FC2ブログ

本人の準備ができていないときは癒すことができない

2010年07月02日 10:30


★本人の準備ができていないときは
         癒すことができない★



★本人に自分を変えようという意識がなく、その準備ができていないときは、癒すことができません。

たとえば、その人に霊が憑いて異常波動になっている場合は、その人に自分の生き方がまちがっているということを明確に知らせてくれているのです。周囲の人たちは、とばっちりを受けて大変迷惑でしょうが、それも彼らのスタディ(学び)のひとつなのです。

先日記した知人の上司のような人は、どこの職場にもひとりやふたりはいそうですから、そういうタイプの人にどのように接していくかが、周りの人たちのスタディやレッスンとなっているわけですね。

★人を助けたほうがよいときと、助けないほうがよいときを見極めることは、とても大切です。

なぜなら、自分の精魂と愛をこめてエネルギーを注いだにもかかわらず、相手の意識は一向に変わらず、相手は同じ問題(過ち)を繰り返すばかりで、非常に虚しさを感じたという経験がこれまでに多々あったからです。

相手の意識を変化する方向へと導いたり、高い次元へと移行させたりするには、多くのエネルギーが必要です。
相手が自分の魂の成長に対して、まったく関心がなかったり、意欲がなかったり、聞く耳を持っていなかったり、ハートを閉ざしているときには、いくらエネルギーを注いでも受容されることはありません。
「祈り」などによって、相手の意識レベルが一時的に上昇しても、見る間に堕ちていくのがわかります。

よって、自分のエネルギーをムダにしないためにも、相手が自分の持っている問題を、今すぐに手放す準備が整っているかどうかを見極めることが必要となってくるのです。


ある末期ガンの患者さんのカウンセリングをしていたとき、わたしは彼女のガンを癒したくて、癒しのパワーを何度か送ったことがありました。
ところが、80パーセント癒した時点で、わたしのハイアーセルフからストップがかかったのです。それ以上癒してはいけないというのです。あとの20パーセントは彼女自身に任せなさいということでした。
彼女は非常に依存心が強く、自分の病気を全面的にわたしに預けていたところがあり、自分に対する責任と自助努力が感じられなかったのです。

彼女のガンの原因は霊的なものであり、ガンという病気を通して自分自身を深く掘り下げ、学ぶという目的をもって生まれてきているのだと、彼女の守護霊が伝えていたので、肉体の治癒よりも魂の目覚めに重点を置き、彼女の霊性を高めることに最善を尽くしました。 
結局彼女は途中からセッションに来られなくなり、20パーセントをクリアできないままで亡くなってしまわれました。あまりにもネガティブな思いが彼女自身を死に追いやったのです。

シルバーバーチ魂に受け入れる用意ができていれば、精神も正常となり、身体も正常になるとして、つぎのように語っています。

患者の魂に受け入れ態勢が整ったときに摂理が働いて、霊的な治癒エネルギーが注入されます。
魂に受け入れる用意ができていなければ、反応は生じないことになります。
魂の霊的意識が開かれるまでは、磁気的なつながりはできません。
閉じられたままであれば、何の接触も生じません。


シルバーバーチは1920年から60年間、イギリス人のモーリス・バーバネルの肉体を借りて、人生の奥義を語ったスピリット。


★相手に準備ができていないときは距離をおいて待つ★



★相手に変化を起こせないときは、相手のハイアーセルフ守護霊が、その人の成長を促すために、わざと困難な状況においていることもあるようです。
まだまだその状況でのレッスンが必要だということなのです。


わたしでは判断しかねるときは、相手の守護霊の意向を尋ねてみます。そうすれば、その人を助けるべきかどうかを明確に知ることができるからです。
たいてい守護霊のほうでは、早く本人に気づきと変化を与えたいため、援助をしてくれそうな縁者にコンタクトしてきています。
しかし、守護霊があれこれ策を弄しているにもかかわらず、当の本人は無意識のうちに心を閉ざして助けを拒否している場合が多いのです。
そんなときは必ず分離が生じ、うまく事が進まなくなります。

最近は相手の守護霊と相談して「やむをえない」という結論になれば、問題を全面的に相手に任せ、愛と光の波動のみを送り、距離をとって待つことを心がけるようにしています。


