FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サタンとの対話 ~悟りとは、良心とは、何ぞや?~

2018年04月06日 17:24


皆さん、お元気ですか?
長く続いていた陽気が去り、毎日わたしの目を楽しませてくれた部屋の前の桜花も散り、雨の匂いが立ち込めています。
随分ご無沙汰しておりましたが、ようやく記事を書く時間ができました。
今回は、数えきれないほどチャネリングを通して共に作業をしたサタンとの対話をお送りします。
一人一人の心に響き、今後の参考になることができれば、幸いです。



さくらアート1


◆Masako先生とサタンとの対話


日時:2018年3月26日
チャネラー:RIKA
聞き手:Masako先生
録音起こし:RIKA
編集・監修:Masako先生


チャネリングの妨害をしてきた存在がヒマラヤのひずみにいることが判明したので、Masako先生とサタンをはじめとする存在がそのひずみを開け、中にいる存在たちを出しくださったところ、わたし(RIKA)や光のコースで学んでいる方たちの過去生もそのひずみにいたことが分かりました。そのひずみにいた者に対してMasako先生とサタンとが教え諭してくださった内容を以下に記します。サタンが「消滅」となった存在たちを消滅させたあとから録音起こしをしました。


〜悟ることについて〜


サタン:あとはどうする? 地獄界? (消滅させるまでに至らない者に対しては、いつも気づきを与えて地獄界に送っている)
Masako先生:あとはどうしましょう。この者たちは「地獄界」なんですけど、今気づくチャンスなんですけどね。例えばこの肉体(チャネルのこと)の過去生なんか30体もいますけど、何も気づいていないんでしょうかね。この人たち、どこに行くの?
サタン:今見ていてハッと思ったらしいよ。「執着」は抜けたんじゃない?
Masako先生:でも、(行先は)まだ「執着悪想念地獄」になっているんですけど。
サタン:(笑)
Masako先生:まだです。
サタン:極まってないのか。
Masako先生:何に執着しているの?
サタン:悟りたいんだ、やっぱり。悟りたいって執着している時点で悟れないんだよ。
Masako先生:今ちょうど良いじゃないですか、サタン。試すのに。
サタン:うん。
Masako先生:(笑)試すまでいかないけど。
サタン:(笑)いかないね、全然。
Masako先生:教え諭すしかないんじゃないですか?(笑)
サタン:(彼らに向かって)悟りに至れる状態じゃないっていうことにまだ気づかないの? そんなところにいて。「そういえばそうだ」と言っているね。
Masako先生:(笑)
サタン:まず、悟りどころじゃないでしょう。だって地獄界にいるんだよ。あなたがもし地獄に行くとしたらそこ(「執着悪想念地獄」)だよ。まだ霊界にすらいけないレベルで何が「悟りたい」なの?
Masako先生:だいたいひずみにいる時点でおかしい。
サタン:「あ、バカでした」って言ってる。無知無能?
Masako先生:そうですね、はい。この者たち、ひずみの中で修行に励んでいたんですか?
サタン:死んだことに気づいていなかったんじゃないかという気がするけど。
Masako先生:(彼らに向かって)死んだことに気づいていた人、手を挙げて。
サタン:うん、挙げてない。
Masako先生:みんな気づいていないんですか? ダメだ、そりゃ。
サタン:何が修行だと思うよね、そうすると。
Masako先生:うーん。まあ一般人でも死んだことくらい知っていますよ、なんて無知なんでしょう。
サタン:(笑)すごく恥ずかしくなっている。(笑)良かったね、恥の概念が残っていてね。それがないと学びができないから。
Masako先生:他の者たちも同じなんですか? 死んだことに気づいていない?
サタン:今気づいたみたい。なんだろう、執着が残っていると気づきにくいのかな、死んだということに。
Masako先生:そうでしょうね。そっちに引っ張られて執着しているから。その時点で全然だめだよ、皆。だって執着を放してこそ悟りに至れるんだから。
サタン:あ、何か今気づかせてもらったと言って泣いているよ。何でそんなに悟りたかったかということを掘り下げたらわかるんじゃないかと思うけど。

~悟りの概念~


Masako先生:「悟り」って何だと思っているんですか、この者たちは。悟りの概念があるのでしょう?
サタン:うん。「輪廻の輪から外れること、生まれ変わらずにすむということ」。頭でわかっているのはそれみたいだけど。
Masako先生:もう生まれ変われないよね、そこにいたら。
サタン:ある意味、だからそれが叶った。(笑)
Masako先生:(笑)確かに。
サタン:「悟ることこそが生きる目的だと思っていた」って言ってる。その時点でちょっとずれているんだけどね。
Masako先生:だいたい何で地球界に来たのか考えてごらんよ。これは地球界にいた人ばかりでしょう? 異星人はいないでしょう? ここにいた人たちは人間でしょう? 皆悟りに来たの?
サタン:あれじゃない、何か変な銀河があったじゃない、「悟ることこそが目的」という。そこから来ているんじゃないかという気がするけど。
Masako先生:いや、違うでしょう。
サタン:じゃあ、そこから来た人の影響を受けているのかも。
Masako先生:あ、だからブッダでしょう? ゴータマ・シッダールタがそういう考え方だから。仏教系でしょう、この人たち。だからじゃないですか?
サタン:うん、そう。
Masako先生:あの人ね、ゴータマさん、実は悟っていないから。まだ何か執着しているからね。(ゴータマは「悟ること」に今もなお執着している)
サタン:動揺してる。
Masako先生:そんな人に従ってどうするの? 従うと言うか、自分もその道に続きたいと思っているわけでしょう? 違うんだよ。地球界で自分らしく生きればいいの。自分の課題をクリアして。自分の過去生もろくに解放できなくてよ、何やっているの?
サタン:何か今抜けた者がいるよ。
Masako先生:そうですか。課題もできなくて何が悟りよ。抜けた? 誰が抜けたんだろう。あ、RIKAさんの過去生ですね。後はダメ。
サタン:何で抜けたんだろう。
Masako先生:全員抜けている? RIKA30体ですね。解ったんじゃないですか?
サタン:じゃあ、教えてあげて、一緒に連れて行ってよ。
Masako先生:教えることまではできないですけど、ただ自分で気づいた。
サタン:じゃあ、その気づきを共有すれば良いんじゃないの?
Masako先生:そうですね。後の者は「無知無能地獄」になっていますね。
サタン:うん、「何か自分の学びをするために来たんだって気づいたら抜けられたんだ」って言っている。
Masako先生:そうですよ。
サタン:「人の学び、要はブッダの教えを極めることではなくて、自分の課題、それをすれば良かったんだって解った」って。
Masako先生:そうですよ、基本的なことです。で、それを知らなかった? 自分の過去生すらあることを知らなかった者もいるんじゃないですか?
サタン:輪廻の概念はあったんでしょう? だから輪廻の輪から外れたかったんでしょう?
Masako先生:過去生たちが地獄界やらひずみにいるのにね、自分だけ外れるというわけにはいかないのよ。自分はその全員を背負っているのだから。「自分だけ」というのがよくないんですよね。
サタン:何か、あ、誰だろう、これ。Rが上がった。
Masako先生:Rが上がった? 45体とも?
サタン:うん、もうちょっとだね。うん、今(45体)抜けた。
Masako先生:はい。
サタン:KとAがどうかな。
Masako先生:やっぱりね、どういったらいいんでしょう。まだね、子どもなんですよ、この人たち。
サタン:そうだね、もう少しまだ学びが必要な感じがある。
Masako先生:だから子どもなのに悟ろうと思っていること自体がね、どうかなって思う。(笑)
サタン:(笑)
Masako先生:そんなこと(悟ること)は考えないで、地球界で自分らしくやりたいことをやって体験することが大事なんです。体験もしないでね、だいたいKなんて体験しようともしないんですよ、自分を守ってばっかりで。で、人間関係が下手なんだからもっと人間と接するようにしなさい。それが学びなの。それもできていないで何を悟ろうと思っているの。悟った後は世間にまた戻って人々と接することなんだよ。いろんな人と調和することが一番なのに、あなたはそれから逃げようとしているでしょう? そんなひずみに入って修行ばかりして。
サタン:(笑)泣くだけで何も言わない。
Masako先生:ほんとうにね、何と言ったらいいのか。それで自分は特別だと思っているんですよ。そこね。執着している。自分のことに。まだ気づかない?
サタン:まだだね。
Masako先生:気づかないな。「無知無能地獄」に行きますか?
サタン:そうだね、そのほうが良いね。まだ勉強しないとダメだ。
Masako先生:(笑)そうですね、じゃあ後のまともになった人は…Aもダメですね。Aも「無知無能」のままだし。あと残っている人います?
サタン:いや、そんなもんだね。母親は消滅のほうに行っちゃっている感じがあるし。
Masako先生:じゃあその人たちは「無知無能地獄」。
サタン:はい。(サタンの部下に)じゃあ連れて行って。ちょっと(地獄界にある)学校でビシバシやって。
Masako先生:その他の人って、(わたしの)知らない人でしょうね?
サタン:あなたがこれから出会う人の過去生だと思うけどね。
Masako先生:そんな人もいるんですか?
サタン:うん、軽くなってからやっと出会えるんじゃない?
Masako先生:その人たち、「愛の欠如地獄」ですね。悟りたいという気持ちはわからないでもないけどね。今までいろんな人に言っていることから気づかないのかな。もしかしたら、その輪廻から外れたいというのがあるんでしょう。皆嫌なんじゃないですか。生まれては死ぬ、それが嫌だから、そこから外れてニルヴァーナに入りたいという。
サタン:うん。
Masako先生:ということは、このゲームに参加したくないということでしょう、ある意味。それはどうかなと思うよ。まあ参加したくない気持ちは分かるけど(笑)。「参加したくない」じゃなくて、参加しなきゃ。やっぱり体験なんだよね。体験して、嫌なことやいろんなことを体験して。そうしたら、それなりに悟れるから、地球界で。そんな修行しなくても、日常でね。(彼らに向かって)何か代表でしゃべれるような人、いません?
サタン:誰かいる?
Masako先生:目的は何なの、これ? もう生まれたくないということなの?
サタン:うん。現に生まれていないけどね、ここにいる限りは。
Masako先生:その理由は何かちょっと聞いてみてください。
サタン:ブッダのパクリにしか聞こえないんだけど、「人生は苦しいからもういい」って言っている。
Masako先生:それ、自分で苦しくしているだけでしょう?
サタン:人生は苦しいと思っていれば当然苦しくなるよ。
Masako先生:観念ですね、もう。観念にがんじがらめになっていますね。
サタン:そう。ブッダが言った教えがそうだから、そうだと信じているんでしょう? そうじゃなくて自分で自分の頭で、自分の感覚を信じて感じてみたら? ほんとうに苦しかっただけなの、人生って? そうでもないでしょう? うん、「あれ?」って顔になって来た。
Masako先生:そうでしょう。
サタン:今ちょうど(地獄界と霊界の)境目の辺りにいるね。

