「霊界通信」についての考察―霊界通信はどこまで信じられるか

2010年10月27日 22:20


★ 「霊界通信」についての考察 ★



今回は類魂説をお伝えする前に、霊界通信と呼ばれるものの信憑性について、マイヤースの例を挙げてお話ししたいと思います。


マイヤースの霊界通信の内容は、浅野和三郎氏の『永遠の大道』という題名で潮文社から出版されていますが、お読みになった方はいらっしゃるでしょうか。

浅野氏の翻訳本は大正14年に復刻されており、その復刻版の新装版をつい最近購入して読んでみたのですが、旧式の漢字が使用されたままで、誤字当て字もあり、印刷も鮮明でなく、正直言って、大変読みづらいものがありました。

じつは「類魂」が説明されているP70~80の箇所を、長女に朗読してほしいと頼んだのです。

果たして、旧字が読めないだけでなく、意味がわからないことばが多々あり、辞書で調べても不明の文字もありで、10ページの内容をすらすらと読めるようになるまでに、数時間を要してしまいました。(苦笑)
長女は「もう二度と読まないであろう」と言い残し、わたしに本を返しました。(さもありなん…)

これから読む若い人たちのためにも、現在の漢字と仮名づかいに直して、発行していただきたいと、つくづく思ったしだいです。


★ マイヤースについて ★


★さて、死後霊界通信を送ったフレデリック・ウィリアム・ヘンリー・マイヤース氏は、1843年に英国に生まれました。
彼は文学者で、詩人。そして、心霊研究家の開拓者として功績を残した人だったようです。

浅野氏の解説によりますと、マイヤースは1882年に少数の同志と協力して『英国神霊協会』を創立しています。
現在も使われている「超常 supernormal」や「テレパシー telepathy」などの用語は、彼が創案したのだそうです。(そうだったんだ!)

1901年に亡くなったマイヤースは、死後30年経って、当時自動書記の能力があったジェラルディン・カミンズ嬢を媒体に選び、霊界通信を始めました。

マイヤースは自分の霊界通信の困難さについて、つぎのように述べています。
(現代の漢字と仮名づかいに直して記します)


『人間の潜在意識は、われわれ幽界居住者にとって、なかなか取り扱いにくいものである。
われわれはこれにわれわれの通信を印象する。
われわれは決して直接に霊媒の頭脳に印象するのではない。
そんなことはとうてい不可能である。
潜在意識がそれを受け取り、そして頭脳に伝送するのである。
頭脳は単なる機械である。
潜在意識はちょうど柔軟なロウのごときもので、われわれの思想の内容を受け取ってくれ、そしてこれを言葉の衣装で包むものである。
いわゆる十字通信が困難なのはこれがためである。

思想の伝達には成功するとしても、これを表現する言葉は、主として潜在観念の受け持ちにかかる。
ゆえに、もし私がある文章の前半を甲の霊媒に伝え、残る半分を乙の霊媒に伝えたとしても、それは主として内容の問題で、言葉の問題ではない。

もちろんこちらはなるべく思想と同時にこれを盛るべき文字をも伝達しようとはするのであるが、実際の綴り方は、どうしても霊媒の記憶から来るので*誤謬(ごびゅう)もできる。
そして時とすれば、全然霊媒の用語のみで表現されてしまうこともある』


浅野氏の翻訳を忠実に書き出してみましたが、わかりにくいことばや言い回しがあったかもしれません。
*誤謬は、間違い、あやまりという意味。
*十字通信というのは、カミンズ嬢とレナルド夫人が別々に同じマイヤースからの通信を受け取って、比較研究をおこなったことを指している。


★ 霊界通信はむずかしい ★


★ここで、わたしがこの内容を、なぜ皆さんにお伝えしようと思ったかですが、いかに霊界通信が大変であるかをマイヤース自身が語っているからです。

通信の内容は、マイヤース自身が直接ペンをとって書いたものではありません。
伝えているのは「あの世の人」なのですが、それを表現するのは「この世の人」だということです。
書記は実際に霊媒となった人が行なうので、その人の魂の進化の程度や言語量や表現力が乏しいと、「あの世の人」が真に伝えたいようには伝えられないということなのです。