★相手に変化を起こすためのお手伝いは、相手の準備ができてはじめて可能となるのです




スポンサーサイト



本人の意識レベルに応じて交代する守護の神霊

2010年07月18日 17:30


本人の意識レベルに応じて交代する守護の神霊



今回は参考例として、わたしの次女の話をしましょう。

2007年の11月より、わたしの次女には不思議な現象が起こっていました。
今まで彼女についていた守護霊がいなくなってしまったのです。
それは、「私に今、守護霊はついている?」と、次女がわたしに尋ねてきたことから始まります。
守護霊はだれにでもいて、守ってくれていると信じていた次女は、どう考えてもついてもらっていない気がすると、うったえてきたのです。

そこで現在次女に守護霊がついているかどうかを、ペンジュラムを媒体として、わたしのハイアーセルフに尋ねました。答えは「いいえ」でした。
「また、守護霊は来ますか? 近いうちに来ますか?」と訊(き)くと、「はい」と答えました。

なぜ今不在状態なのかを尋ねていくうちに、次女の守護霊が交代の時期に入っていたことがわかりました。
以前わたしは次女の守護霊に対して、もっと的確な指導をしてほしいことや、もう少し霊格の高い守護霊に代わってもらいたいという要望を言ったことがあったのです。
どうやら、ほんとうに交代する気になってくれたようでした。

次女の意識がレベルアップしたことで、守護霊は交代しました。
そのときの守護霊は、これまでに比べて圧倒的に意識レベルの高い「地球―解脱界」の人でした。
ところが、もともと精神世界の基礎知識がなく、本人の努力がなかったため、しばらくするとまた次女の意識レベルが下がり、前の守護霊に戻ってしまったのです。

この現象は、次女だけでなく、長女の場合も同様に起こりました。
よって、本人の意識レベルが低くなれば、高次元の守護霊がそのままついていることはないということが明白となったのです。

それを知って以来、次女はチャクラの活性化を促すCDを聞いたり、精神世界系の本を次々と読み、真剣に学び始めました。
すると、次女は自分の過去生をはじめ、分霊や守護霊のこと、あの世のさまざまな意識の階層を探訪したことなどを明確に思い出し、語るようになったのです。
次女の意識が高まるにつれて守護霊は再度交代し、最終的には守護霊ではなく、守護神がガイドを務めるようになりました。その守護神もその後何度か替わっています。 


守護霊の霊格によって、憑依霊の許容範囲も異なります
守護している人間にネガティブな霊魂などがたくさん憑くと、守護霊はたちまち離れてしまうのです。

守護霊のほかに守護神がついていると、ネガティブ霊からの守りは強くなります。
惑星レベル」「銀河系レベル」「大宇宙レベル」など、その霊格によって許容数はさまざまですが、守護のパワーが強いと無限大に広がります。
けれども、相当なパワーをもつゴースト・クリーニングを得意とする守護霊・守護神でない限りは、憑依されるとたいてい離れてしまうのです。
なぜそうなるか、聡明なあなたなら、わかりますね。


★守護の神霊は、通常のわたしたちの周波数に合わせるために、ある程度は自分の周波数を落としてくれます。
ところがネガティブな存在に憑依されると、わたしたちの周波数は格段低下してしまいます。
そうすると、さすがに守護の神霊も「波長同通の法則」によって、離れざるを得なくなるのです。




ハート
今回は、皆さんに本人の意識レベル(光)に応じて、
守護の神霊は離れたり、ついたり、常に変動している

という事実を知っていただきたくて書きました。

あなたは常に自分の魂の進化に応じたガイドを引きつけている
ということを覚えておいてくださいね。




守護霊界の実態と異変

2010年09月16日 08:10


★ 守護霊界の実態と異変 ★



守護霊には、基本的に「禁じ手」と呼ばれる「してはならない決まりごと」があると次女はいいます。
つまり、この世にある法律のようなものに基づいて行動しているというわけです。
たとえば、人を守護する立場にありながら、でしゃばって自分の都合のよいようにコントロールをしたり、まちがった思考や悪い思考を植えつけたりしてはいけないというようなことです。
そのような守護霊としての心得や法律などが記された六法全書のような書物があって、守護霊の資格を得た者はそれを必ずマスターしなくてはならないのだそうです。

守護霊の世界にも組織があり、守護霊たちをまとめる長がいます。
これまで務めてきた偉大なる守護霊長が、個人としての霊体の意識から普遍的意識へとアセンションしたため、2007年の10月に次の守護霊長が決まりました。


