ガン細胞にも「意識」と「意志」がある

2010年08月11日 13:40


★ ガン細胞にも「意識」と「意志」がある ★



人の心の状態は、そのまま身体にあらわれます。
恐怖感があると、おなかの力が抜けるため、胃腸が働かなくなって下痢をします。
試験のときに何回もトイレに行ったりするのも、不安や心配があるからですね。

前回は毒蛇のコブラに遭遇したときの状態から、「恐れ」が最大のストレスとなることをお話ししました。

コブラと出会って「毒蛇になんか負けるものか!」とか、「やっつけてやる!」と闘いを挑むタイプの人や、「自分が毒蛇を駆除しなくて、いったいだれがやるというんだ。この俺サマが毒蛇を捕らえてやる!」と、棒きれなんかを握りしめながら自分で何とかしようとする完璧主義タイプの人は、アドレナリンとノルアドレナリンが大量に分泌されて、身体がコチコチ、カチカチになります。
このようなタイプの人は肩や首が凝るだけでなく、心もガンコになり、結石とかガンなどができやすくなります。
そして、自分の心が「ガン」を創っておきながら、「ガンと闘うゾ!」とか「ガンをやっつけてやる!」とか、「ガンを撲滅(ぼくめつ)する!」などと、ガンを目の敵のように思っていますから、いつまでたってもガンを癒すことができません。

★そもそも「闘う」とか「やっつける」とかいう「意識」そのものが、「自然の法則」に反しているのです。
そこには、ガンと一緒に生きていこうとか、ガンをやさしく癒してあげるという「一体感」や「調和」や「愛」の意識がまるでありません。
いったいだれがそのガンを創ったのでしょうか?


あなたがもしパスツールの「外部病原説」に賛同、支持する人であるのなら、ガンの原因は外側から来たものなのだから、自分のせいではないとして、「なんで私がガンなんかにならなくてはならないのよ!」と被害者意識をもって悲しんでみたり、ガンに対する怒りや憎悪を表したりすることでしょう。

そして「自分の生命は医者が守ってくれるものだ」「ガンは治療するものだ」と思い込み、自分のかけがえのない生命を医師という名の他人に任せきりにし、転移するガン細胞を次々と取り除き、恐ろしい抗がん剤も平気で摂りつづけようとすることでしょう。
それでもし治らなければ、おそらく医師や薬のせいにするのではないでしょうか。

なぜなら、そういう人は「ガンになったのはウイルスのせい。発ガン性のある食品添加物のせい。電磁波のせい。治らないのは医師の手術が下手くそだったせい。こんなに苦しいのは化学療法のせい。すべては外部から来た。自分は全然悪くない」とつよく思い込んでいるからです。

パスツールの説を支持する人たちというのは、「自分自身に責任を持とうとしない人たち」であると言ってもよいかもしれません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


このブログを初めから続けて読んでくださっているあなたなら、すでに物質のひとつひとつに「意志」と「意識」があることをご存じですね。

★原子核を構成している中性子と陽子が「意識」と「意志」である以上、宇宙のありとあらゆるものがすべて「意識」と「意志」で構成されているということです。
(★過去記事 宇宙のあらゆるものに「意識」と「意志」が働いている 参照)

ですから、人の60兆個以上ある細胞のひとつひとつにも、すべて「意識」と「意志」があるのです。



★セロン・Q・デュモン氏(=ウィリアム・ウォーカー・アトキンソン)は「メンタルヒーリングの実践」のなかで、つぎのように語っています。

身体の各部分には(細胞さえも)それぞれを通して働く〈心〉があるということです。
そして、すべての細胞が知的存在、つまり身体のあらゆる部分が特別な知性をもっているのです。

細胞の心”はそれぞれが独自に働いているだけではありません。
意気投合し、調和した知的活動をしています。そこには細胞たちのはっきりした“集団の心”があります。
これが身体の臓器の“臓器の心”です。
さらにそれらが互いに集団となり、全身の細胞の大きな集団としての心、つまり身体の心となります。

細胞からなる臓器集団は、細胞集団の組み合わせとして完璧なものです。
それによって、各臓器はさまざまな目的や意志を表現します。つまり心を持った生物とみなされるのです。



細胞は細胞の心を持ち、臓器は臓器の心を持つことを、百年以上も前から彼は掌握していたのです。
セロン・Q・デュモン氏は、各臓器は心を使って活動しているので、心が誤った言葉に印象づけられてしまうと異常な活動が始まるのだと言っています。



