あなたの意識はいつもあなたが生きる世界を選んでいる 

2013年10月01日 00:00


★ 新しい周期のはじまり ★



数秘術では、すべてを1~9までの数字で表すため、9月はその周期の終わりを表します。よって総決算の月となります。そして、10月から新たな周期が始まります。
テレビ番組も、たいてい10月から新番組に変わりますし、衣替えの時期も10月1日ですね。最近は地球の気候変動が激しく、昔のように季節の変わり目がわからなくなってしまいましたが。

今年起こったさまざまなことを思い起こし、身辺をきれいにして新しく出発しましょう! 
10月からまた新たな人生が始まるのだと意識し、エネルギーに敏感でありましょう。




青い花


★ ペンジュラム使用者さんの体験談 ★



今回は、M.Yさんの体験談を掲載します。
彼女は1月のペンジュラムセミナーを受講された後、3月から開始した「ペンジュラムの個人レッスン」を現在も続けておられ、わたしにとってM.Yさんは唯一の「お弟子さん」です。
彼女のレポートは以前にも何度かご紹介しておりますが、関心のある人は再度ご覧くださればと思います。

★参考過去記事 『ペンジュラムを究める』 M・Yさんの「個人レッスン最終レポ-ト」より  

最初の頃は、わたしが作成したテスト問題に答えていただき、正解になるまで繰り返し答え合わせをしておりましたが、最近では、ご自分の知りたいことを「ペンジュラムで確認したいこと」として自ら取り組まれ、Mさんのペンジュラムが出した結果に対してわたしが調査をし、採点をするというかたちをとるようになりました。
彼女のペンジュラムの調子が良いときと悪いときとの正解率は著しく異なるので、まだまだ安定はされていないのですが、ハイアーセルフの智恵が届けられた際には、気持ちがよいほど○印をつけることができます。
最近では、わたしが調査したことを彼女に確認していただくようにもなりました。

たとえば、9月に入ってから、人類の振動数と意識レベルがぐんと上昇した日があったのですが、それがいつであったかをMさんに調べていただいた結果、バッチリ合致しておりました。
じつはその日は10日だったのですが、何か感じた方はいらっしゃいましたでしょうか?

台風18号が日本列島を通過した時にも、ある程度日本人の集合意識が高くなっていることがわかりましたが、これは数日間しか続かず、台風での効果はあまりなかったように思います。
なぜなら、台風直後に周波数が上がった人のなかで、その後またもとに戻ってしまった人もおられるからです。
つまり、にわかに上昇した場合は、何かのきっかけでまたすぐに下降するということです。ちょっとした悩みくらいで意識レベルが落ちているようでは、前途多難です。
常日頃の正常な精神状態を保つことができる下地・基盤が大切であり、その基盤作りの重要性をつくづくと感じたしだいです。



   ライラックシャドー


~ただ今、ペンジュラムの修行中~ 


             M.Y 38歳 女性 東北
  


在る時、当時思いつく限りの浄化方法をペンジュラムさんに施しても、ペンジュラムさんの元気がないという状況に陥りました。クラスターの上に乗せて十分に休息を与え、セージでスマッジングして流水で清め、セラピスベイをすり込んだ両手で包んだのです。部屋にネガティブな存在もいませんでした。それにも関わらず、ペンジュラムさんの波動は悪いままでした。原因が分からず、なんで?と相当悩みました。
その状態のペンジュラムさんの写真を確認されたカヴィーシャ様の一言が「ペンジュラムを置いている敷物の波動が良くありませんよ。」でした。

目からウロコとはこのことです。テーブルに直置きは良くないと思い、下にハンカチを敷いていたのですが、そのハンカチの波動がよくなかったのです。せっせと浄化してせっかく元気になったペンジュラムさんを波動の悪いハンカチの上に置くという行為により、ペンジュラムさんの波動は一瞬で悪くなっていたのです。これまで長い間、波動に無関心な生活を送っていた私は、そのことに全く気がつきませんでした。ジェネレーションギャップならぬ意識レベルギャップです。その後、色々な実験の結果、波動の悪い物には光の放射が効果的なことが分かりました。(余りにネガティブ波動の汚染が強いとダメなこともあるそうです。)それからは、ペンジュラムを入れているケースや、置き場所などの波動に気をつけるようになりました。

これらの、ペンジュラムに接するものの波動に気をつけても、ペンジュラムの答えが毎回違ったり、自信満々でカヴィーシャ様に添削してもらった問題が間違いだらけだったりしました。それは部屋にネガティブな存在がいて、その影響を受けてのことが多かったのですが、それでも、ペンジュラムさんが元気な時は、何かいるよ!最高の智恵じゃないよ!と教えてくれます。ですが、ネガティブな存在に気づかず、その状況を放置していると、ペンジュラムさんがどんどん弱りネガティブな存在を知らせてくれることも出来なくなるようです。このペンジュラムさん汚染パターンに気づいたのは、ごく最近のことです。

これに気づくまでの状況は、ネガティブな存在がペンジュラムでチェックされなくとも、いつも部屋の波動が悪く、ペンジュラムさんの置き場もないという状態でした。ペンジュラムさんの意識レベルは下がり、使用は非常に困難だと感じていました。土地自体に問題があるわけでもなく、自分や家族が異常波動というわけでもなかったので、いつも部屋の波動が悪いのが不思議でした。光の放射を試みて、波動の好転が確認できても、次に調査する際には、また波動の不良がチェックされました。