守護霊長を決める際、数名の候補者がいました。
そのなかに絶大なパワーをもち、守護霊たちのあいだでも非常に尊敬され、人気を集めていた守護霊Sと、さほどパワーはなく、まったく人気もない守護霊Aがいました。
当然守護霊Sが守護霊長になると、だれもが予想していました。
ところが、偉大なる守護霊長が選んだのは、守護霊Aのほうだったのです。

偉大なる守護霊長がいなくなり、Aが新しい守護霊長となってまもなくのことです。
守護霊Sが他の守護霊たちを味方につけて、自分が長のような存在になり始めたのです。
もともとAはパワーもなく、自分がなぜ長に選ばれたのか不思議に思っているような人だったので、長としての役目は果たせず、Sに従わざるを得なくなってしまったのです。

じつのところ、守護霊Sはいつの頃からか傲慢ゆえの異常波動を発していました。
これはその当時わたしがペンジュラム・センサーで調べてみてわかったことです。

彼は気が強く、自信過剰で自己顕示欲が強く、人を見下すという異常波動の持ち主だったのです。
偉大なる守護霊長はそれを知っていたからこそ、Sを選ばなかったのです。

Sはダストゾーンから来た〈究極の本体喪失〉レベルの悪霊の影響を受けていました。
組織がおかしくなったのはそれからです。12月後半から、守護霊たちはSの異常波動の影響を受けて、しだいに意識が低くなっていきました。
そして、守護霊界の秩序は、ドミノ倒しのようにつぎつぎと崩壊していったのです。

★基本的に守護霊は、守護霊となる前に適正検査がおこなわれることになっているようです。
近年はそれに合格して守護霊になれる素質のある霊が少なくなってきているという事実がありました。
また、さまざまな決まりごとがあって面倒臭く、希望者も少なくなってきていたのです。


それで下位の守護霊たちが、死んで霊界に来たばかりの霊たちに「守護霊にならないか?」とスカウトしたり、何も知らない霊たちがさらに守護霊を増やすための勧誘に行ったりしていたようです。
そのために適正検査も簡素になり、いい加減な「守護霊もどき」がたくさんつくられてしまっていたのです。
彼らは定められた守護霊の決まりごとの書を読んで、真剣に学ぶ努力を怠(おこた)り、そのためにこれまでの大事な決まりごとが守られなくなってしまったのです。

Sの影響を受けている守護霊の数は全体の95パーセントにも及び、彼らは異変に巻き込まれていました。残りの5パーセントの守護霊たちのみ正常波動を保っていたのです。

長女や次女の守護霊たちがつぎつぎと交代したのも2007年の10月以降なので、その異変と何か関係があったのかもしれません。
Sにパワーを明け渡したり、また奪われたりしたために、本来持っていた守護霊たちのパワーが失われてしまっていたのです。自分の分霊に未浄化霊が憑くとすぐに離れたり、意識が低下して責任感がなくなったりしていたのも事実です。

彼らは守護することもなく、逆に悪い影響を及ぼしていました。まったくネガティブ思考の憑依霊と同様の存在に成り下がっていたのです。
次女の守護霊もSにかなり強く引っぱられていることが、センサーによってわかりました。

その異変は2008年の2月2日までつづきましたが、残りの5パーセントの守護霊たちの改革によって、2月3日(節分)より正常に戻りました。(当時のわたしの守護の神霊も率先して正常化に努めています)

守護霊Sがその後どうなったかということですが、自分のネガティブエネルギーの重みでダストゾーンの〈究極の本体喪失(転生不可)〉の階層まで堕ちていることがわかりました。
彼と行動を共にした守護霊たちのうちの10パーセントも、Sと同じ〈究極の本体喪失〉の階層に堕ちていました。

次女もSが自己消滅するだろうと言っておりましたが、こんなに早く解決されるとは思ってもいませんでした。
わたしのガイドにその後の守護霊界について尋ねたところ、今はもう「守護霊もどき」はいなくなり、法に基づいた正常な世界に戻っているということです。
これらの出来事は次女が映像で見たことと、わたしが当時のわたしの守護の神霊に確認したことです。


★まるでファンタジーのような内容なので、「こんなの、信じられない!」と思った人が多いことでしょう。
しかし、「目に見えない世界」では、信じ難いような出来事が起こっているのです。
これからは、信じられないようなこと、ありえないようなことが、この「目に見える世界」にもどんどん現れてくるでしょう。
既存の思い込みを失くして、ハートを全開にしていれば、どんなことでも受け容れることができるはずです。

これまでの各人の「思いの制限」を打ち破ることが必要なのです。





最新記事