~ゴータマ・シッダールタの観念~

Masako先生:苦しかったら楽しくすれば良いじゃない? 何でできないの、それ。
サタン:苦しいものだって思い込んでいるからそうなっちゃうんだよね。やっぱり観念でしょう。
Masako先生:ブッダがその観念を植え付けたんですね、多くの人に。
サタン:結果的にそういうことになるね。
Masako先生:だって「生老病死、四苦八苦」とかね、苦しいことばかり言っているじゃない。
サタン:それを真に受けている。
Masako先生:それを全部「生まれることは楽しい」とかそういうふうに変えたらいいじゃない。生きることも楽しい、死ぬこともまた楽しい。
サタン:あ、今ちょっと変わったね。
Masako先生:あの人(ゴータマ・シッダールタのこと)はネガティブを極めた人だからね。言っておいてあげる、それ。皆、聞きなさい。あれはネガティブな悟りだよ、ある意味。
サタン:そうだよね、積極的な悟りじゃないよね。
Masako先生:そう、で動きが全然ない。じっと座って瞑想するでしょう? あんなのね、身体が苦しいだけですよ、動きたくてたまらなくなりますよ。静止状態の人ですよね。ほんとうに動きがない。
サタン:ちょっと上がって行った者がいるね。
Masako先生:そうですか。いいですか、ブッダはダンスができないんだよ。ダンスしているブッダはイメージできないでしょう?
サタン:確かに。
Masako先生:ダンスをするということは、楽しんで、身体を動かして。(物理次元では)肉体があるんだからね。そんなの、あなたたちがいたひずみの中で、肉体がなくてもできるでしょう? 肉体があるということは動きなさいということだからね、動かないでどうするの? 何か生まれたくなって来た、また?
サタン:うん、変わって来た。そうだよ、体験しなさい、もっと。
Masako先生:肉体がないとできないこといっぱいあるから。霊体だけでは感じられないことってあるからね。
サタン:今やっとわかったみたい。
Masako先生:じゃあ霊界に行かないとダメだよ。生まれられないから。どうですかね、気づきましたか、大分?
サタン:うん、どんどん上がってる。
Masako先生:はいはい、どんどん行ってます。光のコースに行ける人が出てきましたよ。
サタン:よかったじゃない。はい、どんどん行って。
Masako先生:光のコースに行って学んだら、またこっちに戻ってくるんだよ。
サタン:それも早めに戻っておいで。自分の肉体に戻ってもっと学びなさい。
Masako先生:1万体くらい、もう霊界に行っていますよ。
サタン:ああ、よかったね。
Masako先生:はい。後の人は? 残った人はどれくらい? 残り、少しいるでしょう? 皆行きました? もういませんか?
サタン:行ったと思うけど。
Masako先生:いないんですね? ああ、よかったです。
サタン:さすがに修行していただけあって響くね。
Masako先生:じゃあKやAよりも察しがいいじゃないですか。
サタン:そうね。
Masako先生:良かったです、今日はここを開けて。ありがとうございました、ほんとうに。
サタン:はい、じゃあお疲れさま。またね。
Masako先生:はい、失礼いたします。


<チャネリングの感想—RIKA>
チャネリングの途中から過去生回帰をして頂きましたが、とても腑に落ちる内容でした。このひずみにいたわたしの過去生はブッダの課題を生きようとしていました。仏教徒はブッダの課題を、キリスト教徒はイエスの課題を生きようとしているのだと思います。自分の課題をするために生まれて来たのだというとても基本的でシンプルなことを分かっていなかったのだと思いました。

わたしは現世でも過去生でも常にお手本を求めていて、そのお手本を目指して生きていたように思うのですが、お手本を間違えて悪の道に走った過去生がたくさんいたこともありました。誰かの模倣や追随をせず、自分にしか生きられない人生を歩む必要がありました。
Masako先生とサタンがおっしゃっていたことはどれもとてもシンプルな言葉でしたが、いろいろと学びが詰まっていました。ありがとうございました。
RIKA




さくらのアート2


◆Masakoからの伝言


~「悟りたい」という愚かな観念~


ヒマラヤのひずみには、「悟りたい」願望の者たちが大勢いました。「悟り」とは何かが真にわからないまま、「悟りたい」だの「悟ろう」だの思っている連中でした。計3万体のうち、結局1万体が消滅しています。「悟り」とはまるで程遠い魂ばかりでした。

昨日もサタンとひずみのお掃除をしたときに、契約者に「良心」を売り渡した過去生が多く出てきました。「良心」をもらっているのは、わたし(Masako)を散々攻撃してきた男女の過去生たちであり、(悪霊化した魔女などの人生を通して多くの者を騙してきた)非常に質の悪い存在たちでした。その男女の過去生と何らかの契約を交わしている者たち(個々人の過去生と分霊)が今も後を絶ちません。
たいてい気づきを与えると改心して「契約を破棄したい」と言ってくるのですが、なかには契約を解除し、それがなくなっても、良心を取り戻せない者もいます。

良心を取り戻せない者たち~

良心を取り戻せない者は、最終的には消滅させます。なぜなら、良心というのは、人間にとってもっとも大切な中核となるものだからです。基本的に良心がなければ、進化成長することができません。永遠に進化成長を遂げられないというのは、霊体として生きていても意味がないのです。
ところが良心を売り渡した者や子供の頃に無くしてしまった者は、良心というものの価値が端から理解できていないので、取り戻したいという気持ちさえ芽生えないのです。

「消滅したくない理由は?」と訊くと、たいてい「生きたい」と言います。では、「なぜ生きたいのか?」と訊くと、なかには「あまりにもバカだったからもっと勉強してやり直したい」という者がいました。
良心を取り戻すこともしないで勉強して何になるのか? と思いますね。「勉強」というのは頭に詰め込む情報にすぎません。霊体にとって軸になる最も大切なもの(善悪の判断)がなく、何も理解判断できないままの状態で勉強しても、わからないままですね。