ある時、ネガティブな存在がその場から去った後に残留エネルギーを残すことはあるのだろうか?という疑問がわき、カヴィーシャ様に質問してみました。答えは「大ありです。」ということでした。
私の部屋には、自分が考えているより、多くの見えない存在が訪問し、その都度、波動が悪くなってしまっていたのです。存在が去ったとしてもお部屋の波動は悪いままのため浄化が必要なことも判りました。私は霊的な感覚が鋭くないため、見えない存在の感知はペンジュラムさんが頼りです。ペンジュラムさんの元気がなくなる前に、ネガティブな存在の影響を取り除くこと、そのためにも、こまめなチェックが必要で、ペンジュラムさんの状態を把握することが現在のペンジュラム使用に関しての課題のひとつです。(ペンジュラムを2つ以上持っている場合、ペンジュラムが元気かどうかは、別のペンジュラムで調べてあげるのが良いようです。)

お部屋の波動を良好にするため、カヴィーシャ様のブログを拝読し、光の瞑想に始まり、光の放射を自分なりに練習して試していましたが、光の放射による浄化も完璧ではありませんでした。先述のように部屋の波動が悪くて浄化が難航し、自分で浄化ができるようになりたい!と強く思っていたところ、浄化を指導してくれる守護の神霊がついてくれたこともペンジュラムで判明しました。(げんきんなもので、こういうことが分かると俄然やる気がでて、浄化の実験にも熱がはいります!)たくさんの見えない存在の訪問を受けていますが、練習と思い前向きに光の放射に取り組んでいます。

こんな私ですが、ハイアーセルフの智恵が届いたときには、きちんとした回答を得ることができました。最近やっと、地球以外の自分がいたことがある星系をいくつか探し出すことにも成功しました。その際、「地球にくる前に私がいた星系はどこですか?」という質問を繰り返し、毎回間違っていたのですが、カヴィーシャ様から「宇宙には時間が存在しないのですから、(地球にくる前)というのは改めたほうがよい。」というようなアドバイスを頂きました。そこで「私本体がいたことがある星系はどこですか?」に質問を変えたところ答えを得ることができたのでした。明確な質問をするというのも答えを得るための重要なポイントです。
また、その他、今まで判明したことは、次のようなことです。
★ソウルカラー
★自分にどんな分霊がいるか
★自分の親神
★カヴィーシャ様とのご縁があった際にいた星
これは、ほんの一例で、実に様々なことが判りました。
現在はカヴィーシャ様の記事を拝読し、自分の周波数を知りたいと思い、これに取り組んでいる最中です。

ペンジュラムは自分の意識レベルやオーラの状態も調べることができるので、魂の成長を志す者にとっては、目安のひとつになると考えています。私は、これとは別に「課題」の個人レッスンも受けさせていただき、自分の過去生と向き合いましたが、この課題を深める上でも大変役に立ちました。
「ペンジュラムを通じてハイアーセルフとコミュニケーションを取り、もっと自分を知り、多次元を感じて視野を広げていきたい。」という思いで、これまでペンジュラムのエクササイズをあきらめずに取り組んできました。(あきらめずに、というよりレッスンを通じてのカヴィーシャ様とのやりとりや、様々なことが判明するのが楽しくて、お願いして続けさせていただいたという方が近いですが。)
おそらく、カヴィーシャ様のペンジュラムのレッスンは、他で催されている講座より簡単ではないのだと思います。
しかし、ペンジュラムの使い方に留まらず、総合的に指導してくださる方、また、それが可能な方としてマスタークラス以上のカヴィーシャ様は稀な方であり、今、指導を受けられるのは、すごくラッキーなことだと感じています。八方塞のように感じられて、時には眉間にしわがよりますが、大抵ワクワクしながらエクササイズに取り組んでいます。

私は、1月のセミナーを申し込む際、カヴィーシャ様のハイアーセルフから許可が下りないかもしれないと思うくらい自信がありませんでしたが、勇気をだし、ダメもとで申込みをして本当に良かったと思います。振り返ると、運命の別れ道だったといっても過言ではないです。躓きながらも、前進してペンジュラムを極めたいと思います。
ペンジュラムを極めたいと思っておられる方、カヴィーシャ様のセミナーをきっかけに、すごく新鮮な体験があるかもです!

また、なかなか卒業できずにいる私をご指導してくださるカヴィーシャ様に、この場をおかりして感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも、ありがとうございます。

以上、苦労話満載でしたが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


区切りのライン


Mさんが記しておられたように、質問によっては、ふたりの回答が一致しない場合も多々あります。それは質問の仕方の相違や、本人やハイアーセルフの見解の相違などにもよるということです。
また、見えない存在の影響がいかに強いかということ、人間だけでなく、ペンジュラムもいかに環境に影響されるかということを、Mさんは嫌というほど実感されたことと思います。
しかし、それらの体験はMさんにとってはとても大切で必要なことなのです。彼女の魂はそのことをちゃんと知っていて、その体験からのさまざまな気づきをとても楽しんでおられるように感じています。

ペンジュラムという稀有な存在は、まずは波動の良い環境のもとで、正常なダウザーが実施することが大切だということをいつも忘れないよう、繰り返し教えてくれているのです。
また、ペンジュラムは、自己の内面に存在する大いなる魂と、そこから生まれ出る崇高な智恵を信頼することを教えてくれます。

ペンジュラムがなくても、いつもハイアーセルフの状態でいられて、宇宙の叡智が自分のものとできていればベストなのですが、そこまで辿りつける人は、はっきり言って稀有です。意識レベルがみな異なるように、それぞれの人のハイアーセルフにも段階があるのです。つまり、本人の意識レベルによって、ハイアーセルフの意識レベルも段階を追って変化していくということです。

ある次元まで辿りついてハイアーセルフと同じ意識レベルになったと思ったら、またつぎの段階のハイアーセルフの意識レベルがあって、そこから驚愕するような次元までポーンと跳ぶのです。

宇宙の根源は、わたしのオリジナルの意識レベルの数値で調べますと、67次元となりますが、わたしのハイアーセルフも同じ次元に存在していることがわかっています。
わたしたちの意識は最終的にはそこに辿りつきますが、そこが決して終点ではないのです。また、その上があるということです。限界がないんですね。まったく広大な不思議な世界です。


どの意識レベルで生きるのか?
どの周波数で生きるのか? どの振動数帯で生きるのか?
一瞬一瞬何を選ぶのか?
すべてはわたしたちひとりひとりの選択によるのです。



★参考過去記事 運命のタイムラインを変えるのは誰?