ハート
ガン細胞にも「意識」と「意志」があるのです。

ガンを憎み、敵対視していると、
ガンもガンコにガンバリます。

「健康になりたい」とか、「長生きしたい」とか、
「死にたくない」とかいうのは、
みな人間の「欲望」です。

宿主さんの欲が強ければ強いほど、
ガンのほうも生き残りたくて、
しぶとく増殖をつづけるのです。




怒りの毒素にはものすごいパワーがある

2010年08月13日 13:20

 
★ 怒りの毒素にはものすごいパワーがある ★



過去記事「ガン細胞にも『意識』と『意志』がある」で、「心の状態が、そのまま身体にあらわれる」ことをお話ししました。
今日はその続きです。


今、あなたの目の前に、酸っぱい梅干があるのを想像してみてください。
もしくは、口の中にレモンの汁を2、3滴たらしたのを思い浮かべてみてもよいでしょう。

すぐに口の中に唾液がたまってきますね。
実際に食べなくても、思い浮かべるだけで口の中がほんとうに酸っぱくなってきます。

★心で思うことは、脳から身体のなかの細胞へと伝わり、身体の各臓器に大きな影響を与えるのです。

レモンを思い浮かべたとき、「レモン」ということばが脳に送られると、それに反応した脳が唾液腺に命令を送り、消化酵素を出すのだそうです。
それで、レモンを思い浮かべただけで、実物であるかのように機能して身体が反応してしまうわけですね。
「身体は思いに素直に反応する」のです。

昔から「ハラワタが煮えくりかえる」という表現がありますね。
ひどく激怒している人の胃腸をレントゲンで見てみると、ほんとうに腸が蛇のようにのたくっているのだそうです。
断腸の思い」という表現もあります。
とても悲しい思いに耐えている人の胃腸をレントゲンで見ると、腸が切れぎれになっているといわれます。
昔の人は透視能力があったのでしょうか。的を射たことばで、ほんとうに感心します。


工学博士の原崎勇次氏は、その著『医者いらずの自強法』に、
つぎのような興味深いことを書いておられます。

人間の呼吸する息をガラス管を通して液体空気で冷やすと、沈殿物ができる。
ところが、驚いたことに、その沈殿物の色は、呼吸する人の感情によって異なるという結果が出た。
腹を立てていると栗茶色、苦痛や悲哀にかられていると灰色、
後悔にさいなまれているとピンク色の沈殿物ができる。
そして、この栗茶色の沈殿物をねずみに注射すると数分で死んでしまう。
この沈殿物を分析してみると、ある種の毒素が含まれていることがわかった。
ということは、腹を立てることによって体内に毒素が発生するということである。
おまけに、人間ひとりが、一時間腹を立てつづけていると、80人を殺すほどの毒がでるというのだから、おそろしい。


これは、アメリカのエルマ・ゲイツという人がおこなった実験なのだそうです。

同じような内容で、「怒り狂ったお母さんが、赤ちゃんにおっぱいを飲ませたら、赤ちゃんが死亡した」という話を、わたしも学生時代に「保育」の授業で聞いたことがあります。

「いつも怒ったり、強いストレスを感じていると、ノルアドレナリンの毒のせいで病気になり、老化も進み、早死にしてしまう」と、医学博士の春山茂雄氏も述べておられます。
この脳から分泌されるノルアドレナリンという物質は、自然界にある毒物では、毒蛇に次ぐ毒性をもつのだそうです。

怒ると猛毒を分泌するということが、ほんとうであることがわかりますね。
ということは、ひどく怒りに怒って毒蛇と噛み合ったら、もしかしたら、毒蛇でさえ殺せるかもしれないということです。
もちろん、相撃ちということになるでしょうが。
このように怒りの毒にはものすごいパワーがあるのです。


★ 怒りの波動は肝臓と共鳴する ★
 



「怒り」は病気を生じさせる大きな精神的要因のひとつです。
昔から伝えられている三毒(さんどく)のなかに「怒り」が入っています。

三毒というのは、仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩、貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を指し、それらの煩悩を毒にたとえています。

貪(とん)は貪欲(とんよく)とも言い、必要以上にむさぼり求める心を指します。
瞋(しん)は瞋恚(しんに)とも言い、怒りの心を指します。
癡(痴・ち)は愚癡(ぐち)とも言い、真理に対する無知の心、「おろか」を指します。

だから「怒ることは悪いこと」「けっして怒ってはいけない」と思い込んで、「怒り」を無理やり抑えて面に出さない人たちがいます。
でも、それはまちがった思い込みです。
「怒り」をため込むことで、いろんな問題を引き起こすからです。

たとえば、子どもの頃に両親の仲が悪く、居心地の悪い環境で育った場合や、勉強やしつけに関して厳しくされすぎて、つよい怒りを感じていたにもかかわらず、素直に出せなくて抑え込んでしまった場合、「対人恐怖症」のような症状を引き起こすことがあるからです。
 