これまでにサタンが消滅させても、なかなか消滅しない者たちがけっこういました。光を攻撃していた連中はたいていしぶとく残っていました。調べると「消滅しない」という装置が霊体に埋め込まれていたりします。消滅させられたくないので、さらに霊能のある誰かとそのような契約をして、埋め込んでもらったのでしょうが、非常に愚かで無駄な契約です。
「自分の仲間にして面倒をみてあげる」という代わりに「相手の良心をもらう」といった契約を交わし、悪行を何千回と繰り返してこの宇宙のルール違反をしておきながら「消滅しない」ということはあり得ませんし、それはただの思い込みに過ぎません。サタンやわたしが消滅させられないものはないのです。現にどんなに頑張ってみても、サタンとわたしとの協力で消滅しなかった者は、誰一人いません。

~良心とは何?~

良心を売り渡した者たちに「良心とは何?」と訊くと、皆答えることができません。
読者の中にも、「良心とは何ぞや?」と、よくわからない人がおられるのではないでしょうか?
簡単に言えば、「自分をも他者をも大切にする心」と申し上げておきましょう。
そこには「愛」がいっぱい詰まっています。愛が人間の中心軸です。
そこに照らし合わせれば、おのずから自分が成す行為、自分のあるべきよう(あるべき姿)が解ってきます。
「良心なしの極悪地獄」に堕ちる人は、自分にも他者にも愛が一かけらもない人であるということです。

皆さん、愛ある人となってください。
そして、いつも良心に照らし合わせた行動をしてください。

2018年4月6日
Masako


スポンサーサイト

認められたがりやさんの心理

2018年04月15日 11:15


認められたがりやさんの心理



<「承認欲求」について Masako先生とサタンの対話>

4月7日、わたし(RIKA)に対する霊的な攻撃や妨害があり、その対応のためにサタンに来て頂きました。その攻撃や妨害には数名の人物の過去生が関与しており、その存在たちがいるひずみがあることが分かったので、Masako先生とサタンが対応をしてくださったのですが、その中で、ある人物の過去生が他者に褒めてほしくてしていたことがMasako先生やわたしに対する攻撃につながっていたことから、承認欲求の強さが悪用されることに気づかせたほうが良いとサタンがおっしゃったことがありました。その部分も含め、過去のチャネリングやわたし自身の過去生回帰からMasako先生とサタンのお話から承認欲求について述べられている箇所の録音起こしをしました。


黄色のチューリップ


日時:2018年4月7日
チャネラー:RIKA
聞き手:Masako先生
録音起こし:RIKA
編集・監修:Masako先生


攻撃をしていた存在たちのひずみのお掃除の際の対話から。

Masako先生:(この者は)良心を売って(契約の相手から)何をもらったんですか?
サタン:「たくさん褒めてもらった」って。
Masako先生:ああ、やっぱりね。いっぱい褒めてもらいたいんですよ、この子。そうだと思いましたもん。褒めてほしいために良心を売って何になるのかね。ほんとうに馬鹿者だわ、これ。
(略)
サタン:承認欲求がこれだけ強いと(その弱みが)悪用されるということに気づかせたほうがいいんじゃないの?
Masako先生:そうですね、皆それですね。
サタン:そうでしょう?
Masako先生:そうですよ、認めてもらえるなら何でもするということでしょう?
サタン:そう。
Masako先生:そこですよね。だから嘘でも褒めてあげさえすれば、ご機嫌になってやるわけです。もう単純なんだから。
サタン:まあでもそこに引っかかっている人間ってものすごく多いんじゃないの?
Masako先生:ほとんどそうなんじゃないですか?
サタン:そうでしょう。
Masako先生:褒めてもらいたいという気持ちが、わたしには分からないんですよね。別にいいよと思いますけど。
サタン:まあそれはあなただからでしょう(笑)
Masako先生:自分で褒めておけばいいのに(笑)
(略)

★Masakoの言葉:自分で自分を認めていれば、わざわざ他者から認められたいという願望は湧かないはずである。自分で自分を認められないから、他者に認められることで、自分の存在価値を見いだそうとするのである。
自分でさえ認められない自分を大いに認めてくれる人が現れる…そこに大きな落とし穴があることを知らなければならない。
承認欲求の強い人」はたいてい「寂しがりや」である。他人から必要とされず、「別にいなくてもよい人間」と感じる恐怖感を何とか回避させたいと望んでいる。自分を見てほしいし、褒められたい。自分の存在価値を他者によって見いだそうとするのは、その人にとって大きな弱みでもある。その弱みに必ずつけ込む悪質の者がいることを胆に銘じてほしい。


日時:2018年3月25日
チャネラー:RIKA
聞き手:Masako先生
録音起こし:RIKA

わたし(RIKA)にヘビ星人の過去生があり、攻撃の首謀者との契約があったことから過去生回帰をしていただいた際の録音を一部起こしました。わたしの過去生はその星や仲間のためであれば自分の肉体(現世のわたしの肉体を含む)を使っても良い、その代わりに勲章・称号・名誉をもらうという契約をしていました。その契約の解除等のサポートのため、サタンに来て頂きました。わたしの過去生は首から下げていた勲章を外し、契約を解除するためにももう勲章は要らないと契約の相手であったヘビ星人の王様にその勲章を投げつけるところから録音起こしをしました。

サタン:「もうこんなもの(勲章)要らん」って投げつけてる。(笑)
Masako先生:何でこんなものを欲しがったんでしょうね?
サタン:そういう社会だったんでしょう、社会の構造というか。
Masako先生:まあ支配の構造ですよね、これが。
サタン:支配しやすいもんね、そういうもので釣ると。地球もだいぶ影響を受けているよね、こういうところ。悪しき影響をね。
(略)
Masako先生:(RIKAと他の人の過去生について)皆「カン違い」(今行くのなら「カン違い地獄」ですという意味)に今いるんですけど、もうちょっと気づきがほしいんです。
サタン:そうだよね。(RIKAと他の人の過去生に対して)人生の目的をカン違いしていませんでしたか? 
(略)
Masako先生:この肉体の過去生さん(チャネラーのこと)はどうですか? もうちょっと気づきがほしいですね。
サタン:うん、勲章をもらったり、他者に認めてもらうことが人生の生き甲斐だと思っていたんだって。でも今「あれ?」って思っている、そんな感じ。もう少しだね。
Masako先生:何が「あれ?」なのかね。
サタン:何かが違ったとは思っているみたいなんだけど、それが何かまだ分かっていないね。
Masako先生:勲章をもらったのは、このRIKAさんの過去生は3個ぐらいだと言っていたんですけど、その勲章をもらって人にうらやましがられてすごく幸せだったの?
サタン:うん、「幸せだったときもあったけど、すぐに次の勲章をもらわなくてはいけないと思って結局同じところをグルグル回っていた」って。要は満たされていないんだよね。「常に新しい他の勲章をもらわなきゃと常に競争の中にいた」って。「だから心が休まる暇は無く、今思えば幸せじゃなかった」って。
Masako先生:でしょうね。だいぶ分かったじゃない。はい、「無知無能」になりました。やっぱり生まれたときからそういう社会の中で生きていると違う発想が生まれないんでしょうね。例えば、「自分は勲章なんて要らないよ、勲章なんて嫌だし、独り静かに穏やかに暮らしたい」というヘビ星人はいないんですか?
サタン:いるかもしれないけれど、そういう者とは付き合いがなかったんじゃない?
Masako先生:そういうのは多分虐げられていたんじゃない? 村八分にされていたりとか。
サタン:そうだね、バカにされたり阻害されたりね。あ、「自分がずっとバカにしていた存在のほうが実は分かっていたんだって気づいた」って今言っている。
Masako先生:ああ、良かったです。もう抜けたんじゃないです? もう地獄界に行かなくてすみそうですよ。
サタン:ああ、良かったね。
(略)