クリアラベンダー


★あなたの意識はいつも自分が生きる世界を選んでいる 



あなたには無数の別のあなたがいつも存在しています。
あなたが瞬きをする瞬間ごとに、あなたは自分の行動を選択していると言ってもよいでしょう。

今テレビ何か面白い番組やっていないかな? 
お腹すいたな。何か食べよう。
そうだ、買い物に行かなくちゃ。
いや、面倒くさいから明日にしよう。
最近意識レベルが下がっているな~。
昨日も嫌なことがあったし、こんなことではいけないな。
わたしの振動数どうしたら上がるんだろう?
そうだ、セミナーに参加しよう! 

意識は今にあったり、過去にあったり、未来にあったり、自由に飛び交います。
Mさんが「ペンジュラムセミナー」に参加したことが「運命の分かれ道」だったと書いておられたように、あなたの一瞬一瞬の選択があなたの運命のタイムラインを変えるのです。

運命は、誰かから与えられるものではありません。
まちがいなくあなた自身が選びとっているのです。

さまざまな選択肢(パラレルワールド)があります。
あなたはその瞬間瞬間に、限りなく存在するパラレルワールドのひとつを選択しているのです。無数に存在するなかのたったひとつを選び、それを現実として具現化させているのです。
もしあなたが嫌な気分になっているなら、嫌な気分になるパラレルワールドを選んでしまったのです。

たとえば、イエス・キリストを裏切ったことで有名なイスカリオテのユダは、神から「裏切りの運命」を与えられたのではありません。予言を成就させるためにユダの裏切りが必要だったとよく言われますが、それはちがいます。そんなことをしなくても、イエス自身がそうなることを選んでいたのですから、早かれ遅かれイエスは十字架刑に処せられていたでしょう。

ユダが勝手にイエスを裏切ることを選んだのです。
悪霊にマインドコントロールされたのも、そういう自分自身になることを彼が選んだのです。

「悪い人間」は、地獄に行くのではありません。すでに地獄にいるのです。
地獄のパラレルワールドを瞬間に選択したからこそ、すでにそこにいるからこそ、平然と悪事を働くことができるのです。

ユダがイエスに対し、変わらない誠実な愛を抱き続ける道を選んでいたのなら、彼はイエスとともに天の王国にいたでしょう。

現われてくる総ての出来事は、自らの意識の焦点を合わせて選びとった結果です。
だから、文句は言えないのです。責任はすべて選んだ自分にあるのですから。

ハッピーになりたいのなら、あなたにとって、もっともベストでハッピーなパラレルワールドを選ぶことです。

自分ひとりだけ嬉しい出来事があったら、それはラッキーだけれど、あなたもわたしもみんな嬉しい出来事があったら、それはハッピーになるのです。

世界中の人々がハッピーなパラレルワードを選べば、みんなハッピーな惑星地球に住めるのです。
あなたの意識はいつも自分が生きる世界を選んでいることを忘れないでください。 
 


ふたつのハート

新しい周期の始まりを迎えて、読者の皆さんに心から愛と感謝を贈ります。

2013年10月1日 カヴィーシャ・光の仕事人   




霊的な障害に悩む人たちへ

2013年10月07日 09:00


★ 霊的な障害に悩む人たちへ ★



「10月のセミナー」の参加者さんの事前準備のレポートがぽつぽつ届いておりますが、単なる肉体的な病気についてお悩みなのではなく、霊的な存在からの影響のために心身共につらい思いをされているというのが真相ではないかと感じております。つまり、憑依による霊障害ですね。

8月に京都で急遽「過去生回帰の個人セッション」をしたのも、霊の障害でお困りの方がいらっしゃったためでした。
その方は通常のことができないほど胸が苦しくなるということでしたが、病院で検査を受けても、別に心臓に異状はないということで、ご本人も霊的な影響であることを感じておられたようです。
事前にお写真を拝見したのですが、まちがいなく2体の霊が憑依した状態でした。写真の彼女の両目に他者の目が重なって見えていましたので、何者かが彼女のなかに入りこんでいることがわかったのです。

直ちに浄化したら、途端に「嘘のように良くなりました」というメールが来ましたが、また何日か経って同じ症状が起こりました。皆さんもご存じのように、ご本人の意識が変わらない限り、いくら浄化してもまた新しい霊体が憑くので、きりがないのです。
彼女の過去生が影響していることはわかっていましたので、当日のセッションで問題の人物が現われることを願っていたのですが、その日は別の女性が現われ、心臓が痛む直接の原因となっている人物はとうとう現われませんでした。
彼女自体が本気で「課題」のレポートに取り組まれず、レポートを書かれなかったことも、その原因のひとつだったのですが…。



