FC2ブログ

転生の記憶―誕生までのプロセス Ⅰ

2010年09月01日 18:45


★ 転生の記憶―誕生までのプロセス ★



人によっては、自分の過去生を知ることが必要なときがあります。
現在抱えている問題に少なからず影響を与えていることがあるからです。
過去生を知って、「なるほど」と感じられることが、きっとあるはずです。

わたしの次女は、自分自身の過去生をはじめ、分霊たちの過去生の記憶をもっています。
また、「この世」から「あの世」へ、「あの世」から「この世」へと転生するプロセスを記憶している魂です。
ここでは、「転生のしくみ」を知っていただくため、次女の体験談を一例としてご紹介したいと思います。
本人の了解を得たので、今生に少なからず影響を与えていた一代前の過去生をお話ししましょう。


女性と蝶

~次女の体験談から~



次女本人の一代前の過去生は男性でした。
その男性は北欧に生まれ、猟師をしていたようですが、三十代で人を三人銃殺した上、自らも銃で自殺しています。
どうしてそのような事態となったのか、次女本人から詳細を聞きましたが、あまりにも悲惨な話なのでここに書くのは省(はぶ)き、「死の直前からこの世に生まれてくるまでの過程」のみにフォーカスしたいと思います。

男性が自殺した直後、一旦目の前が真っ暗になったといいます。
そして、気づいたら自分が肉体から脱け出していて、周りが大騒ぎになっていることを知ったのです。
そのようすを見ていると彼の守護霊が来て、行くべきところに行かなければいけないことを知らされました。

そこで再度「意識がなくなった状態」が起こり、つぎに気づいたときは移動中だったといいます。

守護霊にさまざまな説明を受けながら、「この世」から「あの世」へと移行した男性は、「無限地獄界」に連れて行かれました。
彼は独りになりたかったので、いくつかある選択肢のなかで、とりあえずその世界を選んだのです。
次女の場合、死後の行き先はまちがいなく自分の意志で選択したということです。

無限地獄界」というのはだれもいないし、何もない世界です。
もともと寂しがりだった彼は、ひとりでいるのがどれほど苦しいかを嫌というほど知ったそうです。
あまりの孤独感に気が狂ってしまったほどでした。
しかし、気が狂って叫びまくっても、だれもいませんから、また落ち着いてきて正気に戻るわけです。
彼は、自分で選んだにもかかわらず、こんなところへ連れてきた守護霊を腹立たしく思っていたようです。

★自分の思いを率直に表現できなくて、現実逃避傾向にあった彼の性質は、生前のものが引き継がれ、死後も変わってはいませんでした。
変わったのは「肉体がない」というだけのことでした。
人はみな「あの世」へ行っても、肉体が取り去られる以外は何も変わらないのです。


最初守護霊にムカついていた彼は、寂しすぎたためか、いつの頃からか定期的に会いに来てくれる守護霊の訪問を心待ちにするようになっていました。

そのうち、だれもそこにはいないのですが、どこからか情報が入ってくるようになりました。
これは、守護霊からのテレパシーですね。

そこで彼はいろんな知識を仕入れて、チャンネル(周波数)を変えることを学び始めたのです。
そうこうしているうちに彼の意識の状態が変化し始めました。
生まれ変わってやり直したいと心から思うようになっていたのです。
それで実際に転生することが可能となったわけです。

 

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


無限地獄界でやることは?~



無限地獄界」はその名の通り果てしなく広く、人っ子ひとりいない世界です。
霊体ですから、いくらでも空間を飛べるわけですが、どこまで行っても行き着くところがなく、結局疲れてしまうだけなのです。孤独でつらい世界です。

そういうところにいると、自分の「霊的なパワー」を強めることくらいしかやることがないのだそうです。
よって、意識が変容して地上に生まれることができた暁には、そのとき培った霊的な能力が備わっているのです。