日時:2018年4月9日
チャネラー:RIKA
聞き手:Masako先生
録音起こし:RIKA

以下はある人の過去生回帰の際のMasako先生とサタンとの対話の一部です。わたし(RIKA)の過去生も出て来ました。

Masako先生:この人たちまだ承認欲求があると思うんです。その辺りについて聞いてください。
サタン:うん、「まだ褒めてもらいたいという気持ちがある」ってよ。
Masako先生:相手がどんな人でもよいの?
サタン:「それは違う」って。
Masako先生:でもひどい人だったんだよ、この人(攻撃の首謀者の過去生)。見せかけに騙されちゃうんだよね。それは、褒めると機嫌良く従ってくれるからなんだよね。そこにつけ込まれているの。違う、皆? この者(攻撃の首謀者の過去生)は今どのような姿になっているんですか? 
サタン:霊能者だと思う。
Masako先生:どうしましょう、(承認欲求のある者に対して)「カン違い」のまま地獄界に行かせますか? もうちょっと気づけばいいんですけどね。
サタン:この霊能者に対する執着はもう感じないんだけど、でも褒められたいという気持ちはまだあるよ。
Masako先生:でも「褒められて嬉しい」で終わりでしょう、普通。何かそれで成長するの?
サタン:うん、「もっと褒めてもらいたいからもっとがんばる」って。
Masako先生:だから目的がおかしいんだよ。褒めてもらったり、認められるためにがんばるんじゃなくて、自分が一生懸命やっていることで、「認められること」は後からついてくるんだよ。褒められるためにやっていると褒められなくなったらやらなくなるでしょう? そうじゃなくて自分がやりたいことを一生懸命にやるの。その後で不特定多数の人が「がんばっているね」って思ってくれる。でもそんなことは関係ないのよ。自分で納得さえすれば絶対満足感はあるから。それをやっていないからでしょう? あのね、目的の持ち方が間違っている。認めてもらうためにはやりたくないこともやってきたでしょう? 自分の意に反することもやっているはずだよ。やっていないですか、一回も? これをしたら認めてもらえるんだって、たやすく安請け合いしているでしょう? それがどういう目的で使われているか、例えばわたしへの攻撃になっているとか分かっていないでしょう? 全てわたしへの嫌がらせなんだよ。
サタン:うーん。何かピンと来ていないんだよね。
Masako先生:来ないでしょう、この人たち来ないんですよ。何か回路が違うんじゃないかと思うんですけど。
サタン:他の者のほうが気づいて上がっている感じがあるんだけど。
Masako先生:ああ、そうですか。要するに自分が褒められることだけで良いんですよ。後の人が困ろうがどうしようが、自分のやったことで迷惑をかけているにしても関係ないんですよね。そこは見ていない。褒められたら満足。非常に単純、単細胞ですね。
サタン:自分のことしか見えていないんだよ。非常に自己中心的。
Masako先生:そうです。
サタン:それが自分のやったことで周りにどのような影響を及ぼしているかとか、そういうことは考えていないね。
Masako先生:そうです。どうしましょうね、これではほんとうに進化はしません。
(略)

★Masakoの言葉:承認欲求が強い人は相手の話を熱心に聞かないくせに自分は話したがり、同意ばかり求める傾向にある。相手のことや相手の気持ちなどは一切考えない。頭の中は自分のことばかり。自分に目が向いてほしいことだけで、周囲に迷惑をかけていることなどには着目しない。そして、矛先が自分に向けられると、すぐに誰かのせいにする。自分では責任を取ろうとせずに、相手にばかり責任を負わせようとする傾向にある。非常に自己中心の自己奉仕型である。

サタン:自分で自分を褒めなよ、それじゃ足りないの?
Masako先生:自分を褒めることができないんでしょう? だから人を頼りにしているんじゃないですか?
サタン:自分で自分を褒めることをやってごらんよ。やったことないんでしょう?
Masako先生:多分ね、褒められないんですよ。
サタン:どうして?
Masako先生:褒められる自分じゃないということを知っているんですよ。
サタン:(ある人の過去生に対して)どうして褒められないの? 「自分のことを好きじゃないから」って言ってる。どうして自分のことを好きになれないの? 泣き始めちゃった。「可愛くないし友だちはいないし、こんな自分は嫌い」だって。
Masako先生:それなのに褒めてもらいたいのは間違っているね。そういう自分を知っていて、褒めてくれる人は嘘つきだって分からないの?
サタン:「嘘でも良いから褒められたかったんだ」って。
Masako先生:そういうところありますけどね。見え見えのね…。
サタン:でもそういうことをずっと続けていると…あなた、裸の王様になりたいの? ああ、今やっと気づいたよ。
Masako先生:そうですか。「無知無能」まで行きました。
サタン:ああ、良かったじゃない。
Masako先生:まあ無知だよね。
サタン:裸の王様って効くんだね。(笑)
(略)
Masako先生:肉体さん(RIKA)の過去生は「カン違い」止まり。
サタン:あれ、さっき抜けていなかった?
Masako先生:残っている人がいるみたいですけど、何人いるんだろう。5人。
サタン:あなたたち、裸の王様でいたいんですか? それは嫌だって慌てている(笑)
Masako先生:慌てて服を着た?(笑) 今は「独りよがり」、もうちょっとですね。
サタン:何やってるの、そんなところで。やっぱり褒めてほしかったの? 今の話、ずっと聞いていたでしょう? 自分のことを好きになるところから始めないと意味がないでしょう。「とりあえずそこからがんばってみる」って。
Masako先生:じゃあ「独りよがり」で良いんですか? 今「独りよがり・身勝手」になっていますけど。もうちょいですけどね。「独りよがり」は良くないでしょう?
サタン:良くないよ。「自分で自分を褒めるのは独りよがりなんじゃないかという気がして、そこから先に進みにくい」と言っている。
Masako先生:(笑)ありがちなことですね。それはね、分からないでもないんですよ。勝手に自分を良いと思い込んでいる人いますよね。そうではないんだけど。ほんとうに自分のことが好きというのとは違うんだけどな。何でも自分のやりたい放題やって良いのかとか、そういうのはほんとうに自分のことが愛しているわけではないのよね。
サタン:中心に愛があるかどうかなんだよね。行動の動機とか目的とかに。そうすれば自ずと分かってくるんだけど。
Masako先生:はい。
サタン:ああ、今変わったよ。
Masako先生:はい、「愛の欠如」に変わりました。
サタン:じゃあそこで勉強する?
Masako先生:そうですね。では5体は地獄界の「愛の欠如」で。
(略)


パンジーとチューリップ


過去生回帰が終わって、Masako先生との会話で。

RIKA:わたしの過去生にも承認欲求があって、(霊能者であった存在に)褒めてもらえたのが嬉しかったんじゃないのかなと思いました。
Masako先生:認められたがり屋さんね。
RIKA:その認めてほしい、褒めてほしいということが目的になっているからおかしな方向に行くのであって、自分がやりたいことをやった結果としてそれがついてきたら良かったねというそれだけなんだろうなと思うんですけど、まあしかし自分の人生を振り返っても、ずっと承認欲求があったなと…。
Masako先生:あのね、自分がやったことを自分で認めて、それで良いよと(相手が)認めてくれたら、それはそれで嬉しいというのは普通なんだけど、それすらも求めない、気にしない。まあ(相手が)すごく言って来ても、「ああそうですか」と自分が満足していたらそれでいいのよ。
RIKA:それが多分、自分の満足というのが分からなくなってしまうくらい承認欲求がずっと強かったんだと思います。
Masako先生:作陶をする人で、皆が「すごいですね」と言っても、自分が気に入らなければ、それをバリバリに割るじゃない。それなんだよね。誰が認めようと自分が認めていないんだから好きにさせてよと、バリンと割る。それがほんとうなんだよ。ほかの人が認めようが関係ないもの。自分がひどい物を創っていると分かっているのに皆に認めてほしいって何なのそれ。誰が主体なんですかって。認めてもらうことで自分の存在感を感じているわけでしょう? 「自分はいない」のと一緒だよね。お人形さんですかって。
RIKA:おっしゃるとおりで、多分無価値感があるから承認欲求があるのだと思うんですけど。
Masako先生:そうよ。だから芸術家の気持ちが分かっていればね、承認欲求のある人なんて、真の芸術家になんてなれないよ。それ(承認)を目的にしてるとしたらね。
レオナルド・ダ・ヴィンチはね、聖母マリアの頭の上に輪っかを描かなかったのよ。どうしても描きたくなかったらしい。それが芸術家なのよ。それを通しなさいって。認められるために、お金がほしいために輪っか1個描きます、それが許せないのよ。いくら(ダヴィンチが)頑固でも、それはわたしは認めるよ。その頑固さは良いじゃない。お金では動かない、自分が描きたい物を描く、そういうのは素晴らしいと思うよ。腕には自信があって自分が良いと思うものは良いし、どんなに人がいいと言ってもダメと思うものはダメ、そんな感じ。だからそういう気質を持っていたら騙されないよって。柔軟性はないんだけど(笑)突出しすぎていて協調性はないんだけどね。
RIKA:それはそれで問題ありますけど(笑)
Masako先生:でもそれくらいあればちょうどバランスが取れるかなって思います。認められたいって何をよ、と思うけど。認められてそのときは気分がいいと思うけど。それで、その人の言うことを聞こうとかまた思うらしいんだけど、それこそキリがないじゃない。
RIKA:それこそ奴隷というか、隷属的ですよね。
Masako先生:そう、だから少々嫌でもしてしまうのよね、それでも褒められたから良かったって。そういうこと。なんと自分がないんでしょう。
RIKA:そうなんです。すごく自己中心的なのに自分は中心にいない、うまく言えないですけどアンバランスさを感じます。
Masako先生:そうなんだよね。要するに自信がないんでしょう?
RIKA:はい、そういうことなんだろうと思います。
Masako先生:こういう人、どうやって治すんだろう。褒められていないからか。違う、褒められていないとかの問題じゃなくて。
RIKA:承認が愛だと思っているからですよね。
Masako先生:そう、自分を愛していないから、他の人がそれを言ってくれる(承認してくれる)と愛されていると勘違いする。
RIKA:愛と承認を取り違えていて、まあ発端は愛の欠如だというところに行き着くんだろうなと思うんですけど。
Masako先生:そうだよね。