最近海外ではチャネラーと称する人たちが、頻繁に異星人や宇宙の某存在のメッセージを伝えていますが、それもやはりチャネラー自身に、世界の地理や歴史に対する知識がなかったり、存在が伝えようとするボキャブラリーがなかったりすると、当然のことながらその存在は、正確に伝えることがむずかしくなるということです。

ここで、霊界からの伝達がどこまで正確に伝えられているか、という疑問が生まれてくるわけですね。

また、ここで気づかれた人もおられるかと思いますが、マイヤースは最初に『人間の潜在意識は、われわれ幽界居住者にとって、なかなか取り扱いにくいものである』と語っています。

この『幽界居住者にとって』というところに着目すると、彼は幽界にいて、幽界から通信していたということになりますね。
「霊界通信」ではなく、「幽界通信」だったなんて、これにはちょっと驚きました。

マイヤースは、自分には知識と経験に限りがあるということ、ただ自分が見た事実を物語ろうとするだけのもので、自分がこれから伝達しようとすることは、すべて自分自身の他界における知識の発表であって、自分には自分が知っている事実しか物語れないと伝えています。

第6章の『類魂』の箇所でも、彼はつぎのように語っています。

『現在私の居住する超物質の世界には、無限に近いほどの生活状態があるので、私はただ私が知っているだけしか説明できない。
私は決して絶対に誤謬をせぬと言わないが、だいたいこれから述べるところを一の定理と考えてもらいたいのである』


マイヤースは高次の階層にいたわけではないようですが、とても正直な人柄であることは、わかりますね。
彼が伝えようとした内容自体には、ウソやまやかしはないように感じられます。
それが、「その霊人のその次元における真実」なのですから。


★ 霊界通信はどこまで信じられるか ★


霊媒が他界からの通信を翻訳して書いた内容を、また日本人が翻訳して書いていて、それをわたしたちが読むのですから、しだいに信憑性が薄れていくのは仕方がないと思います。
マイヤースの「霊界通信」をはじめ、「シルバーバーチの霊言集」、また、さまざまな有名人たちの霊言など、巷には「霊言集」であふれかえっていますね。

特にシルバーバーチが大好きで、その通信を心から信じ込んでいる人たちはたくさんいらっしゃるようです。
わたしも何冊か読んでいます。
しかし、どんなにシルバーバーチが謙虚で気高く、すばらしいことばを発していようと、「霊言集」のすべてを丸飲みしないほうが賢明のように思います。
確かに非常に納得できる箇所はたくさんあります。
けれども、「そのように断言するのはどうかな…」と思う箇所、「何か変だな…」と感じる箇所もないとはいえないからです。
その霊言のすべてが、真にシルバーバーチだけのメッセージであるのかどうか? についても疑ってみることです。

ですから、さまざまな「霊界通信」や「異星人をチャネリングした本」を読むときには、決して鵜呑みをせず、常に自分の感覚を大切にしながら読み進め、理解していくことが肝要であると思います。
スピリチュアルが好きな人のなかには、疑うことを知らない純真な人たちもいますから、要注意です。

やたら「それはこうなのだ」とか、「それは絶対にまちがっている」とか、何事につけても断定する人たち。
あるいは、自分とは異なったことを主張する人に対し、バカにしたような口調で裁くような人たち。
そういう人たちが信じているものというのは、とりあえず「怪しい!」と疑ってみたほうが賢明です。

この世界に「絶対に正しい」といえるものがあるでしょうか?
また、「絶対にまちがっている」といえるものがあるでしょうか?
 