★「怒りの波動は肝臓と共鳴する」ことがわかっています。

怒りは肝機能を低下させますが、
怒るべきときに怒らない人も肝臓に障害が出るのです。


「わたしは腹を立てたことがないのよ」とか「自分は怒らない、腹が立たない」という人は、肝臓が悪い場合があります。
そういう知人に「肝臓が悪いのでは?」と言ったら、「どうしてわかったの?」と驚かれたことがありました。
実際に医師に肝臓が悪いことを告げられていたのです。

腹を立てない人」たちは、怒りを外側に出さないよう、大変な努力をしているように思われます。
というよりも、自分自身に無力さを感じているためか、自分が攻撃されてもやり返すことができないのです。
怒りをうまく表現することができない」といってもよいでしょう。

ところが、そんなふうに抑え込まれた心の中には、悲しみや恨みや落ち込みなどの感情が渦巻いています。
人に対しての怒りよりも、自分に対する怒りのほうが大きかったり、自分のいやなところを手放さずに、自己攻撃していると、たくさんの毒素をためこむことになります。
それらが肝臓にトラブルを生じさせるのです。



ハート
「怒り過ぎ」も「怒らなさ過ぎ」も、どちらも同じ線上にあります。
両極端というのは、度が異なるだけで、性質は同じなのです。





「プラシーボ効果」と「ノセボ効果」

2010年08月24日 14:00


★ 「プラシーボ効果」と「ノセボ効果」 ★



幼い子どもが膝をすりむいて泣いているとき、「痛いの、痛いの、とんでいけー」と言っておまじないのようなマネをしたら、すっかり泣きやんで機嫌が治ったということがよくありますね。安心感が痛みを癒すのです。

逆に「こりゃあ大変だ! ばい菌が入って、足が腐ってくるかもしれないぞ」などと脅したら、ほんとうに膿が出てきてひどくなる可能性があるのです。
いたずらによって脅された被害者が、深刻な病気や、ときには死ぬこともあるという例が、生理学的記録にはたくさんあるのだそうです。

ですから、「あなたは重い病気なんじゃないだろうか。きっとそうだ」と言いつづけたら、ほんとうにその人は重い病気になっていくのです。
心の状態が、そのまま身体にあらわれる」わけですね。

今日は、その人の「信念=思い込み」が病気を癒したり、逆に病気を進行させたりするというお話です。



★ ホンモノの薬とニセモノの薬 ★



あなたは、外見は「ホンモノの薬」のようだけど、じつは薬の成分はまったく入っていない「ニセモノの薬」があって、医療でよく使われていることは、もうすでにご存知ですね。

(★過去記事の「人の『信念』が現実をつくるお話」でも、「プラシーボ効果」と「ノセボ効果」について触れています)

★プラシーボ(ニセモノの薬)は、たいていブドウ糖や乳糖、生理食塩水が使われていますが、「これはとてもよく効く薬ですよ」と医師に言われ、それを信じ込んで飲んだ患者さんには、実際に効果が現れるというものです。
特に「痛み」などにはおよそ三分の一、あるいは半数近くの患者さんが改善するというデータが得られています。
それを「偽薬効果」、「プラシーボ効果」と呼んでいます。


プラシーボ(Plasebo)はラテン語で「わたしは喜ばせるでしょう」という意味だそうですが、治療法が見つからない患者さんや副作用などが問題となる場合には、安心して試せるというわけですね。

これに対して「ノセボ効果」というのは、まったく逆の効果をいいます。

たとえば、ただの食塩水の水蒸気を与えられて、「これは刺激物です」と医師に言われると、患者さんのほぼ半数が呼吸に問題が生じ、ぜんそくの発作を起こすというものです。
それで今度は「別の治療薬を投与しました」と言うと、すぐに患者さんたちは回復するというわけです。
実際に与えたのは、先ほどと同じただの食塩水なのですが。

このように、ホントウでもウソでも、医師のことばの影響力はとても大きいことがわかりますね。


○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○ ○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○


セロン・Q・デュモン(本名ウィリアム・アトキンソン)氏は、
神経質な患者は偽薬が良く効き、病気を大きく改善することになるということを多くの医者が知っています
と述べ、著書のなかでつぎのように記しています。


暗示や婉曲な言葉がひとたび受け入れられると、身体の心はそれを行動や表現として表すようになります。
つまり、脳の心の中にしか存在していなかった身体の形態や症状が、身体の心を通して出現することになるのです。

身体の不協和音としての病気の本当の原因は、身体の心が受け入れてしまった暗示や言葉、気持ちです。
しばらくして、その形態や症状となるのです。      「メンタルヒーリングの実践」より



○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○ ○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○