<チャネリング等の感想—RIKA>

他者からの評価を常に必要とすると、その評価に振り回され、他者の期待に答え続ける人生となってしまい、自分の人生を歩めなくなってしまいます。それは正しい意味での自分本位ではないのだと思います。
ダークサイドに堕ちたり、ひずみにいる存在たちは、極悪非道の存在に認めてもらいたくて指示を受けて様々な悪行に手を染めてしまいがちですが、そこにはMasako先生やサタンのおっしゃる支配の構造があるのだと思いました。

褒めて評価をすれば動くような承認欲求の強い人たちは操作しやすい。目的や動機が「褒められること、評価されること」に設定されていれば、それさえ叶えば他者がどのような迷惑を被ろうと気にしない。そうするうちに、自分の本来の目的を見失っていき、いつのまにか隷属的な人生を歩んでしまう。これは大半の人に当てはまる問題ではないかと思います。
また、他者に認めてもらうためには何でもやるという姿勢でいると他者の物差しに従っているため、自分の心からの欲求は無視されますので、「いい子ちゃん」と「シャドー」が分離しやすくなるのではないかと思いました。

そしてわたしの過去生も言っていましたが、自分で自分を褒めるということは独りよがりになるのではないかということについては、Masako先生とお話させて頂き、「自分の中心にいること、自分の良心に従っており、そこに愛があり、正常波動でいることができれば、独りよがりにはならない」ということが理解できました。
承認欲求の罠に陥り続けた過去生での学びを活かし、自分で自分を褒められるような自分で在るように努力します。といいつつ、自分の心からの欲求に従ってその瞬間を一生懸命に生きていたら自分を褒めることも必要なくなるような気がしています。
RIKA



桜


◆Masako からの伝言

~承認欲求が強い人は、寂しがりやで愛されたがりやさん~

あなたは「認められたがりやさん」でしょうか?
「認められたい欲求」の根底にあるのは何でしょうか?
それはまちがいなく「愛されたい」という願望です。
「承認されること=愛されること」だからです。
たいてい本人は幼少時に両親に愛されていないと思っており、認められたり、褒められたりされた覚えがないと思い込んでいます。
あなたはどうでしょうか?

地球界の「ひずみ」の中にいた者たちの多くは、自分を認めてくれていると思い込んでいる集団の中にいました。そこにいると、自分の存在を認識することができたからです。
このような魂は、真に孤独で寂しがりやです。そして、常に自分がどう思われているかが気になるので、本音を言うことが出来ません。「ほんとうはいやだけど、一緒にいてほしいと言われたから一緒にいる」と言っていた者たちも存在していました。相手に嫌われるのを回避したいのです。だから、ほんとうの自分を生きることが出来ないのです。皆自信がなく、主体性は一切ない傾向にありました。

ところが、自分が認めてもらえないと、相手を非難したり、攻撃したりしてきた者たちもいました。
わたしに「認めてもらいたいのに認めてくれない」と言って逆恨みをし、これまで霊的な攻撃をしてきていた連中が大勢います。まちがった自己愛/プライドが強く、「なぜ自分を認めないのだ」と言って怒ってくるわけです。認められないようなことを散々していながら、「認めろ」と理不尽なことを言ってくるのですが、これはもう「狂気・暴走」であり、認められたいための「執着・悪想念」です。挙句の果てには、あらゆる姑息な手段を使って嫌がらせをしてきました。こうなったら、手がつけられません。「良心なしの極悪」となり、結局は自業自得で「消滅」させられることになった者が何十万体といました。

~承認欲求をなくすために必要なこと~

承認欲求をなくすための方法というのは、それぞれ個体によって異なりますが、
とにかく「いい子ちゃん」ぶらないで、「自分の嫌なところ/シャドーを認める」ことです。あまりにも自分の嫌な面は視たくないので、切り離してしまっている人が、最近多すぎるように思います。分離させると、シャドーはそれこそ「自分を認めてくれない」と言って、勝手に暴れまわります。

シャドーは本音の部分なので、ある意味素直でよい点があるのです。ところが、「いい子ちゃん」はそれを決して認めようとはしません。それを認めてしまうと、他者に嫌われると思い込んでいるのです。他者への「承認欲求」が強いため、自分の中にある「シャドー」は認めたくないし、出したくないわけです。そのこと自体がまちがった思い込みであることに本人は気づきません。
この「シャドー」を認めて融合させることをしない限り、その人は分裂し、二重人格や多重人格をつくり、精神病となります。(いい子ちゃんとシャドーの関係については、また別の機会に取り上げる予定です)

サタンが「自分で自分を褒めることをやってごらんよ」と何度も言っていましたが、シャドーを含め、「自分で自分を認めてあげる」ことが必要です。そして誰かに依存しないで、「自分に自信が持てることを自分独りで見つける」ことです。
他者をやたら褒める人はいい人だと思わないようにしてください。
褒めれば相手は機嫌がよくなり、コントロールしやすくなるので、それを敢えてうまく使う人がいます。しかしながら、真に褒める価値もない人間を無理におだててご機嫌にさせるのは、百害あって一利なしだと思われます。
そのときだけご機嫌になって言うことを聞いてくれたとしても、褒められぐせがついて、また次々と褒めなければ言うことを聞かないようになってくるからです。相手は褒められたいがゆえに行っているだけで、そこに魂の真の進化成長が見られないからです。
その者のしていることが真に称賛に値するかをよく考えること。やたら褒めずにほんとうに自信が身に着くようにしてあげることが必要です。

「承認欲求」が強い人は、「認められる」ことが「愛されている」ことだとカン違いしていますが、容易に「認めない」ことも「深い愛」であることに気づかなければなりません。
「承認欲求」が強い人に対して、どのように接していけばよいかということですが、浅はかな考えしか持っていない魂、乳児期や幼年期の魂の場合、愛されてこなかった魂はそのことをどうしても理解できないので、臨機応変に対処することが必要だと思います。

2018年4月15日
Masako
[ 続きを読む ]

「いい子ちゃん」と「シャドー」

2018年04月21日 20:00


「いい子ちゃん」と「シャドー」



下記は、去る4月1日に「チャネリングによる三者懇談」の際に、カミツレさんが録音された内容をご本人に起こしていただきました。
ちょうど「いい子ちゃんとシャドー」についてサタンとわたしが話をした箇所がありましたので、記載します。参考になれば幸いです。