わかっているのは、この世界のすべてが相対的で、ものごとの正否はそれぞれの人の意識レベルで決められるものだということです。




ハート
大疑は大悟の基(たいぎはたいごのもとい)といいます。
大いに疑問を持つことが、後に大きな悟りを得るもとになるということです。

さて、あなたはどのように感じられたでしょうか?

「類魂説」についてはまた今度ということになりますが、次回をお楽しみに。



死後マイヤースが見た世界と「類魂説」について

2010年10月31日 20:00


★ 死後マイヤースが見た世界 ★



マイヤースの類魂説を語る前に、彼が示した「七つの世界」について、簡単にお伝えしておきたいと思います。
マイヤースは、死後各自の魂が、順次に通過する世界を7つに区分しています。
浅野氏はこの分類に対しては多少無理があるとして、自分なりの分類法に割り当てたものを記していますので、浅野氏の分類も記載しておきます。


★マイヤースの分類 (カッコ内は 浅野和三郎の分類 )
★1 物質界 (1 物質界 主として欲望の世界)  
★2 冥府または中間境
★3 夢幻界(常夏の国)(2 幽界 主として感情の世界)
★4 色彩界 (2 幽界 主として感情の世界) 
★5 光焔界 (2 幽界 主として感情の世界) 
★6 光明界 (3 霊界 主として理性の世界)
★7 超越界 (4 神界 主として叡智の世界)

(*これら各界の中間には、すべて冥府または中間境があるとマイヤースは述べる)

永遠の大道』とともに浅野氏によって翻訳された『個人的存在の彼方』の箇所で、マイヤースは自分のことを「第4界(色彩界)に達したまでの新参者」だと語っていることから、彼はこの第4の界層で見聞した様相を伝えているものと思われます。


★ マイヤースの類魂説 ★ 
   
   
   類魂はこれを単数と見れば単数、
   複数と見れば複数でもある。
   すべてに共通する。
   『霊(スピリット)』の力によって、
   同系の『魂』たちが一つに集合するのである。
                      マイヤース




★彼は「」と呼ぶ「本体部分」と、「同系の魂たち」 と呼ぶ「分身部分」をひとまとめにしたものを、「類魂 グループソウル」と言っています。 

(マイヤースが「」と呼ぶ「本体部分」のことを、浅野氏は「本霊」と訳しています)

マイヤースが「第6界」と呼ぶ世界に存在するひとつの「本霊」が、自分から分かれた同系の複数の魂、すなわち自分の「分霊」を多数養っていて、ひとつの集団を形成しているということです。

その「本霊」が養っている「同系の魂たち」の数は、20の場合もあれば100の場合もあり、1000の場合もあり、その数は決して一定していないと言います。

おそらく基本的に類魂の小集団が無数にあって、それらが集まってつぎの次元の類魂の大集団を形成しているのではないかと思われますが、その詳細については書かれていません。



★ マイヤースのいう「カルマと誕生」について ★
     ―あなたの前世は、あなたの類魂の地上生活を指す―




★つぎに、マイヤースは「現世生活は自分の生活であると同時に、また自分の生活でない」と言います。
自分の前世とは、自分と同一系の魂の一つが、かつて地上に送った生涯を指す」と言うのです。 
そして、それが今生の自分の地上生活を基礎づけることにもなるとして、仏教徒がいうところの「カルマ」とはちがうとして、つぎのように述べています。

たいがいは自分自身の前世のカルマではなく、自分よりはずっと以前に地上生活を営み、自分の地上生活の模型(枠組み)を残してくれた、類魂のひとつがつくったカルマなのである。
よって、自分自身もまた、自分の地上生活によって、同系の他の魂に対しての模型を残すことになる。
かくてわれわれは、いずれも独立的であるが、同時にまた、種々の界で連携的に働いているところの、他の類魂の強烈な影響を免れないのである。

私自身は決して二度と再び地上に現われることはない。
が、自分と同系の他の魂は、
私がかつて地上で制作した同一模型、
カルマのなかに入ることになる。



★わたしという人間は、自分の類魂が前世でつくったカルマによって、今回この世に生まれてきたのであり、次回生まれる類魂は、今生でつくったわたし自身のカルマによって地上に出てくるということになります。

