魂が喜ぶ音楽を見つける➀

2017年01月22日 13:17


◆読者さんからのご質問

最近光のコースの受講者さんからつぎのようなご質問やご要望がありました。

肉体的、精神的、霊的に健やかでいるため、またその成長のために音楽の力を活用するとしたらどのようなものがおすすめか、先生のお好きな音楽などを交えて教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

せっかく質問の詳細を書いてくださったので、それをすべて記載させていただきます。お答えは紫色で書いています。


音符


音、音楽についての質問です。
以前好きなミュージカルの歌を先生に厚かましくもおすすめさせていただき、それが波動の悪いものであったと知ったことはショックでした。

★あなたがおすすめくださった歌は、最初のフレーズを聴いただけで、それ以上聴くことができませんでした。ほかの歌手が歌っているのも聴いてみたのですが、同様でした。
それは作詞作曲家の精神状態が非常に悪かったときの作品であったと感じられます。そのうえ驚いたことにそのミュージカルの初公演の直前に当人が急に亡くなってしまったので、念が残り、死後もダークサイドの最悪の領域に堕ちているため、波動が悪かったのです。
この音楽が好きな方もおられると思いますし、わかっていることは伝えたいと思いましたが、明確に作者や名称は明記することはしないでおきたいと思います。

波動の悪い音楽と知りつつ聴き続けることは私自身の肉体、精神、霊性に良い影響を与えないだろうと思いましたので聴くのをやめたのですが、では波動の良いもの、肉体、精神、霊性を高めることができるような音楽はどういうものだろうと思うようになりました。
また、低下した精神状態では波動の悪いネガティヴな音楽が同調しやすく心地よく感じられるものかもしれないと過去の音楽の好みを振り返って感じております。
音、音楽の肉体、精神そして霊性への影響を波動的見地、先生のおすすめなどを通して学ばせていただきたいと思い、質問させていただきます。

★わかりました。
まず「肉体、精神、霊性を高めることができるような音楽」とありますが、「肉体が喜ぶ音楽」と「精神が喜ぶ音楽」、そして「霊体が喜ぶ音楽」は、それぞれ異なる場合もあるということを知っておいてください。どこの部分、どの要素をどのように高めたいのかで、周波数が異なるので、曲想は変わってくるということです。

肉体と個体だけでも随分意識のレベルは違いますし、趣向も異なっていますね。肉体意識だけのときに聴いていて「いいな」と思う音楽を、個体がいるときにどう感じるかを実際に体験してみてください。そのとき、個体も心地よいと感じたなら、それは波動の良い音楽ということです。但し、その音楽で肉体、精神、霊性のすべてを同時に高めることができるかどうかはまだ実験をしていないのでわかりません。ただ、精神と肉体のバランスをもたらすことができる音楽は昔からあるので、そのことをあとで詳しくお伝えしたいと思います。

・どのような音、音楽を聴くと肉体、精神、霊性に良い影響を与えるか、または悪い影響を与えるのかを教えていただけたらと思っております。
(個人的には先生のセミナー等で瞑想のときの音楽(小川のせせらぎ、小鳥の鳴き声など)が大好きで心が洗われるような気分になりますし、グレゴリオ聖歌のような荘厳なものも魂が喜ぶような感覚を感じます。)

★「魂が喜ぶ感じがする」のなら、個体(魂)が入っている時ですね。
人間の波動が感じられない自然の奥深い場所で収録した小川のせせらぎ小鳥のさえずりなどは汚れていないので、正常波動を保っている人であれば、大変心地よく感じられるはずです。
特にわたしがいつもセミナーで使用しているのは、一般の音楽CDではなく「マスターダイレクト版」です。高音質のCD-Rレコーダーに直接転送されたデジタル・オーディオ信号から「低速焼き付け」で1枚ずつ生産されたもので、大層高価な商品です。用途別にさまざまなテーマのものを持っておりますが、たいていは誰に対しても問題なく使用できるアストラル体とプラーナに作用する「オーラ・ウォッシャー」と「オーラ・トリートメント」ができるものを選んで使っています。効果のほどは人によって千差万別であると言っておきましょう。

★どのような音、音楽を聴くと悪い影響を与えるのかということですが、人によっても、その人の状態によっても異なります。やかましい耳障りな音、聴いていて心臓がバクバクしてくるような曲や、汚い言葉や攻撃的な言葉で綴られた歌詞は波動良好であるはずがありません。しかしながら、聴いていておおいにストレスが発散できたならば、それはそれでその状態の人に合っており、悪くはないかもしれません。しかし、聴いてとても嫌な感じがするのなら、聴かないことです。

同じ人が作詞作曲しても、その時々で精神状態も違いますし、波動も違います。また、聴く人も、その時々の心境で曲を受け取る感覚が違うはずです。たとえば、鬱のときに元気になれるようにと思って、リズム感のある音楽を聴こうとしても、気持ちがついていかなくて、逆に不快に感じることもあるでしょう。そういうときには、少しメランコリックな曲や自分の気持ちを慰めてくれるような静かな音楽が適しているのです。