       トルコキキョウ4


★「問題の人物」は、たいてい「過去生の自分自身」★



過去生回帰をする際には、まちがいなく問題の軽い人から順に登場するので、もっとも問題の重い人はどうしても後回しになってしまいます。当の問題の人物の準備ができていないのですから、無理やり引っ張りだすわけにいかないのです。説得して強制的に出て来させることもありましたが、素直に耳を傾けて聞いてくれる人ばかりではありません。「やっぱり、勇気がでない」とか「まだこのままでいたい」とか言って、自分が解放されることを選択することができず、ぐずぐずしています。
問題があればあるほど心を閉ざしているため、明るい光の領域へ出ていくことが恐かったり、そんな世界があるということを知らなかったり、自分がほんとうはどうしたらいいのかさえわからないのです。

事前にどれだけ真剣に「課題」に取り組むかということ。
その作業がいかに大切かということを知ってください。
一生懸命自己を掘り下げ、今の「課題」を深め、しっかりと気づいていくことで、過去生の自分もしだいに考えるようになり、癒され、解放されたいと思うようになっていき、準備が進むのです。


霊の障害で心臓に問題が生じている女性は、セッションの当日車いすに乗り、娘さんに押してもらって会場のホテルまで来られたのですが、セッションが終ったときにはしゃきっとされて、「車いす」なしで元気な様子で部屋にもどられました。病院で出された数々の薬も調べましたが、すべて彼女には必要ないし、逆に身体に有害であるとわたしのハイアーセルフが伝えていたので、「もう薬は飲まないでください」ということをくれぐれもお伝えし、約束していただきました。
しかし、彼女は憑依体質であったため、一泊されてホテルにおられる間中、何回かいろんな霊に憑依されて苦しい症状が出たため、そのたびに浄化をしなければなりませんでした。
そういうときには「薬を飲みたい!」という衝動に駆られるようで、まったく薬中毒の「禁断症状」さながらでした。とにかく不安と恐怖でいっぱいなんですね。

それも、みな今生の彼女と過去生の彼女に共通した課題なのですが、そのことを真にわかっていただけているかどうか疑問です。結局その後、家に戻られてからまたひどい症状が出たようで、ご本人とは音信不通の状態となっているからです。
ご家族からのメールでは、今現在は病院に入院中だとか。心臓自体にまったく問題はないのに、入院して薬漬けにされたら、ほんとうに病気になってしまわれるでしょう。血圧を下げる薬などを飲み続けていると、のちに痴ほう症状が起こりますから、要注意なのです。
胸が苦しくなる原因、心臓が痛む理由も、はっきりと申し上げたのですが、もうお忘れになっているかもしれません。霊的な障害が多い人は、物忘れが激しくなるからです。このことは、何人もの人の症状を見て、確信していることです。



     りんどう


★ 霊障害は他人事ではないことを知ってください ★



過去記事でお伝えしましたように、現在憑依や霊の影響を受けていない人は稀です。
そのうち、自分自身の過去生(分霊の過去生あるいは本人の過去生)に影響されている人が驚くほど多いということを、今回声を大にしてお伝えしておきたいと思います。

もちろん、まったく自分の過去生とは関わりのない霊体が憑依することもありますが、そのような霊たちは浄化すればすぐにいなくなってしまいますから、その影響で表れていた肉体の障害はすぐに消滅します。
これは、真の病気ではないので、霊体がいなくなれば、いとも簡単に治ってしまうのです。
わたしは本人の目の前で浄化をして、起こっていた症状がすぐに消えたことを、数限りなく経験しております。

ところが、過去生の自分が自分に影響を与えている場合は、本人がそのことに気づいて、これまでのまちがった考え方や生き方を反省し、心を改めない限り、永久に癒されることはありません。
影響を及ぼしているのは、自分の内側にあるのですから、起こっている症状はそう簡単にはなくならないのです。

ですから、いくら「お金を出すから浄化をしてほしい!」と頼まれても、そういう方の浄化や波動修正はしないことにしているのです。まずお金で解決しようということ自体がまちがっており、大きな甘えであることに気づいていただきたいと思うからです。
すぐに他者に頼んで治してもらおうとか、他者依存ばかりして、自分を真に省みない人に対しては、憑いた霊を浄化することに意義を感じないからです。

その苦しみは、必要があって起こっているわけですから、勝手に治したりしてはいけないのです。また一時的に治ったとしても、また必ずどこかに問題が生じてきますから、けっして根本治療にはならないのです。
波動修正をして波動が良好になったとしても、本人が自覚して意識的に生きなければ、また「元の木阿弥」となります。
問題の原因はその人自身にあるのですから、本人の意識を変えないでいて、一体何が変わり、何が良くなるのでしょうか? 
そういう人たちは、金銭や物質に強い執着のある悪徳霊能者のいいカモにされるのがオチです。

何年も何十年も前から同じ症状で悩んでいる人の多くが「自分の過去生の問題」からきているということを知っておいていただきたいと思います。

「分霊の過去生」が原因の場合もありますが、「本人自身の過去生」が原因となっている場合のほうが多いように思います。(分霊は分霊でそれぞれの過去生をもっており、本人は本人の過去生をもっています)
そして、そういう自分の過去生から生じる症状をもっている人は、自分以外の他者や環境のせいにしている限り、癒され、完治することはありません。また次回の生でも同じ課題がつづくだけです。