「自分自身がつくったカルマを、自分自身で解消するために生まれるのではない」ということですから、「仏教で説くカルマ説」とは確かに異なっていますね。

わたしたちが生まれたときに「不公平」、「不平等」と思える境遇があらわれるのは、この「類魂説」をもって納得がいくのだとマイヤースは言うわけです。



★ 類魂の進化 ★


マイヤースが言う「類魂の進化」について、簡単にまとめると、下記のようになります。


【一個の中心霊】→「第6界」に存在し、白光に輝いている。

→いくつかの魂に分かれる。  

→分かれた魂たちは、それぞれ異なった時代に地上生活を営む。

→つぎの魂が、前の魂が残したカルマのなかに入る。
 (地上に誕生)

→霊的進化の各段階に置かれた魂たち同士のあいだには反射作用が生じる。
 (連帯責任をもっている)

→所属の一切の魂たちが進化し、全員が「第5界」に到達すると、融合する。
 (個性=全性、差別=平等となる)

→この段階で全員「第6界」に前進する資格ができる。
 (ここで魂たちは再び冥府に入る)

→「第6界」の存在の目的は「一神多神一霊多魂」の同一化の完成。
 この目的が達成されると、個々の生命を包含する霊は、首尾よく彼岸の神秘のなかに入り、人生究極の目的である無上智の進化を成就する。

→「第6界」から「第7界」への進入は、物的宇宙からの脱出である。
 ここでは、再び上昇か下降かの選択をする。
 ここに入る魂は、真の彼岸に入り、神、宇宙の本体と一体となる。



★マイヤースは、他の魂たちが地上で体験してきたことを類魂同士で共有するため、必ずしも同じ魂が幾度も地上生活を送る必要はないと言っています。

但し、地上で全く物質的な生活をおくった人々、まだ動物的な段階にある人は、ほとんど例外なく再生するとし、その回数は2~9回くらいで、100回も生まれ変わるということはないそうです。

「本霊」は、分霊たちをできるだけたくさん地上に送り、彼らが体験したことを霊的世界に持ち帰ってくれれば、 そこにいるだけで誕生する必要はないということになりますね。

この「分霊たち」が地上に生まれてさまざまな体験をすることを「本霊」は望んでおり、彼らがそれぞれ体験して持ち帰ったものを共有して進化していくという方法をとっているわけです。



★ 魂が進歩するにつれて
         類魂の真相が明らかになる ★
 
   

   死後の世界において、
   しだいに進歩を遂げれば遂げるほど、
   一層この類魂の存在を自覚してくる。
   
   第4の世界に到達したときに、
   各自は初めて類魂の真相がわかりかけ、
   その結果一大変化を遂げることになる。  マイヤース




マイヤース自身がまだ進化途中であるので、『類魂説』も彼の魂の次元が上昇するにつれて、今後変容する可能性が出てくるかと思います。
ですから、この本に書かれていることに固執せず、柔軟に理解することが必要です。

マイヤースの類魂説』については、ブログやホームページなどでも多々扱われており、マイヤースの「霊界通信の内容」も、詳細に記載している方々がいらっしゃいますので、関心のある方はそちらのほうもお読みになるとよいかと思います。
知るほどに疑問点が出てくるはずですから、その疑問は疑問として大切にとっておき、自分が「あの世」に行った際に検証してみることが必要なのではないかと思います。


ハート
マイヤースはマイヤースの世界に生きています。
わたしはわたしの世界を生き、あなたはあなたの世界を生きるのです。
各人各様で、千差万別の世界です。
でも、最終的にはみな融合し、一体となるのです。
一にして多、全体にして同時に個体」という仕組みは、
すべての界層に貫かれています。

あなたはわたし」で、「わたしはあなた」という世界は、
今ここに、わたしたちの前にも開かれているのです。






最新記事