音楽は、聴く人のそのときの心の状態に合ったテンポやメロディーに同調し、作用します。波長同通の原理を知っていれば、あなたが正常波動であればあるほど、自然にわかるはずなのです。ですから自分で聞き分けるようにしてください。
そして、自分の今の心の状態にフィットするものを選び、そこから徐々に別の質をもった音楽に変えていくのです。そうすると、しだいにその音楽の質に導かれて心の状態も変容していくでしょう。

・波動の良い音を出す楽器(演者の波動の状態にも関係があるとは思いますが)がもしあれば教えていただきたいです。
ハルモニアムという楽器の音を聴いて涙が出たことがありました。単にその楽器と私の過去生に関わりがあって懐かしさを感じただけかも知れませんが、波動の良い楽器というものがあるのかも知れないとそのとき思いました。

★波動の良い人の手で作られた楽器は、たいてい波動がよいはずです。特に悪い楽器などはありませんよ。

・上記と似ている質問ですか、チベタンベルのように場を浄化することが可能な音、音を出すツールを教えていただきたいです。(チベットのシンギングボウルも該当するかと思っております)
またセミナー等で、ネガティヴエネルギーがあるとき、先生はよく柏手を打ってくださいますが、柏手に邪気を祓う効果があるのはなぜなのかという根本のことを理解せずにいたので、この機会に教えていただきたいです。

★まず、なぜ柏手を打つかということですが、ネガティブなエネルギーがあるところで柏手を打つと、必ず響きが悪いので、それを確かめるためなのです。その響きがよくなれば、消えたということです。
邪気を払えるかどうかは、拍手、あるいは柏手をする人にもよります。効果があるのは、正常波動(波動の高い)の人がする場合につき有効であると申し上げておきます。

★すべてにおいて、それを使う人の波動が大切だということです。
いくらチベタンベルが場を浄化する楽器だといわれていても、チベタンベル自体が汚染されている場合もありますから、その場合は音色も悪く、効果は期待できません。
わたしのブログを長年読んでおられるのなら、考えてみればわかることですね。異常波動の人がいくら柏手を打っても、チベタンベルを鳴らしても、浄化などできっこありません。基本的なことをわかってください。

★まずはそのもの自体の波動が良いかどうかを知ってください。
チベタンベルの波動が悪ければ、チベタンベルを浄化しなければいけません。そして、それを使用する人が、必ず正常波動であることが必須条件です。
このことは、ペンジュラムでもまったく同様のことが言えますね。
正常波動のペンジュラムがもし異常波動の人の手に持たれた場合、その時点でもう汚染されてしまいます。狂ってしまったペンジュラムの答えに信憑性はありませんね。
ともかく使用者が異常波動であれば、「最悪のパートナー」として、ペンジュラム自体が使用者を嫌って壊れてしまうことがあります。何度も壊した経験のある人は、ペンジュラムのためにも、断じて使用しないでいただきたいと思います。

石を浄化すると言われるクラスターも、ネガティブ霊が長時間そこにいれば異常波動となり、浄化する石どころではなくなってしまいます。クラスター自体を浄化する必要があるということです。オーラクリーニング液も同じです。波動の悪い部屋に置いておくと、異常波動となっているので、効果はまったくありません。汚染されたエッセンスは使用できないことを知っておいてください。

専門家でさえそういうことを知らない人がほとんどなので、よほど敏感に波動をキャッチできる人以外は、やたらクリスタルなどの石の持つパワーを信じて購入しないほうがよいです。
石類を売っているお店に行かれたらわかると思いますが、いろんな石の波動がごちゃまぜになっていて、心臓がバクバクすることがあるかと思います。石をひとつずつ浄化されていない異常波動のお店が多いので、気をつけてください。アロマエッセンスなども同様です。特に人混みが多い大きなデパートやショッピングモールのなかのテナントでは購入しないほうが賢明です。

詳細はカテゴリ:「ペンジュラムを最高のパートナーにするために」をよくお読みください。それですべてのことが応用できるはずです。


 

ラッパを吹く天使

グレゴリアン・チャント(聖歌)の効能



以前セミナーで、「グレゴリアン・チャント」をお聴かせしたことがありました。
今回のご質問にも「魂が喜ぶような気がする」と書かれておりましたが、ほんとうに清浄なる気持ちになれますね。
わたしは「グレゴリアン・チャントの神秘~安らぎの天声」シリーズの「Ⅰ癒しの聖歌」「Ⅱメンタルバランスの聖歌」「Ⅲエネルギー充電の聖歌」を時々聴いております。

皆さんは、アルフレッド・トマティス博士をご存知でしょうか?
フランスの耳鼻咽喉科医で、聴覚心理音声学の権威として知られており、音が耳や脳に与える研究をされた人です。
「聞き取れない音は発声できない」「聴力を改善すると直ちに発声が改善される」「聴覚と発声の改善は一定期間の訓練により定着する」という3法則の発見により、1957年にフランス国立科学アカデミー、および医学アカデミーで「トマティス効果」として登録されました。