謙虚になって、自分を見つめ直すことです。
そして、それが十分にできたとき、必ず過去生で今と同じ課題をもった「もっとも問題の深い自分」が登場するのです。




   大木


★進化には「良い進化」と「悪い進化」があります★



10月のセミナー」は「心を癒すとからだが癒される」というテーマですが、「過去生回帰」という方法のほかにもいろんな方法がありますよということで、実際にいろんなエクササイズをしていただく予定です。
なかなかこのような機会はありませんので、霊障害に悩んでいる方はこの機会にしっかりと自覚していただき、悪影響を与えるネガティブなエネルギーに対応できる心身づくりをしていただきたいと思っております。
平日のセミナーのせいか、参加者はとても少ないので、今回は「憑依現象が人生のもっとも大きな悩み」であるわたしの長女も参加する予定でおります。まだ間に合いますので、勇気をふるってご参加くださればと思います。

 
「わたしは憑依体質ではないから大丈夫」とは思わないでください。
最近では、もともと憑依体質でない人まで霊に取り憑かれるようになってきており、ほんとうに大変なのです。
憑依されないための予防策が必要です。

原因不明の現代病は、「波動病」と言ってよいでしょう。

自律神経失調症慢性疲労性症候群テクノストレス(コンピュータを扱うことが原因で起きる精神的な失調症状の総称)、ナルコレプシー(反復する日中の居眠り. 毎日のように強い眠気に襲われ眠り込んでしまい、入眠時幻覚などを引き起こす)、シェーグレン症候群(自己免疫疾患の一種であり、涙腺の 涙分泌を障害、唾液腺の唾液分泌などを障害する)、メニエール症候群(激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳 閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患)、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎などは異常波動が原因の「波動病症候群」だと言えるでしょう。

花粉症妖精が原因のことが圧倒的に多いので、霊障害と言えますね。
春の花粉の季節にもお伝えしましたが、浄化されたい妖精は至る所にいます。
秋も多いですね。最近はとても多いです。

進化」という言葉は、これまで「より良い方向に進む」という意味で使っておりましたが、「悪い方向に進む」ことも「進化」にはちがいないので、これからは「進化」や「変化」を使うときは、意識して使用しなければならないと思っているしだいです。




           hikari


自分がつくった病気」あるいは「引き寄せた病気」は、必ず「自分で癒すことができる」ということ。
さらに言うならば、「癒しが起こるかどうかは本人しだい」ということなのです。
いつも言っておりますが、わたしは癒しのお手伝いをさせていただくのみです。

癒しの恩寵は、「治したい」「癒したい」というその人の強い意志と努力に対して与えられるものです。

「私が病人を治したのだ」と思っているような医師や霊能者は世界中に多々おられるかと思いますが、それはエゴ以外の何者でもありません。

悪霊を追い出し、さまざまな病気をわずらっている人を癒したイエス・キリストも言っておられますね。
汝の信仰が汝を救ったのだ」と。

その真実を再度お伝えしておきたいと思います。 


過去記事 カテゴリ:あなたが癒す「心とからだ」 参照


地球の変化が激しくなっています 

2013年10月17日 00:00


★ 地球の変化が激しくなっています ★



今年はほんとうに台風が多いですね。風と雨の浄化です。
皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか?

台風26号の影響で、大きな被害が出た地域もありましたが、それはまちがいなく浄化が必要だったためです。
今回のコースで、伊豆大島での浄化は終了しましたが、その他の東海、関東、東北などの浄化は未完了のままです。よって、まだまだ嵐による浄化作業は必要だということです。
地域の皆さんの個々の意識の浄化が必要です。意識して日々をお過ごしください。


バラのライン


最近自分や周囲の人たちの振動数が著しく速くなっているのを感じます。
10月からの「課題の個人レッスン」や「10月のセミナーの準備」などで、それぞれ写真を送っていただき、波動の調査をさせていただきながら感じたことですが、皆さん、振動数が予想よりも随分高いのです。
驚くほどの周波数をもっていながら、意識レベルがそれに追いついていないという感じがします。
ネガティブなエネルギーを取り払うことができたなら、もっと力を発揮することができるでしょう。一刻も早く本来の自分を取り戻すことが必要です。

また、ネガティブ思考に取り憑かれてしまった人は、各段意識レベルが落ちてしまっています。
人や物への感謝の気持ちがなくなってきている人は、意識レベルや波動がまちがいなく低下していると思ってください。
そのままの状態で行くと、壊滅状態に向かうパラレルワールドの地球とともに生きることとなるでしょう。
今気づいて、波動修正することが必要です。

地球上での変化はさらに激しくなっています。もう後戻りすることはできません。
皆さんは上昇し続けている地球とともに前進するしかないのです。


今回は今わたしが皆さんにお伝えしたいと思っていたことを違った視点から書かれていた内容がありましたので、海外からのメッセージとしてお届けしたいと思います。



地球の夜明け



~スピリチュアルな成長を加速する~
                        セラシア 2013-10-11



~個人の人生~


以前の転生とは違ってこの人生は初めと終わりの絶えざる連続です。
結局、聖なる変革者としてあなたは、地球全体に展開する変化の最前線にいます。これは、それまでの人生よりも早く変化し、それまでの人生よりももっと多くの未完の課題を抱えるということです。

未完の仕事(課題)とは何か? あなたの過去や親先祖の束縛がDNAにありますが、あなたが目覚め悟るためにそれに取り組み、きれいにすることが必要なのです。
早く進むと未完の仕事に注意が惹きつけられます。それがウエイクアップ・コールになって表れます。
この人生のウエイクアップ・コールは、スピリットの後押しです。その道を歩くと、まさにDNAに埋め込まれた神聖な性質を発見し、それを体現していけるようになります。
あなたの本質は恐怖でもなく怒りでもない、善と愛です。