★次女が見えない存在を霊視したり、霊とつながりやすかったりするのは、「無限地獄界」にいた影響なのです。

有名な霊能者たちの過去生を調べ、その人の死後どの意識の段階へと移行したかを調べると、けっこう「無限地獄」の出身者が多いことを知らされます。

ですから、覚醒者などにあらわれる(修行の恩恵としてもたらされる)超能力ではなくて、生まれつき霊的な能力が備わっている人は、「無限地獄」にいた可能性があると言ってもよいかもしれません。

では、「無限地獄界」からどうして現世に生まれることができるかということですが、
次女の場合、生まれ変わりたいという意識を持ったとき、高次元から役人のような霊が訪れて、ひとまずクリーンゾーン(広い意味では霊界とそれ以上の高次元の世界)へと瞬間移動させてくれたということです。

★ダストゾーン(広い意味では地獄界などの低次元の世界)の階層からであっても、反省の意識と誕生の意志を持てば、現世への再誕生は可能なのです。



スポンサーサイト



「あの世」の階層のお話

2010年09月15日 12:00


★ 「あの世」の階層のお話 ★



一般的に「死後の世界」と呼ばれている世界、すなわち「あちらにある異次元の世界」には、昔からさまざまな階層があると伝えられてきました。
宗教によっても階層の区分や名称はそれぞれで、霊視者によっても千差万別であることがわかります。
人の意識が現実を創造する」ということですから、階層も人の数だけあるといってもよいでしょう。

ここでは、とりあえず参考として、波動療法家の宮坂平八郎氏が「超波動療法と輪廻転生」(たま出版)に記載しておられる「波動センサーでとらえたあの世の階層」を紹介しておきましょう。


★*★*★*★*★*★*★*★*★  ★*★*★*★*★*★*★*★*★


宮坂氏は「ダストゾーン」には「十三段階」、「クリーンゾーン」には「九段階」があるとして、つぎのように大別されています。


ダストゾーン異常波動に属する階層★ 

「幽界」→「地獄界」→「煉獄(れんごく)地獄界」→「無限地獄界」→「魔界」→「餓鬼(がき)界」→「畜生(ちくしょう)界」→「下外(げげ)界」→「ブラックホール」→「デッドホール」→「摩訶(まか)不思議」→「究極の人間喪失」→「究極の本体喪失=化け物の本体=究極の転生不可」


クリーンゾーン正常波動に属する階層

「霊界」→「仙界」→「天使界」→「天界」→「シンシ(神使界)」→「上外界(かみげかい)」→「シン界(神界)」→「太陽系宇宙外」→「究極の転生(解脱界)」



この「霊界」や「地獄界」という名称は、日本人には馴染(なじ)みがあってわかりやすいので、わたしもその名称を一時使用していた時期がありました。
宮坂氏が分類される「下外界」や「上外界」などは、ちょっとイメージしにくいかもしれませんね。
下外界」は「太陽系宇宙外の低次元異常波動領域」を指し、「ブラックホール」→「デッドホール」→「摩訶不思議」→「究極の人間喪失」→「究極の本体喪失」とつづいています。

★わたしの次女は、2008年以前に守護神に連れられて霊界探訪をした記憶をもっています。
クリーンゾーンからダストゾーンまで、いろいろな階層を見せてもらったそうです。
次女の話では、当時は宮坂氏のとらえられた階層にほぼ近い状態であったといいます。
では、次女の見た各階層の状態を簡単に説明しておきましょう。


ダストゾーン

地獄界」から「ブラックホール」までの階層の人たちは、修行することもなく、自由気ままに暮らしていたということです。
昔から伝えられてきたような恐ろしい形相(ぎょうそう)をした閻魔(えんま)大王もいないし、生前犯した罪を償うための罰を与えられることもないので、怠け者の霊にとっては格好の場所だということでした。
スウェデンボルグも『霊界からの手記』に書いていますが、「地獄界」は悪業に対する刑罰の場などではないようです。