以下、「グレゴリアン・チャント」の効能については、「グレゴリアン・チャントの神秘~安らぎの天声」の説明書から引用させていただきます。

音符2

1967年、トマティス博士は、フランスのベネディクト派修道院に招かれ、修道士たちの健康相談を受けました。数年前より彼らは疲れがひどく病気にかかりやすい体質になったというのです。修道士たちは、1963年に行われた第二バチカン公会議の決定に従って、日課となっていた聖歌の歌唱を廃止して、他の活動を優先することになってから体の不調を訴えるようになっていました。そこで、修道院では、以前は3~4時間だった睡眠時間を増やし、何百年と続いた菜食に、肉食を多く取り入れて食事を改善してみましたが、一向に回復の兆しが表れませんでした。
 トマティス博士が診察してみると、彼らはたんに疲れているだけではなく、聴力も落ちていることが分かりました。まず、彼らの聴力を回復することが先決と考えた博士は、「電子耳」で、耳の感度や鋭敏さを取り戻す聴覚トレーニングから始めました。さらに、中断していた聖歌を歌うことを日課とさせました。その後、9ヶ月も経たないうちに、修道士たちは、聴力と健康を回復して、以前のように、少ない睡眠時間で、長時間の聖務をこなす生活に戻ることができました。まさに、歌うことが、粗食で厳しい日課をこなす修道士たちのエネルギー源だったのです。

グレゴリアン・チャント(グレゴリア聖歌)は、骨を響かせ、体を共鳴させて歌う2000~4000Hzの高い周波数を多く含んでおり、脳を活性化するエネルギーの充電音となる素晴らしい音材です。疲れたときや、不安になるときは、グレゴリアン・チャントを聴くだけでなく、一緒に歌ってみると良いでしょう。そのとき注意しなければならないことは、決して大きな声にならないこと、鼻声にならないこと、体が響いていること、和声を心がけ、息を深くすることです。サプリメントやドリンク剤の代わりに、自分の声でエネルギーをチャージし、免疫力を高めることが出来るでしょう。「グレゴリア聖歌は、2000年の長い時の経過の中で、精神と肉体とのバランスをもたらすために、最も念を入れて作られ、これ以上考えられないほどの完璧さに達している歌である」とトマティス博士は著書「モーツアルトを科学する(日本実業出版社)の中で述べています。    文:村瀬邦子


つまり、修道士たちは聖歌の歌唱を再度日課として復活させたことで、健康を取り戻すことができたということです。
モーツァルトの音楽は癒し効果があると言われ、3500Hz~4200Hzの音が豊富に含まれているとも言われています。
トマティス博士の理論からしますと、音の周波数と背骨とは関係しているようです。一番上の延髄から一番下の尾骶骨に至るまでそれぞれ音の周波数と対応した関係を持っているということです。
周波数によって音が体のどこに響くのかを研究してみるのも興味深いですね。

あなたもぜひグレゴリアン・チャントをお聴きください。




ハート


◆光のお母さん おススメの歌➀


わたしは「アルフィー」や「セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト」をはじめとするヴァネッサ・ウィリアムスの歌が好きで、よく聴いています。
今回はベスト・オブ・ヴァネッサ・ウィリアムスのLOVE SONGSから
《Where Do We Go From Here》をお届けします。

これはLOVE SONGですが、ここでは肉体意識と個体意識との関係性を表現した内容としてとらえてくださればと思います。

最近ようやく新しい個体がやってきて、肉体と合体した人たちに対して、光のお母さんからこの歌をプレゼントします。

個体との関係がうまくいきますように。
恋人同士のようにラブラブになれることを心から祈っています。


愛のゆくえ

人生とは不思議なものね
忘れてしまうこともあれば
過去に埋もれ
時間が癒してくれることもある
誰か教えて
どうすればわかるの?
今始まったばかりのこの愛に
終わりが来ることはないって

あなたの強さに守られて
私は暖かい気持ちになれる
あなたといればどんな困難も
乗り越えられる気がするの

ふたりの愛のゆくえ 私には見えるの
ひとりぼっちの恐怖をあなたが消してくれる
ふたりの愛のゆくえ 私にはわかるわ
道がどれほど険しかったとしても
あなたが家に導いてくれる

どうして?
人生はゲームに過ぎないの?
描いては消し
同じことのくりかえし
何度くりかえせばいいのだろう?

真実を見極め
今度こそうまくやるために
あなたの強さが必要
そして私は暖かい気持ちになれる
あなたに守られ
どんなことも乗り越えられそうな気がするわ

※リピート
ふたりの愛のゆくえ 私には見えるの
ひとりぼっちの恐怖をあなたが消してくれる
ふたりの愛のゆくえ 私にはわかるわ
道がどれほど険しかったとしても
あなたが家に導いてくれる

心が弱くなった時
話す勇気もなくなった時
あなたがわたしの言葉になって
私を支えてくれた
そんなあなたの隣に私はいたい

※リピート
ふたりの愛のゆくえ 私には見えるの
ひとりぼっちの恐怖をあなたが消してくれる
ふたりの愛のゆくえ 私にはわかるわ
道がどれほど険しかったとしても
あなたが家に導いてくれる

日本語:ヴァネッサ・ウィリアムスの歌詞カードより引用




最新記事