~善の行い~

あなたの中には、善いことを経験して周りが素晴らしくなってほしいという欲求や願いがあります。そのようにならない時は気持ちが沈み、見下げた人たちだと不満を言うかもしれません。人間の意識は不安のない高い状態になるのだろうかと疑う時もあります。
善を信じるというのはそのように簡単なことではありません。しかし、困難な時でも心の奥では、愛がすべての核心であることを知っています。
あなたという愛は人生にはサイクルがあることを理解しており、愛が広がることを信じています。

世界中に危機があります。それが専ら報道の関心事です。新聞の一面に、地球の素晴らしさやこの世界が光輝く世界に変わる基が愛であることについて伝えることはほとんどありません。

あなたは、自分の恐怖心や不安が表れる都度その一つ一つに注意して、出来る限り愛の心でいる努力をしてこのバランスを保つことが出来ます。
不安を乗り越え、批判をよく理解することに置き換えていくことで、あなたの中の混乱や怖れと不安のバランスを回復できるようになります。
今という瞬間に生きていることを忘れず生きる時に、この不確かな時代に数々の困難や問題を受け留めて対応することがもっと楽になります。



~稀なこの今生~

次のような点でこのような時に生まれるのは稀なことです。

(1) スピリチュアルな存在にコンタクトできる。 
(2) 肉体を持ちながらスピリチュアルな情報を手にできる。 
(3) そのような学びが出来る環境に生まれている。 
(4) 地球全体の目覚めの時代に生きている。


そのようなギフトやあなたがそうできることを軽く見ないでください。厳しい状況に立たされて人生や世界の希望を失うような気持ちになる時には、どうかそのようなギフトがあることに立ち返ってください。

あなたはこのような幸運な人生に生まれて来るために、何回もの人生でその準備をしてきました。あらん限りの自分になり、日々ベストを尽くし、あなたの核である愛を伝え愛になり、準備してきたことを誇りに思いってこの時を生かしてください。世界から遠ざかっているように感じる時がありますが、あなたは一人ぼっちではありません。スピリットはいつもあなたと一緒にいます。

Copyright 2013 by Selacia, Channel for The Council of 12 * All Rights Reserved * http://www.Selacia.com





地球に降る光


  ~大天使ガブリエルからのメッセージ~



人生で起こることの価値はあなたが決めます。
真心で感謝してそうするのです。
「感謝」「有難い」という言葉は、感謝してその価値を認め、高める、好ましい評価をするということです。
それは、あなたのフィードバックを宇宙に返して人生をもっと良くしようとする手段です。

感謝を選択の過程だと考えてください。
あなたが感謝を示す時には、もっと経験したいと言っていることになります。
一方、気に留めないことというのは、経験したくないのでそこから離れようとしていることになります。
感謝と有難いという思いは庭の花に水をやり、人生にもっと喜べる、美しい花を咲かせる力を持ちます。




ふたつのハート

★光の花束「不滅の詩」のほうも更新しました。
OSHOからのメッセージ「常に意識を選びなさい」も併せてお読みくだされば幸いです。




今後「課題の個人レッスン」を申し込まれる方々へ

2013年10月31日 01:00


★ 意識レベルについて ★ 



10月のセミナーが終わり、1週間が経ちました。
今回は東京をはじめ、九州の佐賀県や岐阜県、そして兵庫県からもお越しいただきました。遠方よりはるばると来られただけあって、皆さんとても学習意欲に燃えておられ、大変白熱した授業をおこなうことができました。

異常波動の根源となるもの』や『チャクラのカラーの話』、『チャクラのアンバランスによって生じる症状』についても、記事に書いていない内容をしっかりとお伝えしておりますので、常に忘れないようにして、ご自身でカラーヒーリングをしていただきたいと思います。

参加された皆さんの振動数や意識レベルは、お申し込みの際に把握しておりましたが、セミナー当日は2倍まで急上昇されましたね。
特に「祈りの言葉の詠唱」や「瞑想」をする前と後の振動数と意識レベルの数値を、おひとりずつ手に触れてお調べしましたが、まちがいなくミラクルが起こっていました。

最高潮に達したときの参加者4名の方々の振動数の平均は、何と32.25万回/秒でした。
また、意識レベルは12~13次元となった人が2人、13~14次元まで上昇したが2人いらっしゃいました。
信じられない人がおられるかもしれませんが、参加者さんたちの意識が光に包まれて急激に高まっていたことはまちがいないのです。
現に『光の浄化箱』が創れており、そこにいろんなものが入ってきていましたね。
『光の浄化箱』を創れるということ自体がすごいことなのだと知ってください。
一般人には決して創れませんから。これが、セミナー時に起こったミラクルの真実です。

佐賀県の男性の方には、セミナー前から守護神が合体していることをお知らせしていたのですが、セミナー当日も守護神の存在があり、意識レベルが27~28次元となっていました。ご本人は、浄化箱にはたくさんの自分自身から出てきた「がらくた」のようなものが入っていると言っておられましたが、とても力強い光の箱が創れていたように思います。その後、守護神さんは離れたので、2回目に調査した際には、その人自身の振動数と意識レベルが出ていましたね。それにしても、すばらしい値でした。今現在は父親への怒りからまた意識レベルが下がってしまわれましたが、元々高い方なので、それ以下にならないよう意識していただきたいと思います。



天使3


過去記事でお伝えしたばかりですが、意識レベルが30次元になると、第1段階のハイアーセルフの状態となります。それを越えますと、67次元に存在するハイア―セルフが現われ、その次元の意識レベルになると、第2段階のハイアーセルフ状態となります。

イエス・キリストや仏陀が生きていた頃は、人類の振動数も意識レベルも、非常に低かったのです。ですから、イエスや仏陀でさえ「え? それくらいなの?」と驚くほどの意識レベルだったのです。
これは、ペンジュラムの個人レッスンを続けておられる女性にも調査をしていただいて、結果が一致しております。11月のペンジュラムセミナーの参加者さんにも、当日その調査をしてもらおうと思うので、今はその数値を書かず、内緒にしておきましょう。
お楽しみに!