地獄にいる霊たちは、その波動が自分に最も合っているために、自分で選んでそこへ行っているだけなのです。
しかし、「煉獄(れんごく)地獄」と、「デッドホール」から「究極の本体喪失」までの最下位の階層では、かなり苦しい修行のようなものがあったといいます。
もとは「自分が光であった」ことを思い起こさせる修行が必要であったのだろうと推測できます。
さすがのスウェデンボルグも、こんな下層にまでは行っていないと思われます。


クリーンゾーン

一般的に呼ばれてきた狭義の「霊界」は「物質世界の延長」で、「この世」とさほど変わらない領域です。

仙界」は、主に「自己の訓練をおこなっている領域」で、各々が単独で厳しい修行に取り組んでいるところでした。

天使界」は、羽が生えた天使がいるわけではありません。
そういうイメージの存在は全くいないというのが、霊界探訪をした次女の見解です。

ここでいう「天使界」は、物質世界の延長の領域で、「霊界の上位層」と考えてよいかと思います。

天界」は、まぶしい光につつまれた「善人たちの世界」だったといいます。
たまたま次女が行った際には、お祭りのようなイベントが催されており、着飾った人がごちそうを食べたり、舞踏会で踊っていたりしていたようで、まだ物質欲が残っている世界であったということです。

シンシ界」は「奉仕の手伝いをする人たちの世界」です。

上外界(かみげかい)」は「人類への奉仕をしている領域」で、神の使いだとされる「天使」なる存在は、「上外界(かみげかい)」にいるエネルギーであると思われます。
この辺りから光がつよく、光景がうすく、しだいに透明になっていくようだったと次女は言っておりました。

シン界」は「神々のいる領域」です。

解脱(げだつ)界」は悟りを得て、「輪廻転生から解放された魂のいる領域」で、「アセンディッド・マスターのいる世界」です。

太陽系宇宙外」に次女は行っておりませんが、文字通り「太陽系の惑星以外の領域」を指します。つまり、「銀河系の星々の領域」ということになります。

「太陽系宇宙外」には「下外界」と呼ばれる「低次元異常波動領域」が存在しますが、ここでいう「太陽系宇宙外」は「高次元正常波動領域」であり、「クリーンゾーン」を指します。


★これらの領域の名称は、意識の段階、あるいは階層を区分するために、「とりあえず使用した仮の名称」というふうに考えていただきたいと思います。

また、これはあくまでも1997年発行の『超波動療法と輪廻転生』(たま出版)に宮坂氏が記載された分類による名称で、当時宮坂氏がご自分の波動センサーで確認された階層、波動の実態です。
なぜこんなに念を押すのかといいますと、じつは2008年に大規模な変革が起き、「クリーンゾーン」にあった階層がどんどん「ダストゾーン」へと移行したり、消滅してしまったりした階層もあるからなのです。

(2010年現在では様相は随分変化しています)

これらのことに関しては、次回より順を追ってお話しする予定です。


アセンションする地球―その真相と実態Ⅰ(2007~2008年の様子)

2010年09月19日 15:30


アセンションする地球
    ―その真相と実態Ⅰ(2007~2008年の様子)



地球が2012年頃に5次元に移行する、すなわち「アセンション(次元上昇)する」という予測については、世界の多くのスピリチュアリストが口をそろえて言っており、現在は書店の精神世界系の書棚にも「アセンション」についての本がずらりと並ぶようになっています。ブログでも多く取り上げられていますね。
逆にアセンションを否定する人たちもいるようですが、毎日接している「見えないエネルギー体たち」がその真相を教えてくれています。

わたしは、わたし自身の内なる権威者であるハイアーセルフと守護神たちから聞いたことと、縁あって関わってくる異星人や浄化したスピリットたちのようすから、見えない世界に生じている出来事を把握して、実際に人類のアセンションが近いことを認識するようになりました。
ただし、この情報はあくまでもわたしの意識レベルでの真実です。
常に申し上げているように、真実はその人の意識レベルによって異なります
わたしと同等の周波数をお持ちの方は、きっと納得し、理解していただけるでしょう。
だからと言って、けっして過信・盲信はされませんようにお願いします。



