんな鏡のように、わたしたちは依然として〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉の要素を持ちつづけているということです。

もともと統合された存在であった個々の魂たちは、それゆえに元の状態をなつかしく思い、再び一体となりたいという願望を心のどこかに秘めているわけです。

分裂が起こった後、肉体をまとうようになった断片たちは、さまざまな体験をし、「自己探究する」という使命と役割を果たすために、分裂した状態に留まりました。
そして長い時間この物理次元で生きていくにつれて、元の状態に戻るということを忘れ去っていったのです。

しかし、忘れてしまったといっても、「元の統一された状態に戻りたい」、「全ての断片たちと一体になりたい」という願望は、個々の魂に深く刻み込まれているはずです。
その「元の統一された状態に戻りたいという願望」と、「分裂したままで独自に自己探究しようという意志」が同時に存在していて、それ自体が相反し、分裂しているのです。
分離と結合の葛藤ですね。

★この地球上で、新たな生命を誕生させるためには、男性と女性、オスとメスという二極の存在が不可欠となっていますが、これは、両極の統合の必要性、重要性を、わたしたちに思い起こさせてくれているわけです。光と闇、肉体と精神、物質と霊魂、収縮と拡散、ネガティブとポジティブも同様です。
ここに大いなる「宇宙創造主のもくろみ」が秘められているのだと、わたしは感じています。


★ わたしたちが生まれた意味 ★



自分が宇宙と一体になった状態を「悟った」とか「光明を得た」とかいうのであろうと思いますが、この三次元では、肉体をまとった人間が〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉と一体となることは、とてもむずかしいです。というより、この物理次元では〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉とわざわざ一体となる必要はないと思うのです。

なぜなら、分裂した状態を味わうために、わたしたちは生まれてきているからです。
自分の力で何かを成したいがために生まれてきたのだから、それをこの地球という場所を借りて、素直に実行すればよいのです。

わたしたち個々の魂が独自性をもって試みることは、イコール〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉が試み、表現することでもあるのだから、自信を持ってそれを成し遂げればよいわけですね。
これをしてはいけないとか、あれをしてはいけないという制限などは一切ありません。
何をしてもすべてOKで、許されているはずです。
すべての魂には、自分の意志が自由に行使できるという選択権が与えられているからです。
もちろん、選択した結果には、必ず責任が伴うということが原則です。

ともかく、〈大いなる宇宙の意識&意志エネルギー〉は何でもやってみたいのです。
好奇心旺盛な子どもさながらに、終わりのない遊戯を繰り返しているのです。(つづく)


★ お知らせ ★

今後訪れる読者がわかりやすいように、最近のカテゴリを変更し、更新し直した記事がありますので、お知らせします。
★神VS悪魔(蛇神) ★宇宙創造主のもくろみ

最近は、いろいろと「この世の雑用」が多く、なかなかお便り(ご質問)のお返事ができないことがあります。
また機会があれば取り上げさせていただく内容もあるかと思いますので、その点どうかお許しください。



最新記事