今から2000年前くらいの人間の意識レベルがとても低かったからこそ、イエスのような優秀なDNAが必要だったわけですし、意識を上昇させるためにイエスや仏陀の説法が必要だったのだと思いますが、今現在は「地球の次元上昇」という嘗てなかった体験をしている最中ですので、特に聖人が現われなくても、地球と調和して生きている人たちの意識は自然に上昇していっているのです。
しかし、その体験をしている人間は、残念ながら人類全員ではありません。
地球が上昇しているからと言って、そこに住んでいる人間の皆が皆、上昇しているわけではないということを、しっかりと知っておいてください。 

本日調査した結果、未だに3次元レベルの意識を持った地球人がおよそ50%もいることがわかりました。ふたりのうちひとりは物質次元の思考で生きているということですね。
あとの50%のうち4~6次元意識の人は30%、7次元意識の人は10%です。このブログの読者さんの多くはこの7次元レベルです。「課題」のレッスンに真剣に取り組もうと日夜意識的に過ごしている人たちの意識レベルでもあります。
以前にも申し上げたと思いますが、意識レベルが7次元台であるということは、スピリチュアルを認識して生きようとしている入門の段階なのです。

8次元以上になりますと、これまでよりも、さらにオリジナルの自分を生きることができます。その人の霊格と人間性が一致するのは、8.5~9次元以上です。
特に第1段階のハイアーセルフ状態(30次元)で生きている人は、そのままの状態がすなわち自分自身であるということなので、他者に左右されることなく、独自の生き方を認め、苦楽ある人生をそれなりに楽しみながら貫くことができるのです。つまり、「独りある者」として生きていくことができる段階です。

これは、今現在の地球に生きる全体的な人間の状態から感じるわたし独自の見解です。思いに制限はありませんから、発想は自由です。皆さんも制限をなくす努力をしてください。制限があると、それ以上の意識の向上は望めないからです。

世界の人々のなかで、意識レベルが3次元~7次元までが90%を占めていますが、あとの10%のうち、悪霊に憑依されて3次元にも満たない人、あるいは測定不能となっている常に異常波動の人が2%、そして8次元以上の高い数値を示す人は8%ということです。
人の振動数や意識レベルは時間とともに刻々と変化しているので、これは2013年10月30日~31日の調査結果であることを理解しておいてください。

9月3日付の記事「高い振動数の人」&「低い振動数の人」を書いた頃と比べますと、今現在10月末では周囲の人の振動数と意識レベルは各段の差があります。
猫たちの振動数は26万回/秒と書いておりましたが、本日の調査の結果、ミッチェルとリーラは30万回/秒となっており、意識レベルは12次元となっています。当時一般人と同じほどで8万回だったピャーラは11万回/秒と上昇しています。
猫なのに、なぜそんなに高い数値が出るのか、わたしにもよくわからない(笑)のですが、ハイアーセルフは「わたしと一緒にいるから」だと答えます。
わたしと話していると、どんどん波動が上昇していくことを実際に感知できる人がどれほどおられるかわかりませんが、機会があれば、できるだけ長く一緒にいて話をされることです。


          黒猫

ユニコについては、ウォークインの中身が変わった(オリオンの魂からシリウスの魂にチェンジした)ため、今は記載を避けたいと思います。現在はようやく地球の猫としての生活に慣れてきたばかりですので、またいつか詳細なユニコの変貌について書いてもよいかと思っております。
名前もユニコではなく、「タケちゃん」に変えました。中にいる魂は男性で、「タケタケタケ…」と鳴くからです。この子は以前の魂とは違って、とても人懐っこく、わたし以外の人に頭をなでられても嫌がりませんが、意識レベルは以前のオリオンの魂のほうがまちがいなく高かったと思います。シリウスにいた魂と言っても、猫のなかに入るくらいなのです。意識レベルはリーラやミッチェルと同じくらいです。

猫だけでなく、もちろん長女や次女、夫の振動数も上昇しています。読者の皆さんも、「課題」の個人レッスンをされたことでレベルアップしていると思う人がたくさんおられます。もちろん、中途挫折した人は堕ちていますが。

10月のセミナー後も、参加者さんの波動の様子をお知らせしておりますが、翌日元に戻ってしまわれた人もいらっしゃるし、数日間持続されていた方もいらっしゃいます。
しかし、皆さん、結局は何らかの原因があって、下がってしまわれましたね。
どの方も、下がった原因が何であるか、気づいていらっしゃるようですが、それなら、その原因を取り払ってしまいましょう。いつまでもネガティブ思考にはまっていないで、即刻意識を切り替えることです。
とにかく、ちょっとしたことで自分の意識レベルや振動数が揺れ動かないよう、つよい基盤をつくることが先決です。


天使2


★今後「課題の個人レッスン」を申し込まれる方々へ★



★「課題の個人レッスン」は、まずは「数秘リーディング」を受講されてからになさってください。そのプロセスで自己探究されるのが有効的だと思うからです。
また、希望なさるときは、カテゴリ【『気づきのコース』のお申し込みについて】を必ず最後までお読みになってください。