★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★ ★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★ ★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★



★2007年、2008年と、わたしは多くの死者の霊魂をクリーンゾーンに送り届けてきましたが、その行き先のほとんどは「霊界」でした。
その「霊界」の「下位層」がなくなり、「霊界自体」が移転したことは前回で述べましたが、その後「中位層」も消滅し、移転した「上位層」も、もはやクリーンゾーンではなくなりました。そのため以前浄化された霊たちは、行き場がなくなって、またわたしのところにやってくるようになったのです。



★「霊界」がクリーンゾーンからダストゾーンへと移行★



★これまでクリーンゾーンだった「霊界」と「仙界」がダストゾーンになったという現象に気づいたのは、2008年8月25日でした。
当日の朝、浄化を求めてきた霊たち意識の階層を調べると「霊界」や「仙界」と出るので、変だなと思ったのです。
それらの階層はクリーンゾーンなのに、なぜ浄化を求めて来ているのか不思議に思い、守護神に尋ねてようやく得心できました。

「霊界の上位層」と「仙界」がダストゾーンに移行してしまったというのです。
(ここでいう霊界は狭い意味での霊界を指し、全体の大きな意味での霊魂界ではありません)

その後、「天使界」と「天界」が消滅、「シンシ界」と「上外界」は別の領域に移転しました。

ところが、2008年の12月の半ばには、「シンシ界」からも霊が戻ってくるようになりました。
「シンシ界」までがダストゾーンに移行してしまったのです。

「上外界」は「銀河系の新しい領域」に移行しており、そこで「人類への奉仕」をすることになったようです。
また、このレベルの意識体たちのなかには、「アルクツゥルス」で「癒しの奉仕」をしている者たちもいるようでした。


目に見えない世界では、このような摩訶不思議なことが起こっていたのです。
なぜ、このような異変が起こったかということですが、すべて「地球のアセンションのための準備」であったということがわかります。

★「クリーンゾーン」と「ダストゾーン」は、あまりにも極端に分離されてしまいましたが、地球が5次元に移行するためには、そのような厳しい整理が必要だったということでしょう。

ともかく、わたしのところに来たスピリットたちには、変動が起こっていることを知らせ、自分自身で意識(周波数)を変えることが肝心だと伝えて霊魂界へ戻していたのですが、あちらの世界ではそういう指導はおこなわれていないようでした。

結局「知る人ぞ知る」で、わかっている高次元霊もわざわざ教えることはないし、自分でキャッチしなさいということなのです。意識の段階があまり高くない守護霊の場合(守護霊でさえわかっていない事柄がある)、逆に守護霊に教えなければならないほどでした。

★それはこの現実世界にもいえることですね。
今地球で何が起こっているのか、目に見えない世界で何が起こっているのか、「気づいていない人」と「気づいている人」がいます。
「気づいている人」のなかで「人類愛の強い人たち」は何らかの方法で皆に知らせようとします。
そういう人たちの多くは、地球人のアセンションを応援する異星から訪れた*ワンダラー(旅人)や*ライトワーカーであることが多いようです。


ワンダラーは、ジョージ・ハント・ウィリアムソンをはじめとする1950年代のUFOコンタクティーが用いたもので、次元間・惑星間の〈霊魂転移〉を表す。
詳細は、スコット・マンデルガー氏著『宇宙人の魂をもつ人々』(徳間書店)に記載。

ライトワーカーとは、この惑星とそこに住む人々を、恐れが与える影響から解き放つ手助けをすることを自ら選んで生まれてきた人のことをいう。
ドリーン・バーチュー日本語公式Web サイトに記載。


★けれども、いくら知らせていても「信じない人」や、その知らせに「遭遇しない人」がいるので、すべてに浸透しないのです。

アセンションに関する情報に出会わない人たちというのは、必ず存在します。
これは、各人の周波数が異なるため、しかたがないことではあるのですが、あきらめないで伝えたい。
それが今生で最後まで残るであろうわたしの願望のひとつです。(つづく)




最新記事