はじめに ―このブログを見つけてくださったあなたへ 

2010年06月12日 20:53

    

     こんにちは。

     あなたと出会えて、ほんとうにうれしいです。

     ありがとう。 

     この書を手に取ってくださったあなたに 
     心から愛と感謝を送ります。

                 2010年 6月 吉日



    バラ―イエロー

           (写真撮影 光の仕事人)
 

★じつはこのブログの内容は、もともと書籍として出版するために書いたものをベースとしています。
一般人が実際に出版にこぎつけるまでは容易ではなく、月日もかかるため、ブログというかたちでメッセージをお届けすることにしたものです。
ときには長文になる日もあるかと思いますが、楽しみながら最後まで読んでくだされば、うれしいです。


 
ところで、あなたは今おいくつでしょうか?
この書は、特に10代の半ばから20代の若い人たちに読んでほしいと願って書いたものです。
もちろん、そんな時代をとっくの昔に経験したおとなの人たちが読んでくだされば、さらにうれしいです。

今もしあなたが10代の少年少女で、このブログを読んで、「なんだかよくわかんないなー」と思うことがあったとしても、1ヶ月後や半年後に再び読んでみたら、「ああ、そういうことだったのか!」とわかることがあるかもしれません。ですから、一回きりではなく、何度も繰り返して読んでみてほしいのです。


★ここで、初めにお伝えしておきたいことは、わたしが述べている内容をすべて信じる必要はないということです。
「盲信」したり、「鵜呑(うのみ)」にしたりするのではなく、「へぇー、そういうことがあるのか」と、とりあえず知っておいてもらいたいのです。

★わたしは今現在のわたしの意識レベルにある真実を提供しています。
あなたの真実がわたしの真実とは異なっていて、理解ができないことがあったとしても、それはしかたがありません。「同じ体験をしていないことはわからない」からです。
 

たとえば、「UFO」について何の知識もない人が、それと間近で遭遇したとしても、なんか変わった動きをしているものが空に見えたということで、「目の錯覚だったのかな?」で終わってしまいます。
でも、「UFO」の情報をある程度知っていれば、「すごい! 自分はほんとうにUFOを見ているんだ!」と理解でき、そのことがきっかけとなって、スピリチュアルな世界に目覚め、その後の人生が変わる場合だってあるのです。

食べてみたことのない料理の味は、実際に食べてみないとわかりませんね。
わたしが「すごくおいしいよ。食べてごらん」と、いくら勧めたところで、あなたがそれを食べよう(体験しよう)としない限り、その料理の味はいつまで経っても、永遠にわからないままです。
味わうという体験をしてこそ、それがどういうものであるのかがわかるのです。
そして、その味についての好みや感想は千差万別です。



魂の成長や進化はまず「知ること」から始まる



★魂の成長や進化はまず「知ること」から始まります。  

もし生まれてから今までにあなたが体験したことがなくても、あなたの魂が「これって、なぜかよくわかる気がするよ」と、あなたの心に共鳴した内容があれば、それを大切にしてください。
それは今生ではなくて過去生ですでに体験していて、あなたの魂に保存されているものだからです。


★このブログは「知らない状態のあなた」から「知っている状態のあなた」へと変容してもらうためのものです。

なぜなら、あなたが体験していなくて、まだ知らない多くの真実を知ることによって、親や先生や社会という外部から与えられてきた「閉ざされたものの見方」や「制限された考え方・思い方」から解放され、自由に生きることができるからです。どのような人からも、脅(おびや)かされたり、コントロールされたりすることがなくなるのです。


★「思いの制限をひらく」ことで、あなたはこの世界で恐れるものなど何もないことに気づくことでしょう。


つぼみのときには、つぼみのときの真実があり、花ひらいたときには、花ひらいたときの真実があります。
そして、花が枯れたときには、枯れたときの真実があるのです。
あなたは常に成長し、進化していく存在ですから、その時々で、あなたの真実もめまぐるしく変わっていきます。
もし、20歳になっても、10歳のときと同じ真実しか知らないとしたら、あなたは少しも進歩していないということになるでしょう。
 
だれもがみな「唯一の真実」を知りたいと思っています。
けれども、そんなものはないというのが真実です。
真実がたったひとつだけなんて、あるわけがありません。

あなたは、この世の中で「絶対に真実である」といえるものを、見つけることができるでしょうか?
また、「絶対に真実でない」といえるものを、見つけることができるでしょうか?


真実はその人の「意識レベル」によって異なるのです。

ですから、今のあなたにとって真実であると思っていることでも、他の人にとっては真実でないと思えることもあるということです。
また、「唯一の真実」はありませんが、「最高の真実」はあります。

まずこれらのことをよく理解していただくために、次回さらにわかりやすくお話しすることにしましょう。



鈴蘭の妖精1


☆これからこのブログを読み進めていかれたとき、何か心に響いたときや、気づきが得られたときに[拍手]をクリックしてくださいね。




最新記事