神秘の世界を究明する―「空」の正体 その1(改訂版)

2010年10月13日 11:00


★ 「空(くう)」の正体 ★



今回の内容は、8月5日以降随分長いあいだお休みをしていた「神秘の世界を究明する量子力学」の続編です。
量子力学が解明した「神秘の世界」を、「(しき)」と「(くう)」で説く仏教哲学的見地から考えてみたいと思います。


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o


仏教では、たいてい唱えられている「般若心経」という、とても短い経文がありますね。
そのなかに「色即是空(しきそくぜくう) 空即是色(くうそくぜしき)」と記された箇所があります。

昔から多くの学者さんやお坊さん方がこの説明をなさっていて、本もたくさん出ています。
解釈も十人十色、さまざまです。
真実はその人の意識レベルによって異なる」のですから、みんな違っていて当然なのですが、あまりにも違いすぎると「いったいどれが正しいの?」と困惑してしまいます。
それで、わたしは自分が納得できるわたしなりの解釈を見つけたのです。


★この*「色」や*「空」というのは、いったい何をあらわしているのでしょうか?

*色(しき)はcolorのことではありません。
*空(くう)はskyのことではありません。
「しき」を「いろ」、「くう」を「そら」と読みまちがえないようにしてください。

色(しき)は「物質」をあらわすことばです。
空(くう)を翻訳することは困難です。
空(くう)は「kuu」としか言い表せないからです。
日本語を外国語に翻訳するときに、訳し方をまちがえると、意味を正しく理解することはできませんから、要注意です。

★では、「般若心経」の「色即是空 空即是色」に繰り返し出てくる(しき)(くう)の正体を観てみましょう。
すでに自分なりの解釈ができている人も、新たな感覚で考えてみてください。



sea



☆ 波と海のたとえ ☆



わたしが今住んでいる家から10分ほど歩くと、浜辺に出ます。
晴れた日には雄大な山が一望でき、その下方には日本海が広がって見えます。
潮風に吹かれ、波打ち際に立って、寄せては返す波の音を聞きながら、広大な海を眺めているとき、日常生活の諸々はすっかり忘れ去られます。
すがすがしい至福のひとときです。

ここで、ちょっと哲学的な思索をしてみたいと思います。

わたしは大海原を目の前にして立っています。
波が寄せては返しています。
さて、わたしが見ているのは「海」なのでしょうか? 
それとも「波」なのでしょうか?
この実体(事物の本体)は、いったい何なのでしょうか?


  波2

よく考えると、今わたしが見ているのは、どうやら「波」のほうだということがわかります。

波は穏やかなときもあれば、激しいときもあり、波の高低は風によって常に変化していて、同じ波を見ることは二度とありません。
「寄せては返す」という現象はけっして絶えることがありませんが、つぎつぎと寄せてくる波は、前の波とはまったく異なっており、生まれては死んでいきます。


ゆく河の流れは絶えずして、
しかももとの水のあらず。

よどみに浮かぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。


鴨長明(かものちょうめい)著「方丈記(ほうじょうき)」の冒頭のことばが思い起こされますね。
これを仏教的なことばで表現すると、「諸行無常(しょぎょうむじょう)」となります。

そこで、わたしは思います。
「波って、海があってこそ存在できるんだよね。波だけが独自に存在しているわけではないってこと。海がなかったら、波が立つことなんて、ありえないのだから…」

波は、海を離れてはけっして存在することができません。
また、海のほうも、波を離れては存在することができません。
両者は表裏一体です。
すなわち、「波=海」で「海=波」であるわけですね。

でも、それだけではもうひとつ納得がいきません。
「波はほんとうに海とイコールなの?」という疑問が残るのです。


波1

そこで、さらに波を見つめていると、やがてわたしの脳裏に「波」と「海」が決定的に異なる点が思い浮かんできます。

それは、波は「仮相」で、海は「実体」だという点です。
「実体」というのは「不変の本質的存在」のことです。

波は現実の世界と同様、常に消滅を繰り返して変化します。
つまり、生まれたらすぐに死ぬものであるということを意味しているわけですね。

でも、海が常に消滅を繰り返すことはありません。

波は『無限の海』の表面に生じる『有限の仮相の現象』です。
今よく使われている「バーチャル・リアリティ」ということですね。
つまり、「海という実体」がバックにあるからこそ、「波という仮相の現象」が現れてくるということです。



★色(しき)と空(くう)の関係は、波と海の関係と同じ です。

波即是海 海即是波」の「波を色」、
海を空」ということばに置き換えてみると、
色即是空 空即是色」となります。
色⇔空

★今度は、「色」を目に見えるあらゆる「物質」、
「空」を目に見えない「エネルギーの渦」ということばに置き換えてみましょう。

そうすると、「物質即是エネルギーの渦 エネルギーの渦即是物質」となりますね。
物質⇔エネルギーの渦


「物質」は、形のない不可視の「エネルギーの渦」から生まれ、
「エネルギーの渦」から生まれた「物質」もやがては壊れて、
また形のない不可視の「エネルギーの渦」に戻っていくということです。 

これを「マクロはミクロから生じる」と言い換えてもよいかと思います。

★目に見えるマクロの世界=仮相
★目に見えないミクロの世界=実相



わたしたちの目に見えないものこそが「ほんもの」であり、
「実在する」ということなのです。
      (つづく)






最新記事