素敵な花束


<いい子ちゃんとシャドー :カミツレ>


日時:4月1日
チャネラー:RIKAさん
聞き手:Masako先生、カミツレ
録音起こし:カミツレ
監修:Masako先生

私のシャドーを持った過去生の中で、兄弟で主導権争いをしていたものがいました。その過去生は兄の立場でしたが、教育が厳しい(兄弟は仲良くしていなさい、でも優秀でありなさいと兄弟間での競争を煽る親のもとで育った)環境で育ちました。過去生のシャドーの部分は、親の大事なものをあえて壊す事で今まで溜め込んだものを出して、親を怒らせ家を出ようと考えていました。しかしその現場を弟に目撃され「(親のものを壊したことを)黙っているからいう事を聞くように」と脅されます。この時過去生のいい子ちゃんの部分が弟の脅しに従い、その事を隠して表面上の平穏を保とうとし、シャドーは余計に不満を持ち分離することになっていました。話をしていくうち、それを隠さなければいけないと思っていたいい子ちゃんの方が独りよがりであった、という話になりました。
そこからの録音起こしをお送りします。

花のライン

Masako先生:良い子ちゃんを集めて諭した方がいいのかしら。
良い子ちゃんは・・・、良心なし(良心なしの極悪地獄という領域)になっている(笑)
RIKAさん&カミツレ:ええ、そんなことがあるんですか?
RIKAさん:確かに、良い子ちゃんは見せかけの良心な気がします。
Masako先生:欺いているからでしょ。自分も他人も。これが相当悪どい。「騙し」だからね。
「いい子ちゃん」出てきなさい。…1200体! 「いい子ちゃん」の歪み作ってるんじゃない?
(いい子ちゃんの歪みを探すことに)
Masako先生:どこにあるのかしらね?いい子ちゃんの歪みは。
RIKAさん:シベリアですか?どこか白くて寒いとこにいる気がします。
Masako先生:シベリアではないんじゃない?北極って言っているよ。なんでそんな寒いところに・・。いい子ちゃんは寒いのが好きなの?
RIKAさん:いい子ちゃんは白いのが好きなんです。自分の中に黒いものがあると認めていないんです。全然。白じゃないと許さない、みたいな。
Masako先生:それがよくないんだ。片方だけでありうる訳がない。陰陽の図みたいにね.絶対に点があるから、白の中に黒が。パーセンテージが変わるだけで、それを認めないというのは完全に分離しているから、それはもう「良心なし」だろうね。だって自分のもうひとつを認めないんだから。偏見に満ちているよね。良いところだけ、という。
カミツレ:究極の自己否定ということですか。
Masako先生:そう。
(サタンに来ていただくことに)

Masako先生:サタン来てください。
サタン:はい
Masako先生:良い子ちゃんの歪みを見つけたんですよ。北極なんですけど。
サタン:(笑)
Masako先生:どのくらいいるか調べますね。今までで一番多いんじゃないですか?12万体です。良心なしが8万、執着・悪想念が3万、あと1万が消滅になっていますね。
サタン:でも私、この者たちは、気づけば変わるような気がするよ。統合を呼びかけてみようか。シャドーはいい子ちゃんが内側に隠している訳だから。分離をしているのがいけない訳でしょう?
Masako先生:統合というよりね、「認める」ことですよ。
サタン:そうだね、そこから始める必要がある。
(いい子ちゃんについて)
Masako先生:なんだか、こだわりすぎている。
サタン:変な完璧主義、潔癖な感じがあるよ。
(いい子ちゃん12万体がルシフェル・サタンの部下に連れられて到着、話をする)
Masako先生:いい子ちゃんなはずなのに、「良心なし」になっているよ、どうして? 誰か気づいた人、前に出て来て。
(否定されるのが怖くて、なかなか前に出て話すものがいない)
サタン:全てが見せかけになっているんだろうね。
Masako先生:これは驚きもしていないんですか?自分が「良心なし」だと言われていることに対して。
サタン:ああ、思っているんじゃない?ショックなのかな。自分はいい子だと思っていたのに。良心がないだなんて…って。
Masako先生:なんで良心がないって…良心がないんだもん。(笑)
サタン:…なんで良心なしになってるかわかる?…あ、今少し気づいたものがいる。
「自分の心を大切にしなかった」って。「自分の内側から表現しなかった。ああ、そんなことでは良心なしになるのも当然だった」って。「自分のハートを大切にしなかった」って。
Masako先生:だから、人からどう見えるかというのを気にしすぎているからでしょ。
サタン:「ああ、なんと自分に対して愛のない行為をし続けていたことか」と。
号泣している。徐々に他のものにも広がっていっているね。
Masako先生:うん。勘違い(勘違い地獄の領域)になっています。
だから、シャドーを切り離したり、悪いと思うのは間違いってことはわかったかな。
サタン:うん、いま「はっ」てなっているね。「そういう要素もあったのか」と。「認めまいとしていた」って。
Masako先生:だろうね。。
(勘違いの領域から、無知無能の領域になる)
Masako先生:もうちょっとなんだけどね。まあ基本、いい子ちゃんというのは自分を愛していない証拠ですよね。
サタン:その通りだよね。
Masako先生:抜けた? 皆さん、2万くらい霊界に行った。まだ気づかないのは、どこに気づいてないの。シャドーはなんで悪いと思ってるの? ちょっと聞かせて欲しいな。
サタン:シャドーの何が悪いの? 「それはダメだって言われたから」だって言ってる。親の教育だろうね。観念だよ観念。だから、親に言われたことをそうやって間に受けちゃダメなんだよ。親が狂ってるんだからさ。
Masako先生:狂った親に従う子供は狂うよね、そりゃあ(笑)。子供は見極められないのかね?親を。
サタン:それでも親の言ってることがおかしいっていうのは直感的にわかんないの?
Masako先生:わかるよね、「お母さんおかしいよ」っていう子供もいそうよね。
カミツレ:多分それを、シャドーが思っているのかもしれないですね。
Masako先生:正常波動!(笑)
カミツレ:そうですね、そして狂った親にも従おうとするのがいい子ちゃん。
サタン:で、異常波動ね。…「あ、そうなの?」って。ちょっとだけ変わった。
Masako先生:いかに変な親が多いかということですね。それ宗教と関係ありません?「いいことをして悪いことをやめろ」って。
サタン:「いいことってなんですか?」って。
Masako先生:勝手に親の都合のいいように決めているんじゃない?親の都合の悪いことは、悪いこと。だって、指導者は皆そうしているんじゃない?
サタン:自分の頭とか自分の感覚を信じないようにされているんだよね、皆。気づいた?・・少し軽くなって来たね。
Masako先生:だいぶ抜けましたね。残り2万くらいになりました。・・(中略)カミツレさんの過去生はみんな抜けました?・・まだ5体くらいいるね。
サタン:「それでも私は皆に愛されたい」って言っている。いい子ちゃんだね。わかってないんだよ、いい子ちゃんの方が愛されないのに。
Masako先生:いい子ちゃんを愛する人がいるからじゃないですか?異常波動の人で。
サタン:じゃあ異常波動の人に愛されたいってこと?バカじゃないの。
Masako先生:(笑)そうですけどね、だいたい同じようなタイプの人が惹かれるじゃないですか。
サタン:じゃあそんなのに愛されて、付きまとわれて、それでいいの?・・付きまとうのが愛と勘違いしてるんじゃない?「いっぱい自分のこと考えてくれて嬉しいわ」とか、勘違いしているんだよ。
Masako先生:つきまとわれている人?まあそういう人もいますけど。つきまとわれると嬉しいから自分もつきまとうわけ?きっと嬉しいだろうと思って、相手が。
サタン:気持ち悪い発想だねぇ(笑)、でもそれがストーカーの心理だ。愛情の表現の仕方が狂っているよね。
Masako先生:確かに。愛が何かをちゃんと把握していないから、そこですよね。
(ここで私の過去生は気づき、改心しなかった消滅組を消滅)
サタン:だいぶ減ったんだけど、女が三人ほど残っていて、光が欲しいと喚いている。
光じゃないと自分は消滅したくないんだって。
Masako先生:またですか。
サタン:そうやってさ、変な条件をつけるからシャドーがどんどん生まれるんだよね。どっちでも同じだって。私がやろうと。
Masako先生:そうそう。なんだか光の方というといいイメージを持っているというか。
カミツレ:確かにいい子ちゃんは、光を清いもの、神聖なものと思っているかもしれません。
サタン:でもどっちにもその要素はあるんだよ。割合が違うだけで。
(全てを消滅し終了)


