出会えた奇跡に感謝

2011年07月29日 09:12



最近、眠くないですか?
わたしはというと、うちの猫たち同様、時間さえあれば眠っています。
どうもあちらの世界のほうがいいみたいですね~。(笑)

わたしは本来一般人よりも睡眠時間が多いほうだったのですが、朝早く(たいてい4時くらいですが、3時のときも))幾度もニャンコに起こされ、なかなか睡眠がとれない状態がここ3年間余り続いていて、一度ゆっくりと眠らせてほしいと思っておりました。
最近はそれを取り戻すかのように、昼間でもよく眠っております。(笑)

だんだんこちらの世界でやることがなくなってきたせいでしょうか?
まだいろんなことをしたい気持ちは残っているのですが、どちらかというとあちらの世界のほうが好きなようで、つい睡眠のほうを選択してしまう今日この頃です。(笑)

猫は一日の4分の3くらいは眠っています。
こちらの世界よりあちらの世界の方が圧倒的に多い生き物です。
いったいどこに行っているのかと、とても興味が湧きますね。
もしかしたら、もうアセンション後の地球に行っているのかもしれませんね。


       ねんね
         ねんねするミッチェル 撮影 光の仕事人



★ 迷える羊さんのために ★



人の子(イエスのこと)は、滅びる者を救うためにきたのである
イエスはそう言いました。
そして、つぎのように語っています。

あなたがたはどう思うか。
ある人に百匹の羊があり、その中の一匹が迷い出たとすれば、
九十九匹を山に残しておいて、
その迷い出ている羊を捜しに出かけないであろうか。

もしそれを見つけたなら、よく聞きなさい、
迷わないでいる九十九匹のためよりも、
むしろその一匹のために喜ぶであろう。

そのように、これらの小さい者のひとりが滅びることは、
天にいますあなたがたの父のみこころではない。
                 マタイによる福音書 第18章より



今現在このブログの読者さんで、気になっている人たちがおられます。
上記に登場する「迷える羊」さんのような人たちです。

皆さんには、このブログが終了真近であることをお伝えしており、現に7月末で終える予定でした。
つぎの段階のための準備をしたかったからです。
けれども、気になっている人たちがまだ残っていて、まだ伝えたいことがたくさんある気がするのに、ほんとうにこれで終了してもいいのか? という問いが、このところ繰り返し出てきておりました。

前回書いていた「人生の指南書 第二巻」のアイデアは、「第一巻」を卒業した人に読んでもらいたいと思っている内容です。
しかし、それは、もしかしたら、アセンションしたあとのブログになってしまう可能性も大なのです。
もし皆さんが地球とともに次元上昇する選択をされなければ、もうお目にかかることはありません。

そこで、昨夜自分に納得いくまで問うてみました。
そうしたら、わたしの魂が「もう少し、このブログをつづけたい」と切望していることがわかったのです。

わたしの記事で、さらに今まで気づかなかったことに気づいてもらえたら…。
これまでその人を縛っていた「思いの制限」を真に解き放ってもらえたら…。
そのためにくり返しメッセージを伝えていくことが、今のわたしには一番満足のいく「この世での仕事」であると、再確認したのです。

今も迷っている羊さんたち。
もしくは、「迷っている」ことに気づいて、羊飼いのところへ戻りたいと思ってはいるけれど、どこかに迷い込んで帰れなくなってしまっている羊さんを救出したい。
とりあえずは、光の扉の入口までは誘(いざな)いたい。
イエスが語った「羊飼い」さながらの心境です。
さしでがましいことかもしれませんが。

それで、「ブログをもう少しつづけていくこと」について、ハイアーセルフや守護の神霊に確認をとりました。
果たして、いずれもOKでした。
たとえ万が一反対されても、やる気でいましたが。(笑)
ハイアーセルフがNOを言うはずがありません。
その内容が、人々の魂の救済にあるのであれば、なおさらです。

というよりも、本気でやりたいと思っていることを阻止するなんてことは、誰にもできません。
神さまはいつでも「あなたの好きなようにしなさい」、「あなたの本心に従いなさい」、「ご随意に」と言うはずです。

阻止するのは、当の本人のみです。
誰かに言われて変えるのではありません。
したいことの優先順位を変えるのは、自分自身です。

「こうあるべきだ」という思い込みから自由になって、ただ自分の意志と情熱に従えばいいのです。

あなたは、「私はもっと情熱を感じなければいけない」とか、「もっと思いの制限をひらかなければならない」と思ってはいませんか?
それこそ、自分を制限している証拠ですよ。
「~せねばならない」はすべて取り外しましょう。
そして、「~したいからする」に切り替えましょう。

ブログを書きたいから書く。つづけたいからつづける。
(もう十分だと思えば、やめます)

それは自分自身の学びです。
過去記事にも書きました。
「教えることは学ぶこと」と。
自分が知り得たこと、伝えたいことを、書きつづけていくこと。
皆さんが気づいていかれる中で、自分自身もさらに気づいていく。
それを心から楽しみたいと思います。



★ 出会えた奇跡に感謝 ★



平原綾香さんの歌「Jupiter」を聴くと、わたしはいつも胸が熱くなります。

今日は、迷える羊さんへ、
そして、ブログを通して出会えた多くの皆さんに、
下記の歌をお贈りしたいと思います。

この歌を聞きたいときはCD、もしくは You Tube 「Jupiter-平原綾香」を検索して聞いてくださいね。

目を閉じて、
ハートをひらいて、
全身で、
この歌を聞いてみてください。
魂がふるえるのを感じてみてください。

   

  Every day I listen to my heart
     ひとりじゃない
  深い胸の奥で つながってる
  果てしない時を越えて 輝く星が
  出会えた奇跡 教えてくれる

  (中略)
  夢を失うよりも 悲しいことは
  自分を信じて あげられないこと

  (中略)  
  愛を学ぶために 孤独があるなら
  意味のないことなど 起こりはしない

  (中略)  
  私を呼んだなら どこへでも行くわ
  あなたのその涙 私のものに

  
  平原綾香 / Jupiter より一部抜粋
  (作詞: 吉元由美  作曲: G.Holst )




  あなたがたに出会えた奇跡に感謝します。
         ありがとう。

  あなたがたに、たくさんの愛と感謝、
      そして光を贈ります。





最新記事