これは「治癒上有効な暗示を身体の心、潜在意識の心が真実として受け入れ、それが身体のさまざまな働きや形態に現れる」ということですね。

脳の心が作り出す強力なイメージは、身体の心に影響を与え、身体を不調にすることがあるようです。
医学年鑑には、薬の効能書きを意識しすぎて病気になった人や、無害な薬であるのに毒を飲んだと思い込んで死んでしまった多くの事例が出てくると、デュモン氏は述べています。

毒を飲んだと思った人たちには、ホンモノの毒を飲んだときと同じ症状が出るのですが、検死解剖では不思議なことにその痕跡さえ見つけることができなかったというのです。

また、逆に自分にはそんなものは全然効かないと思っていると、効果のある実薬でもまったく効かないし、効くと思っていた薬がウソだとわかったら心理的なショックで死亡したりしてしまうこともあります。

まさに「人の信念」の如何で、結果はどのようにも変わってしまうのです。

ですから、ほんとうに医師が処方した薬や治療が効いたのか、患者の心理的なプラシーボが効いたのか、わからないことも多々あるということなのです。

この効果は侮れませんね。とても強烈な効果であることがわかります。


思いはポジティブにもネガティブにも働きます。
つぎに記すのは、あるガン患者がいかに「思い込みの力」によってガンを創ったり消滅させたりしているかということを証明する内容です。

マイケル・タルボット氏が、彼の著「投影された宇宙」で述べている「あるガン患者の実話」は、「心の状態が、そのまま身体にあらわれる」ということを極端に表している大変わかりやすい例であるので、彼の文面を抜粋、要約してお伝えしたいと思います。


○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○ ○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○+●+○


  
~「心理学者ブルーノ・クロッファーの患者のケース」~
 
かなり進行していたリンパ球のガンに侵されていたライトという名の患者は、首、脇、胸、腹部、腿の付け根のすべてにオレンジ大の腫瘍ができていて、脾臓、肝臓の肥大がひどく、胸部から毎日二リットル近くの乳状の液体を吸い出さねばならないほどだったという。

ライトは、「クレビオゼン」というかなり効くらしい新薬のことを聞きつけて、ぜひ自分に試してほしいと医師に懇願した。
当時この薬は寿命が最低三カ月は残されている人たちだけに試験的に投与されているものだったので、医師は最初これを拒んだ。
だがライトが懇願しつづけたため、医師はついにこれを聞き入れ、金曜日にこの薬をライトに注射して家路についたという。(心の奥底ではライトが週末を越せるとは思っていなかったらしい)

ところが、明くる月曜日、ライトはベッドから出て、歩き回っていた。
ライトの腫瘍は「熱いストーブの上の雪の玉のごとく溶け去って」、大きさも以前の半分になっていた。(これは、最も強いX線を使った治療で達成できるよりもはるかに速い退縮のスピードだという)
最初にクレビオゼンの投与を受けてから10日後、医師団が見るかぎりガンはなくなっていて、ライトは退院した。

その後2カ月ほど健康状態を保っていが、「クレビオゼンは実はリンパ球のガンに対しては効果がないのだと主張する記事」を読んでひどく落ち込み、ガンが再発して再び入院することになった。

担当医師はライトに「クレビオゼンには実際に当初思われていたとおりの薬効があるのだが、最初に納入されたものは、流通の過程で品質が劣化していた。
しかし、有効成分を多く含む改良した新製品があるので、これを投与できる、」と説明した。
もちろん「新クレビオゼン」などは存在せず、ライトにはただの水を注射しようと医師は考えていたのだ。
それらしい雰囲気を出すため、ライトにプラシーボを注射する前に、わざとややこしい手順をあれこれ行なうことまでやった。

すると、驚くことに腫瘍のかたまりは溶け去り、胸部の液体も消えて、ライトはすぐにもとの元気を取り戻した。
その後さらに症状なしで過ごしたが、今度はアメリカ医学協会が、「アメリカ全土で行なわれた研究の結果、クレビオゼンはガンの治療には効果がないことが判明した」と発表した。
ライトの信念も、今度は完璧に打ち砕かれた。
ガンがまた新たに広がり、彼は2日後に死を迎えたのである。

(マイケル・タルボット著「投影された宇宙」(春秋社)より要約)


   
ハート
この実話を取り上げたマイケル・タルボット氏は言っています。

信じまいとする自分を飛び越えて内なる治癒力を喚起するという機会に恵まれれば、私たちには一夜にして腫瘍を溶かし去ってしまうことさえできるのだ」と。

この実話の患者ライトほどではないにしても、
患者のガンが一週間で消えたという話は、
いろんな医師たちの体験本に書かれています。

そういうことは実際にあるし、骨が折れて完治したり、
皮膚が火傷して治ったりするのと同じくらい
不思議なことではないとわたしは思っています。

このライトの場合は、
プラシーボ効果」と「ノセボ効果」が
顕著に表れた事例ですね。





最新記事