<いい子ちゃんとシャドーに関しての気づき>


この過去生回帰をするまで、シャドーとは、わがままで自己中で言う事を聞かない荒くれ者だと思っていました。足を引っ張るお荷物に近い存在だと思っていた所がありました。
しかし、今回、異常波動の親やコントロールしようとする者たちへの抗議、疑問を感じている自分の本当の気持ちこそがシャドーの元で、それをいい子ちゃんが抑圧することでシャドーが大きくなり、やがて分離して暴れるようになっていたことを知りました。
いい子ちゃんこそが、シャドーを生み出す原因でした。

そして、いい子ちゃんが出てくる発端は、究極には愛されたいがための承認欲求からでした。相手や、組織が歪んでいようが、自分が承認されている、価値がある気になれればそれでいい。といういい子ちゃんのエゴで、自分の本当の気持ちや、自分の行動が相手に与えている影響について考えもしなくなっていたということに驚き、ショックを受けました。

ダークサイドや歪みにおり、光の攻撃に参加していた過去生達も、承認欲求のために能力や権威に執着したり、嫌なものを嫌と言えず強いものに従ったりして狂っていったものたちばかりでした。肉体の私自身、異常になるときは決まって、依頼心が強くなり、他者からの承認が欲しくなったり、自分には能力がないと生きている価値がないと思い、それを失う事を恐れている時でした。

先生の最新の記事の通り、私自身、認められたがりや、愛されたがりの寂しがりやだったのです。それがこんなにもダークな者達に付け入る隙を与え、自分のシャドーを分離させる結果になっていたとは、思いもしませんでした。他者から与えられた物差しを信じ、それに従う事をよしとするものさし、根深く残っている自分自身の観念を変えたいと思いました。
そして、常に自分の目的が、承認欲求のためになっていないか、振り返っていきたいと思いました。

また、これはその場に立ち会わせていただいた私の直感ですが、Masako先生もサタンも、ご本人方が言うようにどちらも白と黒を内包されていて、パーセンテージが違うだけなのだというのは非常に腑に落ちました。役割は違うのかもしれないですが、どちらにも共通して深い愛があることが感じられたからだと思います。いい子ちゃんは一点の黒も認めない潔癖で、最後に残った者たちも光への執着があるものたちでした。大事なのは白か黒かではなく、真の愛を持っているかどうかなんだということを、改めて教えていただきました。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。
カミツレ


★3時間のチャネリングのなかで、たくさんの気づきがあって、本当によかったですね。まだまだ時間が足りないという感じでしたが、またの機会にいらしてください。


素敵な花2


「いい子ちゃん」と「シャドー」について :RIKA>


Masako先生をはじめとする光の存在に対して攻撃をしている首謀者はかなりシャドーが濃いことが分かっていましたし、わたしを含め多数の方が「いい子ちゃん」と「シャドー」の問題を抱えていることから「いい子ちゃん」と「シャドー」についての自らの体験談をもとにレポートを作成しました。
お読みいただけますでしょうか。

<子どもの頃の「いい子ちゃん」>
子どものころは褒めてほしくて両親、特に母親に対して「いい子ちゃん」の仮面をかぶっていました。
わたしが7歳か8歳くらいのころ、家に母の友人とその子ども(利かん坊の男の子でわたしはとても苦手でした)がやってきたことがありました。このとき、自分の机の上に作りかけのビーズのネックレスを置いていたのですが、この男の子にそのビーズのネックレスが壊されるという出来事がありました。ものすごく悲しかったのですが、ここで「いい子ちゃん」のわたしは母に対して、大切な物をしまわずに机の上に置いていたわたしが悪かったのだと言いました。母はわたしのその言葉を聞いて、わたしが大人でいい子であると褒めてくれたのですが、わたし自身は釈然とせず、その後1人で大泣きしました。
子どものころから割といつも親や大人たちの気持ちを察して、どうやって行動をすれば褒めてもらえるかということを考えており、自分の本心を押し殺して「いい子ちゃん」を演じていたので、ほんとうは大泣きしてその男の子を責めたかったのを我慢してしまいました。
今になってそれが間違っていたことが良くわかります。自分の憤りをきちんと相手に対して表現する必要がありました。当時は分かりませんでしたが、わたしが表現せずに我慢したことでその男の子の学びの機会も奪ったのではないかと思います。わたしが我慢したことで、相手の男の子はわたしの母にも彼の母にも叱られなかったので、彼は自分が間違ったことをしていたことに気づかないままだったのではと思います。

★その通りです。相手の間違ったことを指摘してあげることは、相手の魂の成長と進化を促すことになるのです。あなたが自分の感情を自分で処理してしまったので、彼は過ちに気づき、あなたに謝る機会を失ってしまいましたね。

★あの頃に戻れるなら、親の期待に沿うようにふるまうのではなく、我慢せずに泣き叫びます。(笑)

★そうですか。今からでも遅くありませんよ。その頃のあなたに戻って、イメージで表現してください。

★やってみました。大泣きしながら、「あなたも大切な物を壊されたら悲しいでしょう?自分がやられて嫌なことを人にしないで!」と叫んですっきりしました。

<八方美人という「いい子ちゃん」>

社会に出て会社勤めをするようになってからは、誰にも嫌われたくなかったため八方美人を演じておりました。嫌いな上司や嫌いな先輩に対しても嫌われないようふるまっていました。
仕事が忙しくて終電で帰るような日々が続いていたのですが、単に忙しかったからだけではなく、いい子ちゃんの部分が上司や先輩より先に帰ったら嫌われると思っていたこともありました。
また、誘われたら断ることができず、あまりお酒が飲めないのに飲み会に参加しては気分が悪くなって電車で帰ることができずにタクシーで帰宅するということも何度もありました。それらの飲み会では上司や先輩たちが仕事に関する愚痴ばかりを言っており、楽しくなくて時々その空間にいる空しさを感じて、わたしは何をしているのだろうと疑問に思いました。お酒も飲めず楽しくないのに飲み会に誘われたら断らずついていき、先輩たちの楽しくもない愚痴を聞かされ、飲み会代と帰りのタクシー代でお給料がなくなっていくのです。薄々そのバカバカしさに気づきながらも、それでも断ったら嫌われると思って断れないのです。さらには自分のいない飲み会で自分のことを悪く言われていたら嫌だという思いが芽生え、ますます飲み会を断れなくなっていました。ここまでくると妄想で、完全に狂っていました。
また、この時期は自分が嫌いなタイプの男性にばかり好かれていました。軽度でしたがストーカーに近い行為もされましたし、セクハラに近いこともされました。遠回しには嫌だとは言っていましたし、周囲に相談はしましたが、そのような人にも嫌われたくなくてなかなかはっきりと嫌だと言えませんでした。なぜ自分の嫌いなタイプの人ばかりに好かれるのか不思議でしかたありませんでしたが、そのころのわたしは誰にでもいい顔をしていたので、彼らはわたしに好かれているとカン違いをしていたようでしたし、わたしの嘘が同じような嘘を持つ人たちを引き寄せていたのだろうと思います。

★八方美人を演じていて、自分の嫌いなタイプの人ばかりに好かれていたということですが、では、あなたの好きな人たちにも好かれていたのですか?

★当時は好かれていたと思っていました。しかし表面的な部分でしか付き合っておらず、真に本音で語り合える関係ではなかったです。「シャドー」を見せたらその人はわたしを嫌いになって離れると思って、「いい子ちゃん」の仮面をかぶって接していたので、彼らは真にわたしのことを好きだったのではないと思います。そして、わたしが好きだった人たちも「いい子ちゃん」と「シャドー」が分離していたことに気づきました。わたしが好きだった人たちはわたしと彼らの「いい子ちゃん」のところが似ていて、わたしが嫌いだった人たちはわたしの「シャドー」の部分が前面に出ていたように思います。

そのような状態で、誰にも嫌われたくなくて他者に気を遣い過ぎ、仕事でも上司たちの板挟みにあってストレスが溜まっていました。普段は5分もすれば眠りに落ちることができるのに夜に眠れない日々が増え、胃が痛くて何も食べられなくなりました。そして心療内科に行き、軽い精神安定剤と睡眠薬を処方してもらいました。胃の検査をしたところ、肉体は初期の胃潰瘍になっていました。
心療内科で処方された薬を見て、こんな小さな薬に頼らないといけない自分が情けなくなりましたし、薬に人生を左右されたくないと思いました。
このころが転機で、身体を壊してまで自分が嫌っている人に嫌われないようにすることの無意味さや、自分が好きでもない人にばかり好かれる原因を掘り下げて、ようやく八方美人は卒業することができました。