「数秘リーディング」にしても「課題の個人レッスン」にしても、ブログ記事を半年~1年くらい読んでからにしてくださるのが望ましいです。
なぜなら、にわかに読まれて希望されても、(そのときは、やる気満々で申し込まれるのですが)結局レポートが追いつかなかったり、意識レベルがついていかなかったりして、たいてい中途挫折されるからです。

やはり、基盤ができていないからです。つまり、受け容れる準備がにわか仕立てであるからです。
ハイアーセルフはその人に今「課題のレッスン」が必要であれば、準備がにわか仕立てであっても、たまにOKを出すことがありますが、そういう場合は、自分にどんな問題があるのかを早く知らせるがためです。
それは50歳以上の年齢を重ねている人に多いようですが、「早く自分の課題を知って、対策を立てなさいよ」というお知らせなのです。

ところが、にわか仕立てであるために、問題の原因がわかったところでもう納得してしまい、それで自分勝手に終了してしまう人もおられるのです。
そのあと、どんなふうに自分を変え、どのように生きていけばよいかを考え、それを実践することが大切な作業であるはずなのに、自分のこれまでの人生の問題であった原因を教えてもらったら、「はい、その通りでした。原因がわかってとても楽になりました」だけでは、「課題」をクリアできたとは言えないのです。自己探究を全くされていないわけですから、あまり意味がないのです。

今月の受講者さんで、レポートらしきものもほぼ書かれないまま1カ月が過ぎ去ろうとしていたため、「来月はどうされますか?」と尋ねたら、「お金がかかるから止めます」という方がいらっしゃいました。そんなことで中途挫折されるくらいなら、最初から申し込まないでいただきたいなと思いました。
1カ月間で、見事に「課題」をクリアされている人たちもおられるわけですから、「その貴重な1カ月間、あなたは一体何をしていたのですか?」とお尋ねしたくなります。
第一に「課題」を導き出し、最高のサポートをしようと待っていた者に対して、失礼ではないでしょうか?

出された「課題」をクリアできるまで頑張る気持ちがない人は、決して申し込みをしないでください。
この『個人レッスン』では、まずその人の今現在の「課題」を提供し、それについて深く掘り下げていっていただくこと、そして、最終的にはその問題を解決し、完全にご自分の内側から解放していただくことを目的としています。1カ月間でクリアできなければ、翌月に持ち越されますよということも、過去記事に書いていた筈ですね。

★また「課題」をお送りした最初の箇所にも、つぎのように記載しております。

この『個人レッスン』では、まずあなたの今現在の課題を示し、それについて深く掘り下げていっていただくこと、そして、最終的にはその問題を解決し、完全にご自分の内側から解放していただくことを目的としています。
課題について探っていかれる際に、さらに気づきを深めるためのヒントとなる「キーワード」を提示させていただくことがあります。
あなたがいかに真剣にその課題と取り組まれるかによって、与えられる「キーワード」の回数や内容の深みが異なってきます。
人間は、目的をもって生きることができます。今、ここに、目的をもってチャレンジできることを、心から喜びましょう。すべてはあなたしだいです。


この文章を理解していただけていない方が実際におられたことを大変残念に思っています。
新しいキーワードが出ないのは、最初のキーワードがまったく掘り下げられていないためなのですが、「まだ自己探究が全然できていませんよ」ということなのです。
「自己探究をする」ということがどういうことなのかも、お解りなっていなかったようですが、やはり最初から最後までブログを読まれ、理解されてからお申し込みになっていただきたいと、今回もつくづくと思ったしだいです。


猫と肉球黒


セミナーの場合もまったく同じです。
初心を忘れて途中で気が変わり、仕事や家族や病気や遠方のせいにして、事前の準備のレポートも書けず、参加をキャンセルしたいと言ってくる人が時々いらっしゃいます。しかし、原因はまちがいなくご本人にあることをしっかりと認めていただきたいと思うのです。「偽りの断り」をすること自体を恥ずかしいことだと思っていただきたいのです。自分自身を欺いているということを知ってください。
己をもっと正しく知ってください」ということです。

何でも自分以外の外側のせいにしている人は、たいていは強烈にネガティブで自己中心的な憑依霊の影響があるのです。
もしもご自分で「ネガティブな憑依霊が憑いているため、他の人にご迷惑がかかるので、残念ですが、参加できません」というようなことを書いてくる人がいたとしたら、その人は至って精神が正常だと思うのです。(残念ながら、そういう人は今のところいらっしゃいませんが)
自分のことしか見えていない自己中心の人に比べて、他者のことを気づかうことができるという時点で、「大変まともですよ」ということです。

とにかく波動がわかる人間に対して、「偽り事」や「言いわけ」はすぐにばれてしまいますので、常に正直にお気持ちをお伝えくださいますよう、くれぐれも申し上げておきます。


ふたつのハート

本音で生きる時代になっていても、
未だに本音が語れない人たちがたくさんいます。

自信がなく、他者に認められない限り、
自己の存在の価値を見いだせない人が、
数多くいます。

これほどまでにブログで
自己を信じることの大切さ」や
自己を認めることの大切さ」を語っているのに、
幾度となく「独り立つ者になりましょう」とお誘いしているのに、
なぜそれができないのでしょうか? 

自分自身を認め、愛せない人、
自信が持てない人、
なぜそうなのかをじっくりと考えてみてください。

これまで他者に自己の評価を求め、
ありのままの自分を認めたり受け入れたりすることができず、
また、ありのままの自分を愛することができなかった女性が、
今月の「課題」を1カ月間でめでたく終了されました。

次回はその方のレポートを掲載したいと思います。
自己評価をつい他者に求めてしまう人たちにとって、
参考になるのではと思います。

お楽しみに。





最新記事