★それは、よかったです。

誰からも嫌われたくない「いい子ちゃん」のわたしが抑圧していた「シャドー」は、早く帰って寝たいとか、こんな愚痴ばかり聞いていても意味がないと叫んでいたのに、「いい子ちゃん」が無視していました。結果、身体も心も壊れかけてほんとうに辛かったですが、「シャドー」の部分がこのままではダメだよと身体と心にダメージを与えて教えてくれたのだと思います。
身体や心を犠牲にしてまで他者に「嫌われたくない」と思っていましたが、それはわたし自身がわたしを嫌っていたことの投影だったように思います。自分が自分を嫌っている愛情不足の分の埋め合わせを他者にしてもらおうと思っていたのではないかと思います。自分が嫌いな自分なのに、万人に好かれようとすること自体が非常に馬鹿げていました。

「いい子ちゃん」と「シャドー」の融合>
誰からも好かれたいという八方美人は卒業しましたが、その後も「いい子ちゃん」と「シャドー」は分離傾向にありました。
1カ月ほど前に、重い嫌な気分で明け方に目が覚めたことがありました。わたしはきっとMasako先生の期待に沿うことができない、先生の愛を裏切ることになるからもう先生の愛を受け取る資格がないという気持ちになりました。なぜこの思いが生まれたのだろうと掘り下げたところ、歪んだ罪悪感や観念が自分にあって、それによって「シャドー」が生み出されたのではないかと思いましたので、さらに掘り下げました。わたしには他者の期待に応えなくてはならないという思いがあり、他者の期待に沿えなかったとき、罪悪感が芽生えるのだと思いました。その罪悪感を感じ続けるのが苦痛なので、罪悪感と向き合うことをせず、「シャドー」を創造して「シャドー」にその罪悪感を肩代わりさせていたのだと思いました。苦しみや痛みを感じたくない、向き合いたくないと思ったとき、「シャドー」が濃くなっていくのだと思いました。

「シャドー」の問題が再浮上した際、上記のように思ったことをMasako先生と電話相談でお話させて頂いた際、その期待は誰の期待なのかと聞かれ、両親や他者からの期待であるとお返事したのですが、その直後に他者の期待ではなく自分自身が自分の期待に応えないことに罪悪感を抱いていたことに気づきました。自分のせいなのに他者のせいにしていたことに驚きました。
「シャドー」の問題は往々にして「シャドー」に問題があるように思いがちですが、自分にある要素を分離して否定したがる「いい子ちゃん」のほうに問題がありました。そして「いい子ちゃん」は観念で自分自身に制限をしているため、内側に向かって自らを掘り下げることができにくく、「シャドー」を使って問題が他者のほうにあるという幻想を見せるのかもしれません。

カミツレさんの過去生回帰で「いい子ちゃん」が真っ白が好きで一点の黒も認めないことについて、Masako先生が太極図を例えにして説明してくださったことがありましたが、パーフェクトに白(または黒)であろうとするのではなく、太極図のようにどちらも含むトータルである必要を教えてくださっているのだろうと思いました。「いい子ちゃん」と「シャドー」の要素、両方を認め、今はどちらもあってそれで良いと思っています。
そしてカミツレさんの過去生回帰で最後まで消滅しなかった存在たちが光に執着していたように、光度が100%であることに憧れていたときもありましたが、そもそもの出自がダーク系のわたしが100%の光になることは無理があります。わたしは最大限の努力をしてわたしなりの進化成長をすれば良いのだと思っています。
RIKA

★そうですね。光と闇のどちらか一方だけということは無理があります。光があれば、必ず影があるのですから、両方を自分として認め、愛することが必要です。




素敵な花1



◆Masako からの伝言



~男性エネルギーと女性エネルギーのバランスをとる~

この地球界につくられた多くの社会では、個人の感情を厳格にコントロールすることが求められています。
感情は女性エネルギーで、行動は男性エネルギーです。何かをコントロールするということは、女性エネルギーをコントロールしなさいということであるのです。
何かをコントロールしている状態は、ものごとのバランスを図ることとは反対のことです。そのようにすることは、そのエネルギーに制限を加えることになります。自分のありのままの素直な感情を制限するとどうなっていくかは、もうご承知の通りですね。

また、自分が感じていることをこの物理次元に表現していくこと、現実に移すことに障害を感じている人たちがいます。心の中ではいろんな夢やビジョンがあるのだけれど、それを現実化していく力がないのです。そういう人たちは皆「男性エネルギーを表現していく」という課題をもっています。
このような場合、バランスを取るためにはどうしたらよいのでしょうか?

とにかく「自分のフィーリングを感じてみるということを許可すること」、「感情を外に表現していくことを自分自身に許容すること」が必要です。
自分の行動(男性エネルギー)と感情(女性エネルギー)に対して意識的であること、そして、その両方を実際に表現していくこと、それが成されて初めて「正常な範囲でバランスが取れている状態」だと言えます。

これは、何十年か前にリサ・ロイヤル氏がチャネリングを通して語っていたことですが、昔、プレアデス星人たちは免疫機能に害を及ぼす病気に罹り、次々に死んでいくという体験をしました。プレアデス人たちが自分の中のネガティブ性を拒否していたことが原因でした。彼らは内面にあるネガティブな部分、暗黒の部分を怖れ、憎んでいて、自分自身のほんの一部分、側面しか愛せなかったのです。それが原因で疫病が発生したわけです。
このお話は、昨年プレアデス人が来た時、わたし自身がチャネリングで確認したことでもあり、事実の出来事です。

地球でも「エイズ」という病気がありますが、この発生原因もプレアデスの疫病の原因と同じなのです。「エイズ」は「人間が自分自身を嫌っている」ということの象徴です。

皆さんは「自己愛はよくない」と思い込んでいませんか? 
地球上でも自分のネガティブ面を怖れ、憎むだけでなく、ポジティブ面を愛することさえも受け容れてこなかったプロセスがあったと思われます。そういう考え方がずっと子々孫々に受け継がれてきたのではないでしょうか?
もし「自分を愛すること」を強く拒否するなら、プレアデス人が体験したような病気やエイズやガンのような病気が発生してくるでしょう。
そして、たとえどんな治療法が開発されたとしても、患者が自分自身を愛することをせず、それに基づいた行動をしない限り、それらの病気は治らないでしょう。
プレアデス人は、その病気が決して医師では治せない、医学では治らないことを学ばされたのです。



~「いい子ちゃん」と「シャドー」との「融合」が重要~


小説「ジキル博士とハイド氏」のように自分が正反対の人格で分離している人(解離性同一性障害)は、自分の内にある「いい子ちゃん」と「シャドー」との「融合」が必須です。
「統合」という言葉は、わたしはあまり好きではありませんし、使いません。
「統合」は「別々となっている複数のものが一つになったこと」を表しますが、元のものの形や機能がそれぞれまだ残っている状態です。しかし、「融合」は一つになった後で、元のものが不可分に一体化し、形や機能が残っていない状態であることを指しているからです。
ですから、「いい子ちゃん」と「シャドー」の場合は、「融け合わせる」ことが大切だと感じているのです。


正反対のもののバランスをとること。
それを個々に人間が実践していくことで、地球だけではなく、銀河、ひいては宇宙全体のバランスがとれていきます。
今現在、宇宙に存在するたくさんの銀河系創造主にアンバランスが生じ、異常事態となっております。銀河と銀河のあいだにも、多くのひずみが創られています。
最近は地球界だけでなく、銀河と銀河のあいだのひずみを見つけては対処しているのですが、毎日のように直しても、直しても、またひずみが創られているのです。「光の存在」と「暗黒の存在」との「いたちごっこ」です。

地球を含むこの銀河系、多くの銀河を含む宇宙、たくさんの宇宙を管轄する大宇宙。
これらのバランスをとることができるのは、究極的にはわたしたち1個1個の生命体であるということ。
あなたがたはそれができる貴重な存在であるということ。
どうかそのことを忘れないでください。

2018年4月21日
Masako



◆6月の光のコースについて

4月は光への攻撃に対処するため、非常に多忙な毎日でしたので、「光のコース」の募集をしませんでした。
5月も、まだ攻撃に参加していた残党がいて落ち着かないため、新規の募集はしません。
6月の「光のコース」を希望する方につきましては、また募集を始めますので、準備をしてお待ちください。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。